検索オプション
 

長編漫画で、充実のお休みを!迫力のある話題作をまとめてみました!

日本の文化とも言える漫画!長編漫画だとなお読みごたえがありますよね。今回は、10巻以上の長編漫画をたくさん集めてみました。せっかくのお休み、お出かけする予定がないなら部屋で寝ていてももったいない!読んでいて心にくる長編漫画を読破しちゃいましょう!絶対におすすめなのばかりですので楽しめるはずです!
このエントリーをはてなブックマークに追加
view:12

ろくでなしBLUESは、ボクシング青春漫画!

ろくでなしBLUES ろくでなしブルース 全巻 全42巻完結 集英社/少年ジャンプ 森田まさのり 【全巻セット】【中古】
6,880
ショップで確認
ろくでなしBLUES ろくでなしブルース 全巻 全42巻完結 集英社/少年ジャンプ 森田まさのり 【全巻セット】【中古】 ※一般のお客様からの買取品となり 1users

漫画全巻いっぷく堂 楽天

私が紹介する漫画はろくでなしBLUESです。主人公の不良、前田太尊がボクシング、恋、仲間との友情など様々な問題を抱えながらも自分を貫き通す葛藤を描く青春漫画です。時代は1980年代の不良全盛期の漫画で、現代の若い世代の人たちには理解しがたい部分もたくさんあるでしょうが、生き様とは何か、人とは何かを真剣に教えてくれる作品です。なんでも上手く物事を運べる人とは正反対で不器用ですが、情熱を持って全ての事に取り組む主人公には非常に共感出来ます。人生を語る上で外せないのが恋。1980年代当時はもちろん携帯電話もなく、好きな人と会うのも連絡を取るのも困難な時代です。

【ここがおすすめ!】
色々なすれ違いが生じるのも半ば必然で問題一つ起きるとそれを解決するのにまた色んな誤解が生じます。ただしこの漫画を読んだ後はそんな事すら小さい事のように感じる、恋とは何かを考えさせてくれます。人を愛する事に時代も境遇も関係ないのではと思わせてくれるという凄みと説得力がこの漫画には存在します。そして恋もありつつ、この漫画の本題は青春です。青春時代は全てが新鮮で全ての物事に一所懸命です。仲間と素直に喜び、泣き、仲間が非常事態の時には駆けつけ、そんな青春時代の思い出が蘇ってきます。ちょっとしたくだらない事で喧嘩しても素直に謝る事も体裁で謝る事も出来ません。それは真剣に人と向き合っているからです。主人公の前田太尊にはそのような感情移入が容易にできてしまいます。というか、してしまいます。そしてこの漫画のもうひとつのポイントである夢の部分です。仲間、恋に加えて前田太尊には夢があります。その夢を叶えるにはずっとボクシングジムで練習だけしてれば良いと考えるのもひとつの意見だとは思いますが、太尊にとって仲間も恋も非常に大切であり、捨てることは出来ません。ボクシングと仲間と恋で揺れ、どこにもぶつけようのない怒りもどこか青春時代を思い出させてくれます。

私はこの漫画が人生のバイブルと呼べるまでに好きな作品です。心のどこかで寂しさを抱えている人や、人とは何かを考えさせてくれる良い作品です。ただし、シリアスになりすぎずコミカルタッチで描く部分や週刊少年ジャンプで連載されていたのも含め、非常に読みやすいと思います。絵のタッチが苦手という意見も聞きますが、読んでいくうちに気にならない、この絵だから良いと思わせてくれるのは森田まさのり先生ならではです。この作品、絶対はまるので是非読んでみて下さい。
おすすめ度:

映画にもなった、ひるなかの流星!

ひるなかの流星 5巻
432
ショップで確認
ついに文化祭スタート! すずめのことを気にかけているようだった獅子尾が、なんだか急にそっけなくなり、馬村とも不穏な様子。これ以上期待しないよ 詳細を見る 1users

コミックまとめ買いネットヤフー店 Yahoo!

私が紹介する漫画は、実写化もされて、とても有名な王道ラブストーリーの漫画の『ひるなかの流星』です。この漫画は、全12巻で長すぎもなく短すぎもなく、読み応えがある漫画になっています。おおまかなあらすじは、田舎で暮らす高校生のすずめは両親が海外転勤になってしまい、東京に住むおじのもとに預けられることになります。上京の日、東京で迷子になって公園で倒れてしまいます。その時偶然出会った獅子尾に助けられます。その獅子尾は転入先の担任の先生で、色々関わるうちに段々すずめは先生に惹かれていきます。そして初めて友達になった馬村にも好かれてしまう、という三角関係のお話です。

【ここがおすすめ!】
この漫画の良い所はたくさんあります。テンポが良く、結末にびっくりさせられます。登場人物の女の子はみんな可愛くて、男の人もみんな個性がありかっこいいです。主人公のすずめがすごく良く、田舎出身のせいなのか元々の性格なのか、とても良い子すぎて、1つも嫌な気を持たず最後まで読むことができます。ヒロインに1つも嫌な気を持たずに、読み終えることができる漫画はほとんどないと思います。そして馬村が最初から最後まで男前すぎなので、結末に不満を抱く方もいるかもしれませんが、私はこの結末に大納得です。でも読み返してみると、最初からこの結末を想像して描いたのかと思える所がいくつかありました。

なので一回で終わらず、二回は読んで欲しい作品です。そしてこの漫画はとても絵が綺麗です。元々この漫画の作者のやまもり美香さんの作品は、全部読破しているほど大好きなのですが、その中でもひるなかの流星の絵はとても大好きです。絵が綺麗だと、漫画もとても読みやすいです。この作品は、12巻で完結されていますが、番外編が一冊出ています。そこには、すずめと馬村が大人になった時の話が描いてあるのですが、そのお話も最後まで読み終えた後に読んで欲しいお話です。この作品は、すごくキュンキュンするようなラブストーリーではないのですが、思わず読みながらニヤッとしてしまう作品です。漫画なので、現実はこんな恋はありえないと思いますが、恋は待っていれば報われることもあり、タイミングも大事なんだなと思わせられる内容でした。本当に読みやすく、ストーリーも王道な設定ではありますが、一気に読みたくなるようなストーリーになっています。もりやま美香さんの漫画を読んだことがない方はまず、ひるなかの流星を読んで欲しいです。
おすすめ度:

少し大人なスポーツ漫画、GIANT KILLINGを読もう!

GIANT KILLING (ジャイアントキリング) コミックセット (モーニング KC) [マーケットプレイスセット] レビュー
25,903
税込、送料別
ツジトモ(著) 綱本 将也(著) GIANT KILLING (ジャイアントキリング) コミックセット (モーニング KC) 詳細を見る 1users

amazon.co.jp

今回、私が紹介したいのは現在『週刊モーニング』で連載中の漫画『GIANT KILLING』です。東東京をホームタウンにサッカーの国内リーグを戦う架空のチーム「イーストトーキョーユナイテッド」を舞台に繰り広げられる群像ドラマ。個性的なキャラクターと、プロスポーツに関わる様々な立場の人々の喜怒哀楽が実にリアルに描かれています。この漫画の特徴はなんと言っても裏方の人達にスポットを当てていることです。スポーツを題材にした漫画ではスター選手の活躍を中心に描くものが大半ですが、監督、クラブのゼネラルマネージャー、広報担当者、スポンサー企業、ファンの日常などスポーツ以外の部分についてのシーンに多くのページが割かれています。選手でも助っ人外国人が日本のクラブに来ることになったいきさつ、引退を宣告されそうな選手の家族とのシーンなど、今まで他のスポーツ漫画では取り上げられてこなかったような部分を取り上げています。

【ここがおすすめ!】
当たり前だけど、スポーツマンも人間なんですよね。主人公チームと対戦するチームの選手にも生活があって、いろんな思いを抱えてその日の試合に臨んでいる訳です。そして、漫画の中には登場しなくても試合の後にも生活が続く。だから1試合やって、負けるだけが仕事の存在ではないんです。試合のシーンは、やっぱり選手に感情移入して読んでいくんですが、主人公チームが勝っていくことに爽快感を感じる…というより、試合を通して感じる、いろんな立場の人の人間ドラマが面白んですよ。
 私が一番気に入っているのは他のクラブで戦力外になった選手らが集まったチームが、海外から呼んできた監督の下で奮起する試合です。普段の生活をしている限り、我々の立場は圧倒的な才能で大活躍するスター選手ではなくて、才能で言えば凡庸なレベルでも、凡庸なりに全力を尽くす平凡な選手のほうだと思うんですよね。スポーツものの漫画でそういう選手を取り上げることは少ないけれど、この漫画ではそこにスポットライトが当たっていて原作(のちに「原案・取材協力」に表現を変更)のツジトモ先生のセンスを感じました。

この漫画にはすごい必殺技などの派手な演出はありませんが、スポーツに関わる人々の人間ドラマが描かれています。普段の生活は楽しいことばかりではありませんが、そんなあなたの生活にも共感できる、どこかでリンクする部分が見つかるとはずです。もし興味を持って頂けたならGIANT KILLINGを読んでみてください。

何度も読み返したトライガン!

1) トライガン♯ /内藤泰弘
263
ショップで確認
状態:中古コミックの発送は、通常ゆうメールとなります。(複数購入の場合は、金額により異なります)・中古品のため多少の黄ばみやヤケ、シミがある 詳細を見る 1users

コレクションモール Yahoo!

少し昔の漫画になりますが、私が今でも時々読み返し、その度に感動する漫画のひとつに「トライガン」があります。「トライガン」は元々連載されていた雑誌が休刊になってしまい、打ち切りのような形でいったん終わってしまうのですが、別雑誌にて連載再開し、その後10年かけて大団円を迎えました。通常版で全17巻くらいだったかと思います。遠い未来、地球から移住してきた人類が、西部開拓時代のような時代背景の中で生活し、賞金首である主人公をめぐる騒動を描くガンアクションです。まず絵柄がアメコミを意識したようなもので、今でこそアメコミに影響を受けたような絵柄の漫画は多くありますが、連載開始当時は日本ではあまりアメコミも普及されていなかった頃だと思われますので、当時はスタイリッシュで格好よく、斬新だったと覚えています。

【ここがおすすめ!】
そして出てくるキャラクターがみんな個性的で生き生きとしています。最初は少しごちゃごちゃしていて読みづらい部分もあるのですが、主要な登場人物が出そろい始め、それぞれの人間関係が明らかになっていき、そしてこの西部劇のような世界の秘密が明らかになってきたとき、物語が大きく動き始め、がぜん面白くなっていきます。この漫画はストーリーもよくできているのですが、やはり激しいアクションの描写が、少年漫画の王道をいっており、読んでいて純粋にわくわくさせられます。強大な力を持った敵と、それに従う12人の部下達。それぞれが「異名」を名乗り、一筋縄ではいかない戦闘方法を持ちます。主人公は超人的な射撃の腕で、敵と対決していくのですが、敵の戦闘方法が、戦いがはじまるまではっきりわからない場合も多く、緊張感を持たせます。

戦闘方法の内容もさることながら、敵味方とも武器や服・乗り物のデザインや、ネーミングセンスなど、ありきたりでない「トライガン」世界独特のオリジナリティーがあり、それがものすごく格好よく世界観とマッチしており、作者の並大抵ではないセンスがうかがえます。迫力ある戦闘シーンの合間合間に、コミカルな場面も程よく差し込まれており、緊張感が続く展開の中でも、少しホッとするようなところも好きです。「トライガン」が本当に素晴らしいと思うのは、無意味なエピソードがほとんどなく、最初から最後までほぼ一直線に物語がすすみ、おそらく読者の求めるこのうえなく理想の終わり方で完結しているところです。ところどころ路線変更や、当初の予定にはなかったであろう展開がありますが、終わり方に関しては、これ以上の大団円はのぞめないだろうと思います。物語が終盤に進むにつれ、多くの登場人物が命を散らしていき、そこはそれぞれのファンの思うところもあるかと思いますが、物語上は納得できる範囲のものであると思います。すばらしい結末で終わるため、読後感もよく、しばらく余韻に浸ることができます。17巻という量は、時間・体力的にも一気読みするのに程よい量ではないでしょうか。

「紅い牙」シリーズは、未読の方にぜひおすすめ!

