検索オプション
 

怖いホラーが見たい!そんなときのおすすめ作品を紹介!

怖いものが苦手な私ですが、なぜか流行っているホラー作品は見たくなってしまいます。見ているときは「もう、こんなの絶対に見ない!」と心に決めるのですが、なぜか、また時間がたつとみてしまうという。。。ホラーは不思議な吸引力がありますね。今回は、こわくてたまらないホラー作品ばかり集めてみました!
このエントリーをはてなブックマークに追加
view:31

古いホラー作品だからこそ、怖い! 〜処刑軍団ザップ〜

処刑軍団ザップ【字幕版】ビデオ 【中古】
1,620
ショップで確認
▼キ ャ ス ト:バスカール・ライリー・ミルズ   &ems ... ▼監 督:デビット・ダーストン必ずお読みください。 商品はVHSです。 中古レ 1users

侍ネットワーク 楽天

処刑軍団ザップは1970年の作品です。人口数十人の田舎町にやってきたヒッピー達一行です。彼らはその土地の廃屋に住み着き変な儀式を行っています。このヒッピー達に興味を持った地元の若者アンディと彼女のシルビアが儀式に参加したことにより大きな事件に発生しました。儀式でトランス状態になったシルビアをヒッピーたちが辱めたのです。シルビアの家はパン屋でした。この話を聞いた祖父は怒りヒッピー達のところに向かいました。しかし返り討ちに合ってしまいました。今度は孫息子のビートの番です。銃を持って出かけましたが途中で狂犬病になった犬を打ち殺し考えが変わりました。犬の血を抜き取りパイのなかに入れてヒーピー達に食わすことにしました。何も知らずにパイを食べたヒッピー達は狂犬病にかかってしまい逆に殺人集団となって村人を襲いはじめました・・・という話です。この題名『処刑軍団ザップ』というのは全く意味不明です。原題は『I DRINK YOUR BLOOD』で全く関係がありません。この変な邦題と切り取られた手首を持ったお姉ちゃんのジャケットに魅かれて見たわけです。1970年の映画としてはかなり過激な内容です。殺戮集団となったヒッピー達は仲間を惨殺し、村人とダム建設の作業員たちに襲い掛かります。家畜(本物)を殺し、村人の首を刈り、首を持って徘徊します。白い泡を口から吹きながら獲物を求めるような顔で村を練り歩く姿は驚愕のシーンです。また狂犬病になって村の売春婦まがいの女と関係を持ったため、その女性からも狂犬病が移り始めます。

【ここがおすすめ!】
1970年と言えばまだ過激なゾンビ映画が出る前でした。今見ると狂犬病をゾンビの感染症に置き換えると立派なゾンビ映画です。この映画が感染ゾンビの元ネタになったんじゃないかと思ってしまうほどです。古い作品ですから特殊メイクのチープです。しかしそれを感じさせないような演出があります。そしてこの映画では本物の生き物が使われています。ネズミの串刺しと鶏の首切り、ヤギの殺害です。このシーンを見て思いだしたのが後に作られた『食人族』です。この映画でも本物の動物が使われています。『ザップ』をパクッたかと思いました。ホラーマニアでない人にとってはただの古い残虐な映画にしか映りません。逆にホラーマニアにとっては色々な発見がある名作と言ってもいいのではないかと思います。

さて問題のジャケットのおねえちゃんは逃げ込んできた村の女の人の手首を狂犬病になったお姉ちゃんが突然電動肉切包丁で切断したものでした。とても印象的なシーンで頭に焼き付いてしまいました。この『処刑軍団ザップ』は70年代の名作といわれるホラー映画の中に列記してもおかしくない作品です。

無限ループがどこまでも怖い! 〜トライングル〜

トライアングル
1,080
ショップで確認
■タイトル:トライアングル■監督:クリス・フィルポット■出演者:ケリー・ハームス、ワネタ・ストームズ、クリス・オーウェンス、ゴードン・カリー 詳細を見る 1users

映画&DVD&ブルーレイならSORA Yahoo!

『トライアングル』は、2009年の作品です。友人に誘われヨットでクルージングに出かけたジェスでした。メンバー男女6人です。楽しいはずのクルージングでしたがエンジンが止まり海上はは時化になりヨットは転覆してしまいます。その時豪華客船『アイオロス号』が通りかかりました。彼らは『アイオロス号』に乗り込みました。しかし船内は誰もいません。船内を探すうちに一人の人影を見かけました。その人影は自分たちの命を狙っていました・・・とう話です。

【ここがおすすめ!】
この映画は今までに前例のない無限ループホラーです。実は自分たちを襲っていたのはもう一人のジェスだったのです。ジェスが最後に襲っていた女を船の下に突き落とし眠りにつき、目を覚まします。すると船の外から声がします。なんと遭難した自分たちなのです。一人生き残ったジェスの元に再びジェス達6人が乗り込んでくるのです。後半までこのパターンの繰り返しのループです。それなのに面白いのです。ループの視点が違うのです。初めは襲われる側の視点です。その途中に色々な仕掛けがあります。襲われているときは仕掛けの謎がわかりません。次は襲う側の視点です。この時解らなかった仕掛けの謎が全部わかるのです。このパターンにより見る物をまったく飽きさせないのです。ジェスが船の下の部分に自分の死体がたくさんあるのを見つけます。このままではここから抜け出せないと考えたジェスはループを止めるための行動をとります。つまりヨットに乗る前に向かうのです。しかしここでヨットに乗る前に自宅で起こった出来事が、もう一人の自分が起こしたことだったのです。ヨットに乗る前から無限ループは始まっていたのです。

そしてジェスはまたしても友人に誘われてヨットに乗り込みます。この映画はDVDで3回見ました。見るたびに新しい発見がありました。奥の深い映画です。残酷なシーンもありますが、そんなシーンよりこのループが面白かったです。この映画はあまり話題になりませんでした。いわゆる玄人受けする内容です。映画通ならうなる作品だと思います。無限ループで同じ繰り返しながらここまで面白く見せると言うのはかなり練られた脚本だと思います。見ていて一つ気になったことがありました。このループの張本人であるジェスですが。彼女の表情がループする度に少し変わって来るのです。おそらく映画の中ではループがわかっていて行動しているのかと思いました。そしてラストになってもこのループの謎は明かされませんでした。謎だらけの映画です。しかしお勧めの作品です。見れば絶対面白い今までにないパターンのホラー映画です。

壊れてしまった人間にかかわった恐怖がにじみ出てきます! 〜黒い家〜

黒い家
2,046
ショップで確認
【DVD】内野聖陽(ウチノ マサアキ)/発売日:2015/11/27/DABA-91079/角川映画&大映映画 セール/[キャスト]内野聖陽/大竹しのぶ/西村雅彦[ス 詳細を見る 1users

イーベストCD・DVD館 Yahoo!

