検索オプション
 

時計の修理と言ってもベルト交換などは自前でやれると便利です

頑丈な時計を使っていても、電池やベルトの交換、あるいは各種の修理が必要な場合は必ず出てきます。基本的にはお店に持っていくのが無難ながら、自前で修理してしまうこともできます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
view:16

腕時計の種類

11,718
ショップで確認
アナログ
腕時計のみならず、機械的な機構の時計が生まれた時からの定番は振り子やネジとバネなどを利用して一定のリズム、つまり1秒ずつを刻んでいくというものでした。
のちに、機械は機械でもデジタルで表示していくタイプの時計が生まれることから、この手の機械式に針を進めるとタイプの時計をアナログ時計と呼んで分けるようになりました。

アナログ時計というとオールドスタイルで単純なものに思われるかもしれません。
確かにクオーツ式の中身はかなりシンプルですが、それはそれで一般の人が簡単に作ったり直したりはできず、ねじまきタイプは正確な時を刻むものを作ろうと思えば、職人の元で修行をするくらいのことが必要です。
簡単なパーツパーツはいじれても、本格的にいじることはアナログ時計といえども簡単ではありません。

スマホの時間表示を含め、近年では多くの時計がデジタルになっています。
それでも腕時計ではまだまだアナログ人気も根強く、数多くの種類が発表されています。
手巻きや自動巻のものは電池が要りませんが、アナログであったとしてもクォーツのものは電池交換が欠かせません。
これもショップに出せば技術料込みで1000円前後の値段になってくるので、可能なら100円前後のボタン電池を買ってきて自分で交換する方が安上がりです。

17,280
ショップで確認
デジタル
時間を文字盤の針ではなく、デジタル表示された数字で示すタイプの時計も、かなり古くからの定番商品です。
当初はおもちゃに近い感じで、どちらかというと子供向けや安価な腕時計としてのイメージが強かったようですが、G-SHOCKの登場で一変したように思います。
同じくカシオのデータバンクやSUUNTOなど、一気に注目の機種が増え、一大ブームを巻き起こしました。

この時のデジタル腕時計のヒットは、形を変えて現在のスマートウォッチへと受け継がれているように思います。
そもそもが腕時計の持つ意味合いが、特に街中ではあまり感じられなくなってきていますが、腕時計そのものの必要性はまだまだ高いものがあります。
ビジネスシーンでもそうですが、極地探検などのエクストリームシーンにおいては、スマホで時間を見るようなことはありえません。

タフネスのGショックや、各種のスポーツ系デジタルウォッチは、多機能が売りです。
ストップウォッチ機能を筆頭に、温度や気圧、高度などを確認できるものもあります。
また、世界中の都市の時差を即座に補正して表示する機種もあります。
スマートウォッチがまだまだ高価なうちは、シンプルなデジタルウォッチの活躍の場も無くなりません。

12,800
ショップで確認
クロノグラフ
多機能なデジタルウォッチと違って、アナログの時計というのは長針短針秒針という針しか持っていません。
これを変えたのがクロノグラフと呼ばれるタイプの時計です。
文字盤の中に2〜3個のサブ針を持ち、メインの針とは別の動きを出来るようにしてあります。
これによって、ストップウォッチ機能を装備したり、モデルによってはここに日付や曜日の表示ができるようにもなっています。

クロノグラフにはタキメーターと呼ばれる機能が実装されているものも多くあります。
回転式のベゼルと組み合わさるのが定番のタキメーターは、速度などを計るのに役立ちます。
使い方は少し訓練が必要ですが、慣れてくれば自動的に換算できるようになります。

クロノグラフを搭載しているものは、ボディが少し大きくなるとともに、内部の機構も複雑になります。
これを整備、あるいは組み立てようと思えば、より高度な技術と知識が必要になってきます。
しかし、究極のアナログ腕時計の形としてクロノグラフに魅せられている人も多く、その内部の緻密な構造を見せるためにクリアな文字盤やバックパネルと採用しているモデルも少なくありません。

