検索オプション
 

ペアもあり?アンクレットをメンズにプレゼントする

アンクレットといえばレディース物が中心ですが、近頃ではメンズ物も流行の兆しが。そこでプレゼントにアンクレットを選んでペアで着けるなんてどうでしょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
view:220

アンクレット

3,300
ショップで確認
アクセサリーとしての意味合い
女性は男性に比べると多くの人がアクセサリーを日常的に身につけています。
男性もブレスレットや指輪など、何がしかのアクセサリーを身につける人はいて、決して特異なことではありません。
結婚指輪を別にしても、指輪というのは最も身近なアクセサリーでしょうし、ネックレスやチョーカーをする人も多いでしょう。
また、耳を始め、どこかにピアスの穴を開けている人も珍しくありません。
そんな中で、アンクレットというのは比較的使用している人が少ないアクセサリーだと思います。
アンクル、つまりは足首にするアクセサリーで、当然ながら素足を露出するサマーシーズンの方が使用頻度は高くなります。
決して一般的とは言えないアクセサリーのアンクレットですが、その歴史は古く、エジプトでピラミッドが作られるような前後にはすでにアンクレットを身につけた姿が残されています。
一部の文化では女性らしさ、特にエロチシズムの象徴とされたことから、転じて売春に関連する装身具というイメージを持つこともあるようです。
ただし、現代の日本では男女問わずにオシャレとしてのアイテムになっています。

前述のように足元が露出している時でないとつけづらいものですが、その分インパクトはあり、特に足の指につけるトーリングとセットになったものなどは豪華さもあります。
ジュエリーや金銀のものだけでなく、革製やビーズのものなど、意外と色々なバリエーションもあります。
隠れたところにまで気を使ってこそ真のオシャレだという人もいます。
機会があれば一度アンクレットを身につけてみるのはどうでしょうか。
今回は特に男性のアンクレットファッションを中心にセレクトしてみます。

メンズのアンクレット

3,696
ショップで確認
クリスタルグラス
これまでアンクレットに接してこなかったような人でも比較的に手を出しやすい、いわばエントリーモデルにするのに最適なのがこちらの一品です。
ベースとなっているのはワイヤーに通したクリスタルグラスのパヴェで、一粒ずつが2〜3mmととても小さく、足元にスッキリとはまります。
しかも、クリスタルグラスのカラーはブラックなので、尚のことシャープな印象となりますし、かといって地味かというと、そこはクリスタルの輝きのおかげでアクセサリーとしてのおしゃれな感じはしっかりとキープしています。
さらにポイントとなるのは、チャームにシルバー925で作られたフェザーモチーフがついていることです。
これによって、単なるパヴェボールではなく、アンクレットの洗練されたシルエットに仕上がっています。
よく見ると、このフェザーにはキュービックジルコニアが付いています。
高価な宝石というわけではありませんが、このキュービックジルコニアがあるとないとでは、イメージが大きく異なってきます。
そういう意味では、シンプルにまとめあげられつつも、細部にまでこだわって作られているアンクレットといえます。

1,955
ショップで確認
ストーンビーズ
アクセサリーは工業製品のものもあれば、ハンドメイドのものもあります。
これはネックレスやブレスレットでもそうですし、アンクレットでも同様です。
ゴールドやシルバーを用いてかっちりと作られたものもいいですが、革やビーズを主体にした手作り感溢れるものも、味があっていいものです。
そもそもアクセサリーの歴史は古く、当初はほとんどが手作りであったことを考えると、ハンドメイドこそアクセサリーの本質と言えるのかもしれません。
そこでこちらのアンクレットですが、天然石を利用して職人がひとつずつ手作りした品であり、できるだけ同じようなデザインで作るようにしているものの、全く同じものは存在しないという一点ものになります。
使用している天然石は宝石ではないですが、色とりどりの美しい小粒のものであり、形も尖っていたり、丸みを帯びていたりと様々です。
これに穴を開け、ビーズとともにループさせていて、エスニックな美しいアンクレットに仕上げています。
全く同じものはないとはいえ、全部で10種類のカラーバリエーションを設けて、できるだけそのサンプルに沿ったデザインで作っているので、好みのものを選ぶことができます。
貴金属のものとはまた違った、温かみのあるデザインを希望している人にはオススメの品といえます。