1999年公開の邦画「黒い家」第四回日本ホラー小説大賞受賞作品。この映画はジャパニーズホラーの中でもただグロいだけでストーリーがない、あからさまに脅かしにきている安っぽいものとは全く違う。常に漂う雰囲気がおかしい、狂っている人間とはこういうものなのだとぞっとする。そして何となく気持ち悪い。何がとは説明出来ないがグロさとは違う気持ち悪さがあるホラー映画。

【ここがおすすめ!】
主人公若槻慎二(内野聖陽)は保険会社に勤めている至って普通の会社員。ある日「自殺でも保険金は下りるのか」とかかってきたその電話の様子から自殺をする気なのかと思いとどまるように説得すると名前を聞かれその電話は切れてしまう、そして翌日菰田重徳(西村雅彦)と名乗る契約者から名指しでクレームを持ち込まれ詫びに家へ呼び出されたところその家の子どもの首釣り自殺の第一発見者となってしまう。それからというものその子どもの母親・菰田幸子(大竹しのぶ)と重徳に毎日のようにいつになったら保険金が下りるのかと訪ねられるが不信感を抱いた若槻は独自に調査をしていく。そして少しずつこの異常な夫婦について知っていくが…。事件はそれだけに止まらず起こっていく殺人事件。子どもが死んだというのに全く悲しんでいる様子を見せずまだ下りないのかと訴えてくるおかしな夫婦。自ら悪夢が待っているとも知らずに足を踏み入れていく若槻とその恋人まで巻き込まれていく。登場してから最後まで菰田重徳と幸子は明らかに普通の人間じゃない雰囲気が漂うおかしな夫婦。

初めはどうしても重徳の方へ目が行きがちになってしまうようなおかしい男だが次第に一体この夫婦のどちらが異常なのかが分かっていくと戦慄まで感じる。その夫婦を演じる西村雅彦と大竹しのぶの怪演は特に見所。この二人はどこかが…いや全部がおかしい。初めからそう見える話し方や身振り全ての演技が素晴らしい。そして主役の内野聖陽演じる普段は真面目で話し方まで物静かで気弱な会社員だが濡れ場では男なのだと分かる生々しさがギャップだ。その恋人は人の心について勉強をしているが本当に狂った人間を理解していない。この作中でやはり一番引き込まれるのは大竹しのぶ演じる菰田幸子、若槻が自ら調べていく中で幼少の頃から今日までの菰田幸子という人間を全て知った時はぞっとする。映画の中で一番恐ろしいキャラクター。初めから何もかもが崩壊している、狂っている。だってこの女には心がない。 

とても後味の悪いホラーを見たいなら、絶対に「セブン」です。

セブン(DVD)
1,305
ショップで確認
種別:DVD ブラッド・ピット デビッド・フィンチャー 解説:鬼才デビッド・フィンチャー監督を”スリラーの名手”たらしめた黙示録的サイコ・スリラー。 詳細を見る 1users

ぐるぐる王国2号館 ヤフー店 Yahoo!

1996年公開の「セブン」退職を一週間前に控えた敏腕刑事ウィリアム・サマセット(モーガン・フリーマン)と若手刑事のデビッド・ミルズ(ブラッド・ピット)が連続殺人事件を追うサスペンスホラー。作中常に雨が降り続いている中で連続殺人が起こっていくというのがこの映画の特徴。バディを組むことになったサマセットとミルズ。次々と起こる殺人事件はただの連続殺人ではなく知能犯による計画性の高い犯人のものと明らかになっていく。そして犯人はキリスト教における七つの大罪に因み色欲・強欲・怠惰・暴食・嫉妬・憤怒・傲慢になぞられて殺人が起こっていることに辿り着く。でも事件は大罪を二つ残し犯人は自ら出頭という形で逮捕される。これで一件落着かと皆が安心する中ベテラン刑事サマセットは腑に落ちない様子、そしてその勘は的中し驚愕のラストへ…。

【ここがおすすめ!】
どの殺人も目を覆いたくなるような悲惨さ、犯人のずば抜けた頭の良さと狡猾さ残虐性の高さは自分に礼儀正しく接する者には紳士的に振る舞い見下す者には容赦ない、カニバリズムさえもする殺人に芸術性を見出している「羊たちの沈黙」ハンニバル・レクター博士(アンソニー・ホプキンス)を少し思わせてしまう。(羊たちの沈黙は1991年公開)それでも常に落ち着き冷静な判断力を持ち推理力の高いモーガン・フリーマン演じるサマセット刑事と後先考えずに突っ走ってしまうところがある若々しいブラッド・ピット演じるミルズ刑事はバランスを保ち良いバディ。初めこそ気乗りしないミルズだが次第にサマセットと息が合っていき所々で仲良さげな会話が見られる所は相棒として確立していっていると分かる。そしてサマセットもミルズを諭しながら刑事として育てていく。

だからこそラストには驚きと少し遣る瀬無くなってしまうところのある所謂少し後味の悪い映画。その後味が悪いと感じるラスト数十分がやはり一番の見所。でもその後味の悪さの後の余韻が重さもありながら満足感にも似ている。二時間以上にもなる映画だけれど引き込まれてしまうので全く苦にならず次は一体どんな大罪に沿って殺されたのかとついわくわくとしてしまう。まさに名作中の名作。忘れた頃にまた観ても面白さは変わらず引き込まれる。七つの大罪になぞって次々と繰り返される殺人の中でやはり私は"憤怒"に沿った殺人が理不尽だけれどもそう仕向けるようにまんまと上手く言葉巧みに、相手の心理と性格を把握し手玉に取るように誘導した犯人に魅せられてしまった。 

オリジナルを超えた希少な作品! 〜遊星からの物体X〜

遊星からの物体X 【ユニバーサル・Blu-ray disc 第1弾】 レビュー
344
税込、送料別
監督:ジョン・カーペンター 出演:カート・ラッセル,A・ウィルフォード・ブリムリー,T・K・カーター 発売日: 2008-12-19 1users

amazon.co.jp

『遊星からの物体X』は、1982年にジョン・カーペンターが『遊星よりの物体X』をリメイクした作品です。南極のノルウェー基地の隊員が犬を追ってアメリカ基地へやってきました。隊員は射殺され犬は保護されましたが、気になったアメリカ隊員たちはノルェー基地に向かいました。そこでは隊員たちの死骸があり、保存用フィルムを回収しました。フィルムには巨大なクレーターと氷の下にある謎の物体が映っていました。そのころ犬と殺害されたノルウェー隊員から奇妙な物体が出てきて隊員たちに乗り移り始めましたという話です。

【ここがおすすめ!】
この映画はリメイクながらオリジナルを超えた希少な作品です。極寒の南極基地で自由に変体し人間の体に入り込み体を乗っ取るエイリアンと隊員たちの戦いを描いたものです。主演をカート・ラッセルが演じています。この映画でのカート・ラッセルは冷静で決して動じない隊員役を演じています。そして最大の見せ場が特殊メイクです。CGの無い時代にまるで生きているようにグロテスクな生物が動き回ります。特殊メイクを担当したのはロブ・ボッティンで絶賛されました。この特殊メイクの生物は隊員は人間ではないと分かった時体の中から出て来るのです。おぞましい光景です。前半は謎を探る展開です。中盤にかけては突然現れた生物に襲われ戦います。そして中盤からラストまでは隊員たちの疑心暗鬼の展開です。自分ですら乗っ取られているのかどうかわからない状況です。同僚を疑い監禁し、血液検査などをします。全員が全員を疑っています。重厚なベース音のBGMに合わせて隊員同士の腹の探り合いが見ものです。私も見ながらこいつは違う、こいつはエイリアンだなどと疑って居ました。とにかく緊張感の連続です。更に南極の寒さがこちらにも伝わって来るそうです。後で知ったのですが撮影はセットで行われ寒くはなかったそうですが、映画を見ているだけで寒そうに見えるのはさすがだと思いました。