『送料無料!』紅い牙シリーズ 全24巻 /柴田昌弘 /〈コミック〉【中古】afb ※10P03Dec16
10,000
税込、送料込
商 品 詳 細 ISBN 商品の状態 ヤケ・傷み・シミが多くあります。マーガレット版全4巻+花とゆめ版「ハトの旋律」「ブルーソネット全19巻」 ※こちらの 詳細を見る 1users

ほんダフル 楽天

なつかしの名作「ブルー・ソネット」をご紹介させて下さい。これはもともと短編で4作ほど発表されていた「紅い牙」シリーズの続編として描かれた長編です。主人公は小早川蘭。古代超人類の血をひく超能力者の女の子です。ランは、その高い超能力を得ようとして彼女に襲いかかる巨大な悪の組織タロンと戦います。そのタロンに同じように超能力を買われ、サイボーグ戦士となったのがソネット。彼女たちのサイコキシネスのぶつかり合いが物語の見どころとなっています。ストーリーはものすごく面白く、読みだしたら止まりません。ランは実験的に生み出された少女、年齢を重ねるのも常人より遅く、長寿の遺伝を持ちます。スーパー少女でありながらも、明るく気立てのよい彼女には沢山味方達がいます。この脇役たちが本当に魅力的なのです。

【ここがおすすめ!】
ジャーナリストの桐生、ランから輸血され彼女の超能力を分け与えられた少年ワタル。父親との諍いで暖炉に顔をつっこんで顔を痛めたために、フェイスマスクとかつら、サングラスをして生活する強力なテレパス由里。タロンに恋人を殺され復讐を誓うイワン。そしてタロンによりサイボーグにされたランの恋人バード。実に個性的な面々です。そしてタロンからは次々と憎らしい敵が現れ、ランと激しい戦いを繰り広げます。タロン内での苦しい事情を抱えた哀れな者もいますし、ソネットに情がうつってしまうサイボーグ作りのスペシャリストの博士もいます。ラスト近く、バードへ恋心を抱いてしまい彼を助けてしまうソネットに対するタロンの容赦ない仕置き。本筋の彼女たちの戦い以外の、いわゆる枝葉のストーリーも充実していて面白いです。特にランの友人の真知と奈留の姉妹の事情には深いものがあります。真知の実の父親が、彼女の深層記憶を開放して大事なデータを記憶させていたというくだり。人の知能はそのほとんどが使われておらず、眠った状態という話は聞いたことがあるので、そのストーリー発想には大きなリアリティーがあります。その不可侵な場所の能力を使った代償に、真知は廃人となってしまいます。タロンのロボット、タランチュラの設定もすごい。彼には知能があるのです。今では珍しくない人工知能にとても似ていますが、これは物語の上、悪の組織の生み出したものなので、その脳は胎児の脳から取り出したことになっているのです。

タランチュラは初めてわが身を助けてくれたランに、鳥のすりこみのように好意を抱いて最後まで力になってくれることとなります。タロンが流行らせるオーディオシステムは、今問題の歩きスマホを暗示するかのようで驚きます。全ての発想が見事なのです。かなり話が大きく膨らみ、途中途中が面白くなりすぎたのためか、エンディングは少々拍子抜けさせるような終わり方だったようにも感じますが、それもこれだけの大きな規模のストーリーであるため仕方ないことなのかもしれません。

進撃の巨人は、映画化も進行中!

進撃の巨人 18
463
ショップで確認
諫山創/著出版社名講談社 出版年月2015年12月 詳細を見る 1users

京都大垣書店Yahoo!店 Yahoo!

私が長編マンガ作品で一度読んで欲しいと思うオススメの漫画は諫山創の作品である進撃の巨人になります。この作品は2009年の10月号の創刊号から連載開始、2013年にはアニメ化され第1期の放送、2015年に実写化され映画化、今年の2017年の4月から第2期が放送されている作品になります。この作品のあらすじを説明を簡単にしたいと思います。人間と巨人との、長き戦いを描いた物語です。次に実際に読んだ感想は最もこの作品の最大の特徴はダークファンタジー要素が強く少年漫画のジャンルの中でも巨人が人間の捕食するシーンや人間が巨人を斬り付けて四肢の切断といった内容が多数含まれ、少年漫画としてのジャンルに該当するという作品になります。次にキャラクター設定に関しては各登場するキャラクターの個性は強いですが、必ず長所と短所の両方の特徴を描写されていて個性の強さを前面に押し出しすぎる事無くマイルドな感じのキャラクター設定になっています。次に世界観として円形型の大きい壁でそれらが3重丸の円形といった世界設定は、まるで古代遺跡を彷彿させるような造りになっており、この中で巨人の侵入及び侵攻による進撃を阻止する役割になります。その建造物の外に関しては大半が海水で覆われているなどといった設定になっているそうです。この漫画作品の見どころは主な主人公のエレン、ミカサ、アルミンの3人が人間的に成長していくところにあり、エレンは845年の巨人襲来において逃走中に目の前で母を巨人に捕食され、すべての巨人の討伐と駆逐を行うと宣言。ミカサはそんなエレンをたった1人の家族として死なせない為に共に行動、アルミンは、いじめっ子から暴力を受けながらエレンとミカサから救われた。これを機にエレンとミカサの助けになるために行動していく流れで、巨人討伐のために調査兵団に入団する為に、時を経て訓練兵になり様々な訓練兵の試練と試験を通過しその後は850年の大型巨人の襲来時において三者とも実戦に参加して、エレンは巨人に捕食されるも巨人化して生き残り、他の巨人を駆逐したり色々と衝撃的な展開がエレン、ミカサ、アルミンの3人に待ちうける事になります。本当はまだ見どころを沢山、紹介をしていきたいのですが、キリが無いので、この辺りにしたいと思います。最後にこの作品は色々と勉強になるかと思います。特にどんな人にオススメかと言いますと、今の自分が目標に向かって何かを行動を起こし途中で挫折して諦めそうになったり行き詰まったりした方もそうですが、その他の方々に読んでも良いのでは無いかと思います。

疾風伝説 特攻の拓 は、楽しめる不良漫画です!

16)疾風伝説 特攻の拓
98
ショップで確認
★中古★ 状態:可※一括出品のため、色あせや汚れ等がある場合がございます。 全て読める範囲内の状態で「可」とお考え下さい。 詳細を見る 1users

コレクションモール Yahoo!

私が大好きな長編漫画は「疾風伝説 特攻の拓」(かぜでんせつ ぶっこみのたく)です。1991年から1997年まで、週刊少年マガジンにて連載されていた不良漫画です。単行本は全27巻。このころの少年マガジンは不良漫画のオンパレードでした。今では青年漫画くらいでしか読めない印象ですが、このころは少年誌でも平然と連載されていました。そんな中でも大好きなのがこの作品です。あらすじは、いじめられっ子の高校生浅川拓が、その高校に転入してきた暴走族の鳴神秀人との出会いをきっかけに弱い自分を変えようと奮闘し、様々な仲間や暴走族との抗争を通じて成長していくという作品です。

【ここがおすすめ!】
ストーリーは正直平凡なんですが、各キャラクターの個性が非常に光っている作品だと思います。女の子みたいな容姿だけどキレると手が付けられないほど強い「鮎川真里」、真里のライバルで狂い屋の異名を持つ「一条武丸」、おそらく作中最強と目され、ギターの腕も超一流の「天羽時貞」などなど。主人公の拓はこれらのキャラクターと暴走族という垣根を越えて交友を深め、成長していくのです。さらに、この漫画のすごいところは作中に登場する単車(バイク)たちです。それぞれのキャラクターに一台ないし二台以上振り当てられていて、車種は被っても仕様が被ることは絶対になく、鮎川正里=真紅のCB400FOUR(フォア)等それぞれのキャラクターの代名詞になっています。

その仕様というのも見た目だけでなく、エンジン内部やその他の駆動パーツにいたるまで事細かに設定されているから驚きです。全巻ではありませんが、単行本の巻末には作中に登場する単車の仕様書も書かれていて、バイク特に旧車好きは心躍ること間違いないです。私は連載当時は小学生でしたが、様々な単車やそれにまつわる用語をこの漫画を通じて知ったといっても過言ではありません。このようにキャラクターが単車も含め非常に際立っているので、友達と誰が好きか、どの単車が好きか、誰が一番強いのかなど盛り上がりました。ストーリー展開としては非常にオーソドックスといえますが、主人公拓の成長が非常にわかりやすく描かれているので読みやすいと思います。しかし、セリフ割りが非常に特徴があります。ファンがそこがまた好きなんですけどね。ご存知ない方は最初抵抗があるかもしれません。また、この作品は前日談のスピンオフ作品も出ているので、読み終わったあとにも楽しみが待っています。ぜひとも少年時代に不良の強さに憧れた方に読んでもらいたいです。

シティーハンターは、オススメ長編漫画です!

シティーハンター(16) 恋人はシティ−ハンタ−の巻 ジャンプC/北条司(著者)
128
ショップで確認

BOOKOFF Online ヤフー店 Yahoo!

私のオススメ長編漫画は「CITY HUNTER」(シティーハンター)です。週刊少年ジャンプにて1985年から1991年まで連載されていた作品です。単行本は全35巻。かなり古い作品ですが、少年漫画の黄金期の礎となった作品だと思っています。大まかなあらすじですが、大都会東京でスイーパー(なんでも屋)をしている冴羽遼がパートナーの槇村香やその他の仲間たちとともに、様々な事情を持つ依頼人からの依頼を遂行していく物語です。そして見どころは冴羽遼の超人的な射撃の腕や、遼と香が繰り広げるドタバタ劇、それぞれの依頼に映し出されるヒューマンドラマでしょう。

【ここがおすすめ!】
数々の依頼を通して巡り合った人々との絆や友情もぐっとくるものがあります。まあこのようにかいつまんで書きますとどこにでもありそうな設定なんですが、私がこの漫画を愛する理由の一つは主人公冴羽遼のキャラクターです。これまでの漫画の主人公でもスケベなキャラクターは数多くいましたが、遼は空前絶後のドスケベです。「うる○やつら」の主人公と同じくらいです。でもあちらは未成年。遼は成人なのでさらにタチが悪いんです。女とみれば声をかけ、美人の依頼人には報酬としてそのカラダを要求するなど、今の少年誌ではあり得ないほど欲望に正直なキャラクターなんです。しかし、そんな三枚目な遼も、依頼をこなす際や敵と対峙したとき、依頼人の心に触れたときなどは非常にシリアスで硬派な男になります。そのギャップがたまらないんですよ。それにパートナーの香とは一つ屋根の下で暮らしているのに全く手を出さないんです。

その理由はストーリーを読み進めるとおぼろげにわかってきます。次に漫画のストーリー構成ですが、おおよそ10話前後で一つの依頼(お話)が終わり、次にまた10話前後の依頼というように、一話完結ではないながらも概ね単行本1巻で1ストーリーが読め、過去のストーリーとの連動制も多くないためサクサク読めます。ここもこの漫画が大好きな理由です。長編になればなるほど、最初に出てきたキャラや出来事が薄れていって再登場したときに「誰だっけ?なんだっけそれ?」ってなりますからね。また、この作品はのちにスピンオフかつ続編となる「エンジェルハート」という作品も出てますので、より読み込む要素はあります。さらにアニメ化、実写映画化、実写ドラマ化もされているので、いかに魅力的なコンテンツであるかお分かりいただけると思います。少年ジャンプの黄金期を作り上げたこの作品、ぜひご一読ください。

女の子でも冒険したい!BASARA!

BASARA 24/田村由美
198
税込、送料込
出版社:小学館、ジャンル3:フラワー、作者・アーティスト:田村由美、本のサイズ:新書版、ISBN:4091372848、発売日:1998/08/22 詳細を見る 1users

ネットオフ ヤフー店 Yahoo!