45,360
ショップで確認
革ベルト
腕時計の時計の印象を決定づけるのは、ケースの形状や文字盤ですが、ベルトもまた重要なパーツとなります。
これが革なのかナイロンなのかなど、素材によって見え方が大きく異なってきます。
素材ごとの良さというか、風味の違いがあるので、選び方は個人の好みということになりますし、中には金属アレルギーだから革ベルトなどにしないといけないという人もいるかもしれません。

革ベルトは使い始めこそ多少硬さがありますが、使い続けるうちに馴染んできて、しかも色味も落ち着いたものになっていきます。
多くの革製品と同様に、時計のベルトも自分だけのオリジナルの風合いを楽しめるようになります。
ただし、メンテナンスには多少の注意が必要です。
特に本革を使用しているものだと、あまりにも汗をかいたような時にそのままにしておいてしまうと、割れてきてしまうことがあります。

革ベルトの場合、定番のブラックやブラウン以外にも様々な色があり、そうした色の違いを楽しむこともできます。
また、ステッチの様子などもバリエーションがあり、好みのものがなければ交換してしまうというのもアリです。

9,170
ショップで確認

【楽天】 ブリリア楽天市場店

メタルベルト
腕時計のベルトで革と並んで人気なのがメタルベルトです。
メタルベルトの場合、そのほとんどはステンレススチールを使用していて、少しの汗などの水気に対しても錆びないようになっています。

メタル製のものはシルバーあるいはゴールドというカラーリングのものが定番になります。
メッキのようなものもありますが、多くは落ち着いた色合いのもので、ビジネスシーンなどに最適なシックな感じのハンドになります。
汗などには強いですが、メンテナンスをしておくに越したことはなく、特に夏場は使用後にさっと拭いておくくらいはしておくと、より長持ちします。

42,998,080
税込、送料込
高級品
たかが腕時計と思う人もいるかもしれませんが、高級腕時計というのは装飾品として非常に価値のあるものです。
車や、時には家でも買えてしまうくらいの値段がつくことがあります。
興味のない人には信じられないかもしれませんが、その内部の機構の美しさや、使っている石など、芸術品と言って差し支えのない出来栄えです。

一般的に高級な腕時計というとロレックスという名前がまず上がるかと思います。
これなどは高級時計としてはエントリーモデルのようなもので、数十万円といえども若者のファッションアイテムとしても通じるものです。
一方で、数百万円から時に数千万円という根がつくものもあります。

永遠の憧れとして名が挙がるのは、パテックフィリップにハリー・ウィンストン、フライトウォッチの定番であるブライトリングなどもあります。
あるいはグッチやティファニーなど、ファッションのハイエンドブランドによる高級時計というものもあります。

600
税込、送料込
チープウォッチ
腕時計というのは時間がわかればいいので、過度な装飾や高価なものは必要ないというのも間違いではありません。
安いからといって時間が正確でなかったり、すぐに壊れてしまっては困りますが、とりあえずの用をなしていれば数百円のものでも十分なはずです。

実際、数百円という値段の腕時計はかなりの数ありますし、現在のクォーツの価格からすれば、それくらいのものも無理なく作れます。
ただ、チープウォッチとあえていう時は、単に安いというよりは、絵画でいうところのヘタウマのように、B級を狙っているものを指すことがあります。
そういう意味では一時のブームの頃はカシオのチープウォッチにもファンがいました。

また、当時は単なる安物と捉えられていたものが、時代が経って、今やレアな品として高額取引されるケースもあります。
そうしたものはキャラクターアイテムなどに多く、現存する状態の良いものが少ない場合は、販売価格の10〜100倍もの値段がつくケースもあります。
何れにしても腕時計の奥はなかなか深く、自分なりの楽しみを見つけてみるの一興です。

腕時計をいじってみる

195
ショップで確認
電池交換
電池を使うタイプの腕時計の場合、使用しているのはボタン電池になります。
ボタン電池でよく使われるのはLR44やCR2032などがありますが、それ以外にもいろいろあるので、自分で交換をする際は、説明書を見るか、実際に中を開けてみるかする必要があります。
また、国によっては電池の型番記載方法が異なるので、別の番号で同じ種類を指すこともあります。

