検索オプション
 

冬に食べたくなる鍋料理、もつ鍋やちゃんこ鍋、各家庭ごとのレシピは秘伝?

寒くなると手軽にできて体も温まる鍋料理の出番です。鍋と言っても多種多様ですが、定番はもつ鍋やちゃんこ鍋などでしょうか。レシピはあってないようなもの。中には闇鍋なんてリスキーなものもあります。
このエントリーをはてなブックマークに追加
view:3

各種の鍋料理

4,600
ショップで確認
もつ鍋
寒い冬、手軽においしい鍋料理を食べたければ、もつ鍋セットを注文すればいいのです。
こちらは家庭向けの4〜5人前セットが入ったもので、ポイントは出汁スープを選べるようになっていることです。
鶏白湯はさらりとしつつも鶏の出汁が効いていて、塩ちゃんこはあっさりとしつつもコクがあり、出汁醤油は別名万能八方汁というくらいオールマイティーな美味しさを引き出してくれます。

使用しているもつは、かながわブランドの足柄牛であり、その小腸、コブクロ、ギアラといった部位になります。
とろりとしつつもプリプリとした歯ごたえがあるという、まさにもつ鍋に適したホルモンです。
仕上げのちゃんぽん麺も付いているという、至れり尽くせりのセットで、おいしい鍋料理に舌鼓を打ちましょう。

302
ショップで確認

【楽天】 エバラオンラインショップ

ちゃんこ鍋
相撲部屋の料理としてもお馴染みのちゃんこ鍋は、各家庭やお店によって、メインとなる食材や出汁が違い、それぞれの味を楽しむことができます。
一から作るのは大変という人には、ちゃんこ鍋のスープが売っているので、とりあえずそれを鍋に入れて、あとは好きな具材を放り込んで煮るだけです。
ちなみにこちらのレトルトは、塩ベースの出汁となっています。

4,979
税込、送料込
キムチチゲ
鍋料理は日本だけでなく、お隣の韓国にもあります。
韓国といえばキムチであり、チゲ鍋は有名です。
こちらはそんなキムチチゲ鍋のセットになりますが、レシピこそ韓国料理のものがベースになりつつ、使用する食材は島原豚のスライスや、九州野菜といった国産物になります。
寒い冬にはピリリと辛いキムチで汗をかきつつ、鍋の熱気でさらに体の芯から温まるといいでしょう。

6,480
ショップで確認
しゃも鍋
鍋は出汁あるいは肉の種類などによって、その名称が決まってきます。
魚介をベースにしたものもあれば、牛や豚をメインにするものもあります。
そして、こちらは鶏の軍鶏を使った鍋料理になります。
しゃも鍋自体には定型がなく、定義するとすればしゃも肉を使っているということぐらいです。
その軍鶏ですが、こちらのセットでは福島の地鶏となる川俣シャモがベースとなっています。

3,480
ショップで確認

【楽天】 カニとマグロの『がってん寿

あんこう鍋
フグ料理と並び称されて、好きな人にはたまらないのがあんこう鍋です。
アンコウのポイントはいくつかありますが、なんといってもあん肝の美味しさを第一に挙げる人は少なくありません。
濃厚な味は高タンパクでありながらもカロリーが少ないという、大量に食べたい鍋にはうってつけの食材です。

海のフォアグラという異名もあるくらいの味と、肌への効果が嬉しいコラーゲンがたっぷり詰まった鍋になります。
あんこうのぶつ切りと肝、それにタレもセットになっていて、届いたらすぐに料理が楽しめてしまいます。

2,980
ショップで確認
イノシシ鍋
鍋料理は郷土食が強いものも多く、全国区というよりは、その土地で味わってこそという食材を使用しているものも少なくありません。
こちらの獅子鍋は、いわゆる猪肉を使った鍋で、土佐の名産となります。
本場である土佐では別名として、山鯨と称されることもあるなど、独特の風味が病みつきになります。

煮込むほどに柔らかくなって旨みが出てくる猪肉は、煮込みすぎると固くなることがある他の肉と違い、最初から鍋に入れて、じっくりと煮込んでいくのがポイントです。
猪肉は臭みがあると思われがちですが、煮込んでいきながら灰汁を取れば、この臭みもすぐになくなっていきます。

5,200
ショップで確認

【楽天】 北海道フードファクトリー

雪見鍋
こちらは北海道で親しまれている石狩鍋が土台となっています。
北海道らしく鮭やホタテといった海鮮物がベースになっていて、別名は雪見鍋というくらいに寒い夜の食卓では定番となります。
基本的な食材に加えて、長芋や明太子もトッピングされたセットは、地方色がありながらも万人ウケする美味しさがポイントとなります。

2,646
税込、送料別
もやし鍋
鍋料理といえば肉や海鮮、鶏など、しっかりとしたベースになる食材があるのが一般的です。
ただ、通になるほど、野菜の旨味を感じるようになってくるという面もあります。
実際、家庭料理などで手っ取り早く鍋をおこなうのであれば、野菜中心でも十分に美味しく食べられます。