私がオススメしたい漫画は、『BASARA』という田村由美さんの漫画です。地球環境が激変した未来のお話です。主人公は更紗という15歳の女の子、双子の兄・タタラは「運命の子」と呼ばれ、王政の弾圧に苦しむ民を救う英雄になるべくして生まれたお兄ちゃんです。単行本を買って読んだ私は、いきなり主人公の一人だと思っていたタタラが王の名により惨殺されるのに非常に驚き、その運命を妹・更紗が長かった髪を自らナイフで切り、兄の髪型に似せ、衣服も兄のものを纏い、村人の前に立ち、死んだのは更紗だと宣言し、村人の不安を取り除こうとする姿が、衝撃的で、涙を流しながら1巻を読んだのを今でも覚えています。

【ここがおすすめ!】
故郷を追われた更紗と村人たちは志を同じくする者を求め、旅に出ます。大河ドラマよりも壮大な世界が展開され、たぶん少女漫画として読もうとした人は世界観や登場人物の豊富さ、数々の試練に驚くと思います。兄の名を騙り、民を統率する「運命の子」として生きる決意をした更紗の旅には、さまざまな苦難が待ち受けていました。旅をしながら学問や剣術などを身につけ、誰よりも泣き虫なのに歯を食いしばり生きる更紗に共感し仲間になるもの、初めは敵として出逢ったはずの相手すら更紗は仲間として迎え入れ、守ることに自らの命すら投げ出してしまうような勇気をもっています。旅の冒頭で出会った青年・朱里は実は日本を治める王族の一人であり、兄を殺させた憎い敵…でもただの女の子と、ただの温泉好きの青年として出逢い、惹かれあっていきます。この二人の出会いからもどかしい感情のもつれ、行き違い、本当に愛し合うようになっていくまでが本軸のストーリーとともに進みます。

更紗がただの女の子として振る舞えるのは朱里と合っている時だけ、朱里が非道の王ではなくただの男の子として普通に過ごせるのは更紗の前だけ…そんな悲しい背景を二人は知らず、本当に必要な相手と認識したすぐに、お互いの素姓を知ります。大切な仲間を裏切っていたような気持ちで打ちひしがれる更紗、自分のせいで兄を失い、自分を果ては王政を倒すことを目的に旅を続ける相手を愛してしまったことに苦悩する朱里。そんな朱里も側近の裏切りにより追われる身となり、タタラ(更紗)は多くの仲間とともに王政を倒すまでの力をつけていきます。このお話の中ですごいな、素晴らしいなと思うのは、日本で本当にあった史実や、歴史的建造物が数多く出てくるところ。歴史に詳しい方なら嬉しくなるような設定なども出てくるので、そちらから入って読むのもきっと楽しめると思います。壮大で荘厳、美しい人たちと悲しい背景、魅力的な登場人物がたくさん出てくるので、全27巻ですが、あっという間に読めると思います。私的には帰蝶さんがとーってもオススメお気に入りのキャラです。是非一度は読んでみてほしい作品です。
おすすめ度:

スラムダンクは世界に誇る名作です!

スラムダンク 12
421
ショップで確認
井上雄彦/著ジャンプ・コミックス本[コミック]詳しい納期他、ご注文時はご利用案内・返品のページをご確認ください出版社名集英社出版年月1993年サイ 詳細を見る 1users

ぐるぐる王国 楽天市場店 楽天

私のオススメの長編漫画はその名もSLAM DUNKです。だいぶ古い漫画になりますが、今でも老若男女問わず読まれ続けている大ヒット漫画です。基本的にスポ根漫画は嫌いな私ですが、スラムダンクはまた別ものです。多くの少年漫画にある、ありえないシチュエーションがなく、本当に青春一本で書かれた漫画です。そもそも私がなせこの漫画が好きかと言うと、私自身もバスケットボールをやっていたからです。バスケットボールをやったことない多くの人からも支持されるこの漫画、バスケットマンだった私からしたら、もうバイブル以外の何者でもありません。小学生の頃友達に借りて全巻読みましたがどうしても自分のものもほしくなり、お小遣いやお年玉をコツコツ貯めて、完全版を新書でまとめ買いしました。一生手放せない宝物ができた瞬間です。この漫画は高校新1年生のヤンキー桜木花道が一目惚れした女の子、赤木晴子目当てという不純な動機で、初心者ながらバスケットボール部に入部し奮闘するお話ですが、のちにチームメイトになる一人一人のストーリー全てが感動で青春で溢れているのです。私は同じポジションということもあり、ポイントガードの宮城リョータが大ファンです。私がバスケット部で練習するときもイメージはいつも彼のプレーでした。彼のナイスプレーがあるページは何度も何度も読み返してイメージを作っていました。アヤコさん命なところもとても可愛かったです。ライバルチームの一人一人の過去までもそれぞれ十人十色なストーリーが描かれ、登場人物の誰一人欠けても、このような人気作品になることはなかった、と思います。中でも王道中の王道ですが、私はやっぱり三井寿のストーリーが大好きです。スポーツをやっている物からしたら、怪我をする、ということがどれだけ致命傷なことかわかると思います。本気で取り組んでいる人なら、2日練習しなかったら感覚を取り戻すのに1週間かかる、ということもよくわかると思います。怪我なんかしてしまったら悔しいに決まっています。ヤンキーになってしまった三井が恩人である安西先生に「バスケットがしたいです。」と泣いて訴えるシーンでは私も涙していました。簡単ではありませんでしたが、そんな三井を受け止めるチームメートたちの器の大きさと仲間を大事にする気持ちは、かつて私が一緒にプレーしていたチームメイトと重なり、幸せな気持ちになりました。無名のチームが全国1位のチームを倒すなんて夢のような試合を、何ページも何ページも使って描くからこそ、選手たちの努力や思いがはっきり確実に伝わり、納得できました。最後に、負けてしまう終わり方もまさにスポーツマンなら、共感できるもので、その先をいつまでも想像して、私の中では良い意味で未だに完結していない作品になっています。

風と木の詩は、絶対読んでおきたい本です!

風と木の詩 1
843
ショップで確認
一九世紀末の南仏を舞台に究極の愛を描く著者の代表作。ラコンブラード学院に転入したセルジュは妖しい魅力をもつ少年ジルベールと運命的に出逢う。 詳細を見る 1users

WINDY BOOKS on line Yahoo!

若い頃からマンガを随分読みましたが、不動の第一位は「風と木の詩」です。どこをとっても濃密なシーンばかり。今読み返しても、このすごさ一体何なんだ?という畏怖の感を抱きます。天性の美しさと感性を持って生まれたジルベールと、熱い情熱の正義漢セルジュ。ボーイズラブと括られることには断固反対したくなる、深い魂の結びつきある二人のストーリーです。そこに表されるのはいわゆる反社会的と呼ばれる要素ばかりで、謹慎相姦だったり同性愛(これは近年変わってきましたが)だったり強姦だったりするのですが、決して青少年禁止条例みたいなもので一括りにされたくありません。それは違う!と声を大にしたくなる名作です。

【ここがおすすめ!】
新聞の読書コーナーのコラムで、ある有名作家がお気に入りの小説ベスト3に堂々と名前を出しているのを見て感動しました。彼女は「マンガでここまで表現ができるとは驚き」と公に絶賛していたのです。タイトル通り、ジルベールは風のような少年。その美しさがゆえに様々な苦しみを経験してきています。作者いわく、彼の影として自然に生まれたキャラクター・セルジュは、木のように堅実な少年。当初彼らは強烈に反発し合いますが、その見た目の違いとは裏腹に、互いの中にある同じ種類の魂を見出し惹かれ合っていくのです。ジルベールの孤独は特にあまりにも深く、何かにしがみついていなければこの世にとどまれないほどに純粋です。その魅力と寂しさに惹かれたセルジュは全てを彼に賭け、二人で「飛ぶ」ことを選びました。

しかし、ジルベールを見れば誰もが予測できるような悲劇へと、物語は展開します。暴れ馬に引かれ暴走する馬車にも似て、二人はまっしぐらに破滅の道へと走っていくのです。そしてジルベールだけが、あっという間にこの世から消えてしまいます。残されたセルジュの絶望。そして再生。セルジュには成長する道を行く力がありました。ジルベールはそれはなかったのです。決して成長することなどできないのが彼だからです。彼らの境遇を表現するために、彼らの両親の話も深く掘り下げて描かれます。それらの物語が別個の独立した作品として発表されたとしても、魅了されずにいられないほど素晴らしい内容です。これを枝葉のストーリーとして扱うあたりにも、竹宮さんの実力のすごさを感じます。

互いに全く違う境遇ながらも、不幸という一点において同じ二人が出会った学生寮。ほかの友人たちもそれぞれに重荷と傷を負っています。抑圧された中で、気圧がどんどん膨張して大爆発するように、起こるべくして起きたのが彼らの逃避行だったのす。ジルベールとセルジュの悲劇への導火線は、この学生寮だったように思えてならないのです。

ガラスの仮面 千の仮面を持つ少女 は、いつ終わるの??ラストが楽しみです!

ガラスの仮面 千の仮面を持つ少女 1
669
ショップで確認
[内容]演劇の道にすべての情熱を賭けて生きる少女・北島マヤ。幻の名作“紅天女(くれないてんにょ)”をめぐって、さまざまな人物とその思惑が交錯す 詳細を見る 1users

WINDY BOOKS on line Yahoo!

少女漫画界の大御所、大長編ロマン「ガラスの仮面」。永遠の名作。いまだ完結していないことで有名ですね。でもそれがいいのです。完結していることを望んでいるファンはおそらくいないのではないでしょうか。普段の生活では、どちらかといえば落ちこぼれのぱっとしない北島マヤが、神がかり的な演技を次々とみせるストーリーです。舞台で大きく化ける姿、そして姫川亜弓というサラブレッドのライバル、次から次へと現れるいじわるな脇役たち。見事にツボを押さえた面白さに、読み始めたら決して止まりません。だから読み始める時間はとても大切です。間違っても寝しなに読んではいけません。夜更かしコースまっしぐらです。

【ここがおすすめ!】
翌日大事な仕事があれば猶更。しっかり時間を確保できる時を狙って読んでほしい作品です。でも何しろ長いので、結局最後まで読むにはかなりの時間が要ります。そしてこわいことに、また1巻に戻って読み始めても逆に新鮮な気持ちで読めてしまう。おそろしいネバーエンドのマンガなのです。麻薬のような力があります。あまりに有名な作品のため、友人でもほぼみんなどこかの部分は読んだことがあるようです。なのですぐにこんな会話が成立します。「どの場面が一番好き?」というものです。これはなかなか興味深い結果が出ます。ばらけるのです。私自身のイチ押しは、二人の女王のオーディションシーンでしょうか。友人にも同じ意見の人がいました。二人の女王の舞台シーンという意見も聞きましたが、それには全く頷けません。

といったように人それぞれの好みが大きく出る、これも大長編ならではでしょう。でもやはり、このシーンは別格としても、前半のまだ青い頃のマヤの必死な演技する姿に、胸打たれます。芝居にとり憑かれたこの悲壮感。私は密かに女盤「明日のジョー」と評しています。二人ともどこか不幸を背負わずにいられない哀しい業を感じさせます。天才とはそういうものなのでしょう。だから正直、マヤが速水真澄と両想いを遂げる展開には心から驚きました。彼女の恋が成就!?ここでまた不思議な状況が発生します。まずこの辺りの絵のデッサンがひどくおかしなことになってるのです。かなりいびつです。作者もこの展開にうろたえたのでしょうか?そして恋愛シーンとしてはあまりに稚拙なストーリー。これで成立する??という首をかしげるような展開なのです。思えば前段階のマヤと桜小路君との、恋愛を疑わせるお揃いネックレス事件あたりから怪しい感じでしたが、どうもあの迫力ある舞台シーンを並べるためには、ラブシーンを濃厚にできないようなのです。ん〜これはマヤの恋を悲恋にするための演出か?でもそれでいいのです。彼女と速水さんの生々しいラブシーンなんか誰一人望んでいません。彼女の恋は舞台で名セリフと共に演じられるならばそれでいいのですから。

バナナフィッシュは、悪の姿に痺れます!

