検索オプション
 

自宅のリビングから作業場まで!快適な室内環境を整えるおすすめのスポットクーラー13選

夏に欠かせないものといえばエアコンですよね。暑すぎる夏には涼しいクーラーにあたるのも大事なことといえます。今回はちょっとマニアックなスポットエアコンの紹介をさせていただきます。あまり聞きなれない機種もいくつかあるでしょうが、色々な用途に使える機種が豊富にありますのでぜひ参考にしてみてください。
このエントリーをはてなブックマークに追加
view:710

【BIANCO 3way Spot Cooler】

33,000
税込、送料込
こちらはBIANCO(ビアンコ)の 3way Spot Cooler。
2017年に発売された最新モデルで、値段の手頃さの割に機能が充実していて付属品も豪華な冷風機になります。レフ、除湿、送付の機能を搭載していて、風量は弱と強の2パターンになっています。冷風は15〜30℃の間で好きな温度に設定することができますし、扇風機のようにに快適な風を送ったり、じめじめする日には空気を除湿して快適な湿度にしてくれます。ちなみに、こちらは排気ダクトで排熱をお部屋の外へ出して、室内を効率的に涼しくしてくれます。工事をしなくてもよいので、賃貸アパートなど事情で室外機を設置できないという方にもぴったり。また、ノンドレン式を採用していて、通常時は冷風や除湿の際に排水を内部で蒸発させる仕組みになっているので水を出しません。ですが、湿度が高くてノンドレンが間に合わないという場合には、背面にある排水口からホースを繋げて排水する必要があります。電気代としては、1日8時間使用した場合に1日あたり大体150円程度とエアコンよりも高くなることはありませんが、そこまで大差はありません。もちろん冷風機を使う方の特徴としては、常に使用するという使い方をされる方は少ないと思いますので、実際の電気代としてはエアコンよりも抑えることができるでしょう。排気ダクトや窓に取り付けるパネルなども付いていて付属品が充実しているのもポイントの一つ。コスパも良いので、冷風機を初めて使用するという方にはおすすめの一品といえるでしょう。
おすすめ度:

【コロナ ウインドエアコン CW-1616】

46,800
税込、送料込
こちらはコロナのウインドエアコン CW-1616。
ガス器具などでお馴染みのコロナから販売されている、窓に取り付けるタイプの冷房専用のウインドエアコン。取り付けができる窓のサイズは77〜140cm、開幅は47cm以上となっているので、お部屋の窓と相談して設置できる方にはおすすめ。お値段的にもエアコンを設置するよりも安く済みますし、屋外に排熱 して室内を効率よく冷やしてくれるので、お部屋の中を普通のエアコンと同じくらい快適な状態にしてくれます。換気機能も付いていて、タバコの煙や二酸化炭素などの空気の汚れや臭いなどを排気したり、マイナスイオン発生機能も付いていて 、冷房しながら部屋の空気をきれいにしてくれるのもポイントの1つといえます。賃貸アパートなど、エアコンなどの設置工事をすることができない方や手軽にスポットクーラー設置したい方におすすめの一品といえるでしょう。
おすすめ度:

【トヨトミ スポット冷暖エアコン TAD-22HW】

39,800
税込、送料込
こちらはトヨトミのスポット冷暖エアコン TAD-22HW。
ファンヒーターなどでもお馴染みなメーカーのトヨトミから発売されている冷房だけでなく暖房もできる兼用タイプのスポットエアコンです。お値段的には4万円台と安価なエアコン並みの金額となっていますが、パワフル冷暖運転で、工事ももちろん不要ですし、手軽に設置したい方にとってはぴったりといえます。キャスターが付いているので移動も楽ですし、リモコンも付いていて、まさに移動するエアコンというような形で使用していただくことができます。暖房が使えるという点では、1年中使用することができますし、収納のことなども考えると、冷房専用よりも使いやすいタイプといえます。ノンドレン式を採用しているので、令夫人はドレン水を捨てる必要がありませんし、窓パネルセットが付属して
いるので、排熱しながら効率的に室内を冷やしてくれます。取り付けは1人でも出来るほどの容易さですが、本体の重量が26kgあるので、設置の際は、その点は頭に入れておきましょう。夏場だけでなく冬場も使用したいという方におすすめの一品といえるでしょう。
おすすめ度:

【コロナ どこでもクーラー CDM-1016】

37,000
税込、送料込
こちらはコロナのどこでもクーラーCDM-1016。
冷風専用ではありますが、コンプレッサー式の強力な除湿機能が付いているのが特徴のスポットエアコンです。大抵の場合、冷風機には除湿機能が付いていますが、この機種の除湿機能は木造で11畳、鉄筋で23畳と広い面積を除湿してくれます。 1年の中でも特にじめじめしやすい梅雨の時期は、除湿しながら涼むことができるので快適に過ごせます。冷風は、ワイド、スポット、と範囲を選んで送風してくれるので、風呂上がりや、部屋でくつろぎたいときなど、 生活シーンに合わせることができます。また、スピード部屋干し機能が搭載しているのもポイントの1つで、洗濯物約90分のスピードで素早く乾燥してくれます。夏場の冷風機能はもちろんのこと、部屋干ししたいときの除湿機能が充実しているのもおすすめの一品といえるでしょう。
おすすめ度:

【コロナ ウインドエアコン CWH-A1817】

88,200
税込、送料込
こちらはコロナのウインドエアコンCWH-A1817。
窓に取り付けるタイプの冷暖房兼用のスポットエアコンです。冷房でも暖房でもどちらでも使えるので、1年中使用していただくことができます。取り付けも簡単で、30分程度の時間で手軽に設置することができます。性能に関しては冷房、暖房ともにパワフル運転で、室外機を必要とするタイプのエアコンと比べても遜色ない能力といえます。サイズ的にもコンパクトタイプで、ベランダの狭い部屋や、都合で室外機を置くことができない部屋でも安心して使うことができます。コンプレッサー内部のスムーズな回転によって、低騒音を実現しているのも嬉しいポイント。換気機能や、エアコン内部を送風で乾燥させることで、細菌やカビの繁殖を抑える内部乾
燥モードなども搭載しています。お値段的には5万円台と通常のエアコン並みの金額ではありますが、事情があってエアコンの工事ができないという方や、 1年中使えるスポットエアコンを探している方におすすめの一品といえるでしょう。
おすすめ度:

【ナカトミ スポットクーラー SAC-407N】

39,999
税込、送料別
こちらはナカトミのスポットクーラー SAC-407N。
こちらは業務用タイプのスポットクーラーです。上に付いている冷風ダクトは、360度回転できるようになっていて、好きな方向に冷風を送り出すことができて、背面の部分から排熱する構造になっています。
お値段的には、4万円を切る価格になっていて、業務用のスポットエアコンの中ではお手頃で、コスパの良いタイプといえます。冷房能力も、2.2/2.5kwとパワフル運転なのも強みと言えますし、ドレン用のタンクが付属しているので、排水用にホースを準備しなくても良いのも嬉しいポイントといえます。設置工事する必要もなく、キャスターが付いているので移動は自由、屋内外どこでも使用可能と使い勝手が良いといえます。どちらかというと宅地内よりも、工場や倉庫など広い範囲での使用や、夏場の暑い時期の建物内の建築現場での作業など、どうしてもエアコンが設置できない場所などで使用するのにおすすめの一品といえるでしょう。
おすすめ度:

【アストロ スポットエアコン AP-SA2225】

50,760
税込、送料別
こちらはアストロのスポットエアコンAP-SA2225。
こちらも同じく業務用のスポットクーラーになります。可動式フレキシブルダクトで送付の方向も好きな角度に調整することができます。ポリタンクかドレンホース、どちらかをつないで排水することができます。背面にある上を向いたダクトが勢い良く排熱してくれるので、周囲に熱がこもりにくく、冷風がとても強いのがポイントといえます。屋外に面したガレージや倉庫内、工場などでの作業においての暑さ対策に活躍してるくれること間違いなし。もちろん設置工事も不要ですし、キャスターが付いているので移動もラクラク。パワフルな業務用のスポットクーラーを考えている方にはおすすめの一品といえるでしょう。
おすすめ度:

【山善 排熱ダクト付スポットエアコン YS-422D】

65,989
税込、送料別
こちらは山善(YAMAZEN)の 排熱ダクト付スポットエアコン YS-422D。
ファンヒーターのメーカーでおなじみの山善から発売されているスポットエアコン。能力的には上で紹介させていただいた機種とほとんど同じような内容になっていて、熱がこもりやすい工場やガレージ内などでの作業に強い味方になってくれます。冷風ダクトが回転式で自由自在に方向を変えることができるので、設置する場所も気にせず使用できるのは嬉しいポイントといえます。また、パワフルな冷房能力にかかわらず、環境にやさしいHFCR407Cを採用しているので、省エネ効果も期待できます。お値段的には上の機種とほとんど同じなので、あとは好みで選んでみて下さい。パワフルな冷房能力のあるスポットクーラーを使いたい方におすすめの一品といえるでしょう。
おすすめ度:

【ハイアール スポットエアコン JA-SPH25C-W】

56,850
税込、送料込
こちらはハイアールのスポットエアコンJA-SPH25C-W。
360度回転する排気ダクトなので、自由に方向を調整することができます。ダクトは60cmまで伸ばすことができるので、作業環境に合わせて使用することができます。オプションで延長ダクトを購入することもできるので排気ダクトを長く伸ばして使いたいという方におすすめの一品といえるでしょう。
おすすめ度:

【エスケイジャパン 冷風ファン SKJ-ST20】

110,000
税込、送料別
こちらはエスケイジャパンの冷風ファンSKJ-ST20。
業務用のスポットエアコンとしては3万円台とお値段的にもリーズナブルで、冷房能力にも長けている優れものになります。2.1kwのパワフル運転で暖かい空気がこもっている作業場などでも、涼しくて快適な風を送ることができます。広範囲で送風してくれるので、エアコンとまではいきませんが室内を全体的に涼しく快適な状態に仕上げてくれます。ノンドレン式で、排水の必要がないのも便利ですし、排気ダクトを伸ばすことができるので、場所を選ばずに設置出来るのもうれしいポイントといえます。業務用の快適なスポットクーラーを、 金額的にも安く抑えたいという方におすすめの一品といえるでしょう。
おすすめ度:

【Haozao USBミニファン 冷却扇風機】

899
税込、送料別
こちらはHaozaoのUSBミニファン 冷却扇風機。
冷風機とまではいきませんが、卓上に置いて、首元よりも上に冷たい風を送ることによって体感温度を下げて、一時的に快適な状態にしてくれる簡易式のミニファン。ストレージボックスに氷や、氷水を入れておくことで冷たくて快適な風を送り出します。香りビーズを入れることで良い香りを感じることもできます。お値段的には1000円を切る安価な値段になっているので、気軽に買えますし、持ち運びもしやすいので 自宅や職場など場所を問わずに幅広いシーンで使用することができます。もちろんこれだけで部屋全体の温度が劇的に変わるようなものではありませんが、オフィスなどで、自分の周辺を涼しくして快適な風を感じるにはちょうど良いくらいといえます。仕事柄デスクワークをよくされている方におすすめの一品といえるでしょう。
おすすめ度:

【Madoats ミニポータブルエアコン】

1,999
税込、送料込
こちらはMadoatsのミニポータブルエアコン 扇風機 空気サーキュレーター加湿器。
こちらも上で紹介させていただいた機種と同じようなタイプの小型の冷風ファン。コンパクトサイズなので机の上に置いて自分のほうに冷風を当てるのにおすすめ。サイズが小さい割に風量は意外と強く、至近距離で風に当たる分には十分といえます。本体後部にタンクが付いていて、そちらに氷や水を入れるような仕組みになっているのですが、全てを引き出すことはできないので、排水の際には気を付ける必要があります。タンクに水を入れて運転させれば、すぐにミストがでてきて、見た目にも涼しげな風を送ってくれます。簡易的な冷風機が欲しいという方にはおすすめの一品といえるでしょう。
おすすめ度:

【ウェアラブルエアコン G2T-N1 Plus】

18,900
税込、送料込
こちらはウェアラブルエアコンのG2T-N1 Plus。
これまでにない新発想の首に装着するタイプのウェアラブルエアコン。室内全体を涼しくするというエアコンの概念を覆し、着脱式スタイルによって自分の身の回りのみを涼しくして快適な状態を体感することができる小型エアコンになります。首に巻くエアコンなんて想像もしてなかったですし、本当にびっくりな商品といえます。機能的には、冷房と暖房をスイッチによって簡単に切り替えることができて、 1年中使うことができる仕様になっています。モバイルバッテリーなので外出先などの屋外でも快適な状態を保つことができますし、どこに移動しても使用できるというのはこれまでになかったエアコンの概念といえますね。これを使用することによって、例えばオフィスでの熱中症対策や冷えすぎによる体調不良などを防いで、常に快適な空調を整えることができます。一定の温度を超えると自動的に電源が切れる安全設計になっているのも安心して使えるポイントといえますし、ターボモードが搭載しているので、短時間で起動させることができます。これからウェアラブルのタイプのエアコンについては、どんどん改良されたり、新しい商品が出たりすると思われますが、これから目を離すことができない注目の一品といえるでしょう。
おすすめ度:

まとめ

いかがでしたでしょうか?冷風機とは、家庭用クーラーと同じ扱いで吸い込んだ空気を機械の中で冷やしてそれを送り出すという構造になっています。通称スポットクーラーやスポットエアコンともいわれていますが、クーラーと原理は一緒で大きな違いというのが、エアコンは固定設置されているのに対して、冷風機はいろんな場所に移動して使うことができるという点にあります。
では冷風機と冷風扇はどう違うのか?という点ですが、大きな違いとしては冷風機はクーラーと同じ構造になっているので除湿機能が付いているという点です。冷風扇は水が蒸発する際に起こる気化熱を利用した商品になりまして除湿どころか、逆に湿度を上げてしまう要因にもなります。その点冷風機は、送風、除湿機能だけでなく、1幅広い温度設定が可能な冷風機能が搭載しているので、蒸し暑い夏の時期を快適に過ごすことができます。また冷風機の特徴として、室外機が必要ない 、工事が不要、というポイントがあり、いろいろと制約が厳しい賃貸住宅だったり、いろいろな事情で設置工事ができないお部屋にも気軽に活用していただくことができます。このようなことから、お部屋の面積が狭い一人暮らし用のお部屋や、ガレージや倉庫作業場などでの使用、 エアコンのサブ機という位置付けで使用される方にも向いているといえます。暑い夏はもうすぐそこに迫っていますので、エアコンなどがまだ設置されていないという方は是非一度検討してみてはいかがでしょうか。



このエントリーをはてなブックマークに追加
このリストは参考になりましたか? はい いいえブックマークする

関連するまとめ

コメント

コメントを書くにはログインしてください。かんたんユーザー登録は無料です。
外部ID(Yahoo JAPAN ID、Livedoor ID、mixi OpenID、はてなID、JugemKEY)でもログインできます。

ユーザー登録のヘルプ

ID:
mild3104
自己紹介:
日々の生活をエンジョイしながら過ごしたいです。気になったら積極的にコメントしていこうと思ってます。
ブログ/HP:
twitter
レベル:
-
2017/07/20   2017/07/20   コメント(0)
ブックマーク(0)   印刷   友達に教える
家電・AV・カメラ
Tags  冷風機 スポットクーラー スポットエアコン 冷暖房 パワフル運転 冷風 送風 温風
URL
Link