検索オプション
 

暑い夏を乗り切るための熱いスラッシュメタル50選

スラッシュメタルとはヘヴィメタルから派生したジャンルの一種で、1980年代に産声を上げました。速く切り刻むようなギターリフを追求し、がなり声のボーカルスタイルは好き嫌いが分かれます。しかし一度ハマれば抜け出せない魅力を持っています。夏だからこそ、熱いスラッシュメタルを聞いて暑さを吹き飛ばしましょう!
このエントリーをはてなブックマークに追加
view:1017
1,735
ショップで確認

Slayer - Reign in Blood スラッシュの帝王、初期の傑作!


こちらのアルバムはアメリカのスラッシュメタルバンドSlayerが1986年にリリースした3枚目のアルバムです。Slayerの魅力といえば何といってもKerry KingとJeff Hannemanの残酷ともいえるギターワークにDave Lombardoの高速ドラミング、Tom Arayaの咆哮ボーカルなのですが、このアルバムにはその全てが高いクオリティで詰まっています

突っ走る30分はあっという間に過ぎていきますよ!代表曲である「Angel of Death」「Raining Blood」収録。スラッシュの帝王と呼ばれるSlayerの魅力を感じ取ってください。
おすすめ度:

1,537
ショップで確認

Joshin web CD/DVD楽天市場店 楽天

Slayer - Repentless 帝王、衰えを知らず!現役バリバリのオジさん達による最高のスラッシュ


こちらのアルバムは先程紹介したSlayerが2015年にリリースした11枚目のアルバムです。現時点での最新作となっていて、2013年に肝不全により亡くなったギタリストのJeff Hannemanがいない体制での初の作品となっています。代役にはExodusのギタリストGary Holtが参加しており、また、脱退したドラマーDave Lombardoの代わりは数々のバンドを渡り歩いてきたPaul Bostaphが担っています。

作曲能力に長けていたJeff Hanneman不在の中でどれだけの曲を作ることが出来るか?とファンの間では不安が渦巻いていましたが、そんな心配は杞憂に終わった素晴らしいアルバムです。特にタイトルトラックである「Repentless」のリフはまさに黄金期の彼らそのもので、Tomのボーカルワークは血管が浮き出るほどの熱い絶唱を聴かせてくれます
おすすめ度:

3,564
税込、送料込

Metallica - Ride the Lightning 彼らの出世作でありリフの宝庫!


こちらのアルバムはアメリカのスラッシュメタルバンドMetallicaが1986年にリリースした2枚目のアルバムです。いまやメタルといえばMetallicaというほど世界的に有名なモンスターバンドとなっていますが、スラッシュメタルというジャンルの中で活躍していたのは初期の3枚のみで、以降は様々な音楽性を取り込んだ実験的な作風が多く、アルバムを出す度に賛否両論を巻き起こしていることでも知られています。

今作は初期の作品で、まだデビューしたての若々しさ、荒々しさが非常にクレバーかつ有効に働いています。ハードなリフの中、泣きのツインリードと形容されるギターの美しさを感じることが出来る一枚となっています。
おすすめ度:

2,500
税込、送料別

Metallica - Master of Puppets クールなリフの嵐に巻き込まれろ!


こちらのアルバムは先程紹介したMetallicaが1986年にリリースした3枚目のアルバムです。ベーシストCliff Burtonが同年、バスの事故により亡くなったため、彼の最後のアルバムとなりました。

今作はまさにスラッシュメタルのお手本ともいえる作品で、前作「Ride the Lightning」での曲展開の手法を更に突き詰め、昇華した作品であるといえます。メロディやリフ、攻撃性がさらに高まったMetallicaは怖いもの無しですね。

オープニングトラック「Battery」の衝撃的なリフから始まり、次の「Master of Puppets」のイントロは頭を振らざるを得ません。全曲リフで押し通す圧倒的な力を持ったこのアルバムは聴いて損はありません!
おすすめ度:

18,900
税込、送料込

Megadeth - Peace Sells...But Who's Buying? インテレクチュアルスラッシュの創始者、難解な展開に惚れること間違いなし


こちらのアルバムはアメリカのスラッシュメタルバンドMegadethが1986年にリリースした2枚目のアルバムです。インテレクチュアルスラッシュとは「知的なスラッシュ」という意味で、音楽性としては難解なリフやフレーズ、曲展開も複雑なものが多く、歌詞はアメリカ社会の批判や、現代の人類に対する痛烈なメッセージを歌い上げるといった政治的なものです。メタルといえば悪魔だファンタジーだといった幻想的なイメージを持ってしまいがちですが、Megadethは現代社会への警鐘をスラッシュとともに鳴らしているバンドなのです。