【中古】Banana fish バナナフィッシュ [文庫版](1-11巻) 全巻セット_コンディション(良い)
3,150
税込、送料込
・表紙カバー:すべてあり・コンディション:あくまで中古品になりますので多少のスレ・日焼け・折れ等がある場合がございます。・コメント:全体的に概 詳細を見る 1users

漫画全巻ドットコム ヤフー店 Yahoo!

永遠の少年アッシュが主人公の「バナナフィッシュ」最高です。彼は見事な金髪に翡翠色の瞳をしたアメリカン。うっとりするような美少年です。家庭に事情を持つ上、天性の美しさと賢さが仇になり、マフィアに見初められるような不良少年です。アッシュの兄はベトナム戦争に行き、頭が狂った状態で帰宅します。おびえて口にするバナナフィッシュという言葉。その謎を解くべく、アッシュの戦いが始まります。その彼に元々目をつけているマフィアたち。実は強烈な暗示作用を持つ麻薬であることがわかり、奪い合いの壮絶なシーンの連続。そのどれもが素晴らしいのです。B級アメリカンなテイストのドンパチシーン。

【ここがおすすめ!】
無人の地下鉄ホームで撃ち合っている最中、マフィアの指示で電車が現れ更にひどい銃撃戦になったのに、最後の勝負は頭同志のナイフでの「タイマン」です。ぞくぞくしびれます。最期の戦いはなんと砦にこもっての銃撃戦。それも相手は訓練された元傭兵たち。当初ケンカの延長のような戦いだったのに、最後は完全な戦争状態となります。ひょんなことからアッシュと共にずっと戦うことになった英二。なんの下心もなく自分と付きってくれる彼の穏やかな人柄に、アッシュは初めて人に対して心を開き愛情を持つようになります。その魅力から、ゲイの乱暴な男たちにひどい目に合わされてきたアッシュですが、英二との間には純粋な魂の結びつきだけ。マフィアやその他の者から見ると(ファンからみても同様ですが)、神のごとき才能あふれるアッシュがなぜこうまで英二に固執するのか疑問に思いますが、アッシュが非凡であればあるほど、それは実際は自然なことに違いありません。

彼にはどうしてもオアシスが必要だったのだと思います。ほかにも、無二の親友のハゲボウズ、ショーターの壮絶な死や、敵対する中国人美少年、アッシュの師匠の大男など魅力的な脇役が次から次へと出てきて、ストーリーの面白さは最高級です。ラスト英二に気がいってしまったアッシュは、せっかくマフィアとの大きな戦いに勝って穏やかな生活になったというのに、不意に現れた伏兵に刺されて死んでしまう…私達ファンが悲鳴をあげる展開です。でもだからこそ彼は永遠のスターとなったのです。早世は残念ながら宿命。作者がもともとリバー・フェニックスをモデルに描いたそうです。それをふまえると猶更頷けてしまいますね。アナザーストーリーでは、残された英二のその後が語られます。アッシュを失ったことへの喪失とその回復。おいおい涙を流しながら、私達は存分にアッシュの重手に浸ることができます。

「聖☆おにいさん」は、聖書にも詳しくなれる漫画です!

聖☆おにいさん 4 モーニングKC / 中村光 ナカムラヒカル 〔コミック〕
596
ショップで確認
発売日:2009年10月23日 / ジャンル:コミック / フォーマット:コミック / 出版社:講談社 / 発売国:日本 / ISBN:9784063728422 / アーティストキーワー 詳細を見る 1users

ローチケHMV Yahoo!ショッピング店 Yahoo!

「荒川アンダーザブリッジ」でも知られる中村光の作品、「聖☆おにいさん」をご存じでしょうか。2016年より講談社「モーニング・ツー」にて連載中で、イエスとブッダが東京・立川でルームシェアするという衝撃的な設定のギャグ漫画です。13巻まで発売されています(2017年5月現在)。2013年にアニメ化も実現したので、ご存じの方も多いかもしれません(ちなみにこのアニメ版では、星野源がブッダ役の声優に加え、主題歌も担当しています)。「救世主」「目覚めた人」として全世界の人々を救うのに励み、20世紀末も無事に乗り切ったイエスとブッダ。しばし有給休暇を取得し、立川とその周辺で慎ましく暮らします。

【ここがおすすめ!】
この漫画の特徴といえば、日常の小さなことが丁寧に描かれているところ、そして「偉大なものと些細なもののギャップ」でしょうか。登場人物は神と仏なのですが、二人とも20代ぐらいの現代風の若者。夏は基本的にTシャツとジーンズ、冬はニットキャップにダウンといった、現代日本に溶け込む出で立ちで、一見どこにでもいそうです。しかしそこは聖なる方々。ちょっとしたことで奇跡を起こしてしまったり、超能力を発揮してしまったりするので、何とか悪目立ちしないように気を付けているところも笑えます。イエスとブッダのキャラクターも対照的で、イエスは陽気でノリが良く、あまり細かいことを気にしない性格。一方、穏やかで優しいブッダは、生活面に厳しいため家計を預かっている主婦のような存在です。寒いからと大掃除を嫌がるイエスに対し、ブッダが「体を動かせば寒くないから」と尻をたたく場面など、とてもリアルです。またイエスとブッダのほか、折にふれて登場する仲間たちもこの漫画の欠かせない魅力でしょう。特に、基本的にテンションが高く(イエスを裏切ったユダ以外)、個性的なイエスの弟子たち。イエスの最初の弟子で、初代ローマ法王となったペテロの口癖が「マジパネェ!」です。それからイエスを守る大天使たちや、ブッダをプロデュースする天部の面々の強烈なことといったら、とても言葉では紹介しつくせません。

「あ、こんな人いる!」「まるであの人だな」……どのキャラを見ても、そう思わせてくれます。各登場人物の性格やエピソードは、史実をふまえつつアレンジされていて、元ネタを探すのもこの漫画の楽しみのひとつです。なんとドラマ化も決定したとのこと! 時期はまだ明らかになっておらず、詳細が待ち遠しいです。

新宿スワンは、ダークな新宿が知れて面白い!

新宿スワン(20) (ヤンマガKC) [ 和久井健 ] レビュー
596
税込、送料込
ヤンマガKC 和久井健 講談社シンジュク スワン ワクイ,ケン 発行年月:2009年11月 予約締切日:2009年10月30日 サイズ:コミック ISBN:9784063618334 詳細を見る 1users

楽天ブックス 楽天

私がオススメする漫画は和久井健先生の『新宿スワン』です。単にアンダーグラウンドな世界を楽しませるだけでなく、複雑な人間関係や仕事へかける情熱など、様々な要素の盛り込まれた作品だと思います。私がこの作品を読んだきっかけは、『新宿スワン』の実写映画を観たことでした。一度映画を観ただけではいまいち内容が理解できないところがあり、原作ではどのように書かれているのか気になって、漫画を読み始めたのです。映画も話題だったのでご存知の方も多いと思いますが、『新宿スワン』は新宿歌舞伎町を舞台に、主人公であるスカウトマンたちの奮闘と、新宿の裏社会を描いた作品です。

【ここがおすすめ!】
この漫画の大きな魅力は、登場人物の個性が際立っていることだと思います。作中にはかなり多くのキャラクターが登場するのですが、その一人一人がそれぞれの魅力を持っており、読み進めるうちにきっと自分好みのキャラクターが出てくるはずです。また、作品の題材の一つは「新宿歌舞伎町の裏社会」なので、決してライトなものではありませんが、随所に笑えるシーンが挟まれていて、気軽にどんどん読み進められるのも特徴です。ただ、「気軽に」と書きましたが、この漫画は一度結末まで読むと、恐らくもう一度最初から読み返したくなると思います。なぜかと言うと、実はいくつかの伏線が張られていたり、物語の前半に出ていたキャラクターが、後に重要な役として再登場したりするからです。物語が終盤へ進むにつれて、今までバラバラに読んでいたエピソードが一つに繋がっていきます。私はこの感覚にすっかりハマって、もう何度も『新宿スワン』を読み返しています。そして、『新宿スワン』の魅力は他にももう一つ。それは登場人物たちがとても「タフ」なところです。

「金と暴力」が渦巻く裏社会で、時に頭を使い、時に足を使い、各キャラクターが自分の信念のために、あるいは大切な誰かのために、歯を食いしばって奮闘するその表情描写が秀逸だと思います。主人公もそうですが、それ以外の登場人物も「転んでもタダでは起きない」人が多く、その不屈の精神に胸が熱くなります。最初は、「裏社会を面白おかしく描く漫画」として気安く読んでいたのですが、気づけば「登場人物の思惑が渦巻く人間ドラマ」にどっぷり浸かってしまいました。全38巻と決して短い漫画ではないのですが、むしろもっと続いて欲しい、と思うほどに私にとっては魅力的な作品でした。続きが気になって途中で止めるのは苦しいと思うので、ぜひ時間のたっぷりある時に一気読みして欲しい漫画です。

修羅の門は、架空の古武術の継承者が主人公!

修羅の門 15
702
ショップで確認
陸奥九十九の戦いは終わらない……。 九十九の修羅とレオンの悪魔がぶつかり合う地上最強決定戦“ヴァーリ・トゥード”! 未だ誰も見たことのない壮 詳細を見る 1users

WINDY BOOKS on line Yahoo!

私のオススメの漫画は、「修羅の門」です。千年に亘り不敗とされる架空の古武術・陸奥圓明流の40代目の継承者である陸奥九十九(むつ つくも)が陸奥圓明流が地上最強あることを証明するため、彼が様々な強敵達と戦う話です。九十九の先祖である代々の陸奥圓明流の使い手達の話や、続編の「修羅の門第弐門」もあるのですが、今回のオススメは第一作目の「修羅の門」にします。第一作目の「修羅の門」は、全四部で構成されていて、実戦空手の総本山である神武館との戦いを描く第一部と、様々な格闘家と戦全日本異種格闘技選手権を舞台にした第二部、アメリカのヘビィ級ボクシングの王座統一トーナメントに挑む第三部、ブラジルでブラジリアン柔術と戦う第四部に分かれています。個人的にオススメは、第三部のボクシング編です。ヘヴィ級のリングに立ち、ボクシングルールの縛りの中で陸奥圓明流の最強を示す。ボクシングのルールで圓明流の強さを示す話であり、ヘビィ級には遠く及ばない体格で本場のヘビィ級のチャンピオンに挑みます。

【ここがおすすめ!】
物語は、リングの上の戦いだけではなくチャンピオンであるアリオス・キルレインと戦うまでを丁寧に書かれていて非常に盛り上がります。中でも、井岡弘樹や赤井英和を育てたエディ・タウンゼントがモデルのエディ・タウンゼントが非常に魅力的に書かれています。「修羅の門」の中では、一番らしくない話なのですが、対戦相手の事が他の3部よりも丁寧に書かれているのでより話に引き込まれていきます。「外伝の修羅の刻」との繋がりも書かれています。第一部は、正直あまり盛り上がることなく終わります。第二部から盛り上がり始め、第三部の後半でピークになると思います。第一部の神武館との戦いは序章のような感じだと個人的には思います。第二部と第四部は、異種格闘技線で同じような構成となっていて様々な格闘技の流派との対戦が書かれていて陸奥九十九が主役というよりも、九十九と戦うライバルがそれぞれの格闘技の流派を背負って戦い破れていく姿が魅力的に書かれていて、対戦相手の方が主役であるような書き方がされています。

個人的には、第二部よりも第四部がオススメです。それは、キャラクターがより魅力的に書かれていて、誰が勝って九十九と戦うのが読みづらい展開となっていたり、同じく格闘漫画を書いている板垣恵介が、「グレイシー柔術を食い散らかさず、骨まで残さない描き方をしていて感激した」とその内容を絶賛していることからもその魅力が伝わると思います。第四部で再開未定の形で連載は一度休止します。14年もの年月を経て、続編である『第弐門』が連載されるのですが、こちらの方も問題なく面白いのですが、一作目に比べると盛り上がりに欠けるので一作目をオススメします。

キャプテン翼は、ヨーロッパでも大人気!

キャプテン翼(18) 不死鳥・翼の巻 ジャンプC/高橋陽一(著者)
198
ショップで確認

BOOKOFF Online ヤフー店 Yahoo!

