検索オプション
 

レディースのショルダーバッグの最新トレンドはトートタイプ!?

肩掛けで便利なショルダーバッグですが、ストラップの種類や、ワンショルダー、トートタイプなど、バリエーションは様々です。そこで、レディースを中心に、オールラウンドなショルダーバッグをチェックします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
view:227

ショルダーバッグとトートバッグ

2,980
税込、送料込
ショルダーバッグとは
ショルダーとは肩のことですから、そのものズバリに肩提げのカバンのことを総称してショルダーバッグと呼びます。
これだけであれば説明不要なのですが、あまりに広義であるだけにかえって本質がわからなくなるという、ファッション界ではよくあることがここでも起きています。
つまり、一部のハンドバッグなどを除いて、ほぼ全てのカバンが肩からさげられるようになっているからです。
例えば、リュックのようなものもショルダーバッグには違いないと思うのですが、一般的には、片方の肩にかけるものを指してショルダーバッグというように使い分けられているようです。
それからすれば、ワンショルダーのものは、デザインによらずショルダーバッグということになりそうです。

片方の肩に掛ければいいわけですから、掛け方は袈裟掛けになっても構いませんし、ショルダーストラップが二本あっても、両肩に掛けるようなデザインでなければ、リュックやバックパックではなく、ショルダーバッグになります。
ハンドバッグに関しては、ハンドストラップの長さ次第でショルダーバッグにもなるという曖昧さがあり、その辺りの使い分けはメーカーや店舗ごとの判断による名前付けがされているようです。

3,284
ショップで確認

【楽天】 生活雑貨 どんぐりの木

トートバッグとは
ハンドストラップの長さ次第でハンドバッグも肩から提げられると述べましたが、トートバッグはまさに手提げになるか肩提げになるかが微妙なところです。
トートバッグ自体の定義は、物を入れて運べるバッグという意味合いが一番大きく、クラッチバッグのように大量な物量を運ぶのに適さないようなものと違い、本来は大きな氷の塊を運べるくらいに実用的なものでした。
当初はそうした職業的な作業用アイテムでしたが、生地として頑丈で、水分なども運べることから、アウトドア用品として広まるようになります。
やがて、大学生が教科書などを入れて運ぶようになった辺りから、トートバッグという名称やファッションアイテムとしてのバッグとして広まっていったというのが定説になっているようです。

現在の一般的な定義としては、スクエアのシルエットと広めのマチが取られていて、ストラップが両面に二本付いているものを指すということになっています。
トートバッグのストラップの長さが短ければ、肩からは提げられず、ハンドバッグのトートタイプとなりますし、肩提げが可能であればショルダーバッグのトートタイプということになります。
元々が荷物をしっかりと収納できて持ち運ぶものですが、作りはシンプルなので、ボストンバッグのように旅行などに用いるというよりは、普段使いするようなものが多くなっています。

4,860
ショップで確認

【楽天】 生活雑貨 どんぐりの木

2WAYバッグ
トートバッグの気軽な使いやすさと、ショルダーバッグの持ち運びに疲れないストラップと、両者のいいとこ取りをしたのが2WAYバッグです。
トートバッグとは、ストラップが2ヶ所についているのが一般的で、これの長さが充分にあればショルダーバッグとしても使えるということでした。
しかし、肩提げの際はズレやすいというマイナス点があるのは否めません。
ショルダーバッグでも、ストラップが短ければ同じことなのですが、これが長く取られていれば斜めに袈裟掛けにすることができます。
こうして掛けると、バッグは落ちることがないばかりか、両手がフリーになるためにとても動きやすいというメリットがあります。
反対に、長いショルダーストラップだけだと、手で持った時は地面に擦ってしまう可能性があって、意外と持ちづらいものです。
この面からも2WAYはTPOに合わせた使い方ができるので便利です。
前述したように、ショルダーバッグとトートバッグは似ている要素がたくさんあるので、こうした2WAYにしやすいバッグと言えます。