今作はギタリストでありリードボーカルも務めるDave Mustaineの作曲能力が開花したといえるような傑作に仕上がっています。耳から離れないほどベースラインが特徴的な「Peace Sells」やキメがかっこいい「Wake Up Dead」といった曲が収録された一枚。テクニカルなリフに合わせて歌うDaveの凄まじさは是非動画で観てほしいですね。
おすすめ度:

13,241
税込、送料込

Megadeth - Rust in Peace 未来永劫語られるであろう珠玉の名盤


こちらのアルバムは先程紹介したMegadethが1990年にリリースした4枚目のアルバムです。この作品はとにかく説明を聞く前に音を聴いたほうが間違いないですね。スラッシュメタル、インテレクチュアルスラッシュとは何か?という疑問に完璧に答えてくれている名盤です。

今作からギタリストに、日本での活動でも有名なMarty Friedmanを迎えています。1曲目の「Holy Wars…The Punishment Due」はイントロから惹きこまれ、複雑怪奇なリフと呪術的なボーカルを軸に展開していきます。Martyが弾くアルペジオやギターソロも聴きどころですが、とにかく構成がプログレッシブで何度聴いても熱くなれる名曲中の名曲に仕上がっています。

この曲のためだけに買っても損はしません。そのくらい破壊力抜群の曲です。他にもこんなリフを弾きながら普通歌えるか?と驚くような「Poison Was the Cure」、コマーシャルな分かりやすさを合わせ持っている「Hanger 18」など良曲揃いで、アルバムを通して聴くべきおススメの一枚です。
おすすめ度:

2,842
ショップで確認

CD・DVD グッドバイブレーションズ Yahoo!

Anthrax - Spreading the Disease メロディアスで親しみやすいスラッシュメタル


こちらのアルバムはアメリカのスラッシュメタルバンドAnthraxが1985年にリリースした2枚目のアルバムです。Anthraxとは「炭疽菌」という意味です。凄い名前を付けますね。先述のSlayer、Metallica、Megadeth、そしてAnthraxを含めた4つのバンドは「BIG4」と呼ばれています。

そのBIG4の中でもこのバンドはスラッシュメタルバンドでありながら非常に親しみやすいバンドで、特にそう言われる理由としてボーカルメロディやコーラスが口ずさみやすいという側面があります。またハードコア的要素もあり、他のバンドと一線を画している音楽性が、彼らが多くのファンを獲得している要因といえるでしょう。

彼らが注目されるきっかけになった今作ですが、特徴的なのはやはりハイトーンボーカルでしょう。「Madhouse」や「Gung-Ho」といった曲はコマーシャルナンバーでありながらしっかりリフを刻んでいるため、聴きごたえがあります。
おすすめ度:

1,735
ショップで確認

Anthrax - Among the Living 楽器隊の腕を上げた一枚


こちらのアルバムはアメリカのスラッシュメタルバンドAnthraxが1987年にリリースした3枚目のアルバムです。
今作はバンドの傑作のひとつとして挙げられますが、Scott Ianのリズムギターが肝ですね。そしてそれに付随するCharlie Benanteのテクニカルなドラムプレイ、Joey Belladonnaのメロディアスなボーカルが楽器隊のバッキングを映えさせてくれます。

ライブで合唱すれば盛り上がる「I Am the Law」、キャッチ―でありながらザクザク刻むリフが魅力的な「Efilnikufesin (N.F.L.)」など、彼らの魅力がうんと詰まった一枚になっています。スラッシュメタル入門の一枚としても最適です。
おすすめ度:

1,316
ショップで確認

Overkill - Ironbound 後期Overkillの傑作


こちらのアルバムはアメリカのスラッシュメタルバンドOverkillが2010年にリリースした15枚目のアルバムです。典型的な金切り声に近いがなり声のボーカルにブイブイ低音を鳴らすベースが特徴的。

1989年の初期の傑作「The Years of Decay」をリリース後グランジブームが到来し、スラッシュメタルバンドが軒並みスローテンポの暗いアルバムを出しており、このバンドも例に漏れず、90年代のしばらくの間迷走を続けていました。00年代に入ると勢いを少しずつ取り戻し、ついに全盛期並みの力強い楽曲が収録されたのがこの作品です。

とにかくリフが良ければそれでいい、Overkillはリスナーを音で納得させました。オープニングの「The Green and Black」は8分近いナンバーですが全くダレることなく疾走し続けます。「Bring Me the Night」はイントロでノックアウトさせられます。疾走+良いリフの相性は最高であることを証明しています。ベテランでありながら今がピークであるバンドの脂が乗りまくった一枚
おすすめ度:

1,815
ショップで確認

ぐるぐる王国DS ヤフー店 Yahoo!

