検索オプション
 

ハマれる音楽漫画はコレ! 〜オススメの音楽漫画10選〜

音楽漫画が最近増えてきましたね。王道のピアノやオーケストラから津軽三味線と変わった物まで、音楽漫画はジャンルが豊富になってきました。主人公たちがそれぞれの楽器にハマっていくとことが見どころです。今回はそんな読み手もハマれる音楽漫画を集めてみました。
このエントリーをはてなブックマークに追加
view:126

「ましろの音」は津軽三味線を題材にした漫画

8,261
ショップで確認

コミックまとめ買い楽天市場店 楽天

ピアノやバイオリン。音楽漫画はどちらかというと洋風の楽器を扱ったものが多かったのですが、「ましろの音」の題材は津軽三味線です。青森から東京へと上京した主人公ましろが、津軽三味線をただの楽器としででなく自分のオリジナルの音を見つけるために迷いもがくさまが描かれた音楽漫画です。

音と真剣に向き合う様子は、いつの間にか読み手にも音を「聞こえさせる」というか、「感じさせ」ますね。読んだ後は本物の津軽三味線の「音」を体験したくなります。

作者は、「赤ちゃんと僕」などで知られた羅川真里茂さんという作家さんで、画力はとても高いです。今までは少女漫画が多かったのですが、この「ましろの音」では津軽三味線を題材としさらには少年漫画に活動の場を移されました。

面白いのは、同じ日本語なのに、コマに注釈がつく難読な津軽弁。馴染みのない方には外国語のように聞こえるようです。主人公ましろを筆頭に脇役も個性的かつ魅力的なキャラクターたちが沢山で楽しめる漫画です。
おすすめ度:

「四月は君の嘘」は、好きなことに再び挑戦んしたくなる漫画

100
税込、送料別
「四月は君の嘘」は少年漫画で、ピアノを弾く男の子が主人公という珍しい漫画です。しかし、内容はやはり男の子がよむ漫画らしく、ピアノのコンクールのシーンなどはバトルのような緊張感ある様子に仕上がっています。

主人公はピアノ弾きだった母親に才能を見出されて厳しいレッスンを受けて来ました。そして母親が病気になり、ピアノのコンクールで優勝して母親を喜ばそうと自分を押し殺し機械のようにピアノを弾き続けます。しかし、母親が死んで緊張感の糸が切れてしまったのか中学生になりピアノを離れます。

ある日、素敵な少女と出会い半ば強引にピアノの世界に復帰するのですが、ピアノを止めて苦しんでいる主人公の世界はモノクロからカラーの世界に。そして、またピアノと向き合うことで新たな苦しみがやってきます。

過去のトラウマは、誰であれ大小さまざまなものを持っていると思いますが、そのトラウマが自分の好きなことに関連してしまうと辛いでうすよね。でも、主人公は出会った女の子や幼馴染に囲まれそれをなんとか解消していきます。全然かっこうよくなくいつもネガティブばかりの主人公ですが、そこがまた親近感を誘います、

最後、女の子とどうなるかは最終巻で分かります、不思議なタイトルの謎も綺麗に回収されているので必見です。

「ピアノの森」は、まったく異なる性格のピアニストが刺激されお互いの才能を高め合っていく話

17,358
ショップで確認

コミックまとめ買いネットヤフー店 Yahoo!

「ピアノの森」はダブル主人公。とても対照的な性格・生い立ちの2人の少年が出会うところから始まります。1人は有名なピアニストを父に持つ雨宮。そして、風俗街のような場所で育ったカイ。最初はカイを気にも留めない雨宮ですが、森で壊れかけたピアノを見事に引くさまに驚きます。そして、カイは小学校の音楽教師をしている元天才阿字野の弟子であることを知り、自分も弟子にしてもらおうとして断られます。ピアノ界のサラブレットである雨宮はこのときはじめて挫折を経験します。

読み手はどちらに惹かれるのでしょう?若い人なら天才型のカイでしょうか?そして年齢を重ねた人なら、自分の能力の限界を恐れながらも立ち向かっていくカイ比べれば凡人の雨宮でしょうか?

