検索オプション
 

スーパーで売っている食材で手軽にデトックス薬膳♪ オススメの20選

現代人は昔の日本人に比べて、「消化」、「吸収」、「代謝」、「排泄」という体の働きが上手く機能していないそうです。季節に関わりなく食べ物が手に入るようになり食生活が変化して体がついていけていないため「だるい」、「つらい」という症状が起こります。今回は、そんな症状をデトックスしてくれる食材を紹介します!
このエントリーをはてなブックマークに追加
view:687

赤唐辛子は、胃腸を温め血液循環をよくします!

1,188
ショップで確認
刺激的な絡みがあり、ビタミンも豊富な赤唐辛子。赤唐辛子は胃腸を温め、冷えによる腹痛や下痢に効果があります。その他、赤唐辛子は血液循環をよくし、代謝促進、脂肪燃焼にも有効です。

☆デトックスの豆知識
わたしたち日本人が今のように日常的に肉や乳製品を食べるようになったのは、戦後の高度経済成長期以降のことです。歴史的にみればほんのわずかなことです。それ以前はご飯とみそ汁とおかず、1〜2品という一汁一采を基本とする食生活をながいこと送ってきました。玄米や雑穀、芋類などから炭水化物を多くとり、おかずは豆類、海藻などをみそやしょうゆ、酢などで調理したものが中心で、肉はほとんど食べませんでした。魚もお祝いのときなど特別な日に食べるぐらいで毎日の食事は実に質素なものでしたが、さまざまな食品を上手に組み合わせ、バランスよく栄養を取れるように工夫してきました。肉をあまりたべていなかったのは、家畜を食用にするという習慣がなかったこと、仏教伝来以来、動物の殺生や、肉類に対する禁令がたびたびあり、動物の肉を敬遠するようになっていったからです。

人間の体はその土地で長期間にわたって食べられてきたものに大きく影響されます。穀類や野菜、海藻は消化に時間のかかる食材です。私達日本人の体はこれらの食べ物を消化しやすいように酵素を多く分泌するようになり、ゆっくりと消化吸収できるよう腸が長くなってきました。そして、肉や乳製品を頻繁に食べる習慣がなかったため、動物性のものを分解する酵素の少ない体質になっていきました。ところが高度経済成長期以降、食生活が急激に欧米化し、動物性のものを多く食べるようになったため、日本人の消化に大きな負担がかかり、吸収、代謝が乱れ、排泄が滞り、肥満や生活習慣病、がんなどの要因になっていったのです。
おすすめ度:

和名は「ウコン」!強力な抗酸化作用が胃に効きます!

500
税込、送料別
ウコンはクルクミンという強烈な抗酸化作用があります。胃炎を抑え、肝機能を改善、がんを予防します。また活性酸素をターメリックは除去してくれます。

鎮痛効果があり、お腹に発生するガスも抑えてくれるクローブ

520
税込、送料別
クローブは、辛味と苦みがあり、バニラのような甘い香りがします。鎮痛や抗酸化作用が高いのがクローブの特徴です。消化を促進し、ガスの発生も抑える効果がクローブにはあります。

デトックスに役立つのは和食! 〜デトックスに役立つ伝統食材を知ろう〜

648
ショップで確認

【楽天】 みかん梅干し紀伊国屋文左衛

さんしょうは、日本でも古くから用いられてきた薬味の一つです。特有の香りと絡みがさんしょうにはあります。脂肪、たんぱく質を分解する働きがあり、消化不良、食欲増進など胃の働きを整えるほか利尿作用もあります。

穀類や野菜を中心とした和食は日本人の知恵から生まれ、わたしたちの舌や体にあった健康食です。ですが、和食が体によいと分かっていても、欧米化の進んだ食生活に慣れてしまった現代人に昔のような食生活にもどれといっても大変です。

デトックス料理は、現代の食や生活スタイルにも合わせて身近なスパイスや伝統的な調味料、食材を使って消化、排泄しやすいように調理していきます。デトックス料理では無理なく少しづつ食生活を修正して内側から輝くはつらつとした生活を送りましょう。

