検索オプション
 

プロテインでダイエット!健康的で綺麗なボディ作り!!

ただ体重を落とすだけのダイエットはもう古い。最近は健康的にウエイトを落とすダイエットが主流です。程よい筋肉で引き締まったカラダは、ただ体重を落とすよりも均整のとれた美しい見た目が期待できます。 また、しっかりタンパク質を摂取することでダイエット中にありがちな髪のパサつきや肌荒れを防ぐことができます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
view:7

森永製薬

5,060
ショップで確認
効率のよい原料をサポートする「カルシウム」と「ホエイプロテイン」、トレーニング時に体脂肪をエネルギーに変えてくれる「カルニチン」を配合しています。
また、より効果的な体づくりのためにEMR(酵素処理ルチン)、必須アミノ酸、減量時に不足しがちなカルシウム、鉄、ビタミンA、ビタミンB群(7種)、ビタミンC、ビタミンEなどが配合されています。
おすすめ度:

明治

4,343
ショップで確認
筋肉をキープしたままウエイトを落としたい方におすすめのプロテインです。
大豆プロテインとガルシニアエキスを配合し、引き締まったカラダ作りをサポートします。
また、減量時に消耗しやすい「11種類のビタミン」と汗で失われやすいカルシウム、鉄、マグネシウムを配合しています。
おすすめ度:

DHC

4,536
ショップで確認
1袋169カロリー以下のダイエットサポートドリンクです。
普段の食事を1食置き換えるだけのダイエット方法です。
栄養素や美容&スタイルサポート成分を補いながら、満足感の高い美味しさで持続的なカロリーコントロールを楽しみながら行うことができます。
ココア味、バナナ味、ミルクティー味の3つの味を楽しむことができます。
おすすめ度:

Kentai

6,804
税込、送料別
トレーニングで余分な脂肪を落としながら、必要な筋肉を鍛える、LBM(除脂肪体重)向上を目指すアスリート向けに開発された新コンセプトのホエイプロテインです。
カルシウムと体脂肪の関係に着目した、カルシウム量の多いホエイプロテインです。さらにカルニチン、ビタミン・ミネラルが配合されています。
おすすめ度:

2,319
税込、送料込
新コンセプトのファイバー入りプロテインで引き締まったカラダ作りを栄養面から強力にサポートします。
ソイプロテイン(植物性タンパク質)は体づくりに励むアスリートにおすすめの食物繊維配合のプロテインです。
おすすめ度:

BANDEL

4,428
税込、送料別
大豆タンパク質を主成分としたプロテインサプリメントです。
ダイエット時の食事制限による筋肉量の低下(代謝の低下)を防ぎ、健康的なダイエットをサポートします。
ストロベリー味で飲みやすく、バンデル(BANDEL)独自のパワー加工も施しているためバランスアップ効果も期待できます。
また、バンデルオリジナルのシェカーもセットになっています。
おすすめ度:

まとめ


プロテインダイエットとは?