Overkill - The Electric Age ブイブイ言わせるベースに注目、ベテランの円熟味


こちらのアルバムは先程紹介したOverkillが2012年にリリースした16枚目のアルバムです。
Black Sabbathに影響を受けた曲展開、ドゥーミーな曲世界をさらに進化させたような今作は、イントロから心をわしづかみされ、間奏のブレイクダウンから不穏な空気を醸し出す展開への変化、フラッシーなギターソロがヘッドバンキングを誘う「Electric Rattlesnake」や、Bobby "Blitz" Ellsworthの53歳とは思えない迫力あるボーカルが曲を引っ張る疾走ナンバー「Save Youself」など、円熟味を増したバンドの二度目のピークと言っても過言ではない充実期の作品となっています
おすすめ度:

5,472
税込、送料別

Destruction - Release From Agony ジャーマンスラッシュの良盤


こちらのアルバムはドイツのスラッシュメタルバンドDestructionが1987年にリリースした3枚目のアルバムです。ボーカルであるSchmierのダミ声が受け付けない方もいるかもしれませんが、この吐き捨てるようなボーカルこそ曲を魅力的にする一つの要素です。

DestructionもMegadethと同じように政府や汚職などの政治的問題を歌詞にしていることが特徴的で、インテレクチュアルスラッシュの一つとして数えられています。

今作はスリリングな曲展開に奇妙ともいえる独特なギターソロ、そして徹頭徹尾スラッシュをしている良盤です。おすすめの曲はタイトルトラック「Release From Agony」。
おすすめ度:

2,391
税込、送料込

Destruction The Antichrist 充実した復活作


こちらのアルバムは先程紹介したDestructionが2001年にリリースした7枚目のアルバムです。「Release From Agony」リリース後バンドメンバーの関係が悪化しSchmierが脱退、バンドも低迷期を迎えますが、1999年にSchmierが復帰し、全盛期を思い起こさせる音楽性に回帰しました。

今作はSchmier復帰後2枚目のアルバムで、ハイテンションでこれぞスラッシュとにんまりしてしまうようなキレのある曲が揃っています。2曲目の「Thrash ‘Til Death」はこれでもかと縦横無尽に暴れまくる、全スラッシュメタルファンに捧げる素晴らしいスラッシュチューンとなっているので是非お聴きください!
おすすめ度:

2,181
税込、送料別

Kreator - Enemy of God ドイツからやってきた悪魔たち!


こちらのアルバムはドイツのスラッシュメタルバンドKreatorが2005年にリリースした11枚目のアルバムです。KreatorもOverkillと同様に不遇の90年代を過ごしてきましたが、00年代に入り全盛期以上のクオリティでアルバムを出し続けています。

今作はスラッシュメタル回帰の作品で、非常に高評価を受けています。「Enemy of God」から「Impossible Brutality」の流れは秀逸です。メロディックデスメタルに影響を受けたような流麗なツインリードも聴きどころでしょう。Mille Petrozzaの作曲能力には脱帽してしまいます。
おすすめ度:

2,115
税込、送料別

Kreator - Phantom Antichrist 衰えることを知らないクリエイティビティ


こちらのアルバムは先程紹介したKreatorが2012年にリリースした13枚目のアルバムです。
今作はツインリードが多用されており、スラッシュメタルにメロディックデスメタルをミックスしたようなキャッチ―なサウンドになっているのが特徴的でしょうか。

ただ暴力的な歌詞、ボーカルは健在で、タイトルトラックの「Phantom Antichrist」は10年代を代表するスラッシュの名曲として認知してもいいキラーチューンとなっています。
おすすめ度:

1,782
ショップで確認

ぐるぐる王国DS ヤフー店 Yahoo!

Sodom - Agent Orangeジャーマンスラッシュ三羽鳥の一つ、アグレッシブ全開


こちらのアルバムはドイツのスラッシュメタルバンドSodomが1989年にリリースした3枚目のアルバムです。
先述のDestruction、Kreatorと、このSodomを加えて「ジャーマンスラッシュ三羽鳥」と言われています。なんでも分類したがるのがメタルです。

今作はSodomの代表作として知られていて、特にオープニングトラック「Agent orange」や「Ausgebombt」はライブの定番曲でロックンロールにスラッシュを混ぜたようなアップテンポな楽曲となっているのでおすすめです。
おすすめ度:

18,779
ショップで確認

グローバルメディアデリバリー 楽天

Artillery - By Inheritance 決してB級バンドとは言わせない!強力な曲がズラリ


こちらのアルバムはデンマークのスラッシュメタルバンドArtilleryが1990年にリリースした3枚目のアルバムです。1990年といえばスラッシュメタルが乗りに乗っている時期でもありますが、やはり有名バンドの音楽性を模倣したバンドが多数登場しました。
いわゆる二番煎じです。しかしArtilleryは彼ら独特の感性を持っており、模倣でもなければ凡庸でもない、個性的なサウンドを産み出します。

中東的なリフが曲を引っ張る「Khomaniac」はボーカルのメロディも際立っている名曲。またツインギターの魅力を最大限に引き出しているのではないでしょうか。スラッシュ入門の一枚としても聴きやすい作品となっています。
おすすめ度:

2,366
ショップで確認

Sylosis - Monolith 切れ味鋭い現代スラッシュメタルの好盤!