私がオススメする漫画は、「キャプテン翼」です。この漫画は1980年代に週刊少年ジャンプで連載され、実は今も続編として続いている長編サッカー漫画になります。この漫画は日本だけではなく、世界でも発行されていて今世界で活躍している有名選手もこの漫画に影響されたと豪語しているぐらいです。簡単なストーリーはジャンプ特有の友情・勝利・努力がバッチリハマっている漫画であり、主人公である大空翼がある日両親の仕事の関係で引越しをした静岡県南葛小学校で、弱小サッカー部に入りライバルである修哲小を試合で破り、のちに小学校大会、成長していくにつれて中学大会も制覇し(しかも3連覇)、最終的にはワールドカップに日本が優勝することが目標となっています。

【ここがおすすめ!】
友情を通してサッカーと共に成長し、個性ある仲間にも巡り会い、別れも経験しながら翼だけではなく周りの仲間達、ライバル達と成長して行く「熱い」漫画となっている。個人的には中学時代がおもしろい。小学校時代には無かった技をどんどんと繰り広げられているからである。翼の代名詞「ドライブシュート」ライバル日向の「タイガーショット」も中学校時代が原点となっている。全国大会の決勝戦でこの2人のシュートでおもしろい場面が、お互いのゴールに立ちこのシュートを打つ所である。考えてみるとさすがジャンプである。90mは離れているゴールに打ち続ける中学生達。現在のJリーグのプロ選手でも無理であろう。それをやってのけるのであるからおもしろい。

小学生の時にはすでにオーバーヘッドキックをしていたのであるから、身体能力は高すぎる。中学校時代が終わると主人公はブラジルへサッカー留学。ライバル達は高校時代からユース日本代表まで世界を相手に戦うのであるから、さらにおもしろくなってくる。余談であるが、実際のリアルな選手もこの漫画に登場する。プロのJリーグに入ってからゴン中山、三浦カズも登場する。しかし、この連載を始めた当初は日本にプロリーグがなかった時代であるので、影響力は果てしないものがあります。正直スポーツに影響される漫画は今の現代になくなっていると思います。この漫画を読んでサッカーをやってみようとか野球とやってみようとかがあまりない。しかし今一度小学生の子にこの「キャプテン翼」を読んでほしい。そして、いろんな技にチャレンジしてほしい。この漫画は、できないことをチャレンジして挑戦することを諦めない事を教えてくれる漫画であります。

涼宮ハルヒの憂鬱は、大ヒット小説!漫画も面白いです!

涼宮ハルヒの憂鬱 超月刊ハルヒ/ニュータイプ(著者)
128
ショップで確認

BOOKOFF Online ヤフー店 Yahoo!

この漫画はキョンの立場に本当に入りやすい作品になっています。主人公ハルヒを平凡な少年キョン目線で追っていくというおしろい描写方法です。主人公である平凡を嫌う女子高校生のハルヒは宇宙人や異世界人、未来人や超能力者を探すためにSOS団という部活を無理やり立ち上げます。それに、なぜか強引に入部させられてしまうキョン。そして、驚くことにSOS団に吸い寄せられるかのように宇宙人と超能力者、未来人が入部してくるのです。しかし、主人公であるハルヒはそのことを知りません。なぜなら、ハルヒは知らず知らずのうちに世界を自分の思ったほうへ改変してしまう力を持っていたのです。

【ここがおすすめ!】
主人公のキョンはそんなたくさんの個性あふれる部員たちに振り回されながらも部長(団長)であるハルヒを満足させるため、日々紛争します。私たち読者はキョンの立場に入り切ってみることで登場人物である三人のヒロインたちにひかれていくのではないでしょうか。一人目のヒロインは、先ほどから出てきているハルヒです。ぱっとみ身勝手でおかしな行動ばかりに見えるハルヒですがキョンになりきった読者ならたまにでるハルヒのやさしさや笑顔にひかれること間違いなしです。二人目は宇宙人でもある長門です。おとなしく無口な長門ですがピンチになればいつも早口な魔法の呪文を唱え助けてくれる彼女には感謝と同時に図書カードも作れないほど不器用な彼女を守ってあげたいという感情が芽生えてくるはずです。

最後に、ミクルちゃんです。彼女はハルヒが書道部から連れてきた(拉致)SOS団のマスコットです。連れてきた理由はかわいくて巨乳だから。見た目からしてかわいいミクルちゃんですが、それに加えてドジっ子なのです。何か失敗してしまった時に出るあの「きゅーん」という鳴き声に心をわしづかみにされるに間違いないでしょう。さあ、ここまで読んだ皆さんならもうキョンに憑依できるはずです。たくさんの問題を解決させていきながら、ヒロインとの交流を深めていくキョンになり切ったあなたなら現実世界の些細な問題も「やれやれだぜ」と諦めをつけ解決去られることでしょう。また、あの有名なGodKnowsという挿入曲が生まれたのはこの涼宮ハルヒの憂鬱からです。漫画を知らなかった人でも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。涼宮ハルヒの憂鬱に小説版、漫画版、アニメ、映画といろいろなかたちで出ていますが、まずは漫画をみてその後アニメ、小説、映画とみっていってはどうでしょうか。

ひぐらしの鳴く頃にの漫画を見終えまして感じる恐怖!

ひぐらしのなく頃に 暇潰し編 【全巻セット・全2巻セット・完結】外海良基★ひぐらしのなく頃に 暇潰し編全巻セット★【男性もの】【定番B】少年ガン
70
ショップで確認
全巻セット/コミ直/男性コミック/スクウェア・エニックス/外海良基(とのがいよしき)/ひぐらしのなく頃に 暇潰し編(ひぐらしのなくころにひまつぶし 詳細を見る 1users

コミ直 ヤフー店 Yahoo!

こちらの漫画は元々ゲームが原作で、とある村で起きる殺人事件の推理ゲームが元となっておりました。しかし推理ゲームと言いましても、実際にゲーム自体に選択肢等なく文章を読み進めた上で、なぜこうなったのかと自身で考えて答えを考える、ちょっと普通の推理ゲームとは違う形のゲームでした。当時はゲームでやっていましたが、漫画の方も出たので全巻購入しましたが、やはり文章だけではなく絵が付くと物語への感情移入もしやすいものです。内容としましては猟奇的な表現も多く、また物語の特性上で仕方ないなのですが、サイコパス的なキャラも出てきたりと結構ホラー色も強く出ている原作の表現を漫画の方でもうまく出せていたのではないかと思います。

【ここがおすすめ!】
またネタバレになってしまいますが、恐らく最初に見ていくと誰が主人公なのか分からなくなると思われる・何が起こっているのかわからなくなるような物語の展開となっていきますが、この漫画のすごい所は、それら全ての不自然な感じの出来事を終盤で全て読者を納得させるような展開で納めてくれます。その伏線回収がとても素晴らしく、最初の方はほのぼの日常系かと思わせて、突然殺伐とした展開に見まわれて、主人公と思われるキャラが突然発狂し始め、最終的になぜか死んでしまうのですが、次の話を見るとなぜか復活しているという、一部の触りだけざっくり書いてみましたがとてもよくわからない展開となっております。しかし、このよくわからない展開も後半になればなるほど、しっかりと回収してくれるのがこの漫画のよい所で、最初に見て、なんだかとっつきにくそうだと思って見るのをやめるのはとても勿体ないので、もし最初の触りしか見てない方がいるのでありましたら、ぜひ我慢?して最後まで見て下さい。

確かに合う合わない方はいるかと思いますが、この漫画は後半の展開が一番面白いので最後まで見ることをお勧めいたします。私も実際、最初の何話か見て、ありきたりなサイコホラー系だと思い一度見るのをやめたのですが、後から友人に「この作品は最後まで見ない勿体ない」と言われ、仕方なしに最後まで見たのですが、この作品だけは最後まで見る価値は本当に合ったなと、全てを見終えてから実感いたしました。推理系が好きな方。サイコホラーが好きな方。ちょっとした萌系が好きな方。この作品はいろんな要素を含んでおりますので、どの様な方でも一度見てみてもらいたい作品です。

講談社コミック「金田一少年の事件簿」シリーズがおすすめ!

金田一少年の事件簿 短編集(2) 金田一少年の推理 KCデラックス「金田一少年の事件簿」短編集2/さとうふみや(著者)
128
ショップで確認

BOOKOFF Online ヤフー店 Yahoo!

私がお勧めする長編漫画は講談社コミックで人気作品の「金田一少年の事件簿」シリーズです。ドラマ化、アニメ化、ノベル化もされていて有名な作品で、連載開始から20年以上経ちますが、今尚人気は色褪せることはありません。ストーリーはかの有名な名探偵、金田一耕助の孫である高校生の金田一一が行く先々や自分の学校で事件に巻き込まれ、幼馴染みの美雪や事件をきっかけに知り合った剣持警部と共に殺人事件を解決するストーリーです。金田一の面白さはやはりそのトリックと犯人を解くことにあります。アリバイや密室作りのため犯人は綿密なトリックを使って殺人計画を行います。

【ここがおすすめ!】
主人公と一緒になって、物語の中にも含まれるヒントを探しながら犯人と真相にたどり着くスリルが味わえます。またトリックの中では化学の知識を使った物や日常の知恵からヒントを得た物を応用している事もあります。作品を読むだけで勉強にもなるので一石二鳥です。そして金田一の犯人達はそれなりの強い動機があって殺人計画を立てます。その心情は計り知れない物があり、人間ドラマを見ることも出来ます。また、主人公と様々なライバルとの対決も見物です。連載当初はエリート警視である明智とどちらが先に犯人を逮捕するかという所から始まり、現在は過去の事件の犯人である高遠と一が様々な場面で対決するようになっています。高遠は人気のキャラのようで、準レギュラーのような存在になっています。近年の作品では高遠が事件に関わっているのかを気にするのも楽しみになっています。連載が長く続いているが故の面白さもあります。一は連載当初から現在の連載中の作品までずっと高校2年生のままですが、トリックは現代世界に合わせて作られているので、作品を読みながら時代の移り変わりが楽しめます。例えば連載開始は1990年代の後半で、一と美雪の連絡手段はポケベルが使用されていました。最近の事件ではスマートフォンが登場していて、現代風になっています。事件に3Dが使用される物もありました。

その時代を象徴する物が使われているので、連載当初の時代がどんな時代だったか、どのような物が流行ったのかを知ることが出来ます。若い世代は初期の頃の話を読むだけでも昔を知れて楽しいと思います。作品の中では一と美雪の恋愛模様も少しずつ描かれています。なかなか進展せず、焦れったい感じもありますが、甘酸っぱい恋愛模様が見たい人には気になるポイントだと思います。

高屋奈月、フルーツバスケットは、切ない恋も見どころです!