6,600
ショップで確認
バッファローホーン
アクセサリーには動物の骨や角、牙を使ったものが昔から存在します。
代表的なものは象牙であり、その美しさから乱獲の原因となり、現在では非常に厳しい取り締まりの対象となっています。
他にも乱獲されたり、最悪の場合絶滅してしまった種もいるなど、アクセサリーや食肉、毛皮などのための動物捕獲には問題が付きまといます。
しかし、食用を始め、素材として動物由来のものを使うこと自体を一概に悪と決めつけるわけにはいきません。
それは全くの別問題として、骨や牙などがアクセサリーパーツとして人々を引き付けるのは確かなことです。
ともすれば、先祖代々の記憶がそうさせるのかというほどに、しっくりと馴染み心躍るものなのです。
最近はプラスチックの加工技術などの向上から、バッファローホーンやボーンのような素材にそっくりな人工物もありますが、本物と全く同じというわけにはいきません。
こちらのアンクレットは長さの調節が可能で、ブレスレットにもなるという2WAY仕様となっています。
バッファロー、つまり水牛の角や骨を使いつつ、ビーズとシルバーでおしゃれに仕上げたクールなアイテムです。

1,980
ショップで確認

【楽天】 シルバーアクセサリーBinich

アンティークコイン
アンクレットに限ったことではなく、アクセサリーの多くは、ベースとなるループコードと、チャームなどのパーツとに分かれています。
それぞれどのような素材を使うか、どのような形状にするか、長さや大きさ、色合いなど、いくつもの要素からアクセサリーは完成します。
その選択がオリジナリティであり、全体的なイメージを形作っていきます。
こちらのアンクレットの場合、ナイロンコードを採用しており、軽量かつ汗や水分に強いという特性を持っています。
また、そのナイロンコードは種類によって色が変わっていて、レッドやターコイズなど、全部で5つのバリエーションが用意されています。
ループの全てがナイロンコードというわけではく、一部は真鍮製のビーズが並んでいます。
これによって単調に陥ることなく、アンクレットにアクセントを与えています。
そして、このアンクレットを最も印象付けているのが、チャームに採用されているアンティークコインです。
これによって、単なるコードから一気にアクセサリーとしての表情が出てきます。
全体としてはとてもすっきりとシンプルな印象で、アンクレット初心者の人でも安心してつけることができるデザインに仕上がっています。

1,500
ショップで確認
ビーズアンクレット
ゴールドカラーのビーズをベースにしたシンプルなアンクレットです。
ゴールドはキラキラと輝きを放って、細身のタイプであってもしっかりと足元で主張してくれる色味となります。
ただ、それだけではシンプルすぎるので、カラービーズを組み合わせて彩りを添えています。
使用しているビーズのカラーは、ブラックとレッド、そしてターコイズになります。
いずれも単色使いでゴールドとのマッチングも悪くありません。
それぞれに違った表情があり、重ねてつけても色味を邪魔し合わない組み合わせとなっています。
税込価格は1500円とリーズナブルな設定なので3本のバリエーション違いで揃えて、2連3連でつけたり、日替わりにしたりと、様々な楽しみ方ができると思います。
とりあえずゴールドでゴージャス感を出しつつ、おしゃれにきめたい人にはオススメのデザインとなっています。

1,490
ショップで確認

【楽天】 輸入雑貨ニルバザール

カレンシルバー
タイの山岳民族であるカレンの人々が作ったというシルバーモチーフで装飾したアンクレットは、落ち着いた中にも民族色の豊かな味わいを感じさせる一品です。
そのシルバーは平面に文様が入ったもので、アニミズム文化を大切にするカレン族の信仰に由来するものとなっています。
一つ一つがハンドメイドで製作されていて、現地の人々の思いが込められています。
これを蝋引きしたワックスコードに結んでいます。
コードは強化する意味も含め編まれた形でループさせているので、単純な磨耗や、水気などにも強くなっていて、長く使うことができます。
シルバーはモチーフ以外にも各部に効果的に配置されていて、コードエンドにも結ばれています。
これを足元につければ、シックながらもおしゃれな感じを演出できます。
ハンドメイドのため、全く同じものは存在しないというオリジナリティの高さもポイントとなります。

5,060
ショップで確認

【楽天】 ピアス専門ショップGreen Pi

ステンレス
アンクレットは足元につけるもので、足首辺りが露出するサマーシーズンに主に活躍するアクセサリーです。
サマーシーズンとなると、基本的には汗をかきやすく、あるいは海やプール、夕立などで濡れる可能性が高くなります。
そのような水分は、革やシルバーだと後々の劣化の原因となる恐れがあります。
そこで、できるだけそうした不安を感じさせないために、こちらのアンクレットではサージカルステンレスを使用しています。
ステンレス製ですから水分に強く、簡単にはサビつきません。
丈夫なだけでなく、いつまでもその銀色の輝きを有しているというのがステンレスのいいところです。
もちろん、単にステンレスのチェーンでは面白みがないので、ト音記号とゴールドカラーボールのチャームが付いています。
ト音記号はその独特の形状からイラストや立体物として、こうしたファッション系のデザインに組み込まれることが多いモチーフです。
さらに、小粒な球体ではありますがゴールドカラーが混ざることで、シルバーのみの状態よりも色味にコントラストが出て、おしゃれなアンクレットになっています。