こちらのアルバムはイギリスのスラッシュメタルバンドSylosisが2012年にリリースした3枚目のアルバムです。

今作はメロディ、スラッシュ度、重厚さ、どれを取っても悪い部分はなく、切れ味の鋭いリフが全編に渡って響く非常に良いアルバムとなっています。特におすすめの曲はアルペジオからハードに展開していく「Fear the World」、叙情的な「A Dying Vine」です。
おすすめ度:

3,990
ショップで確認

CD・DVD グッドバイブレーションズ Yahoo!

Annihilator - Never, Neverland 正確無比なテクニカルプレイに熱くなれ!


こちらのアルバムはカナダのスラッシュメタルバンドAnnihilatorが1990年にリリースした2枚目のアルバムです。ちなみにバンド名の呼び方はアナイアレイターです。バンドの創設者でありギタリストのJeff Watersはとにかく天才の一言。

作曲能力はもちろん言わずもがな、本業はギタリストでありながら、ベースも弾きこなします。異常に安定していて正確なリズムでありながら、パッションも感じられ、独特なギターを弾きこなすJeff Waters。もっと評価されてもいいギタリストですね。


今作はAnnihilatorでも特に有名な一枚で、プログレッシブなスラッシュメタルとでも言ったらいいでしょうか。複雑な中にドラマチックな音が詰め込まれており、妖艶でありホラーチックな印象も受けます。テクニカルなギターリフに美しさやおどろおどろしさを兼ね備えた「The Fun Palace」や「Sixes and Sevens」を聴けばAnnihilatorのかっこよさをすぐに理解できること間違いなし。
おすすめ度:

2,199
ショップで確認

タワーレコード PayPayモール店 Yahoo!

Annihilator - Suicide Society マルチな才能を発揮する15作目


こちらのアルバムは先程紹介したAnnihilatorが2015年にリリースした15枚目のアルバムです。
今作ではバンドの顔でもあるJeff Watersがギター、ベース、ボーカルと、ドラム以外の楽器を全て演奏した意欲作になっています。

殺傷能力の高いリフは今回も健在で、「Creepin’ Again」や「Narcotic Avenue」といったスラッシュナンバーから、よりロック色の強い曲までバラエティに富んだ一枚になっています。
おすすめ度:

1,891
ショップで確認

タワーレコード PayPayモール店 Yahoo!

Exodus - Exhibit B: The Human Condition ベイエリアスラッシュの神髄をとくとご覧あれ


こちらのアルバムはアメリカのスラッシュメタルバンドExodusが2010年にリリースした9枚目のアルバムです。MetallicaのKirk Hammetが結成時のメンバーであったことでも有名ですね。このバンドも非常に特徴的なザクザクと刻むリフを使うことで有名で、アメリカ西海岸で活動していたことからベイエリアクランチ、ベイエリアスラッシュと呼ばれています。

今作は再結成から参加しているRob Dukes最後のアルバムになりました。次作からはExodusの数々のアルバムでボーカルを務めているSteve "Zetro" Souzaが復帰しています。「Downfall」のイントロのツインリードは悶絶ものです。サビもドラマチックに歌い上げていますね。

そしてギターソロからイントロのフレーズに戻る展開は痺れます!長尺の曲が多いですが、それを補うリフセンス、改めてGary Holtの才能に賞賛を贈ります。
おすすめ度:

2,554
ショップで確認

ぐるぐる王国2号館 ヤフー店 Yahoo!

Exodus - Blood In, Blood Out 決して衰えない巧みな技術と感性を体感すべし


こちらのアルバムは先程紹介したExodusが2014年にリリースした10枚目のアルバムです。Steve "Zetro" Souzaが復帰して初めてのアルバムであり、現時点での最新作となっています。

極悪な音と刻みまくりのリフに、個性的なSteveのボーカルが乗れば最上級のベイエリアサウンドの完成です。「Body Harvest」や「Food for the Worms」といった構築された曲は、一聴の価値あり。
おすすめ度:

1,815
ショップで確認

ぐるぐる王国DS ヤフー店 Yahoo!