ちなみに、これをさらに両肩に掛けられるようなポジションでダブルストラップにしてあると、3WAYということになります。
ワンショルダーと違って、リュックやバックパックのような形状は力が分散されるので、より楽に荷物を運ぶことができます。

トートバッグをいくつかセレクト

3,888
ショップで確認

【楽天】 生活雑貨 どんぐりの木

スヌーピーのイラスト入り
トートバッグの活用方法は色々とありますが、ウリである荷物の詰めやすさから、近年では買い物用のマイバッグや、小さな子供がいる人は外出時に必要なものを詰め込むのに活用している人が多くいます。
本来、トートバッグはそれなりに重い荷物を入れても大丈夫なように、持ち手はかなりしっかりとしているので、普段使いである程度ラフに扱えるのが利点です。
前述のように小さな子供がいる場合、外に出る時はお菓子やおもちゃなどを持って出る必要があります。
また、ゴミなども出やすくなるので、いちいち開け閉めをする必要の無いトートバッグは重宝します。
汚れてきて洗いたい時も、革製などでは手軽に洗えませんが、厚手の綿などが多いトートバッグは丸洗いすることもできて助かります。
あるいは、荷物の多くなりがちな大学生などであれば、少し小分けのポーチを使いつつ、教科書やノートなどと一緒にトートバッグにざっくりと詰め込んでしまえばいいので楽になります。

こちらのイラスト入りバッグは、シンプルな作りながらマチの幅が20cmと広く、開口部も大きく開くのでとても使いやすいデザインです。
少しおしゃれな場に出るのにも恥ずかしくなく、色々と使い回しのきく一品となっています。
肩から提げることのできる長さのストラップであり、1日2日程度の旅行であれば、これ一つで十分に対応できます。

33,800
ショップで確認
少し高級なトートバッグでおしゃれに
とにかくざっくりと荷物の出し入れができて、気軽に扱うことができるのがトートバッグのいいところではありますが、何も安っぽいものばかりが全てということではありません。
トートバッグの要素を満たしつつも、高級感のある商品ももちろんあるわけです。
書類や道具など、ある程度大きめのものを持ち運びたいけれど、シンプルすぎて安っぽく見えてしまっては嫌だという時には、多少値の張るものを選べば、それなりに高級感が出てきます。

例えば、こちらのトートバッグは、1920年代にイタリアで創業されたトリーバーチというブランドの商品になります。
スクエアなシルエットに両サイドのハンドストラップ、広めのマチと、典型的なトートバッグの要件を満たしていますが、スーパーに持っていくマイバッグというよりは、ビジネスシーンで使っても違和感がないくらいのデザインになっています。
ベースはナイロン生地ですが、ボトムのエッジはレザーで補強してあり、開口部はファスナーで開閉できるようにしてあるなど、おしゃれな一品です。
ハンドストラップはおよそ46cmのループになっているので、ゆとりを持って肩から提げることもできます。
落ち着いたグリーンのカラーも、オトナな雰囲気を演出するのに一役買っています。

14,602
ショップで確認
素材感にこだわってみる
トートバッグの成り立ちから見れば、その素材はコットンやリネンあるいはナイロンといったもので、ある程度の強度を持たせているというのが特徴になっています。
しかし、近年ではトートバッグとしてのデザインを継承しつつ、素材などは幅広いものを用いて変化をつけています。
ユーザーからすれば、色々なバリエーションが出ることで選択の幅が広がって、より好みのものを探せるというメリットがあります。

その意味で、こちらのコーチのストロートートバッグは、オーソドックスなようで実はあまり数が出ていないというタイプの素材になります。
麦わら帽子のようにストロー素材のものもは、涼やかなイメージを与えます。
また、布に比べるとナチュラルなテイストがあるので、フェミニンなおしゃれ度がアップする効果も期待できます。
ストローオンリーですと地面に置くとすぐに擦れてきてしまいますが、底はちゃんとレザーで補強されているので、耐久性も問題ありません。
ストラップは50cmオーバーとしっかり取れていて肩提げができる一方、ボディ自体がそんなに大きくないので、手提げにしても地面を気にせず持ち運べるサイズとなっています。