体を乗っ取られて一人ずつ減ってゆきます。残されたカートラッセル演じる隊員と黒人の隊員の二人が会話をするシーンで終わります。このラストは救いようがありません。今は人間でもエイリアンに乗っ取られるのは時間の問題です。見終わって感じたのは、この映画のスケールの大きさと、何とも言えぬむなしさでした。南極から生きて帰れないと分かった二人の気持ちを考えてしまいました。ホラー映画ながら人間ドラマのような味のある作品です。私はこの作品でジョン・カーペンター監督が気になり、色々な映画を見ましたがやっぱり『遊星からの物体X』が最高でした。

一人でみるのをおすすめします! 〜デッドガール〜

デッドガール
3,649
税込、送料込
メーカー名ビクターエンタテインメントタイトルデッドガールアーティストシャイロー・フェルナンデス品名/規格番号DVDソフトVUBF-5009(00001179907)デ 1users

イーベストCD・DVD館 楽天

『デッド・ガール』は、2008年のアメリカ映画です。高校生のリッキーとJTが廃屋となった病院で遊んでいると、ビニールがかけられた女の全裸死体を発見します。死体は拘束されていました。死んでいると思った女性は生きていました。生きているというよりゾンビ状態でした。この状態を見たJTはこの女性に性行為を行ってしまいました。一方リッキーはその気にはなれず、このことは二人の秘密としました。しかしJTは友達を読んでデッドガールを性行為の相手とし入り浸り始めました。その後拘束のとけたデッドガールが襲い掛かりました・・・という話です。若者たちの初体験物語のグローイングアップのゾンビ版と言うべき作品です。廃屋で全裸ゾンビ女を見つけた時JTは殺そうと暴行します。しかし死なない女に何を思ったか性行為をするのです。

【ここがおすすめ!】
女の体勢がそうさせるような感じですが、体中うっ血し死体同様の女にも性欲が出るのかという疑問がわきますが、若者はそんなことお構いなしです。普通はその後の病気とか心配しそうですが?と思います。そんな前置きは置いておいて、その後JTは友達を誘って入りびたりです。一度味わうと飽きるまでやるようです。若者なら仕方ないと思います。一方リッキーには好きな女の子がいて、彼女のために貞操を守っているように映りました。このあたりは若いころの悪友たちの人間関係の中でよくあることです。ゾンビとSEXに励むという映画はパロディ映画ではありましたが、ここまで徹底するとよく作ったとほめたくなります。またこんな卑猥な内容ながらいやらしもありません。ただ一つあるのは若者たちの本能だけです。つまり全裸のゾンビ女は当然のように女優さんが演じているのですが、ゾンビ以外に見えないのです。

メイクとか演出とかでそのように見せていると思います。ここがこの作品いいところです。また最後には悪いことをしたら必ずしっぺ返しが来るということをストーリーの中で表しています。結局JTはデッドガールに噛まれてしまい、ゾンビになってしまうのですが、ここで面白いオチがありました。ゾンビになったJTがリッキーに『俺がリッキーの彼女のジョアンを噛めば、ジョアンは一生お前のものだ』というのです。そして廃屋の病院にはゾンビとなって縛られたジョアンがいるという終わり方です。真面目なリッキーも好きなジョアンに対しやっぱり性欲が優先したということです。何か若者の現実を描いたような映画です。決して家族団欒では見れない映画ですが、一人で見るのは最適の作品です。自分だったらどうするか?を考えて見るといいと思います。

殺人をゲームとして楽しむ!? 〜ファニーゲーム〜 

ファニーゲーム [DVD] レビュー
2,840
税込、送料別
監督:ミヒャエル・ハネケ 出演:スザンヌ・ローター,ウルリヒ・ミューエ,フランク・ギーリンク 発売日: 2009-06-26 詳細を見る 1users

amazon.co.jp

『ファニーゲーム』は、1997年のオーストラリア映画です。休暇を過ごすため湖畔の別荘にやってきたショーバー一家です。夫妻と子供の3人です。隣の別荘には若い男性が二人いました。別荘に着き家族それぞれ準備をしています。キッチンで料理の段取りをしていた妻のところに隣人の若者が卵を分けてくれとやって来ました。この出会いから一家は恐怖のどん底に突き落とされると言う不条理バイオレンスホラーです。一言で言うと見ていて腹立たしく後味の非常に悪い作品です。この内容ゆえ賛否は両極端に分かれます。二人の若者との出会いである卵のシーンです。渡した卵を2度まで割ってしまった若者です。

【ここがおすすめ!】
3度目に来た時はまた来た!うざい!というのが映画の中でも見ている人にまで伝わります。そして断ると変貌する若者です。夫が駆けつけるとゴルフクラブで足を折られてしまいます。はじめからこういうつもりだったら一回目にやっておけ!と言いたくなるくらい不愉快な行動を見せつけられます。では一回目に断っていたらどうなったか?と考えてしまいますがこれは映画です。シナリオがあります。こんなことも忘れてしまうくらい不快にさせる展開です。そして監禁された夫婦の目の前で子供を殺害します。普通のホラー映画では子供は助かりますが、この映画では殺されます。助けてくれと懇願してもゲーム感覚の若者たちは笑いながら楽しんでいます。途中でフィルムが巻き戻されます。やっぱり展開が変わるのか?と思わせておいて同じ展開になります。

【ここがおすすめ!】
これは彼らが殺人をゲームとして楽しんでいる様子を再現しているように見えます。結局一家は全員殺されます。普通なら最後に残った奥さんが隙を見て逃げ出し、二人の若者に逆襲すると言うのが定石ですが奥さんも殺されます。まったく救いようのない不条理な映画です。更に二人の若者たちの行動が常に腹立たしく見えます。心の中で逆襲して殺せ!と思ってしまうくらいです。しかしそのような展開には決してなりません。この映画を見て感じたのは、見る人を徹底的に不愉快にしようという意図が見える作りだと思いました。見終わったあと、ひどいものを見たような後味の悪さがありますが、映画の内容は何年たっても覚えています。そんな映画を作りたかったのだろうかと思ってしまうほどです。またこの映画はアメリカで『ファニーゲームUS』としてリメイクされています。

ストーリーに一切手を加えずオリジナルそのままの内容です。オリジナルもリメイクもまったく内容と展開が同じという不思議なリメイクです。心に突き刺さる衝撃の問題作です。勇気のある人は見てくださいといいたくなる映画です。

アニメも大ヒット中!! 〜東京喰種〜

東京喰種トーキョーグール 13巻
555
ショップで確認
“僕は──「あんていく」に戻る” 6区のアジトを解散し、芳村の元へ戻る決意をしたカネキ“ただの自分”を取り戻すために一方、SSS級駆逐対象“梟” 詳細を見る 1users

コミックまとめ買いネットヤフー店 Yahoo!