59,735
税込、送料込
ゴールドアンクレット
ゴールドを求める人は、できれば24Kがいいでしょうし、少なくとも18Kと考えることでしょう。
確かにそれらの価値は高いものの、装飾品としては優秀とは言いがたいところがあります。
それは金の特性として非常に柔らかく、強度が不足しているという点です。
そこで、このアンクレットに使用しているのは10Kのイエローゴールドで、金の輝きはそのままに、耐久性を上げるということを実現しています。
デザインはロープチェーンになっていて、チャームなどは一切ないにもかかわらず、気品のある美しさで飽きのこないデザインとなっています。
10Kとはいえ、表層メッキではないので5万円オーバーの値が付いています。
決して安価というものではありませんが、ワンランク上の装飾品を求めるのであれば、これくらいをエントリーとして考えるのがいいかもしれません。

ペア向きなアンクレット

4,378
ショップで確認

【楽天】 CrossTop -クロストップ-

ラブラドライト
ラブラドル長石という名でも呼ばれるラブラドライトは準貴石であって、宝石ではないのですが、光によって虹色に輝く遊色効果を持っています。
そのため、さざれ石にして連ねれば、光の加減で多様な表情を見せてくれることになる美しい石です。
ちなみにさざれ石とは細かな石のことで、人工的に削ったり、あるいは小石を集めてもさざれ石ということになります。
ラブラドライトは滑らかな表面に前述の遊色効果を見せてくれるので、これをパヴェ状にしたアンクレットは、足元で光彩を放ってとてもおしゃれなアクセサリーとなります。
ジョイントには汗に強く、アレルギーも抑えられるサージカルステンレスを採用していて、長さを調節できるので幅広い足の太さに対応してくれます。
ナチュラルストーンなのでメンズ、レディース問わずにコーディネートしやすく、ペアアンクレットとして選んでみたい一品です。

12,100
ショップで確認

【楽天】 ペアリング&ピンキー専門店a

フェザーチャーム
ペアでアクセサリーをつけるときは幾つかの方法があります。
レディースとメンズのカラーを変えるのも一つですし、チャームで男女を分けるというのもあります。
ここで紹介するペアアンクレットは、それぞれ同じカラーバリエーションから好きな組み合わせを選べるようになっています。
デザインはフェザーチャームがポイントになっていますが、とても小ぶりなチャームなのでアンクレットにしても邪魔になることはありません。
レザーコードはワックス加工してあり、カラーバリエーションが4色で展開しています。
ピンクとターコイズで女性と男性を分けるのもよし、ブラックでドッペルコーディネートするのもアリです。
ワックスコードは最長で40cmオーバーと長さがあるので、アンクレットだけでなく、チョーカーとしても使えます。
二人で同じものをそれぞれ別の部位につけるというのもなかなかおしゃれです。
チャームのそばでコードを留めますが、そのリングパーツには文豪の詩から抜粋した言葉が刻まれています。

3,480
ショップで確認

【楽天】 CrossTop -クロストップ-

ターコイズ
4mm大のターコイズをパヴェボールにしたアンクレットです。
ターコイズはとても鮮やかなブルーで、水辺にマッチするカラーですし、洗練されたカラーリングなので、年間を通じてつけられる色味となっています。
4mm程度のものだとほとんどボールとは思えないくらいで、編みひもにも見えるくらいのサイズ感となります。
デザインは1種類ですが、サイズが3段階で展開しているので、足首の大きさで使い分けられます。
指輪のような定番ではなく、さりげない足元のオシャレとしてペア使いするのがクールです。

14,040
ショップで確認

【楽天】 アクセサリーshopMOBANANA

イニシャルアンクレット
ペアファッションの定番の一つとして、互いのイニシャルをつけるというものがあります。
指輪の刻印などが有名ですが、チョーカーのチャームで表現している人もいます。
このアンクレットもその発想で、メンズとレディースでイニシャルを選べるようになっています。
一応、男性のものは少し崩したフォントを使用していて、チャームカラーもブラックとしています。
一方で、女性のものはピンクゴールドのカラーを採用して、文字もオーソドックスなフォントでスッキリとまとめています。
メンズ向けとされているものはアルファベットが15文字しかないので、自分のつけたい文字がない時はレディース向けで対応してもいいと思います。
チャーム自体は小ぶりですし、フォントの違いだけでメンズ、レディースどちらをつけてもファッションとしてはまったくおかしくありません。
ただし、販売形態はペアでのセット購入になるので注意が必要です。