ショルダーバッグをいくつかセレクト

1,800
ショップで確認
カゴ風
人のイメージはざっくりとしたもので、隙間があれば風通しが良くて涼しそう、反対に厚手のものは暖かそうということになります。
涼しいものは夏に合って、暖かければ冬に向いているとイメージします。
洋服に関しては実際その考えで問題ないのですが、バッグに関しては必ずしも涼しげなものでも冬に使っておかしいということはないはずです。
実際こちらのショルダーバッグも麦わらなどをイメージするような、夏らしいカゴバッグではありますが、年間を通して使っていただけるデザインです。
外側は涼しげながら、内布がしっかりと貼ってあるので、強度的にも問題はありません。
ストラップの長さは6段階で調整ができ、長くしている状態であれば、袈裟に掛けてもきつく感じないだけのゆとりがあります。
マチは18cmとしっかりあって、見た目の印象以上に容量は大きくなります。

7,900
ショップで確認
DIESELの2WAYバッグ
ダークピンクの色合いが目をひくこのバッグは、ポリウレタンの素材で中綿入りなので、ボリューミーなイメージのある一品となっています。
ただ、バッグ自体の重さはとても軽く、ショルダーストラップなどを付けてもおよそ600gを少し超えるくらいです。
ショルダーストラップの長さは100cm以上あるので、袈裟に掛けても太ももくらいまで届く長さになります。
ハンドストラップも50cmオーバーですから、これだけでも肩から提げることができます。
この種の2WAYの使い方としては、普段はハンドルで利用して、長時間の移動で重くなる時や、両手をフリーに使いたい時はショルダーストラップをセットするようにすると便利です。
雨の日でも気軽に持ち運ぶことができるので、おしゃれでありながら汚れるのを気にせずに使えるのもポイントです。

11,880
ショップで確認

【楽天】 五番街〜バッグ・雑貨のお店

牛革ハンドメイドショルダーバッグ
少し小振りなので、荷物をいろいろ入れてというよりも、普段の町歩きに身の回りのものだけを入れていくのに便利なサイズとなっています。
何よりこちらの商品の場合、日本製の牛革を職人のハンドメイドで仕上げているというのがポイントになります。
日本のモノ作りの技術は今や世界をリードする面が多々あります。
革製品というと歴史的には欧米の方が長いものの、こうしたハンドメイドバッグに関しては欧米のブランド品に引けを取らないクオリティとなっています。
マチのしっかりと取られたデザインなので小振りとはいえ、小物関係は一通り収めることができるはずです。
ストラップは斜め掛けするのに充分な長さがあり、バッグのレザーに対してアウターもレザーで合わせたり、あるいはニットでもマッチさせることができます。
余分な装飾がないだけに、コーディネートのしやすいバッグとなっています。

22,356
ショップで確認
グッチのショルダーバッグ
以前は中古の製品を購入するためには、質屋のように買い取りをして販売している中古の取扱店に行かなければなりませんでした。
一店舗ではどうしても仕入れに偏りがありますから、幅広い商品を見ることはできませんでした。
それが今ではネット環境が整い、居ながらにしてあらゆる中古商品を探すことができるようになっています。
その恩恵は色々なことに及びますが、ブランドものの中古探しは前述のような店舗巡りの苦労もなく、簡単に安価なものを探すことができるようになっています。
こちらのグッチのショルダーバッグも、従来なら大型店に行かなければなかなか見つけられないところです。
ただし、ネットで中古を購入する場合、状態の判断が難しいというデメリットがあることはわかっておかなければなりません。
ちゃんとしたサイトであれば、いくつもの写真を掲載して、とくに難ありの箇所はアップで示してくれているはずです。
そこさえクリアすれば、一流とされるブランドものを破格の値段で購入することができます。