高屋奈月 画集「フルーツバスケット」 レビュー
1,728
税込、送料込
高屋 奈月(著) ページ: 101, ペーパーバック, 白泉社 詳細を見る 1users

amazon.co.jp

草摩一族にかけられた呪い。それは、異性に抱き着かれると十二支の動物に変身してしまうというものでした。その秘密を知ってしまう本田透と、ひょんなことから同居するようになった草摩一族の紫呉、夾、由希のお話です。透は幼い頃に両親を亡くしていて、一巻の初めからテント暮らしをしているのがとても印象的でした。たくさん出てくる登場人物達の個性が強く、コメディ的なタッチが多いのでとても楽しみながら読めます。呪いのせいで偏見や差別を受け、心を閉ざしてしまう子などシリアスなシーンもあり、その子の心を少しずつ開く透。彼女が一族の呪いを解く重要な人物になります。

【ここがおすすめ!】
初めの方はキャラクターの性格からどの十二支の物の怪憑きなのか、推理しながら読んで楽しめます。中でも私が一番好きなのは、由希、夾、透の三角関係です。それぞれ悲しい過去を背負っているのですが、全て受け入れてくれる透に彼等も心を開いていきます。同じ高校に通っている同級生なので、学園生活のシーンも楽しく描かれています。また、透の友達や、由希が入る生徒会の役員、由希のファンクラブのメンバーなど、一般の生徒達も本当に一人一人個性が強くて面白いです。女の子らしく綺麗な顔立ちの由希は学園の王子様で、学園祭では女装をさせられていたりして可愛いです。草摩一族の人達も見に来ていたりして、人が多い中異性に気を付けながら楽しんでいるのはハラハラします。中でも紅葉は好奇心旺盛で無邪気な少年なので、何度もバレそうになるのを由希達が必死に止めます。他にも、十二支のお話通り神様が出てきたり、ネズミは猫に嘘をついたから二人の仲が悪かったり、関係性が物語のままの所もあって面白いです。物語のせいでネズミは狡いと十二支の皆や神様にも嫌われていて、親や兄弟にも捨てられ、可哀想な幼少期を過ごします。

昔は本当に酷いことをしてしまったと反省し、大人になってからは過去が嘘みたいに弟を愛するようになった兄。嫌われ者のネズミに偏見を持っていたが、幼い頃彼に言われた言葉で彼を好きになる他の動物の話など、一人一人の関係性やエピソードが丁寧に描かれているのも特徴です。一人一人の過去や、他のキャラクターとの関係性を全て知ってからもう一度読むと、発言の意味や行動などが理解できて、読めば読むほど深い作品なので何度も読むのがおすすめです。この作品は文字が多めなので小説のように読むことができます。私はフルーツバスケットを読んで自分の人生を見つめ直すことができました。他人に優しくなれる、本当に良い作品です。

封神演義〜藤崎竜先生の、独自解釈が斬新で好きです!

封神演義 『安能務訳「封神演義」』講談社文庫刊より 4/藤崎竜【2500円以上送料無料】
788
ショップで確認
著者藤崎竜(著)出版社集英社発行年月2015年12月ISBN9784086195874ページ数365P9784086195874 詳細を見る 1users

オンライン書店boox 楽天

古いマンガですが、週刊少年ジャンプ連載の「封神演義」をお勧めします。古代中国の歴史をベースに、中国に古くから伝わる昔話を漫画化した作品です。中国の有名な話には「西遊記」「三国志」「水滸伝」など色々とあります。小説も色々と出ていますが、どれも堅苦しいですし、どうしても「古臭い」のがたまに傷です。でも、中国のお話は、日本にはない広大な話の広がりや、大陸ならではのスケールの大きさがとても魅力です。このマンガは、そういった中国らしい広大さを大事にしつつ、現代風な解釈でむしろ新しい視点で描いている所が最高にお勧めです。

【ここがおすすめ!】
まず「仙人」が主人公です。通常仙人と呼ばれる人たちは、長い年月をかけて修行をしているので「じじくさい」わけですが、キャラクターの背景は歴史に沿いつつ、その表現方法はとても現代的です。そして仙人が扱う「宝買」を、ファンタジー的な絵で処理してみたり。そうかと思えば、現在のコンピュータ的なものとして処理したり。その戦闘シーンも、RPGでの戦闘シーンのように迫力がありつつ、どこか「もし本当にそういうものがあったとしたら」と仮定できるくらいに緻密に威力や効果を想定して書かれています。そんな戦闘シーンも、主人公である「太公望」が、頭脳を駆使してうまく切り抜けていくあたりは、原作以上の見ごたえではないでしょうか?また、全ての戦闘シーンは、血なまぐさくないのもこのマンガの特徴です。

「三国志」などは人気がありますし、ゲームなどにもあるのでその歴史や人物をご存知の方も多いかもしれません。封神演義はそれよりもさらに前の時代を描いていますので、中国の知られざる歴史の勉強もできます(私だけかもしれませんが…博識な読者の方はごめんなさい)。 
 そして、私がもっともおすすめしたい点は、作品の根底にある「支配からの自由」を望む作者の気概です。私は社会人ですので、日々仕事、仕事に追われ、家に帰ると家庭に追われる…。特に仕事の現場では理不尽な事にも目をつぶらないとならない…という日々の中で、「自分の意志を曲げられたくない。自分の正しいと思うことを貫く自由」、そういう個人の心の内にある気持ちを、物語の後半から「歴史の道しるべ」を倒しに行くくだりは満たしてくれます。中国の原作にはない、作者の世界観の中で、作者が作り育ててきたキャラクターたちが「自由」を求めて戦う姿は、マンガの枠を超えてとても感情移入できました。そして、全てを読み終えたあと、「自分も自分の未来のために頑張ろう」と思えるシリーズです。ぜひ、読んでみてください。

定番ですがおすすめの一冊〜DEATH NOTE〜

デスノート 全7巻セット
5,443
税込、送料込
集英社大人買い 全巻セット 全巻 デスノート ゼン7カンセツト 発行年月:2014年09月 サイズ:文庫 ISBN:9784086189101 本 漫画(コミック) その他 詳細を見る 1users

楽天ブックス 楽天

ドラマや映画にもなっていますので、ご存知の方が多いと思います。超定番のシリーズですが、あえておすすめさせていただきます。週刊少年ジャンプ連載の全12巻のシリーズですが、実は、全巻集めてしっかりと目を通したのは割と最近になります。いわゆる「大人買い」でまとめて買い、一気に読みました。私は割と格闘マンガが好きなものですから、正直連載中は読んだことがなかったですし、ドラマや映画など話題になればなるほど、避けていたのです。しかし、読み出したら止まらない面白さ。わずか1日ですべて読んでしまい、その後も何度も何度も読み返しました。

【ここがおすすめ!】
絵がとてもきれいで秀逸なのはもちろん、その絵がなまじのドラマや映画よりも読み手を引き込んでいきます。感情表現はもちろん、出てくるキャラクターの一人一人が、実在の人間のように、いや時にはそれ以上にリアルに感じられます。何より最初から計算され尽くしているかのようなストーリー展開は、最近の下手なドラマなんかよりよほどスリリングです。
 また、「死神のノート」という存在がとても秀逸ではないでしょうか? 誰しもが、嫌いな人や憎い人がいるはずです。あいつさえいなければ…ということを考えたことが無い、という人はいないと思います。そして、それを拾った主人公が行う「悪人を全て消し、世の中を変える」という行為、誰でも一度くらいは思ったことがあるのではないでしょうか? 「ありえない設定」でありながら、誰もが一度は思ったこと…”if”を導入にすることで、マンガの世界でありながら、現実にあるかも…という既視感を抱いてしまいます。

そして、私が個人的にもっとも好きなのは、「主人公”月”の堕落」する姿です。当初は高校生であった主人公。怯えながらデスノートを使う様子や、大学入学後、「L」と競い合う様子には、まだ年相応の初々しさや、”月”への感情移入ができるように描かれています。しかし「L」亡き後、”月”はいよいよ暴走していきます。新世界の神を目指し、次々と悪人を処罰していくところから、純真だった”月”の心は、「神である自分のためには他人を犠牲にするのを厭わない」ようになります。同期の高田アナウンサーを利用するくだりや、自分の影武者として魅上を利用するあたりの描写は、”月”の危険性を読者に徐々に浸透させます。つまり、物語の前半では”月”に感情移入していたのに、読み進めるうちに次第に”月”を許せない気持ちへと、自分の心が変化していくのです。他の小説やドラマ、映画で、主人公の見方がこんなにも180度変わっていくものはそう多くないように感じます。その奥深さゆえ、つい何度も何度も見返してしまいます。ドラマや映画を見たことのあるかた、原作がまだでしたら、ぜひ、一度じっくりご覧ください。

ブラックジャックによろしく は、巨匠佐藤秀峰の作品です!

6)ブラックジャックによろしく /佐藤秀峰
98
ショップで確認
状態:中古コミックの発送は、通常ゆうメールとなります。(複数購入の場合は、金額により異なります)・中古品のため多少の黄ばみやヤケ、シミがある 詳細を見る 1users

コレクションモール Yahoo!

私がおすすめしたい漫画は手塚治虫の「ブラック・ジャック」です。子供の頃に好きで、ずっと読んでいたのですが、大人になってから、パートで本屋さんで働いた時にまた買いなおして読みました。その時には文庫サイズになっていました。人気漫画なので知っている人も多いと思いますが、やはりブラック・ジャックのキャラクターが魅力的です。天才的な外科医で、難しい手術を大金を受け取り成功させる主人公です。嫌われ者だけど、本当はとても情が深く、人間的な人。うまく言えないけど、お金とか名誉とか出世とかに欲がなくて、反対にそういう欲でいっぱいな人に反抗してしまい、その結果つまはじきにされてしまう人です。

【ここがおすすめ!】
子供の頃に地雷の事故で大けがをして、手足がばらばらに吹き飛んでしまった経験持っています。過酷なリハビリの結果、普通の人と同じように動けるようになりました。なので、人間力がとても大きな人です。時々若い女性がブラック・ジャックに恋をします。一匹オオカミで、普段は恐い人がふっと見せる優しさや頼りがいのある態度にくらっときてしまう気持ちわかります。この漫画のファンの女性はブラック・ジャックに恋してる人が多いんじゃないかと思います。それから、かわいいピノコもブラック・ジャックに恋してますね。彼はピノコを娘のように思ってるようですが。大事なたった一人の家族です。そして毎回いろんな病気が出てきます。手塚治虫さんがお医者さんの勉強をしていたので、かなりリアルです。私もいろんな病気の名前と症状をこの漫画で覚えました。それから動物の感動的な物悲しい話も多いです。

犬とかイルカとかシャチとか。彼らが純粋なので感動+切ないです。親子の感動的な話もあります。子供の犠牲になって死んでしまうお父さんの話とか。失恋して自殺しようとする女性の話もあります。ブラック・ジャックの人間的な強さがそういう人たちを立ち直らせ、勇気を持って生きていく気持ちにさせます。元気のない人、自身のない人に読んで欲しいです。読んだ後で少し強く生きなきゃな、って思えてくれたらいいと思います。目先の事だけ見ないで、もっと広い視野で人生を見て生きて行くべきだと教えてくれます。今目の前の事でいっぱいでもっと大事な事を忘れてしまう人も多いと思います。そんな時にこの漫画を読むと、ちょっと考えさせられて、もっと大事なものがあるという事に気がつくかもしれません。1話完結なので、どこから読んでもだいじょうぶです。

GSNTZ(ガンツ)は、映画にもなりました!

GANTZ(ガンツ)/漫画全巻セット◆C≪1〜37巻(完結)≫【ゆうパケット非対応/送料680円〜】【即納】 レビュー
9,380
ショップで確認
【】商品状態ランク :『 C 』※一般的な中古品 / 巻数 :『 1〜37巻(完結) 』/詳細、商品状態ランクに関してはPC、スマホからご覧ください。 / 詳細を見る 1users

WebShopびーだま Yahoo!

私のオススメの長編漫画は、GSNTZ(ガンツ)全37巻です。作者は奥浩哉、掲載誌はヤングジャンプ、出版社は集英社。ジャンルは青年コミックのSFアクション漫画。主人公は玄野計(くろのけい)、実写映画化もされてた人気漫画。あらすじを簡単に説明しますと、黒い球体「ガンツ」が死んだ人間たちを強制的に集める。そして次々と現れる凶悪な敵と戦わせていく、という極々シンプルな内容です。人間の魂が戦ってるということではなく、あくまでキャラたちはもう一度生き返ってる(生き返らされてる)という設定で、ガンツが言うには「てめえ達の命は無くなりました。新しい命をどう使おうと私の勝手です」と、GANTUのルールで生き返ります。

【ここがおすすめ!】
面白いところは、敵をハンティングする場所が『普通の街中』ということです。だから激しいアクションが展開される割に、民家の中で戦ったり住宅街で戦ったりする。ガンツが入ってる部屋も一見特殊な部屋っぽいですが、普通のマンションです。ギャップがあって面白いです。主人公の玄野計たちが戦う敵キャラクターが、とにかく個性的で面白いです。(千手観音)のようなキャラクターがお寺をメチャメチャにします。まさに神も仏もありません。意味のないフレーズを繰り返し叫び、狂ったように攻撃してきます。またある時には恐竜たちが大量に襲ってきます。肉食系のティラノザウルスとかも登場するんですが、レーザービームを吐きます、どうやったら勝てるのか分かりません。悪魔っぽい敵も登場します。元気玉みたいな必殺技を繰り出しちゃいます。敵キャラに節操がないんですが、もろもろ楽しめます。他にもフザけたルックスのキャラクターたちも登場するんですが、もちろんメチャメチャ強いので、そのギャップ感にもハマります。玄野計たち全員は安っぽい黒いスーツを着て戦うんですが、その安っぽさのおかげで敵キャラクターが対照的に輝きます。

次はどんな強い敵が出てくるかワクワク感も生んで、楽しめます。22巻から始まる『大阪編』が秀逸です。画力も展開も頂点に達しています。ぬらりひょんなど日本の妖怪たちが総結集します。その妖怪達がものすごく強いです、そして大阪がめちゃくちゃに破壊され、自衛隊も出動します。ただ GANTZの面白さはその大阪編がピークです。それ以降のストーリーはGANTZの謎に迫っていくんですが、作者・奥浩哉は何を思ったのか「宇宙」まで行ってしまいます。悪い意味でスケール感がデカくなりすぎて、展開そのものも大味になってあまり面白くないかもしれません。

ONE PIECE ワンピースは、世界に誇る泣ける漫画です!