55,407
ショップで確認
エメラルド
こちらの工房製アンクレットは、ペアでの使用を前提としてデザインされています。
ベースとなるのはプレーンなプラチナチェーンです。
1.5mmほどのシンプルなリングチェーンで、ほとんど装着感がないくらいのライトなデザインとなっています。
メンズはこのプレーンな状態でそのままアンクレットになっていますが、レディースに関してはここにワンポイントのチャームがつきます。
そのチャームは3mm大のエメラルドが用いられています。
天然のエメラルドはグリーンがとても鮮やかで、これをカットしてさりげないオシャレを演出させています。
指輪のようにあからさまなペアアクセサリーではないだけに、二人の絆を感じさせることになるアイテムです。

11,130
ショップで確認
天然石
ナイロンコートワイヤーをベースに、天然石のパヴェボールにしたアンクレットです。
使用している石はオニキスやタイガーアイ、ブラッドストーンなど、どれも色味の美しいものばかりです。
また、アメジストやクリスタルなど5種類のストーンを混ぜた5ストーンモデルもラインナップしています。
留め具はシルバーかアンティークブラスかをチョイスできるようになっています。
特筆すべきは天然石の間に二人それぞれのイニシャルを刻印したラゲットビーズが挟まることです。
これがあるので、より深くペアアンクレットの意味合いが込められることになります。
男女それぞれで石の種類を選ぶことができるので、二人で同じものにしてもいいですし、別のものにしても構いません。

1,320
ショップで確認

【楽天】 CrossTop -クロストップ-

ストレッチリボン
アンクレットは何もレザーやステンレスを用いたループだけでなく、編みひもやリボンというものもあります。
こちらのアンクレットはカラフルなリボンを採用していて、足元にちょっとした彩りを与えてくれます。
また、単に彩りだけでなく、デザインとしてもバリエーションがあり、ドットやゼブラ、タイダイなど、全部で11種ものラインナップがあります。
さらにそれぞれのリボンにはチャームが付いていて、サンやムーン、タワーなどこちらもバリエーションごとに楽しめるようになっています。
ペア販売ではありませんが、税込み1200円とリーズナブルですし、それぞれの好きなものを選んでペアで購入するということができます。

10,800
ショップで確認
付けっ放しレザー
ミサンガのように一度つけたら切れるまで外さないという使い方がアクセサリーにはあります。
こちらのレザーアンクレットはそんな要望に応えて作られたものです。
もともとレザー製品というのは新品よりも、使い込んで味が出てきてからが本当の美しさが出るといいます。
ただし、単につけ続けていたのでは汗や水分ですぐに劣化してしまいます。
そこで、こちらの商品にはケア用にワセリンが付属します。
レザーにはメッセージの刻印が可能となっているので、二人の想いを刻み込んで常につけておくということができるようになっています。

まとめ


アクセサリーには色々な意味があります。
そもそもは宗教的な装飾品として付けられたものを起源とするものが多いようです。
ロザリオなどはその典型の一つでしょうし、他にも祈りを込めたようなものはたくさんあります。
金銀宝石によるアクセサリーばかりでなくミサンガのようなものも思いを込めたアクセサリーと言えます。
そうした中でアンクレットというのは少し異色のアクセサリーで、足首につけるものです。
なかなか人目にはつきにくいですし、足首がすっきりとしているサンダルやローカットのシューズでなければ意味がありません。
素足にこそ映えるのもですから、使用するシーンは限られているということになります。
限定的なアイテムではありますが、それだけにオリジナリティーパーソナリティーというものを象徴できるとも言えます。
起源は諸説ありますが、個人的には囚人の足かせを想起してしまいます。
繊細な細工のものよりも、あれくらいしっかりとした造形でチェーンくらいついている方がむしろ味があると思うくらいです。
何れにしても、ポピュラーというよりはマイナーなアクセサリーではありますが、一つ二つは持っていてもいいのかもしれません。
こうした小物ひとつで広がる世界もあるのだと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加
このリストは参考になりましたか? はい いいえブックマークする

ユアガイドで探す

local_offerアンクレット local_offerブレスレット local_offerチャーム local_offerレザー local_offerサージカルステンレス local_offer天然石 local_offerビーズ local_offerパヴェボール local_offerペアアンクレット

関連するまとめ

コメント

コメントを書くにはログインしてください。かんたんユーザー登録は無料です。
外部ID(Yahoo JAPAN ID、Livedoor ID、mixi OpenID、はてなID、JugemKEY)でもログインできます。

ユーザー登録のヘルプ

ID:
sarayashiki
自己紹介:
ブログ/HP:
レベル:
-
2017/09/26   2017/09/26   コメント(0)
ブックマーク(0)   印刷   友達に教える
アクセサリー・時計
Tags  アンクレット ブレスレット チャーム レザー サージカルステンレス 天然石 ビーズ パヴェボール ペアアンクレット
URL
Link

人気のある「アクセサリー・時計」に関するリスト

> アクセサリー・時計のランキングをもっと見る

このリストの関連ランキング

モノログで今人気のリスト