この「ピアノの森」は、厳しい環境で育ったカイが自分の才能を見事に開かせるサクセスストーリーなのかもしれませんが、苦悩する雨宮の存在こそが夢を追うということにものすごく私達にリアリティを与えてくれるのだと思います。

「少年よギターを抱け」は、冷めた時代を熱くさせてくれる漫画

606
税込、送料込
登場人物設定は、ありがちな感じで最初はなかなか手に取らなかった作品です。ギター好きなアクティブな女の子坂井真琴、そして草食スィーツ男子である沢村杏。どこからみても共通点がありません。そのでこぼこコンビがギターを中心として音楽をやる。設定的には、やはりありがち……。

なんですが、ストーリー展開が予想外でいつの間にか「少年よギターを抱け」にひきこまれてしまっていってしまいます。以前、バンドをやったことがあるひと、現在進行系でやっている人、そして、まったくバンドに興味のない人でもこの「少年よギターを抱け」から「熱い思い」を感じると思います。

今は、何をしても冷めている感じの人が多いなか、熱中できることは素晴らしい。そして、実は冷めているような人も何かに熱中したいのだと思います。実はこの作品は連載していた雑誌が休刊となり。ファンから別の漫画雑誌での再開を望まれています。やはりそれほど「少年よギターを抱け」のファンになった人が多いのだと思います。

映画にもなった音楽漫画「BECK」

9,990
税込、送料込
不良の使いパシリをさせられているダメ主人公が、天才ギタリストに出会い自分の才能を開花させていくというお話です。弱気な性格の主人公がハマれるものを見つけて、指の皮が擦り切れるまでギターに熱中する様子はかなりゾクゾクきます。

設定もまた格好が良く、弾丸が貫通したギターレスポールを弾きこなすギターリストは超イケメン!ギターび興味のない女性もハマれること間違いなしの漫画です。

この「BECK」の面白いところは、日本でデビューができずなんと、最初は海外デビューということ。そこから仲間同士切磋琢磨して、日本と世界で有名になっていきます。真夏の雨のロックフェスのシーンなんて、むっとした空気と生温かい雨の温度がつたわってくるようなそんな物凄いインパクトがあります。

何か熱中できるものをと求めている人は是非「BECK」を一度ごらんください!映画化もされており、漫画と併せて見るのがオススメです。
おすすめ度:

「俺と悪魔のブルーズ」は、人間の生きざまについて深く考えさせられる話

732
税込、送料込
「俺と悪魔のブルーズ」はマイナーで渋い漫画ですが、音楽漫画好きにはたまらない漫画になると思います。

ギターの神と呼ばれるエリック・クラプトン。彼が最も尊敬し影響を受けたと言われているのが、ロバート・ジョンソンという人物です。このロバート・ジョンソンはとても謎の多き人物で、「悪魔に魂を売り、ギターのテクニックを手に入れた」といわれているほどギターテクニックにひいでていました。そして、27歳の若さで毒殺。「俺と悪魔のブルーズ」はとてもスリリングでエキサイティングな漫画です。

また、とても考えさせられる漫画でもあります。当時の黒人は、人権を与えられておらずその苦しさでブルーズがうまれたからです。人間の本質である人と人との友情や愛、裏切りなどのシーンを読んでると、ヒリヒリするほどリアルさが伝わってきます。

ブルーズという、魂と向きあい音楽に命をかけたた話、「俺と悪魔のブルーズ」。この作品を読んだ後に、ローリングストーンズやエリック・クラプトンを聞くと、ロックに対する思いがさらに深くなります。

こんなキャラのたった音楽漫画はない!「のだめカンタービレ」

198
税込、送料込
天性のピアノの才能を持つのだめ。しかし、とってもぐうたらでダメダメ少女なんです。肝心のピアノもサボリがち。とってものほほんとしていて、幼稚園の先生になってピアノを引ければいいやと思っているのだめですが、指揮者志望の千秋真一と出会い、生活が激変します。

千秋真一は、「千秋さま」と呼ばれるほどの王子様的ルックス。父親は有名な指揮者で母親は超大金持ち。まさにサラブレットです。女性に少しきつくドSっぽい態度もまたウケています。しかし、飛行機に乗れず海外留学ができないというちょっと情けない設定もあります。そして、のだめの才能を見出し、さらにはのだめに振り回されるいう、完璧だった彼の生活もまた出会いによってかわっていきます。

音大の世界は、普通の人には別世界のように見えますが、のだめではそんな音大の世界が垣間見れます。就職先に悩んだり、試験に落とされたり、一般の大学生と変わりません。

「のだめカンタービレ」はコメディタッチの話しなのですが、、指揮者、ピアノ、バイオリン、オーボエといった楽器の特徴や演奏者だからこそ抱えてしまう葛藤、曲の難しさ等についても細かく描かれています。