ONE PIECE ワンピース(1)
200
ショップで確認
ONE PIECE ワンピース(1)です。商品の状態は良レンタルコミック、漫画喫茶落ち商品ではございません。付属品がある場合は下記の通りです。 詳細を見る 1users

マンガアニメ号 Yahoo!

私は幼い頃からワンピースを読んで育ってきたので、今回はワンピースを紹介しようと思います。ワンピースは、主人公のルフィーが海賊王を目指して冒険するストーリーです。仲間とともに航海していき、困難に直面しながらも乗り越えて行くという少年漫画です。しかし、少年漫画と言っても、世界中の老若男女問わず人気で、日本人なら知っておきたい漫画です。外国人留学生の多くは知っていて、日本人よりもくわしかったりします。グローバル化してく中で、ワンピースの話題でもりあがると言う未来は近いかもしれません。では、ワンピースの面白さについて触れていきましょう。

【ここがおすすめ!】
まず、ワンピースのすごいところは、ギャグ要素を含んでいるということ。それぞれのキャラクターの性格に合わせたギャグが含まれていて、読んでいても飽きることは全く無いです。若干下ネタがありますが、そこはご愛嬌ということで。次に、多くの伏線があるということ。メインキャラクターの過去についての情報が全て設定されているわけではなく、話が進んで行くうちに徐々にけいせいされていくが、どんどん謎も多くなっっていきます。全てせっっていされているわけではないので、読者がネット上で物議を醸したりしていて、面白さがどんどん膨らんでいきます。筆者の方が、漫画内の随所に、伏線をめぐらしていて、読者の私たちはその伏線から推理したりして楽しむこともできます。もちろんこの伏線は筆者が回収していくので、謎のままになると言うことはないです。しかし、この伏線回収までに60巻以上も間隔をあけたりしているので読者としてはすごく待ち遠しいです。

さいごに、この漫画は、すごく感動できます。絶対に泣けます。私もよく泣いてます。主人公のルフィーは仲間からの信頼が熱く、仲間に愛されているシーンが多々見受けられます。仲間以外にも、敵を味方につけるような素質を持っていて、全ての人から愛されているキャラクターです。ではなぜこんなに愛されているのでしょうか。それはルフィーが、「偏見を持たない」からです。邪悪な権力が弱者を苦しめているなら、ルフィーは絶対に弱者を助けます。一般的な海賊は、むしろ逆で、邪悪なイメージがあります。しかし、ルフィーは優しい心を持っていて、絶対に弱者を助けます。だから全てのひとから愛されるのです。この漫画は是非子供のうちに読んでおくべきです。優しい心を持ったルフィーのように育つでしょう。それは、この多文化が共存していく現代社会で大切なことなのです。

「風と木の詩」厳選複製原画集は、是非見て欲しい名作です!

「風と木の詩」厳選複製原画集 少年の詩 レビュー
3,456
税込、送料込
竹宮 惠子(著) ページ: 64, 単行本, 宝島社 詳細を見る 1users

amazon.co.jp

竹宮惠子さん執筆の1970年代を代表する少女漫画、「風と木の詩」は、読むたびに世界観に圧倒されます。私は風と木の詩を知る前までは、昔の少女漫画なんて読んだことが無いし、同性愛ものにも全く興味がありませんでした。むしろ、古臭い絵柄や大げさな表現には馴染みがなく読むのに抵抗がありましたし、「同性愛に萌える」なんて感覚が一切理解できなかったんです。しかし、この漫画に出会えたことによって私の今までの考え方がガラリと変わった気がします。風と木の詩は19世紀後半のフランスが舞台となっており、ジルベールとセルジュという二人の少年を中心に物語が展開していきます。

【ここがおすすめ!】
寄宿舎の中という狭い空間で起きた出来事だけではなく、二人の生まれ育った環境やセルジュの親が出会った時のお話など、かなり深いところまで描かれています。内容はかなり衝撃的で、現代を舞台にした物語では到底起こりえないようなドラマチックな展開にどんどん引き込まれていきました。心に深い闇を持つジルベールの言動はあまりにショッキングで、読み始めた私には全く理解不能でした。しかし読んでいくうちに彼に起きた出来事と心情の変化を知ることができ、深い同情を抱くようになりました。彼の生い立ちを遡るお話は、何度読んでも心が痛くなります。ジルベールを救おうと懸命に立ち向かうセルジュの様子を見ていると、二人の愛を応援したくなる気持ちになります。漫画のストーリーだけではなく、当時のフランスの様子を忠実に再現した絵にも注目してほしいです。

竹宮惠子さんは場面の見せ方が上手で、街並みや服装など細かいところも本当に綺麗に描いています。今のように情報が簡単に手に入る世の中と比べたら、1970年代にここまで当時のフランスの様子を再現するのはとても大変だったはず。この物語を描く上で、竹宮惠子さんはきっとフランスの当時の文化や生活について猛烈に勉強されたんだと思います。この作品をきっかけに他の古典的少女漫画も読むようになったのですが、ここまでインパクトを残した漫画は風と木の詩だけでした。古い絵柄も慣れると美しく感じるようになり、今では華やかで豪華な衣装やシーンの書き方にうっとりしてしまいます。コマ割りが細かくセリフも多いので、全10巻ですが感覚では20巻の漫画を読んでいるようです。最近の若い世代では風と木の詩の名前すら知らない人も多いと思いますが、漫画好きにはぜひ一度は目を通してほしい、歴史的傑作です。

SF、ファンタジー何でもありの王位継承戦『怪物王女』

ウィッチ・アームス (ダッシュエックス文庫)/榊一郎/〔著〕(文庫)
713
ショップで確認
都会の高校に通うため田舎から出てきたユウは、その初日、怪物と少女たちとの戦いに出くわしてしまう。少女たちは世界を滅ぼす不条理と戦う『魔法少女 詳細を見る 1users

ネオウィングYahoo!店 Yahoo!

何でもかんでも美少女化、イケメン化すればいい風潮に「何だかなぁ」と思わなくもない私ですが、この漫画に関しては話は別。今回お勧めするのは、月刊少年シリウスに連載されていた『怪物王女』です。人間界で王位継承者を決める戦いを始めた魔界の王子、王女たち。ある日、事故で死んだ人間の少年ヒロは、魔界の王女の一人リリアーヌ(通称:姫)に血を与えられて蘇生、以後彼女の「血の戦士」として、人造人間のフランドル、人狼のリザ、吸血鬼の令裡とともにリリアーヌを守る戦いに巻き込まれていきます。気づいた方も多いと思いますが、主人公たちの陣営はまるっきり『怪物くん』のオマージュです。ここでおそらく、誤解する方が多いと思うのですが、決して「名作漫画の設定をパクれば話題になるだろう」という安易な発想で描かれている出オチ作品ではありません。この作品には、『怪物くん』に限らず過去の偉大な作品へのオマージュが至る所に隠されています。

【ここがおすすめ!】
例えば、王族の成人後の姿は『火の鳥』を意識していますし、とあるエピソードに登場するタイムマシンはスーパーカーの形状をしています。漫画、アニメ、映画、SF、ファンタジー、ホラー……あらゆるジャンル・メディア作品へのオマージュ要素を重ねた結果として、最終的にはしっかりとこの作品にしかない味が生まれている。それが『怪物王女』のユニークさだと思います。それ以外に強調しておきたいのが、バトルの特異性です。『怪物王女』に登場する敵が仕掛ける戦法でおそらく最も多いのは、ある領域・空間に閉じ込めて自分は姿を見せずじわじわと追い詰めていく戦法です。主人公側も敵側も相当に強い能力を持つ駒が揃っているのですが、いや、だからこそかもしれませんが、真っ向からの力勝負が描かれることはありません。重要なのは、知力と機転と精神力です。

少年漫画のバトルものに多いのが、特殊能力者同士の戦いだが最終的には単純な力対力になってマンネリ化するパターンです。そんな漫画に飽き飽きしている方には読んでもらいたい作品です。最後に強調しておきたいのが、最終バトルのアツさです。メインのストーリーライン上ではさほど重要でないと思われた回のいくつかが、最終決戦で重要な役割を担います。最初からこの展開を考えていたかどうかは分かりませんが、鮮やかな伏線回収でした。最後まで読んできて良かったとここまで感じた作品はそうそうありません。私がこの作品に興味を持つきっかけになったあるエピソードが活用されたことでなおさら感慨深く感じられました。初めの何巻かを読んで、少しでも面白いと感じたら、是非最後まで完走してほしいと思います。

ドラゴンボールは、鳥山明先生の大人気漫画!

ドラゴンボール 37巻
432
ショップで確認
一日だけ生き返った悟空を交えた天下一武道会には、不審な選手が…! ピッコロは相手を一目見ただけで棄権し、悟飯の相手は超サイヤ人になることを要 1users

コミックまとめ買いネットヤフー店 Yahoo!

わたしのおすすめしたい漫画は鳥山明先生の人気漫画「ドラゴンボール」です。今現在も原作の終盤である魔人ブウ編終了から数年間を描いた最新作ドラゴンボール超(スーパー)がテレビ放送されている大人気漫画です。7つ集めることでどんな願いもかなえてくれるという不思議な玉、ドラゴンボールを巡ってさまざまな出会いや強敵たちとの戦いを描いた漫画作品です。今現在の少年ジャンプの三大原理である友情、努力、勝利の基盤を作ったといっても過言ではない作品のひとつです。連載当時の少年ジャンプはまさにジャンプ黄金時代と呼ばれるほど魅力的な漫画が多数連載されていた時代です。

【ここがおすすめ!】
これまでに数回ゲーム化もされておりジャンプ黄金期を代表するのに恥じない実力を発揮させる漫画です。登場するキャラクターも山の中で少年時代を過ごしてきた主人公の孫悟空をはじめ、山を訪れて悟空とドラゴンボール探しに協力するブルマ、孤島に住む悟空の師匠、亀仙人、悟空の修行仲間クリリンなど個性的なキャラクターがたくさん登場します。悟空はドラゴンボールを使って世界を征服しようとたくらむピラフ一味やレッドリボン軍などの強敵たちからドラゴンボールを守るために戦っていきます。特にテレビシリーズ二期に当たるドラゴンボールZになってからは宇宙からドラゴンボールを狙い宇宙侵略及び全宇宙最強の座の願いをかなえようとするフリーザ一味などの強敵たちと戦っていきますが、このZは全シリーズの中でもドラゴンボールのファンたちからは一番の人気シリーズとされる見方も多い作品です、アニメにおいては原作では描かれなかった戦いやキャラクターの触れ合いが描かれているためとても面白い作品です。それと同時にキャラクターの死亡などが特に多く、気分の落ち込む場面が多くなっていきますが、それゆえにシリーズ一番の名作と呼ばれるのかもしれません。