☆健康に役立つ伝統食材
‘ξ燹豆の加工品、みそ、納豆、豆腐、おから、きなこなど。
たんぱく質が豊富でマグネシウム、イソフラボン、不和脂肪酸、レシチンなどを含んでいます。

△瓦
ごまは、ビタミンE、レシチン、たんぱく質を含み、抗酸化物質(セサミン)、血液改善に効果があります。また、ごまは不和脂肪酸を含んでいます。

わかめ、昆布、ひじきなどの海藻類
カリウムなどのミネラルや食物繊維、フコダインが豊富です。ぬめり成分のアルギン酸は、有害物質排泄力があります。

ぬ邵變
総じて食物繊維が豊富です。緑黄色野菜には肌の再生を促すベータカロテン、ネギ類には脂肪吸収抑制効果、排泄効果などがあります。キャベツ、ブロッコリーは活性酵素から守るフィトケミカルや発がん性抑制効果があります。

サ(とくに青魚)
DHA、EPAには脳の老化を防ぎ、がんの発生を抑える効果があります。また、アレルギー改善や、視力回復に効果があります。亜鉛、鉄が魚(とくに青魚)には豊富です。小魚は骨ごと食べれば、カルシウム成分を吸収しやすいです。

Δ靴い燭韻覆匹里のこ類
多糖体(ベータグルカン)は、免疫力を高め、がん予防、ビタミンB群、食物繊維も豊富です。

Дぅ睥
腸内環境を整える食物繊維が豊富です。山芋類はネバネバが多く、滋養強壮、胃腸の強化、食欲増進できます。サツマイモは、ビタミンC、Eを含み、メラニン色素の沈着を抑えます。

ローリエは消毒作用に優れています!

2,980
税込、送料別
ゲッケイジュの葉を乾燥させたローリエ。ローリエは消毒作用に優れています。食材の生臭さを消すほか、防虫や整腸作用、関節痛、皮膚疾患にも効きます。

胡椒は腸内のガスの発生を抑えます

486
ショップで確認

【楽天】 阿蘇の玄関キムチの里

コショウには、長胡椒、白コショウ、黒こしょう、柚子胡椒など味のついたものなどさまざまな種類があります。こしょうは、お腹の中に発生するガスを抑えてくれる働きをします。

消化促進を促すカルダモンはとても爽やかな味!

1,089
ショップで確認

【楽天】 インドカレーの店 アールテ

清涼感が特徴のいカルダモン。唾液の分泌を促し、消化を促進させます。また、カルダモンは口臭防止の効果もあります。

白こしょうは、新陳代謝を活発にしてくれます!

378
ショップで確認

ナチュラルマーケットseedleaf沖縄

完熟した実を収穫後に乾燥させ、果皮をとりのぞいたものが白こしょうです。こしょうの辛み成分であるペペリンには、新陳代謝を活発にし、全身の活力を促してエネルギー代謝を高める作用があります。黒コショウよりも白コショウの方が辛味は弱いです。

薬味のほか、保存にもしょうがは使われます。

648
ショップで確認
辛味がつよく、防腐作用のあるしょうが。しょうがは食品の保存に用いられることがあります。効能としては、胃の働きを整え、消化や代謝を促進してくれます。

黒コショウは汗を出し、利尿作用があります。

346
ショップで確認

ナチュラルマーケットseedleaf沖縄

辛味が強く、臭い消しや香りづけなどに使われる黒コショウ。発汗、利尿作用があり、胃を丈夫にし消化不要にも効果的です。

甘味と辛みが感じられるシナモン。

2,500
税込、送料別
シナモンは、甘味の他、辛味も感じられます。胃の働きを高め、水分代謝も調整し、血行を促進してくれます。

イエローマスタードシードは、消化を促してくれます!

490
ショップで確認

【楽天】 インドカレーの店 アールテ

消化促進や、脂肪を分解する働きがあるイエローマスタードシード。エスニックなどによく使われます。

クコの実は古代中国では万能薬!