私のオススメする漫画は石田スイさんが描かれた「東京喰種」という漫画です。2012年2月に1巻が発売され、徐々に人気を獲得していきました。今ではゲーム化や舞台化などもされており一気に注目が集まっています。「東京喰種」は全14巻まで存在します。そしてまた新たに「東京喰種:re」として続編が今も連載されています。ではこの作品の内容を説明させていただきます。この世界には人間と喰種という2つの生き物が存在しています。見た目はどちらも同じ人間。しかし喰種は人を食らってしか生きていけません。そんな恐れられる存在の喰種も人間社会に溶け込み暮らしていました。

【ここがおすすめ】
ある時、主人公である人間の金木研はある一人の喰種に出会ってしまいそこから運命は大きく変わるのです。リゼという美しい少女と目が合い主人公は心を惹かれていきました。しかしリゼが金木を見ていたのは食料として。それを知った金木は死に物狂いで逃げます。しかし逃げている途中何者かの陰謀により二人は事故にあい、金木は瀕死リゼは即死と報道されました。目を覚ました金木の体は何もかもが変わってしまっていたのです。原因は移植手術。実はリゼの臓器が瀕死の状態であった金木の体の中に移植され金木も喰種となってしまったのです。その日以来金木は人間が食べる食べもに喉が通らず飢えに苦しんでいまいた。しかし一つ喉が通るものがありました。それがコーヒー。しかし飢えは消えずある日救いの手が差し伸べられたのです。喰種達が集まる喫茶店「あんていく」。そこで金木は初めて喰種と関わり、喰種ならではの悩みを知るのです。人間から命を狙われる日々。普通の同じ人間として生きていきたいと願う気持ち。しかし人間を食べずには生きていけないという現実。

金木はこれらの事を知ってしまうのでう。人間であった頃の自分・喰種になってしまった自分。どちらも知ってしまった金木はまたこれに悩まされます。この社会にはCCGという喰種対策局が存在し、日々喰種の討伐を行っています。金木達はCCGとの闘い、また喰種の中に存在するアオギリが存在するものとも戦うことになります。そこで金木は拷問を受け生死を彷徨い続け、喰種の本質を受け入れ目覚めます。ある日、「あんていく」がCCG」に襲撃されてしまい、そこで働いていたメンバーはみな破れ金木研のCCG最強と言われている有馬に破れてしまいます。ここでこの「東京喰種」は一度完結を迎えるのです。そして続編「東京喰種:re」としてまた新たな物語が始まります。

圧倒的世界観のとりこになります! 〜ライチ★光クラブ〜

光ノ帝國 [DVD付初回限定盤 A][CD] / ライチ光クラブ
2,163
ショップで確認
コチラ↓より、初回盤・特典の詳細、在庫情報・出荷状況をご確認ください。<内容>ライチ光クラブ、待望のミニアルバムリリース決定!今作には「ライ 1users

CD&DVD NEOWING 楽天

私のオススメ漫画は古屋兎丸さんが出版されている「ライチ★光クラブ」です。独創的な世界観で描かれているこの漫画。夢中になる方も続出しています。2016年2月には実写映画化もされたほどです。漫画では「ライチ★光クラブ」の他に、登場人物の過去の小学生の話である「僕らの★ひかりクラブ」の上下合わせて2巻も販売されています。どちらから読まれても内容的には通じており理解できます。

【ここがおすすめ!】
さて、今回私が紹介したい「ライチ★光クラブ」の作品の内容を紹介したいと思います。とある場所にある9人の少年達の秘密基地がありました。そこには「ゼラ」と呼ばれる帝王が存在します。少年達は全員ゼラの支配下に侵され日々目的のためにある機械を作っていました。それが「ライチ」です。ライチは完成し無事に起動し少年達から美しいものを秘密基地に連れてくるよう命令。しかしライチは機械の為美しいものが何なのか理解できず美しくない物ばかりを持ち帰りました。ゼラは失望し諦めかけていた時、少年の一人がある命令を追加したのです。そのおかげでライチは本当に美しい女性「カノン」を誘拐に成功しました。ゼラはカノンを新しく玉座に座らせ女神のように崇めました。ここからがストーリーは勢いよく崩壊への道へ進んでいきます。原因はゼラの疑心暗鬼です。この光クラブを最初に作ったメンバー3人が自分たちの行為の間違いに気づき、他の6人のメンバーに隠れて人質を逃がしました。しかしそれがばれ、ゼラはライチに命令し一人、また一人と残酷な殺され方をされます。カノンはこの光景を目の当たりにしライチと言葉を交わすようになりにお互い何かに惹かれあっていきます。しかしゼラの疑心暗鬼は止まらず、無関係である他のメンバーも殺害していきました。

最後に残ったのがゼラ・タミヤ・ジャイボの3人。本当の黒幕は実はこの3人の中にいたのです。カノンの命が奪われる儀式が始まるとき、奇跡が起こります。そして機会であるライチは首謀者を殺害しカノンを救い出し最後の時を迎えてしまうのです。カノンと別れを告げこの物語は終わります。初めてこの作品の手に取った時、私は衝撃が走りました。この独特な世界観につい夢中になりこの作品を機に古屋兎丸さんの作品を読み漁りました。殺人のシーンなどもあるので、グロイのが苦手な方はもしかしたら抵抗があると思います。しかしこの作品はその殺人も含めて人の感情や信じられない考え方など注目すべき場面が沢山含められているのでぜひ一度目を通していただきたいです。

八仙飯店之人肉饅頭は、悪夢にうなされるほど恐ろしい!

【送料無料】【中古】DVD▼八仙飯店之 人肉饅頭 2【字幕】▽レンタル落ち【ホラー】
3,999
ショップで確認
JAN 4988159212481 品 番 JVDD1093R 出 演 アンソニー・ウォン/ポーリン・シュン/チャン・カムチン 監 督 ン・ユンクァン 制作年、時間 1998年 91 1users

DVDZAKUZAKU 楽天

『八仙飯店之人肉饅頭』1993年の香港映画です。1985年に実際に起こったマカオ一家惨殺事件の映画化です。マカオのビーチでバラバラ遺体の一部が発見されたことにより警察が捜査を始めました。警察は投稿された手紙のより八仙飯店の経営者が怪しいとして聞き取りを始めました。実はこの店の店主は元従業員で経営者の一家を惨殺して店を乗っ取っていたのです。さらに今でも気に食わない従業員を殺害しては肉をミンチにし饅頭の具にいれていたのです・・・という話です。この作品は内容の過激さと残虐性ゆえ世に出なかったのですが、2004年のファンタスティック映画祭で上映されたことがきっかけになりビデオ、DVD化されました。過激さと残虐性だけが独り歩きしていますが映画としては良い作品です。一家惨殺犯の中年男がハマリ役で彼の性格が映画の中では見事に演じられています。

【ここがおすすめ!】
表の顔と裏の顔のギャップ、そして一旦殺戮に走るととどまることのない残虐性を発揮します。一方捜査する刑事たちは何としても犯人を見つけてやろうという意気込みは見られず、いつもヘラヘラして、冗談を言いあっては笑い、適当に時間をつぶしているようなサラリーマン刑事の雰囲気を出しています。そして八仙飯店で聞き込みをする時に犯人である店主から差し出された人肉入り饅頭を美味しそうに食べるシーンはコメディにさえ見えます。犯人とこの適当な刑事たちと絡みのストーリーの中に犯人が殺人を犯し、解体しミンチにするという残虐シーンを随所に挿入されています。このパターンで後半まで続きます。そして犯人の逮捕をきっかけに内容が一転します。刑務所内で警察と収容者たちに強烈なリンチを受けるのです。あの適当だった刑事たちも人格が変わり、犯人に暴行しまくります。もう生きているのが辛いという犯人の姿が見ている方にも伝わります。息絶え絶えになりながら犯人は一家を惨殺した当時の事を回想します。この回想シーンが凄惨で数あるスプラッタームービーの中ではトップクラスです。そして犯人は刑務所の中で自殺するのです。

一家を惨殺し、従業員まで惨殺した犯人は殺害した人々に恐怖を与えました。刑務所では逆に犯人が死の恐怖を味わうのです。殺害シーンの残虐性は相当なものですが映画としてみると1本の筋が通っていて、話の流れ、展開、演出とどれをとっても一流です。過激な内容ゆえ一般的ではないですが、ホラーファンやホラーマニアに傑作と呼べる1本だと思います。

イメージが頭に浮かびすぎます! 〜マルドロールの歌〜

マルドロールの歌 / ロートレアモン伯爵 著 - 集英社
596
ショップで確認
[内容]同性愛、神への反逆…。タブーへの挑戦を華麗に歌いあげた世紀末の奇書。[目次]1の歌2の歌3の歌4の歌5の歌6の歌[目録情報]神への反 詳細を見る 1users

WINDY BOOKS on line Yahoo!