Testament -The Legacy 勢いに満ちたデビュー作


こちらのアルバムはアメリカのスラッシュメタルバンドTestamentが1987年にリリースした1枚目のアルバムです。Testamentは現在でも良いアルバムを作っていますが、やはり荒削りで勢いで押しまくっているデビューアルバムが素晴らしいので紹介します。

80年代のスラッシュメタルはある意味音質が悪いというのが特徴的でもあるため、その部分は目を瞑るとしても、今作の曲の質は非常に高いです。デビューアルバムとしては高い水準ではないでしょうか。捨て曲なしの名盤。「Over the Wall」のギターソロは哀愁が漂っており、必聴もの!
おすすめ度:

2,673
税込、送料込

Testament - Practice What You Preach テクとリフと咆哮のオンパレード



こちらのアルバムはアメリカのスラッシュメタルバンド先程紹介したTestamentが1989年にリリースした3枚目のアルバムです。
全曲疾走というわけではないですが、安定のザクザクしたリフとギターソロ、これに尽きます。タイトルトラックの「Practice What You Preach」がおすすめ。
おすすめ度:

26,006
ショップで確認

グローバルメディアデリバリー 楽天

Heathen - Victims of Deception 捻くれたリフを作らせたら右に出るものはいない

こちらのアルバムはアメリカのスラッシュメタルバンドHeathenが1991年にリリースした2枚目のアルバムです。現在Exodusにも在籍しているLee Altusがギタリストであることもよく知られているのではないでしょうか。
Heathenも一度解散しましたが、2001年に再結成し新作を出しています。2008年にリリースされたアルバムもおすすめですので聴いてみてください!


今作はアグレッションだけでなく、知的な面も見せている一枚になっています。ボーカルの声質はIron MaidenのBruce Dickinsonに若干似ていて、歌心もあるためしっかりとメロディを歌っています。スラッシュでありながらメロディアスでドラマチックですね。「Hypnotized」や「Heathen’s Song」がおすすめです。
おすすめ度:

2,461
ショップで確認

タワーレコード PayPayモール店 Yahoo!

GWAR - Bloody Pit of Horror 見た目通りのモンスターバンド、会心の一撃


こちらのアルバムはアメリカのコメディロックバンドGWARが2010年にリリースした12枚目のアルバムです。コミックバンドといっても外見がモンスターのコスチュームであるだけで中身は全然コミックなどではなく、しっかりとした音楽を作っています。それもギャップがあり面白いですね。

今作は前評判を覆す好評ぶりで、巷では「まさかGwarがこんな良質なスラッシュメタルアルバムを作るとは…」と言われるほどでした。特におすすめなのは爆走する「Storm is Coming」、リフがクールかつ面白く何度でも聴けてしまうくらい中毒性の高い「Tick-Tits」。
おすすめ度:

2,788
税込、送料別

Death Angel - The Ultra-Violence 速さ!音の悪さ!これぞスラッシュの醍醐味!


こちらのアルバムはアメリカのスラッシュメタルバンドDeath Angelが1987年にリリースした1枚目のアルバムです。Death Angelは3枚のアルバムを残して解散しますが、後に再結成し現在も精力的に活動しています。

今作はまだ20歳前後の若者が作ったアルバムということで、曲展開の甘さやアレンジ能力にやや欠点が見られますが、それを補って余りあるアグレッシブさや演奏のテクニック、ボーカルに注目して聴いてください。ド直球タイトルの1曲目「Thrashers」がおすすめ。
おすすめ度:

2,490
ショップで確認

CD・DVD グッドバイブレーションズ Yahoo!

Morbid Saint - Spectrum of Death 伝説のバンド、唯一のアルバム


こちらのアルバムはアメリカのスラッシュメタルバンドMorbid Saintが1988年にリリースした唯一のアルバムです。作曲のレベルが高く、このまま埋もれさせるにはもったいないほどです。

手数の多すぎる驚異的なドラミングに邪悪なリフ、ボーカルは音の悪さを抜きにしても同時代の他のスラッシュメタルバンドより抜きんでています。「Lock Up Your Children」のドタバタしたドラミングや凄い音で奏でるギターソロは聴く者を圧倒させるパワーがあります。
おすすめ度:

7,629
税込、送料別

Forbidden - Forbidden Evil 凄テクドラマー・Paul Bostaphが在籍していたスラッシュメタルバンドの1st


こちらのアルバムはアメリカのスラッシュメタルバンドForbiddenが1988年にリリースした1枚目のアルバムです。彼らもベイエリアスラッシュの代表的なバンドの一つとして有名ですね。過去には名手であるPaul Bostaphがいたことでも知られています。

今作はデビューアルバムなのですが完成度が高く、ギターバトルやスラッシュにしては珍しくメロディを歌い上げるボーカルが同時期のスラッシュバンドとの差別化を図っています。リフも渋いのが特徴的ですね。「Through the Eyes of Glass」のギターソロは絶品です。
おすすめ度:

2,333
ショップで確認

CD・DVD グッドバイブレーションズ Yahoo!