間違った電池を使用してはいけませんが、電池の交換は時計いじりでも基本といえる手順なので、一度は試してみるといいでしょう。
ボタン電池の実費は安いですが、これの交換をショップで頼むと、手間賃で1000円ほど取られることも珍しくありません。
電池が入っていない場合は、機械式だったか、ソーラー充電という可能性もあります。

1,920
ショップで確認
裏蓋を開ける
電池を交換したり、ムーブメントに手を入れる際は、裏蓋を開ける必要があります。
ほぼ全ての腕時計は、必ず裏蓋が外せるようになっていますが、その固定の仕方には幾つかの方法があります。
それぞれに開けるための道具が変わってくるので、全てを用意するか、手持ちの時計に合わせた道具を買う必要があります。

最も強固な裏蓋は、スクリューバックと呼ばれるタイプになります。
その名の通り、裏蓋そのものをねじ込むタイプですが、これを開閉するためには専用の工具が必要です。
時計の裏を見て、6箇所に溝があるようなものがスクリューバックになります。
ダイバーズウォッチなどにも使われるように、かなりの深度になっても水などを通さないようになっています。

また、裏蓋をネジで固定するものもあります。
スクリューバックほどではないですが、強固にムーブメントを守ってくれます。
使用しているネジは小型なので、精密ドライバーが必要なケースがあります。

最も単純な裏蓋は、はめ込み式のものになります。
単にはめ込んでいるだけで、よく見ると裏蓋の一部に溝があって、工具を差し込めるようになっています。
かなり薄くて細い形状のへらが必要で、通常は専用のオープナーを使います。
これの名称は特になく、裏蓋外しや、ヘラ、オープナーなどと呼ばれています。

裏蓋を開ける作業をする際、腕時計のケースを固定しておく台座もあります。
作業をしてみるとわかるのですが、腕時計を握って作業するのでは意外と安定性に欠けるため、こうした固定器具を使用する方が楽にできます。

2,700
ショップで確認

【楽天】 e-優美堂楽天市場店

ベルト交換
革やシリコン製のベルトなどは、経年劣化を起こしやすく、使用しているうちに割れたり切れてしまうことがあります。
そこで、ある程度劣化してきたら交換する必要があり、これもショップでやってもいいのですが、工具さえあれば自分で行えます。

全く同じベルトを探してもいいですし、少し感じの違うものに変えて気分転換するのも悪くありません。
この時、交換ベルトには必ずサイズ表記があるので、ケースの幅と合わせるようにしなければ、せっかく買ったベルトがハマらないという悲劇に見舞われます。
また、ハマったとしても小さすぎては安定しないので、ジャストのサイズを選ぶようにしましょう。

10,800
ショップで確認

【楽天】 e-優美堂楽天市場店

ベルト調節
革ベルトやナイロンベルトなどは穴にバックルパーツを通せばいいので、サイズ調整は簡単にできます。
メタルバンドでも、やはりバックルパーツをスライドさせて任意のところで調節できるものもあります。
ただ、中にはそのままだとサイズを変えることができないものがあります。

メタルバンドのサイズ調節は、コマを落としたり増やしたりして行います。
ほとんどのものはコマのところに入っている心棒を外すか、接続部にあるプレートを外せばコマが取れるようになっています。
どちらも工夫次第で代用工具でカバーできますが、専用の道具を使って外すのがスムーズです。
コマを外すのであればいいのですが、増やさなければならない時は、必要な分のコマを購入しなければなりません。

1,890
税込、送料込
バネ棒
ベルトの交換をしたり、コマを調節する際、ケースからベルトをはずさなければなりません。
ほとんどの腕時計は、ケースとベルトをバネ棒と呼ばれるパーツで留めています。
ベルト交換の際のサイズはこのバネ棒が基準となっています。
これを取り外すには、細くて硬い棒が必要で、やはり代用できなくはないですができれば専用道具を用います。

バネ棒という名の通り、棒はバネ仕掛けになっているので、外した時に飛んで行ってしまうことがあります。
小さなパーツなので、飛ばしてしまうと見つけるのに苦労するので、注意して作業するようにしましょう。
裏蓋を外したり、ベルトを外したりというのは基本中の基本で、道具さえあれば誰でも簡単に行えます。