驚くほどのイメージの発信がある作品です!マルドロールの歌という文学作品があります。ロートレアモンという作家の作品です。この作品に注目したのは、大好きだったシュルレアリスムの画家や作家に、ロートレアモンの作品が大きな影響を与えたことを知ったからです。本名イジドール・デュカスはウルグアイ出身の詩人ですが、彼の「マルドロールの歌」は世界の多くの詩人や画家たちに大きな影響を与えます。とりわけ第二次世界大戦の頃に繰り広げられたシュルレアリスム運動に身を投じていた詩人、画家たちにとって「マルドロールの歌」は「バイブル」とも言えるものでした。

【ここがおすすめ!】
シュルレアリスムの主宰者であったフランスの詩人アンドレ・ブルトンはロートレアモンの「マルドロールの歌」に新しい希望を見出したように思えます。それまで彼が大切なものとしていたフロイトの精神分析学では、性的な情動によるイメージの生成という視点にとどまらざるを得なかったのですから、ブルトンが希求していたものとは違っていたと思わざるを得ません。争いが溢れる、悲惨な現実に抗するために、ブルトンを含め、シュルレアリストたちは人間の無意識の中に潜むものに希望を見出そうとしたと言えます。彼らの求める無意識、言い換えればイメージの奔流が「マルドロールの歌」の中に、夥しいほどに残されていたのです。有名な記述がこの作品の中にあります。第1の歌にあります。「診察台の上のミシンとコウモリ傘の出会いほど美しいものはない」(概要)。この作品は第1の歌と第2の歌に分かれています。前者が9割、後者が1割と言ったところでしょう。

前者の冒頭でロートレアモンは書いています。「毒に満ちたこの記述を辿るなかで、精神を危機に晒すことなく抜けて欲しい」(趣意)と。確かにこの前置きのように、膨大で荒々しいイメージが続きます。反面とてつもなく美しいイメージがちりばめられています。その中を喘ぎながら読み切ることは、ある意味強靭な精神力が要ります。しかし収穫も多いと思います。主に絵画の世界で多用されるディペイズマン(置換法)によるイメージの生成の様子がリアルに感じ取れます。

多少難解だけど、読むうちに怖くなります。

ロートレアモン全集 / ロートレアモン 著 - 筑摩書房
1,620
ショップで確認
[内容]残虐な暴力が炸裂する悪夢さながらの光景、静かにたちのぼる祈りにも似た慰藉の響き―いまなお強烈な毒を孕んだ麻薬的魅力で人を惹きつけて放 詳細を見る 1users

WINDY BOOKS on line Yahoo!

イメージの宝庫という見方も否定できません。この作品の第1の歌には、先述した「イメージの奔流」とは趣を変えた作者の「思念」も並行するかのように寄り添い、全体を構成しているわけですが、文体をなしながら、かつ唐突にも思える表現は、読む者に戸惑いを与えると同時に、次の展開への期待感を呼び覚ましたりもします。このような文が織り込まれます。「(前略)この詩節の中にセメントで固められているドラマチックな主題の方へ引き返した方がよかろう」このような文章が、途切れのない長いセンテンスにちりばめられている点も独特のスピード感をもたらします。時に閉塞感をも感じさせる文章です。

【ここがおすすめ!】
しかし混乱の中で書かれていると断ずるのは早計だと思います。作者がこの作品を書いた必然性は必ずあると思えるからです。イメージの奔流は無意識のものかもしれません。だからこそ彼のこの作品が無意識を重んじたシュルレアリストたちにある意味熱狂的に受け入れられたのかも知れません。しかしこの章の流れには、「救済」、「現実を生きる個」の救済が感じ取られてならないのです。途方もない記述の時空を超えた後は、第2の歌に移行していきます。そこには第1の歌とは全く趣を変えた「静」の時間が感じ取れるのです。意外な人物が、この第2の歌の部分を引用し、自身の思いを語らせることも見られます。文学者や詩人だけでなく、幅広く読まれ、共感を呼んでいるのではないだろうかと思うのです。第2の歌の冒頭でロートレアモンは書いています。「不幸の中で友は増える」(趣意)と。このような短いセンテンスにより、まるで格言のような言葉が並びます。言うまでもなく、格言、つまり「人生」において意味あるものをもたらしてくれる言葉です。

第2の歌では第1の歌とはうって変わって、彼が生きていくうえで大事にしているであろう言葉が、彼自身の言葉で綴られていきます。多少難解さも伴いますが、理性的で人間的な言葉が記述されています。激流のような第1の歌を読んだ後だからこそ、混乱なく読めるのかも知れません。「マルドロールの歌」の魅力は、ある意味危うく感じられるイメージの奔流と、理性的な記述が並立しているからかもしれません。少し大げさになりますが、第1の歌にはロートレアモンの生の困難さが色濃く表れ、第2の歌には、彼の獲得した思想や信念が表れているのではないでしょうか。ともあれ、稀有な一冊と言えるでしょう。複数の翻訳者が、すでに出版されているのにもかかわらず、独自の翻訳を試みています。このことはこの作品の魅力を象徴しているのではないかと思うのです。「私ならこう訳す」、そういうことが翻訳のモチベーションになっているだろうと思うからです。私自身、1970年代の後半に読み、大事に書庫に保管していました。新しいこの本も入手しました。最初の本の紙が変色し、読みづらくなったからです。読めなくなると困る本は、こうして買い足すのです。

バイロケーションは、非常にゾクゾクします!

バイロケーション スタンダード・エディション
3,649
税込、送料込
【DVD】水川あさみ(ミズカワ アサミ)/発売日:2014/07/16/PCBE-54570//[キャスト]水川あさみ/千賀健永/高田翔/滝藤賢一/浅利陽介/酒井若菜 1users

イーベストCD・DVD館 Yahoo!

『バイロケーション』は、2014年の日本映画です。絵描きの桐村忍は身に覚えのないスーパーでの偽札使用で警察に捕まります。監視カメラにしっかり映っている自分を見て頭が混乱しました。全く身の覚えがないのに、自分が映っているのです。警察は彼女を警察署ではなく、別の場所に連れてゆきました。そこは自分とそっくりなもう一人の自分が存在する人たちの集まりでした。それはバイロケーションと言われる現象でこの問題を解決するために集まっているのでした・・・という話です。

バイロケーションは、同名小説の映画化です。主演を演じるのは水川あさみさんです。昔から都市伝説のような噂のあるもう一人の自分がどこかにいるというテーマの作品です。前半はバイロケーション現象を理解させるような流れでわかりやすいと思います。中盤から後半にかけこの映画の特徴がでます。登場人物が本物かバイロケーションかわからなくなってしまうのです。これは主演の水川あさみさん自身もそうです。見る者にとっても水川あさみさんの行動と視点が本物なのか、バイロケーションなのかわからなくなってしまう展開になっています。この演出は見事だと思いました。前半でバイロケーションのもう一人の自分は性格が狂暴で乱暴になると植えつけられます。しかしこれは何時もではないのです。しかし狂暴なバイロケーションのシーンを前半に見せられているため、大人しい冷静な人物はすべて本物だと錯覚して見入ってしまうのです。つまり本物とバイロケーションが知らぬ間に入れ替わった展開の物語を作っているのです。見ていて気づくのはしばらくたってからです。