「プロテイン」とは「タンパク質」を英語に訳したものです。
つまり、”プロテインダイエット”はタンパク質を摂取するダイエット方法になります。
タンパク質は、人の三大栄養素(炭水化物、脂質、タンパク質)の一つで、生きていく上で欠かせない成分です。筋肉や内臓、皮膚、髪、爪など、人のあらゆる部分を作るのに必要で、肉・魚・卵・乳製品に多く含まれています。
ダイエットでは、”高タンパク低カロリー”が基本と言われていることからタンパク質を摂取することはカロリーを抑えることと同じぐらい大切なことといわれています。
カロリーを抑えるダイエット方法では、カロリーを抑えるため、食事量が減り、タンパク質の摂取量も減ってしまいます。そのため、筋肉量が減ってしまい基礎代謝が下がり、ダイエットを行うことでかえって痩せにくい体質になってしまうデメリットがありした。
しかし、プロテインダイエットではタンパク質が不足することがないため、筋肉量を減らすことがなくダイエットを行うことができます。
プロテインダイエットの効果!
プロテインダイエットでは、基礎代謝を下げてしまう心配がありません。
基礎代謝とは、生命を維持するために体がエネルギーを使用することを指し、睡眠時にも消費されています。寝ている間もカロリーが使われるため、この基礎代謝が高ければ高いほど痩せやすくなります。基礎代謝は、筋肉量とも関係があり、筋肉量が多い人ほど基礎代謝量も高いといわれます。そして、適度に筋肉のついた体は、ただ体重を落とすよりも均整がとれた引き締まった見た目になります。また、タンパク質は髪や皮膚を作るための成分でもあるため、ダイエット中にありがちなタンパク質不足による髪のパサつきや肌荒れなども起こしにくいといわれています。
プロテインの選び方!
プロテインダイエットは、主に粉末状のプロテインを水に溶かして飲むのが主流となっています。
しかし、プロテインと名がつけばどれでもよいという訳ではありません。
プロテインの種類によっては、脂質の高いものもあるため、ダイエットにはふさわしくないものもあります。
プロテインを購入する場合は、タンパク質含有量が70%以上で脂質が少なめのものを選ぶのがポイントです。また、プロテインダイエットを行う上でもっとも大事なのは、プロテインを摂取するだけでなく、運動も併用することです。タンパク質を補うことで筋肉量を増やすだけでなく、その筋肉を使うことで脂肪燃焼効果を高めることが目的です。
プロテインを飲んだら太るという方が時々いますが、これは「プロテインを飲んでいたら痩せられる」と運動を一切しなかったことが原因と考えられます。プロテインは飲むだけで痩せる効果があるものではありません。
プロテインの効果的な飲み方!
プロテインの飲み方は主に、「水に溶かす」「牛乳で溶かす」「スポーツドリンクに溶かす」の3つがあります。ダイエットの目的によって選ぶ水分が変わってきます。
牛乳や水はスポーツドリンクに比べ、体内に吸収されるスピードが遅くなるため、腹持ちがよく、置き換えダイエットにプロテインを利用する時におすすめです。
プロテインダイエットの方法!
プロテインダイエットの方法は3つあります。
。影3食のうち、どれか1つをプロテインのみにする置き換る方法。
■影3食の食事の前に、プロテインを飲み、食事の量を減らす方法。
3食の食事の合間にプロテインを飲む方法。
もっとも摂取カロリーを抑えることができるのは置き換え法です。また、食事前にプロテインを飲む方法も、置き換え法ほどではありませんが、カロリーを抑えるという意味では効果があります。しかし、この2つの方法は空腹を感じやすくストレスがたまりやすいことやプロテインに含まれてない栄養分が不足しがちになることから体調管理が難しい面があります。の方法は、ストレスは軽減されますが、総摂取カロリーが増えてしまうため、場合にとっては太ってしまう場合があります。なお、プロテインは運動後30分以内に摂取すると筋肉への吸収が高まるといわれています。
プロテインダイエットの注意点!
タンパク質が体内に取り込まれると、胃や小腸で消化後、肝臓にて必要なアミノ酸へと合成されます。この際、不必要な成分は老廃物として肝臓に送られ毒素が取り除かれたものが尿として体外に排出される仕組みになっていますが、タンパク質を多く摂取しすぎると腎臓への負担が大きくなってしまいます。そのため、タンパク質の一日の摂取量の目安は、体重1kgに対して1g(筋トレを多くする方は、体重1gに対して1.5g)といわれています。これ以上の量を摂取することは控えた方がいいと考えられています。普段、何気なく口にしている食べ物には、動物性・植物性のタンパク質が豊富に含まれています。ダイエット目的でプロテインを摂取する場合はその摂取量に注意する必要があります。特に、体がむくみやすい、トイレが近い・回数が多い、顔色が悪い、疲れやすい、血圧が高いなどの症状がみられる場合は、腎臓の機能が低下してる可能性があるため、プロテインダイエットはおすすめできません。


このエントリーをはてなブックマークに追加
このリストは参考になりましたか? はい いいえブックマークする

関連するまとめ

コメント

コメントを書くにはログインしてください。かんたんユーザー登録は無料です。
外部ID(Yahoo JAPAN ID、Livedoor ID、mixi OpenID、はてなID、JugemKEY)でもログインできます。

ユーザー登録のヘルプ

ID:
black_diamond
自己紹介:
ブログ/HP:
レベル:
-
2017/10/29   2017/10/29   コメント(0)
ブックマーク(0)   印刷   友達に教える
ダイエット・健康
Tags  プロテイン プロテインダイエット 効果
URL
Link

人気のある「ダイエット・健康」に関するリスト

> ダイエット・健康のランキングをもっと見る

このリストの関連ランキング

モノログで今人気のリスト