3,780
税込、送料込
ベゼル交換
多くの時計はケースとベゼルが一体型になっていますが、G-SHOCKなどのように別のパーツになっていることもあります。
その場合、劣化したベゼルの交換が必要になってくることもあります。

ベゼルの交換自体は決して難しいことではなく、バネ棒をとベルトを外せばベゼルも取れるようになっていることがほとんどです。
ベルトと同様に、普通はベゼルも交換品を販売しているので、新品に取り替えればいいだけです。

4,860
ショップで確認

【楽天】 NUTS(時計&デザイン雑貨)

カスタマイズ
腕時計を一から自作するためには、それなりの知識を学び、技術を身につける必要があります。
しかし、一部のパーツを交換するなどしてカスタマイズするのであれば、そこまでの知識や技術は必要あありません。

例えば、ベルトをメタルから革に変更するだけでも、印象はガラリと変わってきます。
販売している時計の中にも、あらかじめメタルと革、両方のベルトがセットになっているものもあるくらいです。
もちろん、それ以外にもシリコンにしたり、キャンバス地のものを使ったりしても趣は変わってきます。

素材もそうですし、カラーリングを変えるということでも変わってきます。
仮に各パーツが交換できるものだとして、ベゼルやベルト、バックル、竜頭に裏蓋など、交換できるパーツは色々とあります。
これらの色をそれぞれ変えればカラフルになりますし、モノトーンで渋くまとめるのもいいかもしれません。

時計をプレゼントする

35,800
ショップで確認
懐中時計風
腕時計について見てきたものの、最近では腕時計を持っていないという人も増えてきています。
そこで、これを機にプレゼントしてみるというのもいいのではないでしょうか。
そもそもファッションアイテムやアクセサリーとして捉えられることもある腕時計ですから、おしゃれの一つとして今でも十分に需要はあります。

例えば、こちらのモデルは竜頭の位置が通常とは違って、12時方向にあるのがポイントです。
これだけでも面白いのですが、さらに文字盤のインデックスが手書き風になっているのがおしゃれです。
おもちゃ系の時計のようでありますが、実際はイタリア製のしかもハンドメイドという凝った時計です。
クロコ風のレザーバンドはダークブラウンで、ゴールドメッキのケースと相性のいいカラーリングです。

12,840
ショップで確認

【楽天】 ブリリア楽天市場店

SEIKO
日本人は自国のブランドよりも欧米のブランドの方をありがたがる傾向がありますが、日本にも安価で優れたプロダクツはたくさんあります。
数々の世界的な主要スポーツ大会でオフィシャル計時を担当するセイコーも、日本を代表する時計メーカーです。

そんなセイコーのALBAというラインは、シンプルながらもしっかりとした造形美によって作られた時計で、安定したクォーツが時を刻みます。
また、こちらのモデルは名入れが可能となっていて、自分や贈り先のネームを入れることができます。
プレゼントとしても最適で、ビジネスからカジュアルまで、幅広いファッションにマッチするデザインです。

14,040
ショップで確認

【楽天】 時計のジュエリータイム ム

BABY-G
タフネスの一点で、世界を席巻する時計に上り詰めたG-SHOCKの、レディースやキッズを中心とした小ぶりな腕にマッチするモデルとして登場したのがBABY-Gのシリーズです。
サイズはコンパクトなので、各機能はシンプルになりますが、性能やタフネスは劣るものでもありません。

こちらのモデルは全身がピンクで統一されたキュートなタイプになります。
特にアナデジ仕様なのがポイントで、一本で二度美味しい時計となっています。
Gショックの系譜らしく、スポーティーな環境に適していて、水圧は10気圧まで大丈夫ですし、ラップ計測やスプリット測定、80ラップのメモリなど、コンパクトでも多機能です。

19,440
ショップで確認

【楽天】 時計のジュエリータイム ム

スケルトン
クォーツの時計は、正確かつシンプルな機構が売りですが、機械式にもいいところはあり、それが内部構造の美しさです。
複雑ながらも繊細な時計の内部は、それ自体が芸術的な工芸品のようであり、歯車や振り子、バネなど、幾つものパーツが役割を果たしつつ動く様は、見ていて飽きることがありません。