キャラクターが死亡するたびに成長していく悟空と仲間たちの姿が非常に魅力的である作品です。物語も終盤になると世界が危険になるほど大きな力を持った強敵、魔人ブウが登場します。このキャラクターはそれまでの戦ってきたキャラクターとは圧倒的なほどすさまじい力を持っていて悟空に立ちはだかります。わたしのおすすめの場面はこの魔人ブウとの戦いでそれまで悟空を敵対視していたベジータが家族を守るため自ら自爆を試みる場面です。ベジータは敵対キャラフリーザに遣えていたサイヤ人という戦闘民族のひとりだったのですが地球を訪れたことで地球人のやさしさに触れてきたことでついに地球の家族のために意を決する場面です。感動的な名場面なのでこの場面のために読み始めてみても良いと思います。

笑って泣ける人情物のギャグ漫画『銀魂』

銀魂キャラクターズブック vol.1 YOROZUYA & HEROINES (ジャンプコミックスセレクション) レビュー
514
税込、送料込
空知 英秋(著) ページ: 54, コミック, ホーム社 詳細を見る 1users

amazon.co.jp

私がオススメさせていただく漫画は、週刊少年ジャンプで今もなお連載されていうるご長寿漫画、『銀魂』です。この物語の舞台は架空の江戸。江戸時代末期、地球に天人と呼ばれる宇宙人に侵攻され、それに対抗しようと侍達は立ち上がったが、負けてしまい、幕府は開国を余儀なくされます。それ以来、江戸は天人達によって変えられ近代化が進み、侍達は衰退していきます。
そんな変わり果てた江戸で今もなお侍であり続ける万事屋こと坂田銀時。物語は彼を中心として進んでいきます。

【ここがおすすめ!】
この物語は大体がギャグで構成されていますが、たまにシリアスが入ります。その匙加減が絶妙で皆さんもはまること間違いなしです。さて、私が『銀魂』をオススメさせていただく理由として、主に三つあります。

一つ目は、「ギャグがおもしろい!」
ギャグ漫画中でも、ギャグのクォリティーはかなり高いと思われます。また挑戦心も凄いと思います。『銀魂』の作者は現実にいる芸能人を漫画中でいじったりしますからね。例えば、タ〇リとか小栗〇とか…批判される恐れがあるのに凄いですよね。この作者はギャグに文字通り命をかけてると思います。

二つ目は、「キャラクターの魅力が凄い!」
『銀魂』のキャラクター達はそれぞれ個性的で面白く、それでありながら一人ひとり揺るがない信念を持って生きています。ギャグばかりの中で、所々に彼らの魅力が散りばめられており、それがまた胸にグッとくるものがあります。読者の皆さんは必ずその彼らの魅力に魅せられるでしょう。

三つ目は、「シリアス回がグッとくる!」
ギャグのクォリティーが高いことはもちろん、たまに来るシリアス回のクォリティーも素晴らしいです。

毎回ギャグの中で、キャラクター達の魅力がもろに表現されているといいますか。特に「紅桜」の回はとても素晴らしいです。ギャグもシリアスもアクションシーンも全ておすすめです。映画化もされていますし、特におすすめする回ですね。

以上3点が、私が『銀魂』をおすすめさせて頂く主な理由となります。私のつたない文章で『銀魂』の魅力が伝わりましたでしょうか?現在、『銀魂』は実写映画化もされており、多くの人に人気な漫画であります。アニメ化、何度も映画化もしている漫画です。きっと笑えますし、彼らの生きざまに惚れること間違いなしです。
興味のある方は是非読んでください。
まだ読んでいない方は読むことを非常におすすめさせていただきます。後悔はしませんから。
おすすめ度:

主人公が曹操!今までにない三国志『蒼天航路』

蒼天航路 3
810
ショップで確認
天下の行方は今、決戦の地・し水関にあり!魔王・董卓率いる暴虐の軍団が、瞬時のうちに都・洛陽を手中にした。曹操孟徳は各地の群雄に大義の檄を飛ば 詳細を見る 1users

WINDY BOOKS on line Yahoo!

中国史上最も人気が高い三国志。数ある英雄、英傑が登場するこの作品で主人公と言えば常に蜀の劉備玄徳です。



『蒼天航路』はこんなお話

劉備の最大のライバルであり、最大の敵である魏の曹操孟徳を主人公として描かれた三国志の物語がこの蒼天航路です。

後漢末期、朝廷は腐敗し人心がが離れていく中、新しい世の中を作りあげる為に立ち上がる若き曹操。
その曹操が黄巾の乱の出兵からいかに魏の最高権力者の地位まで上り詰めていくのか、視点を劉備から曹操に変えるだけで視え方はこんなにも変わるのかと言う物語です。

今までに無い情けない劉備

三国志と言えば常に主人公は蜀の皇帝になる劉備玄徳でありそのサクセスストーリーが魅力の一つでもありました。
劉備は貧しい家庭の出自でありながらその実は前漢の皇帝の子孫であるというプリンス。人心厚く、義理人情も固い、人気があって、周りの仲間は強く頼りがいがある。そんな主人公の中の主人公というのが今までの三国志でのイメージでした。
そんな劉備がとにかく情けない!ウソは付くし、仲間は見捨てる、敵からは逃げるし、戦っては負けだらけ。視る人物の視点を変えて歴史の解釈を変えるだけでこんなにも人物像が変わってしまうのかと驚かされます。
もともと三国志が好きな私もこんな情けない劉備でも好きにさせてくれる作者のキャラクター設定が凄いと思わせてくれました。

主人公曹操の視点から描かれる曹操

三国志での今までの曹操といえば絶対的な悪役というイメージでした。日本で言う織田信長のような存在。
他国よりも膨大な力を持ち圧倒的に強く、目的の為には手段も選ばない。時には大量虐殺などもしています。
しかし、織田信長はそこまで悪のイメージは強くありません。どちらかといえば英雄です。
ではその違いはいったい何でしょう?きっと答えは絶対的な正義の象徴であった主人公劉備の敵だったからです。
では、その視点が主人公曹操に変わればどうなるでしょうか?曹操が正義で劉備が悪です。まあ前述の通り劉備は悪になりえませんが。
ただ曹操のイメージは完全に変わります。どれだけ才能にあふれた人であったか、優れた人材登用の仕方で人材=仲間を大切にしたか、ここでは説明しきれませんが読み終わる時にはあなたから曹操に悪役のイメージは全くなくなっていることでしょう。

個性あふれるキャラクターと名言の数々

どんなに面白いストーリー、どんなに上手な絵を描く漫画であっても面白い漫画とは限りません。その世界に生きるキャラクター達に様々な個性があり話す言葉一つ一つに共感したり感動したりと感情移入する事で漫画は面白くなっていきます。
この蒼天航路の一番の魅力はまさにそこにあります。作者が主人公である曹操を「もっとも人に興味を示した英雄」と捉え描いていることからその登場人物達は個性的で魅力のあるキャラクターばかりです。
そして、作者は他にも「その人物に与えるコマは全員が主役」と語るほど緻密に作り込まれている為、当然作者の独自のアレンジが含まれているはずなのに本当はこっちが正解なんじゃないかと思わせてくれ、どんどんそのキャラクター達の発する名言に引き込まれていきます。
もともと登場人物の多い三国志、作者の手によってさらに魅力的になったキャラクター達を一人や二人だけでなく何人も好きになることは間違いありません。

古代トルコを舞台にした歴史ロマン『天は赤い河のほとり』

天は赤い河のほとり 6
617
ショップで確認
夕梨(ゆうり)は中3の普通の女の子。ところがある日、水の中から出てきた“手”によって、古代ヒットタイト帝国に連れて来られ、命を狙われるハメに 詳細を見る 1users

WINDY BOOKS on line Yahoo!

『天は赤い河のほとり』は古代トルコを舞台にした長編歴史ロマン漫画です。主人公は現代に生きていた夕梨(ユーリ)という中学生。高校受験が終わってデートをしていた時に謎の手に引きずられて古代トルコに?!





『天は赤い河のほとり』はこんなお話

ユーリはタイムスリップした先は、ヒッタイト帝国。そこで、皇子カイルの側室として立場を得て、国民には戦いの女神イシュタルと呼ばれ慕われる存在になります。何も分からない国でたった一人放り込まれたユーリのよりどころはカイル皇子だけで一緒に過ごすうちにユーリはカイルにどんどん惹かれていきます。

最初は皇子たちに護られているだけの存在だったユーリは一人で立ち前を向けるようになり、現代日本へ帰れる最後のチャンスをも捨ててカイルのそばで生きる事を決意します。

現代の家族よりも好きな人の傍で生き、同じ大地に眠る事を決めたユーリはそこから活躍を見せ本当にヒッタイト帝国の正妃になるべく考え生きていきます。途中戦争も起こり、大事な仲間を失ってもユーリは皆の幸せのため最後まで生き残る事をやめません。そんなユーリの生きた軌跡を描いた物語です。

ハッティの地にて初めて得た忠実なる女官たち

ユーリがヒッタイトで最初に出くわした大きな事件の結末です。宮殿でユーリ付きの小姓となったティトが無残に惨殺されその家族に謝りたいと思ったユーリは彼の故郷であるハッティ族が治めるアリンナに行きます。

そこでは話を聞いていたティトの姉3人が待っていて敵を取るためにユーリを待ち構えていました。姉3人も騙されてユーリにティトが殺されたのだと思い込んで毒薬を飲ませてしまいます。しかしそれは仮死状態にするだけの毒で何とか逃げ出したユーリは今度はティトの父であるタロスと出会い、追い掛けてくるズワと戦えと剣を与えます。

自分で選んで戦えと言うタロスにユーリはさび付いた鉄剣を選びズワと戦い勝ちます。その鉄剣はハッティの秘宝で製鉄法を手に入れる事がオリエントの覇権を握る事になる、ハッティはティトを慈しみの敵を討ったユーリに製鉄法共々、仕えると宣言します。

そして姉3人はこれより後、ユーリに心より仕え終生そばにあり続ける事を誓います。ユーリの最大の見方が誕生した瞬間です。

ラムセスとの出会い、ザナンザ皇子の最期

エジプトでツタンカーメンが崩御したとの知らせが入り、ヒッタイトから友好の証として皇子を夫に迎えたいとの書簡が送られてきます。そこで数いる皇子の中から一人行く者が選ばれたわけですが、白羽の矢が立ったのはカイルの腹心でもある弟のザナンザで敵国に行くのは怖いと思いながらも決定してザナンザはエジプトに出立します。

戦いの女神としてユーリもそれに同行しますが、ナキア皇妃の策略でザナンザは暗殺されてしまいます。ユーリも深手を負いつつもザナンザは最期の力を振り絞ってユーリだけを逃がします。

ヒッタイトへ戻ろうとするユーリが出会ったのはラムセスでした。一緒にヒッタイトまで戻っり、ユーリは皆の前でザナンザを殺した男を指さし、証拠は自分の背中に刺さったままになっている矢だと言いその場で引き抜きます。その外交感覚にラムセスはユーリを見直します。

ザナンザの死によりエジプトとの婚姻はなくなり関係も大きく変わる事はなかったのですがカイルは腕の中に戻ってきたユーリに安心した、という話です。

まとめ

時間ができたら一気読みしたいものばかり!


どの長編漫画も時間を忘れて読んでしまうと思います!お休みの日にじっくり楽しんで見てください!



このエントリーをはてなブックマークに追加
このリストは参考になりましたか? はい いいえブックマークする

関連するまとめ

コメント

コメントを書くにはログインしてください。かんたんユーザー登録は無料です。
外部ID(Yahoo JAPAN ID、Livedoor ID、mixi OpenID、はてなID、JugemKEY)でもログインできます。

ユーザー登録のヘルプ

ID:
sk0929
自己紹介:
ブログ/HP:
レベル:
-
2017/05/28   2017/06/28   コメント(0)
ブックマーク(0)   印刷   友達に教える
本・雑誌・コミック
Tags  長編漫画 封神演義 ろくでなしブルース ドラゴンボール スラムダンク アニメ 映画化 のだめカンタービレ 風と木の詩 銀魂 少年ジャンプ 少年マガジン
URL
Link

人気のある「本・雑誌・コミック」に関するリスト

> 本・雑誌・コミックのランキングをもっと見る

このリストの関連ランキング

モノログで今人気のリスト