4,860
ショップで確認

贅沢マルシェ-野菜果物お取り寄せ- 楽天

疲労回復、疲れ目の改善、肝機能や免疫力をアップする働きのあるクコの実。肌の再生力も高く、強壮や老化防止の効果もあります。
おすすめ度:

体を温めてくれるナツメグ。

1,490
ショップで確認
ナツメグは、肉の臭みを消し、体を温める効果の他、整腸作用があります。

スパイスと聞くと、カレーや中華、西洋料理などでよく使われていて、種類も多く実際にとう使ったらいいのかわからないと思っている方も多いのではないでしょうか?でも、実は、和食でもスパイスを使った料理は昔からあるのです。たとえば、生魚を食べるときにはわさび、うなぎにはさんしょう、煮魚や冷ややっこには、しょうが。そばにもねぎなどの薬味がついてきますよね。これらはみな、風味をよくするというほかに消化しやすく殺菌効果があり体にデメリットを与えず上手に栄養を取る方法として受け継がれてきました。

インドではすでに5000年以上前にスパイスを使った食事が指導されていたそうです。スパイスには防腐、殺菌、消化や代謝の促進、利尿作用などさまざまな薬効があり、インドからヨーロッパに伝わると、肉食中心んのヨーロッパと同じように調理はもちろん、食料の長期保存や民間薬の材料として重宝されました。

日本人の体は肉食の歴史が長い欧米人に比べ、動物性のものを分解する酵素が少なく消化に時間がかかります。ところが、現代の食生活は、肉や魚、乳製品、さらに砂糖や加工品など消化に負担がかかるものが沢山あります。つまり、食生活の急激な欧米化に体が付いていけず、未消化物が増え、毒素が溜まりやすくなっているのです。

消化を助けてくれるこれらのスパイスと日本人が馴染みやすい薬味。この二つを現代の日本食にうまく取り入れていこうとするのがデトックス料理です。スパイスや薬味が持つパワーは料理の味を引き立てるだけでなく、冷え性やむくみや便秘の改善、生理痛など女性特有のトラブルにまで効果絶大です。刺激、風味を損なわないようほんの少し加えるだけで美と健康に絶大な効果があります。ぜひ、毎日の食事に取り入れましょう。

☆スパイス、薬味の効果
ダイエット 脂肪分解ホルモンの分泌が楽になり、体脂肪の蓄積を防ぎます。

体を温める エネルギーが効率よくつかわれ、体温を上げて冷え性を改善。血液の流れが良くなり体が内側から温まります。発汗を促すといった効果もあります。

むくみ・水太りの改善 薄味でおいしく感じることができます。その結果、塩分の摂取量が少なくなり、むくみや水分代謝の低下で体に過剰な水分がたまる「水太り」の改善にもつながります。

食べ過ぎを防ぐ
味やかおりには脳を刺激してお腹いっぱいになるまで食べなくても満足感を得られる作用があります。また、脳に伝わった刺激が体の働きをスムーズにする酵素の分泌を促し、消化、代謝、排泄力を高めます。

生活習慣病の予防 老化防止、抗ストレス、免疫力アップといったさまざまな薬効成分が生活習慣病の予防、アンチエイジングをサポートします。
おすすめ度:

血行を促進したいなら、サフラン

5,029
ショップで確認
サフランには血行を促進する効果や、婦人科系のトラブルにも有効です。

抗酸化作用を期待したいならオールスパイス!

330
税込、送料別
オールスパイスには、強い殺菌や抗酸化作用があります。オールスパイスの香りにはリラックス効果もあります。

コリアンダーシードには、胃の働きをよくしてくれる成分が含まれています!

405
ショップで確認
胃の働きを強め、血を綺麗にし、腸の働きを整えてくれるコリアンダーシード。コリアンダーシードには口臭予防の効果もあります。

デトックスをしたいなら、自然塩や天然塩で!

1,396
ショップで確認

【楽天】 うめ海鮮@楽天市場支店

デトックスを目指すなら、自然塩や天然塩を使いましょう。市販されている天然塩には、岩塩、海塩などがあります。アーユルベーダでは体に余分な熱を溜めにくい岩塩をおすすめしています。しかし、日本では、夏は岩塩、冬は体を温める海塩と使い分けたほうがいいでしょう。

白砂糖は体を冷やしてしまうので注意!