通常は文字盤や裏蓋の中にあって見えないこうした機構を、あえてスケルトンにして見えるようにしているモデルがあります。
こちらの時計もそんな一本で、視認性は高くなくても、それを補って余りある内部の美しさを見せてくれています。
サイズ感はメンズ向けですが、女性がしても全く問題のないモデルですし、贈り物としても喜ばれる一本です。

54,432
ショップで確認

【楽天】 インターナショナルモードGO

ビクトリノックス
時計作りは昔からスイスが本場とされていて、数多くのメーカーや名作が誕生しています。
ビクトリノックスは多機能ナイフなどでも知られますが、軍仕様の腕時計でも知られるなど、質実剛健といったモデルが売りのメーカーです。

こちらのマーベリックスモールは、レディース仕様ながら、ブラックダイヤルに回転式のベゼル、無骨なダイヤルなど、クールにまとめられています。
フェミニンな時計もいいですが、あえてこうしたマニュッシュな時計をするというのも女性のファッションとしてはカッコいいものです。

7,560
ショップで確認

【楽天】 ビックカメラ楽天市場店

スウォッチ
ポップな腕時計の代名詞として、昔から親しまれているのがスウォッチです。
SWATCHの特徴はとにかくモデル数が多いことで、様々なコラボモデルなど、毎月のように新作が登場しています。
コレクターも存在していますが、その全てを集めるのはほぼ不可能ではないかとも思われる量で、大抵は何か縛りを設けて集めている人が多いようです。

基本的には安価なシリーズではありますが、コラボモデルや限定品の中には多少高めに設定されているものもあります。
また、そうしたものの中には、後々プレミア価格がついて高騰したものもあります。
ケースデザインんが統一されているのが特徴ですが、稀にそれすらもオリジナリティーあるものになっていることもあります。
自分の好きなデザインを探すのが楽しいスウォッチの奥深さに触れてみてはいかがでしょうか。

まとめ


腕時計は時計技術の粋を集めたような存在であって、実に精巧に作られています。
もちろん、全てがそうというわけではなく、中にはとても安価なものがあって、小学生の工作のようなレベルに見えますが、それにしてもクオーツの機構はそれなりのレベルです。
機械式のものを一から組むには修練も必要になってきますが、ベルトの交換くらいであれば自分でできるようになるのも悪くありません。

とはいえ、自転車のパンク修理をするためにはそれなりの道具が必要になってくるように、バンドや電池の交換にも道具があった方が圧倒的に便利になります。
これらはドライバー一つとってみても、一般的なサイズではなく、精密ドライバーが必要になるなど専門性が高くなります。
価格自体はそこまで高くないので、ワンセット持っておくと本当に便利です。

多少修理なども慣れてくると、ベゼルバックルなど、幾つかのパーツに手を入れたくなってきます。
そうしたパーツを変えるだけでも、オリジナリティーのあるカスタマイズが出来て愛着もわいてきます。
デジタルなものは手を加えて故障させてしまうと、保証対象外になるばかりか、直すことができないケースも出てきます。
機械式のものは多少おかしくなっても、パーツさえなくさなければまた組み直せば動き出すことがほとんどです。


このエントリーをはてなブックマークに追加
このリストは参考になりましたか? はい いいえブックマークする

関連するまとめ

コメント

コメントを書くにはログインしてください。かんたんユーザー登録は無料です。
外部ID(Yahoo JAPAN ID、Livedoor ID、mixi OpenID、はてなID、JugemKEY)でもログインできます。

ユーザー登録のヘルプ

ID:
sarayashiki
自己紹介:
ブログ/HP:
レベル:
-
2018/02/09   2018/02/09   コメント(0)
ブックマーク(0)   印刷   友達に教える
アクセサリー・時計
Tags  腕時計 G-SHOCK ベゼル 革バンド メタルベルト バックル 竜頭 電池交換 アナログ デジタル アナデジ スウォッチ セイコー カシオ
URL
Link

人気のある「アクセサリー・時計」に関するリスト

> アクセサリー・時計のランキングをもっと見る

このリストの関連ランキング

モノログで今人気のリスト