このあたりの作りは上手いと思いました。更に冒頭のアパートでの水川あさみさんのシーンもラストに種明かしがあります。見るものがトリックで騙されているような作品です。この映画を見ていると昔あった『ボディスナッチャー』というSF映画を思い出します。あの映画はエイリアンが人間の体を乗っ取り、容姿は変わらないが人間の姿をしたエイリアンになる映画でした。そして映画の中の展開でこの人は人間かエイリアンか?と見るものを引き込む作品でした。このバイロケーションもその要素がたっぷりあります。映画の中の人物が本物かどうかが気になり映画の中にのめりこんでしまいます。あとでじっくり見直すと、映画の中の色々なポイントが見つかります。この映画は一回だけでなく、何度か見て理解できる奥の深い映画だと思います。

おすすめのホラーゲームは、 恐怖の森!

Naruto Card - Survival in the Forest of Death 073 - Coils of the Snake - Rare - Wavy Foil
8,735
税込、送料別
Bandai メーカー: Bandai 詳細を見る 1users

amazon.co.jp

おすすめのホラーゲームで今回、私が紹介したいのは、windows PC専用の3Dゲーム 恐怖の森 (正式名称は、Death Forest 〜森からの脱出)です。ちょっと古くなりますが、恐怖感満載のゲームです。主人公のバイクが壊れ、目的地に向かうために、森の中をさまよいながら、バイクを直すためのパーツを手に入れ、脱出するという単純な内容です。しかし、さまよう間にデカイ顔だけのよしえや不気味なバケモノたちが、襲ってきます。捕まったらGAME OVERになります。どうやって、よしえやバケモノから逃げながら脱出出来るかですね。突然よしえは現れますから、緊張感は半端ないです。また、この顔だけのよしえのインパクトの大きさ。とにかく気持ち悪い。ニヤニヤした笑みを浮かべ、近寄ってくるのです。

【ここがおすすめ!】
追ってくるよしえを気にしながら、逃げ切らなければなりません。このよしえのインパクトで、結構人気が出て、知ってる方も多いかもしれません。ゲーム配信YouTuberなども、結構実践配信してましたね。やってる方の恐怖感さえ伝わってきそうです。パニクったらダメ。焦らずに、正しい道を選択しながら、敵の目を晦まして逃げ切って下さい。追いつかれてしまうとGAME OVERになってしまいますから。逃げる間に脱出に必要な道具を4つ手に入れなければなりません。これは、壊れたバイクを直すために、必要になります。これを探しだし、手に入れるか入れないかによって、エンディングが、変わってきます。よしえから逃げ切って、ゴールにたどり着いただけでは、バットエンドにしかなりません。森から脱出出来るかがグッドエンディングを見る鍵になります。主人公の行動により、エンディングが変わるフリーゲームというのも、面白い所ですね。

全体的に、夜の森の中なので、暗い雰囲気と緊張感たっぷりの音楽で、恐怖感は満点です。スプラッターな部分はほとんど無く、どちらかと言えば心理的な恐怖感のあるホラーゲームです。こちら2014年には、映画化もされてます。題名は、DeathForest 恐怖の森です。2015年には続編、DeathForest2 恐怖の森も放映されました。それだけ人気も高く、恐怖感を楽しめるゲーム構成になっています。特に難しくもなく、作動はスムーズに出来るホラーゲームです。ホラー大好きには、イチ押しの作品です。ただし、心臓の弱い方は、気をつけてくださいね。

タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツらは、ホラーコメディ!

【bs】【送料無料】【中古】DVD▼タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら【字幕】▽レンタル落ち【ホラー】
6,749
ショップで確認
JAN 4562262281505 品 番 REARD082 出 演 タイラー・ラビーン/アラン・テュディック/カトリーナ・ボウデン/ジェシー・モス/フィリップ・グレンジ 1users

バンプ 楽天

『タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら』は、2010年のコメディスプラッターホラー映画です。中年男のタッカーとデイルはいつも仲が良く親友です。湖畔に小さな家を購入し別荘として休暇を過ごすことにしました。彼らはいつもクワやチェーンソーなどの農機具を持ち過ごしていました。偶然近くにキャンプに来た若者たちが彼ら二人を殺人鬼だと思い込んでしまったことから偶然の惨劇が怒り始めると言う話です。

【ここがおすすめ!】
この映画は笑えるコメディと真逆の残虐スプラッターシーンが混載しています。スプラッターシーンだけを切り取って見ると残虐映画としか見えないのですが、全体を通すとコメディ映画で大笑いという変な作品です。すべての行動が偶然からの勘違いです。湖でおぼれた女性を助けて家に連れて帰るシーンも大学生には殺人鬼が女をさらったシーンに見えます。チェーンソーで木を切っていると大学生が来て殺されると勘違いして逃げ出します。そっちへ行ったら危ないと言いたくてチェーンソーを持ったまま追いかけると大学生はつまずいて木の枝に刺さり死んでしまいます。木材粉砕機で作業をしていると、これも殺されると勘違いした大学生が逃げる途中でつまづいて粉砕機に飛び込んで死んでしまいます。下半身だけになった大学生を引きずり出している所を見られてまた殺人鬼だと思われます。万事がこのパターンです。ここまで徹底すると笑うしかありません。

ではこれはホラー映画なのか?といわれるとホラー映画なのです。ホラー映画の定石をちゃんと踏んでいます。例を挙げれば死のフラグが立てばその人物は死んでしまいます。それも残忍な死に方です。さらにタッカーとベイルという男二人もスラッシャー映画に出て来る殺人鬼のような体型と顔をしています。つまり映画を見ているこちらも殺人鬼と思われてもしかな異様な風貌なのです。そしてキャンプに来た若者たちも人里離れた場所に行くと殺人鬼が現れて・・という脅しネタを使います。このような要素がうまくミックスされているのです。ストーリーもしっかりしていて、見ていて面白さもあります。決してパロディ映画ではありません。パロディ映画というのは元ネタがあって、その内容を面白おかしく変革させたものです。この映画は完全オリジナルです。コメディ系のホラー映画は80年代のホラー映画ブームの終焉頃から出始め、いろんな作品が出されました。そんな中でこの映画は別格だと思います。一つだけ言わせてもらうとラストの恋愛の成就です。これだけは『それはないだろう』と思いました。

ブラッド・ピーセス-悪魔のチェーンソーは、とにかくおぞましい!

ブラッド・ピーセス 悪魔のチェーンソー HDリマスター版 【Blu-ray】
4,147
ショップで確認
お届け目安:在庫多い 翌日までに発送(土日祝除く) 倉庫B 種別:Blu-ray 発売日:2016/11/02 説明:解説 轟音をあげて美女に迫るチェーンソー!/鮮血ほと 詳細を見る 1users

ハピネット・オンライン Yahoo!店 Yahoo!