287
ショップで確認
体を冷やす作用のある白砂糖やグラニュー糖はなるべく控えて、ミネラルが豊富な黒砂糖や三温糖、てんさい糖を使うようにしましょう。

鶏ガラだしは、無添加のものを

580
ショップで確認
化学調味料や添加物を一切使わない鶏ガラだしを使用するようにしましょう。無添加のものなら、顆粒ダシもOKです。

夜更かしは美容と健康の敵!

みなさんは毎日、何時ごろに寝ていますか?深夜0時過ぎまで起きて夜更かしをしている人は多いのではないでしょうか?実は、美容と健康の一番の大敵は夜更かしです。夜更かしのデメリットはこんなにあるんです。

☆夜更かしのデメリット
・脂肪や糖の代謝が落ちる
・代謝が乱れ、髪や肌、爪がカサカサ、バサバサになる。
・免疫力が低下し、病気になりやすく、治りにくい。
・ホルモンバランスが乱れ、自律神経が不安定になる
・体の回復ができず、疲れも取れず集中力も続かない。

なぜ、こんなことが起こってしまのでしょうか?人間の体には体内時計があり、体温やホルモンの分泌、内臓機能などが正しく働くように生体コントロールをしています。この体内時計は太陽に合わせてスイッチを切り替えています。太陽が出ているときは交感神経が働き、元気に動くことができます。太陽が沈むと心と体を休ませるために副交感神経が優位に働き始めます。このサイクルがバランスが取れているときは健康を維持することができますが、夜更かしするとこのバランスが崩れてしまいます。

その理由は、各種ホルモンにあります。特に成長ホルモンは、22時から2時の間に多く分泌されます。成人後の成長ホルモンは、新陳代謝を促し、脂肪や糖を分解し、疲れた脳や臓器をリフレッシュさせる働きがあります。ですが、成長ホルモンは、体がリラックスした状態で眠っていないとうまく働いてくれません。さらに、夜更かしをしてストレスを感じたまま眠ると、コレチゾールというホルモンが分泌され脂肪や糖の代謝を落とし、免疫力も低下させてしまうのです。

健康で美しくなりたければ、夜更かしは大敵です。そして、遅い食事も体に負担がかかるのでNGです。理想的には、食事は18時〜19時頃にはすませ、夜は22時〜23時までには寝るようにしましょう。

☆デトックス料理の実践
・普段の食事は、一汁一菜に。そして出来立てをたべましょう。
・食べ過ぎたと感じたときは、プチ断食をしましょう。
・デトックスおかずを作り、毎日食べましょう。
・かんたんな汁もので、おいしくデトックスしましょう。
おすすめ度:

まとめ

現代生活に見合ったデトックスを


ちょっと食材に気をつければデトックスはできそうですね。食生活にどんどん取り入れてみようと思います。

個人的に、体を温める塩や冷やす塩があるには驚きでした!



このエントリーをはてなブックマークに追加
このリストは参考になりましたか? はい いいえブックマークする

関連するまとめ

コメント

コメントを書くにはログインしてください。かんたんユーザー登録は無料です。
外部ID(Yahoo JAPAN ID、Livedoor ID、mixi OpenID、はてなID、JugemKEY)でもログインできます。

ユーザー登録のヘルプ

ID:
sk0929
自己紹介:
ブログ/HP:
レベル:
-
2016/08/13   2016/08/13   コメント(0)
ブックマーク(0)   印刷   友達に教える
ダイエット・健康
Tags  デトックス 薬膳 さんしょう 白こしょう 赤唐辛子 ローリエ しょうが ターメリック 長こしょう 黒こしょう クローブ カルダモン シナモン イエローマスタード ナツメグ オールスパイス コリアンダー
URL
Link

人気のある「ダイエット・健康」に関するリスト

> ダイエット・健康のランキングをもっと見る

このリストの関連ランキング

モノログで今人気のリスト