3,780
ショップで確認
リュックにもなる3WAYバッグ
バッグに色々な種類があるのは、TPOによって様々な必要性が出てくるからです。
必要な容量であったり、おしゃれの度合い、強度など、本来は全てを兼ねるようなものがあればいいのですが、実際とのところオールマイティなものはあり得ません。
それでも少しでも使い勝手のいいようにと考えられたのが、このような3WAYバッグになります。
さらにこちらの場合、巾着型なのでおしゃれ感覚もとても高いものになっています。
この3WAYで一番のポイントは、リュックにもなるというところです。
ハンドルと、シングルのショルダーストラップまでは多くありますが、さらにリュックにもなるようなものとなると俄然珍しくなってきます。
そうした構造的なことだけでなく、こちらの商品の場合、マチの型がしっかりと取れているので、容量も申し分ないという実用性の高い一品になっています。

27,000
ショップで確認
エルメスのキャンバスショルダー
エルメスといえば、高級ブランドの一つとして敷居を高く感じる人もいるかもしれませんが、なかには、こちらのようにキャンバス地のカジュアルなショルダーバッグも展開しています。
ハイブランドの値段が高くなるのは、ネームバリューも加味されるからということは否めませんが、一方で作りがしっかりとしているというのも事実です。
どれだけ高級であっても、粗悪なものであれば淘汰されてしまうのが現代の市場です。
その中で、ハイブランドのポジションをキープしているのは製品のクオリティーが高いからです。
そういう意味で、こちらのように中古品であっても信頼のおける商品と言えます。
ただし、個々の使われ方によってダメージの具合は違うので、そこは購入する側の判断と責任で手を出さなければなりません。

まとめ


スーパーやコンビニで買い物をすると、買い物袋が必要になります。
以前は、店側が無料でビニールの袋を提供してくれていましたが、最近の多くのスーパーではマイバッグの持ち込みが推奨されています。
店側の袋を利用する際は、数円支払わなければならなかったり、反対に持ち込みならば数円引いてくれるというケースもあります。
これはもちろんエコロジーの観点からの行いで、余分なゴミを減らして、資源を大切にしようという考えからです。
そこで必要になってくるのが、買い物に使用するバッグです。

買い物の時に利用するマイバッグとしては、余計な装飾よりも大容量で、汚れてもいいようなものが基本になります。
開け閉めの手間がなく、簡単に商品を入れられるものが好まれます。
さらに、重い荷物になっても肩にかけられれば、両手もフリーになって便利です。
こうしたことから、今多くの人が使っているのがトートタイプのバッグです。
サザエさんが現役連載だった頃の日本では、買い物袋として、籐で編んだようなトートバッグが主流でした。
時代が一周して、物のなかった時代の知恵にたどり着いたというところでしょうか。

こうした流れの中で、企業のノベルティグッズに簡便なトートバッグが用意されていることも増えています。
毎日のように使用する物で、全面にキャラクターやロゴーを入れられるトートバッグは、原価の安さの割には人目につくという、優秀な宣伝グッズなのかもしれません。


このエントリーをはてなブックマークに追加
このリストは参考になりましたか? はい いいえブックマークする

関連するまとめ

コメント

コメントを書くにはログインしてください。かんたんユーザー登録は無料です。
外部ID(Yahoo JAPAN ID、Livedoor ID、mixi OpenID、はてなID、JugemKEY)でもログインできます。

ユーザー登録のヘルプ

ID:
sarayashiki
自己紹介:
ブログ/HP:
レベル:
-
2016/11/10   2016/11/10   コメント(0)
ブックマーク(0)   印刷   友達に教える
ファッション
Tags  ショルダーバッグ トートバッグ 2WAYバッグ ショッピングバッグ
URL
Link

人気のある「ファッション」に関するリスト

> ファッションのランキングをもっと見る

このリストの関連ランキング

モノログで今人気のリスト