Pantera - Vulgar Display of Powerグルーヴするスラッシュを確立


こちらのアルバムは先程紹介したPanteraが1992年にリリースした6枚目のアルバムです。
今作では前作の重さを更に進化させ、革新的な作品に仕上げています。Dimebag Darrellのギタープレイは必聴。「Mouth for War」、「Walk」、「This Love」といった代表曲が収録されています。
おすすめ度:

994
ショップで確認

Machine Head -Through the Ashes of Empires 強靭なリフと咆哮に酔いしれろ!


こちらのアルバムはアメリカのスラッシュメタルバンドMachine Headが2003年にリリースした5枚目のアルバムです。このバンドはスラッシュメタルを基盤としてPantera等のグルーヴメタルを更に推し進めた、かなり特異なバンドとして知られています。速さと重さの融合ですね。

今作は全編通してその融合が見事にマッチしていて、一曲目の「Imperium」、ラストの「Descend the Shade of Night」は叙情性も高くありながら、しっかりと重さを追求したグルーヴをしていて聴いていて気持ちがいいですね。ボーカルのクリーンパートと咆哮パートの対比も絶妙。
おすすめ度:

2,333
ショップで確認

CD・DVD グッドバイブレーションズ Yahoo!

Machine Head - The Blackening 初期のMetallicaの名盤に通ずる方向性、引けを取らないクオリティ


こちらのアルバムは先程紹介したMachine Headが2007年にリリースした6枚目のアルバムです。この作品は聴き終えてため息が出るほど恐ろしくクオリティの高い作品で、とにかく聴け!としか言いようがありません。

現代に生まれた「Mater of Puppets」と形容してもいいくらい名盤です。是非聴いてみてください。
おすすめ度:

2,366
ショップで確認

タワーレコード PayPayモール店 Yahoo!

Death - Individual Thought Patterns テクニカルなスラッシュの最高峰


こちらのアルバムはアメリカのスラッシュメタルバンドDeathが1993年にリリースした5枚目のアルバムです。今は亡き名リフメイカー、Chuck Schuldinerの多大な才能を感じることができる作品になっています。Deathはスラッシュメタルの中でもテクニカルでプログレッシブな音楽性の高い曲が多いですね。

今作は純粋に良い曲が揃っていて、1曲目の「Overactive Imagination」でテンションはいきなりマックスに高まります。「Jealousy」のギターソロは不気味でもあり美しくもあります。
おすすめ度:

2,772
税込、送料込

Death - Symbolic 前作に劣らない完成度


こちらのアルバムは先程紹介したDeathが1995年にリリースした6枚目のアルバムです。
テクニカルでありながらスラッシュ成分高めの今作は、まさに直球勝負のアルバムになっています。

重いドラムに這いずり回るようなベース、ギターリフ、ここまで綺麗な構築美は誰にも真似できないであろうギターソロ、どれも聴きどころである「Zero Tolerance」、始めから終わりまで緊張感が半端ではない、彼らの代表曲である「1,000 Eyes」が収録されています。
おすすめ度:

5,633
税込、送料別

Coroner - R.I.P 超絶技巧の表現者

こちらのアルバムはスイスのスラッシュメタルバンドCoronerが1987年にリリースした1枚目のアルバムです。
音楽性に関しては、スラッシュメタルにプログレッシブロックやジャズを取り入れています。一度解散しましたが再結成し、2017年の今年、新作をリリースする予定であることを発表しています。

今作はバランスの取れた作品になっています。おすすめの曲はこちら。流れるようなギターソロにヴィヴァルディの「四季」をミックスしたインストナンバー「Nosferatu」はまさに超絶技巧と呼べるでしょう。
おすすめ度:

1,520
税込、送料別

Dark Angel - Darkness Descends ロサンゼルスのスラッシュ職人


こちらのアルバムはアメリカのスラッシュメタルバンドDark Angelが1986年にリリースした2枚目のアルバムです。スラッシュ界隈の重要ドラマーGene Hoglan加入後初のアルバムになります。

今作はとにかく速さを重視、7曲で35分というコンパクトさ。それでいて緩急もついた広がりを見せるため、リフは暴力的ですが取っつきやすい音になっています。とにかくリフが好きな方は気に入るのではないでしょうか
おすすめ度:

2,723
税込、送料込

Sepultura - Arise ブラジリアンメタルの雄


こちらのアルバムはブラジルのスラッシュメタルバンドSepulturaが1991年にリリースした4枚目のアルバムです。ブラジルのメタルバンドの中でもトップクラスに有名なSepultura。全世界で2000万枚以上のセールスを誇り、大きな成功を収めています。

今作は洗練されたスラッシュが大きな目玉でしょう。Max Cavaleraの説得力あるヘヴィな歌唱、それに負けじと迫ってくる骨太なギター、ベース、ドラム。緊張感あふれるスラッシュを聴きたいならこの一枚です。
おすすめ度:

1,606
ショップで確認

タワーレコード PayPayモール店 Yahoo!

Dynahead - Youniverse ブラジルの風を感じるテクニカルなスラッシュメタル


こちらのアルバムはブラジルのスラッシュメタルバンドDynaheadが2011年にリリースした2枚目のアルバムです。ブラジルと言ったらサンバのような民族的な音楽性や、ドラム以外の打楽器を取り入れるバンドもあるのですが、Dynaheadはブラジルのバンドと言われなければ気づかない、純粋なスラッシュメタルを演っています

今作でのおすすめの曲は、静と動がうまく噛み合いコーラスも美しい「Inception」、プログレッシブなリフが冴える「Confinement in Black」です。
おすすめ度:

1,583
税込、送料別

Violator - Chemical Assault 吐き捨てボーカルの真骨頂、純度100パーセントの爆走スラッシュ


こちらのアルバムはブラジルのスラッシュメタルバンドViolatorが2006年にリリースした1枚目のアルバムです。

2006年頃からスラッシュメタルのリバイバルが始まったのですが、その中でもクオリティの高い一枚として高評価を得ています。吐き捨てボーカルは一度気に入ると病みつきになりますよ
おすすめ度:

2,333
ショップで確認

CD・DVD グッドバイブレーションズ Yahoo!

The haunted - One Kill Wonder 若手スラッシャーの本気


こちらのアルバムはスウェーデンのスラッシュメタルバンドThe Hauntedが2003年にリリースした3枚目のアルバムです。
デスメタル風味のスラッシュバンドですね。インストからいきなり疾走する「Godpuppet」、哀愁漂う疾走曲「One Kill Wonder」など、デスボイスに付随するリフがとてもいい味を出している一枚になっています。
おすすめ度:

4,255
ショップで確認

グローバルメディアデリバリー 楽天

Evile - Enter the Grave 新世代の正統派スラッシュ


こちらのアルバムはイギリスのスラッシュメタルバンドEvileが2007年にリリースした1枚目のアルバムです。

初期のMetallicaに通じるサウンドが特徴的で、ボーカルスタイルもリフスタイルも似通っています。ただ、二番煎じになることをうまく回避し、彼らなりの現代的な個性をしっかりアピールしているのが印象に残ります。
今作はEvileのデビューアルバムになっています。
おすすめ度:

2,271
ショップで確認

タワーレコード PayPayモール店 Yahoo!

Municipal Waste - The Fatal Feast ワイワイお祭り騒ぎ、愛おしい若手スラッシュ


こちらのアルバムはアメリカのスラッシュメタルバンドMunicipal Wasteが2012年にリリースした5枚目のアルバムです。

とても硬質でありながらノリノリの楽しいパーティバンドですね。全曲クオリティは高く、息をつく暇もないかっこよさの詰め合わせになっています
おすすめ度:

2,200
ショップで確認

ROCK AVENUE RECORDS ロック・アベニ

Gama Bomb - Tales From the Grave in Space 全編疾走勢いだけで突っ走る新世代スラッシュ


こちらのアルバムはアイルランドのスラッシュメタルバンドEvileが2009年にリリースした3枚目のアルバムです。Gama Bombは明るいノリがパンクを想起させる、クロスオーバースラッシュというジャンルのバンドですね。メタルのジャンルは細分化されており非常にややこしいのがこの界隈の玉に瑕なところですね…。

今作はとにかく余計なものは一切いらない、難しいことは何もやっていない、ソリッドでシンプルな曲で占められている一枚です。長尺な曲もなく、ほとんど2分台から3分台の曲ばかりであるため、非常に聴きやすいアルバムなのではないでしょうか。
おすすめ度:

2,366
ショップで確認

Flotsam and Jetsam - Flotsam and Jetsam ベテランスラッシャーの意欲作


こちらのアルバムはアメリカのスラッシュメタルバンドFlotsam and Jetsamが2016年にリリースした12枚目のアルバムです。

このバンドは初期の傑作2枚を出して以降はあまり良い作品を出せず、ズルズルと落ち目になっていった印象があるのですが、セルフタイトルを冠してリリースした今作は往年の勢いを取り戻したアルバムとなっています。おすすめの曲は「Iron Maiden」。ツインギターソロが気持ちいいです。
おすすめ度:

2,273
ショップで確認

ぐるぐる王国DS ヤフー店 Yahoo!