その際にポイントとなるのは、やはり出汁やスープの美味しさです。
このスープさえしっかりと味が出ていれば、どのような野菜を煮込んでも美味しく食べれてしまうのです。
そこで、こちらのレトルトスープパックは、もやしが美味しく引き立つように、鶏ガラ醤油をベースにしてコクがたっぷりと効いたものになっています。

5,940
ショップで確認

【楽天】 瀬戸内たいたいCLUB

牡蠣鍋
冬の味覚と呼ばれるものは幾つかありますが、その中でも代表格な食材のひとつとして人気なのが牡蠣です。
新鮮な牡蠣であれば生色でもいいですし、カキフライというのも定番の美味しさです。
そして何と言っても、冬の牡蠣鍋はたまらない風味があります。

こちらの牡蠣鍋セットは、広島の郷土料理を基にしています。
一般的な牡蠣鍋と違うのは、味噌ベースになっていて、その味噌を鍋の縁に塗りつけて土手状にすることから、土手鍋と称されています。
このセットには冷凍牡蠣に加えて、味噌スープがセットになっているので、手軽に土手鍋の風味を楽しむことができます。

3,672
ショップで確認
しゃぶしゃぶ
多少イレギュラーではあるものの、しゃぶしゃぶもまた立派な鍋料理にカウントしていいものだと思います。
しゃぶしゃぶは、どの肉をしゃぶしゃぶとくぐらせるのかがポイントになってきます。
そこでここに紹介するのは、鹿児島県産の黒豚しゃぶしゃぶ肉です。
黒豚肉はツヤがあり、ジューシーで、コクもあるという、三拍子そろった豚肉です。
価格もそれなりにしますが、決して後悔のない美味しさを提供してくれることでしょう。

鍋に合う具材

3,000
税込、送料込
冬野菜セット
日本の冬の食卓を飾る鍋料理には、実に様々な具材があり、それぞれの鍋の美味しさを引き立たせてくれます。
そして、どれだけ肉が好きであろうと、鍋料理になくてはならないのが野菜類です。
じっくりと煮込まれて出汁の染み渡った野菜は、肉類に勝るとも劣らない美味しさであり、味にアクセントをつけてくれます。

鍋に入れて合う野菜は色々とありますが、季節柄もあって冬野菜と称されるようなものを入れるのが基本になります。
こちらはそんな鍋に合う冬野菜のうち、千葉県産ものを詰め合わせたセットになります。
状況によって多少内容は変わるものの、基本的には白菜、人参、ネギ、大根、椎茸と言った定番野菜が入ります。

1,080
ショップで確認
いわしのつみれ
鍋の具材のもう一つの主役とも言えるのが、各種のつみれ団子です。
肉などをそのままスライスで入れるのもいいのですが、つみれになっていると味が凝縮して染み込むので、より美味しく味わえる気がします。
こちらはそんな中で、イワシをベースにしたつみれで、ボイルしたパックになります。
イワシ以外にも、アジやれんこん、生姜、ネギなど、幾つかの具材が団子になって旨みを閉じ込めています。

638
ショップで確認
鶏つくね
長年、ヘルシーな食材として注目を集めるのが鶏肉ですが、鍋料理にも欠かせない具材となっています。
鶏の場合、スライス肉を使用するというケースはあまりなく、ぶつ切りか、あるいはつみれ状にするのが主流な気がします。
こちらはそんな鶏の中でも、愛知県産のものを使用してつみれボールにしています。
さっぱりとしつつも味わい深く、食べ応えのあるつみれです。

1,400
ショップで確認
イカボール
つみれは、言ってみればミンチにしたボールですが、各種の具材の旨みを凝縮して味わうことができます。
こちらは北海道の函館沖で獲れたイカを使用して、新鮮なうちにすり身にしたのち、ボール状にしています。
刺身のイカでもわかるように、イカというのは癖があまりなく、どのような出汁の鍋料理にも合わせやすくなっています。
これをメインにしてもいいですし、肉系の鍋のサブ食材としてもマッチします。

10,470
税込、送料込

グルメギフト本舗 楽天市場店 楽天

たらばがにボイル
冬はとにかく暖をとるためにも鍋料理を食べたくなり、シンプルな野菜鍋だけでも十分に美味しく食べられます。
しかし、何か物足りなく感じて、豪華食材を入れるのであれば、カニを置いて他にはないのではないでしょうか。
こちらは、そんな時にさっと投入できる、タラバガニのボイルになります。
あらかじめボイルしてあるので、タラバガニの旨味が閉じ込められていて、鍋の風味を一気に引き上げてくれます。