巻が進むにつれて海外での活躍も見られるのですが、パリの音楽院や指揮者のコンクールなど知らなかった世界が楽しく「のだめカンタービレ」では読めます。
おすすめ度:

「坂道のアポロン」は、とても繊細な音楽漫画。

220
税込、送料込
「坂道のアポロン」の舞台は、1968年の長崎、佐世保。学生運動の最中の時代です。
物語の主人公は地方の高校に転入します。性格はとても繊細で、人付き合いが苦手。学校でも家でも自分の居場所や存在価値を見出せないでいます。

そんな主人公が、バンカラな同級生に出会い、純粋で優しい少女と出会い、そしてジャズという音楽に出会いのめり込んでいきます。

男子高校生の友情の物語であり、男子高校生の儚い恋の物語でもあると同時に、音楽漫画として熱くなる事ができます。

ジャズに詳しい人なら、ート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズやチェット・ベイカー、ジョン・コルトレーンが作中に出て来るので、楽しめると思います。

熱いジャズに浸りたいなら、「BLUE GIANT」

6,334
税込、送料込
「世界一のジャズのプレイヤーに、なる。」
と主人公の大は思っているのですが、実は譜面も読めず、ジャズのスタンダートも知りません。身の程知らずな少年のジャズへの挑戦劇ですが、その身の程知らずさが少年漫画ぽくって好きです。誰でも何かに挑戦するときはまっさらな状態で、成功するか失敗するかわかりません。でも失敗を恐れ踏み出さないより、何も分からなくてもとにかくやってみるという姿勢は素敵です。

譜面も読めず、ジャズのスタンダートも知らない大ですが、だからこそ無限の可能性を秘めています。根拠や理屈を超越し突き進む大の姿に登場人物だけでなく読み手も引き込まれて行ってしまいます。気づけばジャズの世界にまで魅了されていることも。また、ジャズミュージシャンのリアルな実情も描かれているので、リアリティもあってとても楽しめます。

「ドラゴンボイス」は、ネックを長所にできる成長物語。

2,580
税込、送料込
主人公の天海凛はダンスは一流だが声がしゃがれていた。それを気にしていて性格のツンケンとして他人を周りに寄せ付けない雰囲気でした。ある日、凜は、4人のアイドルグループビートメンと出会います。そして、ビートメンのプロデューサがは、凛のダンスに魅せられさらには、そのしゃがれた声にも何かを感じ、凜をビートメン入りさせます。そして凜の声をドラゴンボイスと名づけました。

ビートメンと凜はセッションをするのですが、ビートメンの歌声と凜のしゃがれ声は混じり合うことが無く、観客は悲鳴を上げるほど。しかし練習を重ねるうちにどんどん凜は成長しビートメンの歌声と調和するように。

コンプレックスに感じていたしゃがれ声を才能という武器に変える。その武器を手に入れる過程で凜は悩んだり苦しんだりしますが、最後には才能を開花させます。もしかしたら、コンプレックスは自分の宝物なのかもしれないと思わせる作品です。

まとめ

音楽漫画は、リアリティ度が高くハマれます


津軽三味線の「ましろの音」や、「ドラゴンボイス」の歌など、ちょっと変わったものから、ピアノという王道音楽漫画まで集めてみました。

まとめてみて意外と音楽漫画を読んでいた自分にびっくりしました!



このエントリーをはてなブックマークに追加
このリストは参考になりましたか? はい いいえブックマークする

関連するまとめ

コメント

コメントを書くにはログインしてください。かんたんユーザー登録は無料です。
外部ID(Yahoo JAPAN ID、Livedoor ID、mixi OpenID、はてなID、JugemKEY)でもログインできます。

ユーザー登録のヘルプ

ID:
sk0929
自己紹介:
ブログ/HP:
レベル:
-
2016/07/12   2016/07/12   コメント(0)
ブックマーク(0)   印刷   友達に教える
本・雑誌・コミック
Tags  漫画 ましろの音 羅川真里茂 四月は君の嘘 ピアノの森 少年よギターを抱け BECK 俺と悪魔のブルーズ 坂道のアポロン
URL
Link

人気のある「本・雑誌・コミック」に関するリスト

> 本・雑誌・コミックのランキングをもっと見る

このリストの関連ランキング

モノログで今人気のリスト