Vektor - Terminal Redux 金切り声のボーカルにテクニカルな音の洪水


こちらのアルバムはアメリカのスラッシュメタルバンドVektorが2016年にリリースした3枚目のアルバムです。このバンドはとにかく様々な音楽に影響を受けており、ただ単にスラッシュメタルと言う括りで説明するのは難しいです。

変態的なリフが攻撃的で個性的。女性のコーラスが入っていたりブラックメタルさながらの絶叫ボーカルが入っていたりと、一筋縄ではいかない展開を導入しているのがこのバンドの面白いところですね。

今作はバンドの最高傑作といっても差し支えないほどの大作となっています。13分を超える「Recharging The Void」にバンドの全てが詰まっています。是非一聴をおすすめします。
おすすめ度:

2,403
ショップで確認

Hatriot - Heroes of Origin 老練と若さのミックス=高品質


こちらのアルバムはアメリカのスラッシュメタルバンドHatriotが2013年にリリースした1枚目のアルバムです。

Exodusのボーカルとして知られるSteve "Zetro" Souzaが二人の息子を率いて結成したこのバンドは、やはり一度聴くとクセになるボーカルと、若さを売りにした楽器隊の演奏がうまくマッチしており、現代的にアップデートされたスラッシュメタルを聴かせてくれます。
おすすめ度:

2,130
ショップで確認

X JAPAN - Vanishing Vision 美しい旋律と疾走感が聴く者を唸らせる


こちらのアルバムは日本のメタルバンドX JAPANが1988年にリリースした1枚目のアルバムです。いまや世界的なアーティストになったYOSHIKIが在籍しているバンド、もう説明は不要ですね。

彼らのデビュー作となった今作は、驚異的な速さでありながらメロディアスでスラッシュしている「Vanishing Love」、代表曲の英語バージョンである「Kurenai」など、X JAPANのトレードマークである美しい旋律と疾走感がうまくブレンドされている楽曲が揃っています。
おすすめ度:

3,212
ショップで確認

タワーレコード PayPayモール店 Yahoo!

X JAPAN - Blue Blood 更に進化したXの名盤


こちらのアルバムは先程紹介したX JAPANが1989年にリリースした2枚目のアルバムです。楽曲の出来がよく、どれもシングルカットできるほど破壊力を持っています。全曲素晴らしいのですが、特におすすめの曲は「Week End」、「Rose of Pain」、「Endless Rain」です。
おすすめ度:

2,969
税込、送料込

Gargoyle - 解識 日本語スラッシュも忘れてはいけない!


こちらのアルバムは日本のスラッシュメタルバンドGargoyleが2014年にリリースした16枚目のアルバムです。
日本のスラッシュバンドの中でも日本語の歌詞でスラッシュを演奏するバンドはあまりいないのではないでしょうか。

今作は「Gordian Knot」をはじめ、メロディアスな楽曲が並んでいます。そしてエモーショナルなギターソロ、ツインギターのハモりを堪能することができる一枚となっています。
おすすめ度:

まとめ



世界には様々な音楽が溢れています。その中でもスラッシュメタルというジャンルは特にマイナーなジャンルです。しかし多くのバンドが工夫を凝らし、少しでも個性的なサウンドを作ろうという姿勢、どうしてメタルから派生したのかという歴史やバンドメンバーの変遷など、音楽的・物理的背景を紐解いていくのもこのジャンルの楽しみの一つです。

是非、この中からお気に入りのバンドを見つけ、暑さを吹き飛ばすリフに出会ってください!この夏はヘッドバンキングで決まり!


このエントリーをはてなブックマークに追加
このリストは参考になりましたか? はい いいえブックマークする

関連するまとめ

コメント

コメントを書くにはログインしてください。かんたんユーザー登録は無料です。
外部ID(Yahoo JAPAN ID、Livedoor ID、mixi OpenID、はてなID、JugemKEY)でもログインできます。

ユーザー登録のヘルプ

ID:
gwmei
自己紹介:
ブログ/HP:
レベル:
-
2017/06/30   2017/06/30   コメント(0)
ブックマーク(0)   印刷   友達に教える
CD・DVD・楽器
Tags  リフ スラッシュ 音楽 メタル CD
URL
Link

人気のある「CD・DVD・楽器」に関するリスト

> CD・DVD・楽器のランキングをもっと見る

このリストの関連ランキング

モノログで今人気のリスト