1,998
ショップで確認

【楽天】 辛子明太子のやまや

モツ肉
冬になるとモツ鍋が恋しくなる人も大勢いると思います。
基本的には店で食べるのでしょうが、モツさえ手に入れば家庭でも簡単に料理することはできます。
最近ではお取り寄せもクリック一つですから、ますます自家製モツ鍋の敷居は下がっています。
こちらのモツ肉は、国産の牛の小腸を300g詰めたもので、一度の鍋料理にちょうどいい感じの量となります。
外側は柔らかく、噛むとプリッとした食感のある、モツ肉のあの感じをぜひ味わってみてください。

307
ショップで確認

【楽天】 bonraspail 楽天市場店

しいたけネギ
ちょっとでも調理をする人であれば、椎茸やネギを切って具材とすることは何でもない作業だと思います。
しかし、中には一人暮らしをしていてもそうした包丁使いが苦手で、それでも鍋料理をしたいという人はいることでしょう。
そんな時は、この種のカット野菜を迷わず購入です。
これはもともとお味噌汁の具材用にと販売されていますが、もちろん鍋料理にも合う野菜であり、流用しても何ら問題ありません。

162
ショップで確認
しらたき
野菜や肉と並んで、鍋に欠かすことのできない具材が糸こんにゃくです。
しらたきとも呼ばれることのある糸こんにゃくは、野菜や肉では出せない食感を楽しませてくれます。
これ単独では特に味気のあるものではないですが、しっかりと出汁が絡んでくると、なかなか美味しく食べることができます。
カロリーも控えめでお腹には溜まるという、ダイエット食品としても効果が期待できます。

259
ショップで確認

【楽天】 辛子明太子のやまや

締め麺
鍋の醍醐味は、鍋そのものよりもむしろ締めにあるという人もいるようです。
実際、こうした締めを裏メニュー的に提供しているお店もあるくらいで、濃縮した各具材の出汁が、締めとして味わいを深めてくれます。
そこに投入するものは幾つかありますが、基本は麺という人は少なくありません。
こちらは、もつ鍋などの締めに適したちゃんぽん麺となっています。
慣れてきたら、自分でオリジナルの締めを考えてみるのも、なんでもありな鍋料理らしい楽しみ方と言えます。

556
ショップで確認
雑炊
麺と双璧をなすお鍋の締めといえば、ご飯を投入した雑炊になります。
各種の鍋を味わった後、凝縮された旨味の中にご飯を入れて雑炊として食べるのは、至福の時とも言えます。
こちらは、そんな雑炊をパックにしたもので、フグ鍋の後に作ったようなふく雑炊となっています。
北海道産のフグに、お米や白菜とスープなどが入っていて、鍋で温めてさらに卵を入れるだけで、本格的な味の雑炊が楽しめてしまいます。

まとめ


鍋にお湯と出汁を入れて、あとは食材を入れていくだけでも簡単にできてしまうのが鍋料理です。
それでいて美味しく、体も温まるとあって、日本の冬の風物詩のひとつとなっています。
鍋は本当に簡単に作ろうと思えば、とことん楽を追及できます。
究極的にはお湯に野菜を入れて、あとは美味しいつゆで味付けすればいいだけです。
つゆや出汁は既製品のラインナップが充実しているので、ほとんど料理というレベルの作業は必要ありません。

一方で、凝ろうと思えばとことん突き詰めることもできます。
出汁をとるにも鰹節やら煮干やらといった魚系から、鶏ガラスープ、野菜だしなど、様々のものを一から自分なりの配分で作れます。
こうなるともう料理屋のこだわりと違いがありません。
具材も、単に切って入れるというだけでなく、下味をつけたり、つみれにしたりと、手をかけ始めればきりがありません。
鍋料理に限らず言えることですが、簡単にできてしまうものほど、突き詰めようと思えば奥が深いものです。

事前にキッチンで作っておくのもいいですが、コタツにカセットコンロを出して温めながら皆でつつくというのもオツなものです。
また、鍋といえばシメをどうするかです。
ここでもまた、麺類にするかおじや風にするかなど、それぞれのこだわりを発揮できます。


このエントリーをはてなブックマークに追加
このリストは参考になりましたか? はい いいえブックマークする

関連するまとめ

コメント

コメントを書くにはログインしてください。かんたんユーザー登録は無料です。
外部ID(Yahoo JAPAN ID、Livedoor ID、mixi OpenID、はてなID、JugemKEY)でもログインできます。

ユーザー登録のヘルプ

ID:
sarayashiki
自己紹介:
ブログ/HP:
レベル:
-
2017/12/07   2017/12/07   コメント(0)
ブックマーク(0)   印刷   友達に教える
グルメ・食品
Tags  鍋料理 もつ鍋 フグ鍋 あんこう鍋 ちゃんこ キムチ鍋 石狩鍋 牡蠣 タラバガニ 冬野菜 雑炊
URL
Link

人気のある「グルメ・食品」に関するリスト

> グルメ・食品のランキングをもっと見る

このリストの関連ランキング

モノログで今人気のリスト