『ブラッド・ピーセス-悪魔のチェーンソー』1983年のアメリカ映画です。子供時代にヌードジグソーパズルで遊んでいるのを母親に見つかり叱られます。怒りに終える少年は母親を斧で頭を何度も殴り殺します。40年後平和な学校でチェーンソーによる連続バラバラ殺人事件が発生しました。狙われるのは女性ばかりです。更衣室でプールでトイレで切断されたバラバラ死体が発見されます。しかし何故か足らないパーツがあるのです。なんと犯人は切断したパーツで自分好みの女性を作っていたのですという話です。

【ここがおすすめ!】
80年代のホラーブームにのった作品の1本です。犯人は学園長で、子供時代のヌードパズルが忘れられず大人になって生身の人間でパズルを作ろうと殺戮を繰り返すと言うかなり無理な設定に苦労がうかがえます。とはいってもこの映画は結構出来は良いのです。マニアの間では評判の高い作品です。この映画の見どころはチェーンソーによる殺害の残忍さです。この当時は特殊メイクといっても手作り感満載で今の時代のようにCGも無い時代です。ホーブームの最中に出された多くの作品の中ではリアル度は群を抜いていました。恐らく今見てもマニアには高評価は得られると思います。さて映画の話自体は犯人を捜すサスペンスタッチで流れます。犯人を捜す刑事にはクリストファー・ジョージが扮しています。こんな映画にも出ているのか?と思ってしまうほどですが思いのほか力を入れて作っている作品だということもうかがえます。刑事の捜査中も合間を縫って殺戮は繰り返されます。そして学園長に会って話を聞いた刑事は学園長が怪しいと思ったわけです。

ストーリーとしてはありふれた内容です。そしてラストでは学園長の家に乗り込みます。そこにあったものは学園長が切断した女性のパーツで作り上げた縫い合わされた女性の体でした。この女性が生々しいというか、異様な出来栄えで、学園長の異常さを浮き彫りにしています。この作品は80年代当時は上映禁止とか放映禁止とかのキャッチコピーで宣伝されていました。そのコピーに騙されて見たわけですが、だまされて正解という作品でした。今の映画に置き換えると『ホステル』や『ソウ』のような映画と思えば良いと思います。最近になってDVDのリマスター版も発売されマニアの私としては嬉しい限りです。今風のCG満開のホラー映画も良いですがこの『ブラッド・ピーセス 悪魔のチェーンソー』も見てもらいたいと思います。

日本のホラーを一躍有名にした作品といえばこちら! 〜呪怨〜

呪怨 劇場版 デラックス版(2枚セット)呪怨、呪怨2 レンタル落ち 中古 DVD ホラー
899
ショップで確認
【3000円以上送料無料】の対象商品です。(監督) 清水崇 (出演) 奥菜恵(仁科理佳)、伊東美咲(徳永仁美)、上原美佐(遠山いづみ)、市川由衣(千春)、津田 1users

お宝イータウン Yahoo!

私は日本ホラーが以前から好きで、小説や映画などどのジャンルでも好きです。外国ホラーも見たり読んだりしたことはありますが、どちらかと言うと非現実的に感じて不気味とか恐怖よりも気持ち悪いなどの感想を持ちがちです。その点、日本ホラーの場合は身近に感じる背景や臨場感があるのでよりいっそう恐怖を味わうことができます。その中で私がおすすめする日本ホラーは「呪怨」です。私が初めて呪怨を知ったのは実は映画のCMだったのですが、その時はこの映画には全く期待できなくなんとなく喜劇のような印象でした。もともとリングのシリーズは映画も小説もすべて観たり読んだりしていて、好きな日本ホラーの一つだったのですが、その感覚で期待すると全く期待外れが予感できるCMでした。

【ここがおすすめ!】
呪怨の映画は実際にも観たのですが、やはり期待を遥かに超えることはなかったのですが、見終わった後に原作を読んでみたいとおもい小説を買いました。小説は映画よりも抜群に恐怖を増強させる内容となっており、映像がないにも関わらず映画よりも怖かったです。また、ただ怖いという感情だけではなく人間関係とかそれにまつわる人間性とかを深く考えさせられる内容となっています。私自身も結婚しており、子供もいますので、母親という立場に立ってこの映画・小説を観ることが出来ました。ホラー作品は苦手という方でも、そういった違う目線で観ると単に恐怖というだけではなく、悲哀な内容を共感できたりもするので苦手意識からは外して観て頂ける作品だと思います。

映画だとちょっと表現が大胆で、非現実的な感じにも見受けられる映像になっているので、逆に怖さではなくちょっと笑ってしまう場面もあると思うので、純粋に内容を楽しむには小説がおすすめです。また、小説や映画は全く興味がないという人にもこの作品を知ってもらうきっかけとして、おすすめできるか分かりませんがパチンコなども出ているようです。私は実際にはしたことはないのですが、映画や小説はいっさい観たことがないけれどパチンコだけやったことがあるという知人がいるのですが、それだけでも内容がある程度分かったと言っていました。もちろん私はそれだけでは絶対分からないと思っているので小説をすすめましたが、その知人もパチンコをやってみて実際に興味を持ったようで私のすすめもあり小説を読んでいました。細かい内容を小説で知って、よりパチンコを楽しめるようになったと言っていたので、きっかけは何であれ最終的に小説を読んでみると、とても興味深いものなので損はないと思います。

ヒットメーカー西尾維新の新シリーズは、怖くて面白いです!

掟上今日子の備忘録
1,350
ショップで確認
掟上今日子(おきてがみきょうこ)――またの名を、忘却探偵すべてを一日で忘れてしまう彼女は、事件を(ほぼ)即日解決!あらゆる事件に巻き込まれ、常 1users

コミックまとめ買いネットヤフー店 Yahoo!

掟上今日子(おきてがみきょうこ)の備忘録著者は、西尾維新の作品です!掟上今日子の備忘録はアニメやテレビドラマでも放映された作品です。このほかに掟上今日子のの推薦文など、掟上今日子の後にタイトルが変わる忘却探偵シリーズです。主人公の掟上今日子は推定25歳の白髪のメガネをかけた美女です。

【ここがおすすめ!】
記憶が1日しか維持出来ず、眠るとリセットする特殊な体質の持ち主です。彼女は、置手紙(おきてがみ)探偵事務所の所長で記憶が1日で消去されることから、忘却探偵と言われ、秘密の漏洩がない為、警察からも依頼があります。原則、1日で解決出来ない事件は受けません。それゆえに、最速の探偵とも言われています。目覚めた時に自分の記憶がない為、名前と職業が天井に書かれています。さらに、腕などに書かれた自分の氏素性で理解します。この小説は、本格推理小説ではありません。どちらかと言うと、コミックに分類されてもいいと思います。面白いポイントは、依頼者が常連であっても、毎回始めましてと挨拶するところから始まります。依頼者は、そのつど、自分の説明をしなければならないのです。登場人物に冤罪体質の青年・隠館厄介(かくしだて やくすけ)がいます。

彼は、就職をする度に事件に巻き込まれ、犯人だと疑われます。彼が冤罪に巻き込まれると彼女に毎回依頼して、助けられます。今日子に好意をもってはいるのですが、会う度に、怪しい男性だと警戒されるところは、面白いです。彼の依頼を受ける時に、今日子が既婚者で子持ちのふりをする場面はとてもユーモアたっぷりです。今日子が眠らないで3日間本を続けるシーンで、彼にねちねちと嫌味を言うシーンは、人間くささが一番出ているシーンだと思います。しかし、一番の今日子の理解者かも知れません。彼が毎回、小説に出るのではなく、依頼者が男性警察官だったり女性だったりして、版ごとに変わります。小説の中では、彼女は決して成人分主な女性ではありません。お金に対しては、シビアで、料金交渉が度々出てきます。また、妙にプライドが高く、変なこだわりを出すシーンもコミカルです。じっとしているのが苦手で、話しながらも歩き回ったり、思い立つと突然に行動に移ります。それが失敗して気を失い推理が初めからやり直すこともあり、笑えます。推理小説の主人公は、シビアな性格が多いのですが、これが、この小説の面白いポイントだと思います。色っぽい内容はないのですが、彼女のファッションが依頼ごとに違うのも、チェックポイントです。推理トリックは、それほど複雑ではありません。

忘れられないホラー映画作品といえばこれ! 〜永遠のこどもたち〜

永遠のこどもたち
1,543
ショップで確認
ベレン・ルエダ [キャスト]べレン・ルエダ/フェルナンド・カヨ/ロジェ・プリンセプ/マベル・リベラ/モンセラット・カルージャ/アンドレス・ヘ 詳細を見る 1users

オンライン書店boox @Yahoo!店 Yahoo!

「永遠のこどもたち」は、私の中に鮮烈な印象を残し、忘れられない珠玉の映画です。今回はこちらをご紹介させていただきます。スペインを舞台にした美しくも悲しいホラー映画です。自らが育った孤児院を買い取り、障害を持つ子どもたちの施設にするため、夫と子どものシモンと共に移り住む主人公ラウラ。しかし、シモンは空想上の友人と遊び始め……。そんな時、子どもの失踪という事件によってラウラは深い悲しみを抱えることになってしまいます。その悲しみに、観ている者は感情移入して胸を痛めずにはいられません。そして真実が明らかになった時、さらなる悲しみに突き落とされるのでした……。

【ここがおすすめ!】
しかし、衝撃の真実以上にこの映画の素晴らしいところは、ホラー映画でありながら愛に溢れていることだと思います。母親の愛とは何か、子どもたちの幸せとは何か、「大人」とは何か、死生観とは何か。様々な問いかけがこの映画には詰まっています。そして、そのこたえは決してひとつの正解があるわけではなく、希望も絶望もひとりひとりの中にあるものなのです。だからこそ、この映画の結末は受け入れられる人と受け入れられない人に分かれることでしょう。それこそがこの映画の魅力だと思います。そしてこの映画を語るうえで忘れてはいけないのが映像美。「パンズ・ラビリンス」や「パシフィック・リム」を手掛けたギレルモ・デル・トロが製作総指揮ということで、映像へのこだわりには強いものを感じます。海辺の古い孤児院など雰囲気たっぷりで、その美しさに酔うことが心地よい映画でもあります。私は冒頭の映像だけで、すでにこの映画の虜になってしまいました。

やはり映画には「目で見て感動する」という醍醐味があると思うのです。そういった意味でも、この映画はゴシックホラーがお好きな方にはたまらないのではないでしょうか。また、ホラー映画としての恐怖度が強い映画ではないかもしれませんが、もし自分の身に起こったら……と考えるだけで背筋が凍ることでしょう。とは言え、ホラーを得意としない人にとってはしっかり怖いシーンもあるのでご注意ください。ただ、注意はしていただきたいけれど、ホラーだからといって敬遠するのももったいないかと思います。ホラー・ミステリー・人間ドラマと様々な捉え方ができる作品なので、鑑賞した後に映画談議をするのも楽しいかと思います。賛否両論はあれど、観た者の心の中に何かが残る映画になるのではないでしょうか。

思わず画面から目を背けたくなる! 〜パーフェクトブルー〜

パーフェクト・ブルー /加藤ローサ【中古】
160
ショップで確認
【注意】 ● レンタル落ちの中古商品になります。詳しくは商品についてのご案内ページをご覧ください。 ● 掲載されている画像はイメージです。実際の 詳細を見る 1users

テックシアター 楽天

ホラーものの映画や漫画において視聴者が恐怖を感じる場面と言えば、あなたはどんな場面が思い浮かぶでしょうか?これには恐ろしい怪物がいきなり画面いっぱいに現れるドッキリな場面や、大量の血しぶきが飛び散るスプラッターな場面を思い浮かべる人も多いことでしょう。このように思わず目を背けたくなるような場面は刺激が強いために人々の印象にも強く残りやすいのでしょうが、正体の分からない存在がじわじわと迫ってくるスリリングな場面もまた視聴者が恐怖を感じる場面と言えます。そこで強烈な刺激によるショッキングな恐怖ではなく、まるでじっくりと心臓をわしづかみにされていくようなスリリングな恐怖を味わいたい方にお勧めしたいのが、映画『パーフェクトブルー』であります。

【ここがおすすめ!】
自身が所属していたアイドルグループを脱退し女優としての道を歩み始めた主人公の霧越未麻は、周囲の期待や方針に流されてドラマで強姦シーンを演じたりヌード写真を撮ったりと過激な仕事をこなしていきます。不満を覚えつつも女優としての成功を掴むためと自分に言い聞かせる未麻ですが、その頃から彼女の周りで不可解な出来事が頻発するようになります。書いた覚えがないのに自身の女優生活の不満が克明に記されていく未麻のブログ、ヌード写真を撮影したカメラマンなど未麻に過激な仕事を与えた業界関係者たちの殺人事件、そして未麻の周囲に現れる、アイドル時代の自身の幻影。これらはまるで女優としての現状に不満を抱いている自分の心境を反映したかのような出来事であり、華やかなアイドルとしての自身の幻影に未麻は次第に追い詰められていきます。

周囲に迷惑をかけまいとひたすら望まぬ女優を続ける一人の女性が精神的に押し潰されていく様を、この映画は描いているのです。この映画にゾンビのようなモンスターは登場しません。血しぶきが飛び散るようなスプラッターな場面もごくわずかです。しかし目を背けたくなるようなショッキングな恐怖は少なくても、この映画にはむしろ目を離せなくなるようなスリリングな恐怖にあふれています。怪物のような実体を持った恐怖に相対した時、視聴者は目を背けて一心不乱に逃げ出したくなるものでしょう。しかしこのパーフェクトブルーで見られるような不可解な出来事や幻影には実体がないため、視聴者は目を背けるどころかその原因や正体を捉えようとして目を離せなくしてしまうのです。体が飛び跳ねるような恐怖ではなく、背筋が凍りついて動けなくなるような恐怖に身をゆだねたい方は、このパーフェクトブルーを鑑賞してみてはいかがでしょうか。

まとめ

珠玉のホラー作品!


古いものから、比較的新しいものまで集めてみました。どれも非常に怖くてたまらないのですが、名作ばかりで楽しませてもくれます。コメディホラーも紹介しましたのでぜひ、見てみてくださいね!



このエントリーをはてなブックマークに追加
このリストは参考になりましたか? はい いいえブックマークする

関連するまとめ

コメント

コメントを書くにはログインしてください。かんたんユーザー登録は無料です。
外部ID(Yahoo JAPAN ID、Livedoor ID、mixi OpenID、はてなID、JugemKEY)でもログインできます。

ユーザー登録のヘルプ

ID:
sk0929
自己紹介:
ブログ/HP:
レベル:
-
2017/03/06   2017/03/12   コメント(0)
ブックマーク(0)   印刷   友達に教える
CD・DVD・楽器
Tags  ホラー 処刑軍団ザップ トライングル 遊星からの物体X セブン ブラット・ピット 黒い家 バイロケーション
URL
Link

人気のある「CD・DVD・楽器」に関するリスト

> CD・DVD・楽器のランキングをもっと見る

このリストの関連ランキング

モノログで今人気のリスト