検索オプション
 

読むと絶対BL漫画&小説特集!おすすめ21選

女性の中にはBLが大好きという人も多いですよね。単純なストーリーが多いのですが中にはものすごく楽しめる緻密なストーリーもあります。また、イラストが繊細できゅんとしちゃう作品も多いですよね!今回はBLにはあんまに興味のない方も楽しめる作品を一挙に集めてみましたよ!どれもとても面白い作品です!
このエントリーをはてなブックマークに追加
view:1600

切ない愛に何度も読み返したくなってしまう是(ZE)

617
税込、送料込
いままでも、いっぱいのBL漫画をだしている志水ゆきさんの長編BL漫画です。様々なキャラクターがでてくるので、カップルごとの話をエンジョイすることができます。

【あらすじ】
神様という人型の人間を使役する一家に、ノーマルな男の子が家政婦としてきます。その一家には、紺という名前の愛想のない男の子がいて、雷蔵は、彼と恋人になります。でも、本当は、紺も神様で、そして使役する人間がいないというたった1人の神様でした。能力がないと、神様も使役できません。雷蔵はというと…。

【見どころ】
切ない恋愛のストーリーからはじまる「是(ZE)」ですが、2巻目よりあとは、さらにせつなくなっていきます。神様の氷見と使役する玄間という2人の青年が2巻の主役です。神様は、普段は泣いたりすることはありませんが、泣いてしまうと、紙に舞い戻ります。はじめは、全くあわなかった氷見と玄間の2人ですが、やっとの思いで、通じ合ったら、別れてしまいます。また、氷見は、さらに神様として再び生まれて、玄間のところにきます。でも、氷見には記録が残っていません。玄間は新しくできた氷見に冷たくしてしまいます。2巻は、とても切なくて、何回もよみなおしてしまいました。昔の氷見は、もうもどってくることはありませんが、新しくきた氷見をまた、愛そうとする玄間の悲しみがよくわかるストーリーです。読み応えがあって、BLを探しているのなら、「是(ZE)」をおすすめします。
おすすめ度:

BL漫画の金字塔になりつつあるテンカウントは外せません!

355
税込、送料込
私がBL漫画にのめりこんだのは、こちらの漫画が影響しています。前からBL漫画を読んでいましたが、宝井理人さんの「テンカウント」で、すっかりとBL漫画にのめりこみました。

【あらすじ】
社長秘書の城谷は、思い潔癖症でして、他人が触れたものに触ることができなくて、手袋を手放せない毎日でした。そんなある日、偶然知り合ったカウンセラー黒瀬から、潔癖症を治す克服するためのカウンセリングを受けることになります。項目を1つ終えるごとに、城谷は、黒瀬と親密になっていきますが、BL漫画にしては、非常にゆっくりとしたペースでストーリーが進んでいきます。しかし、そののんびりしたペースがいいのです。他人に近づきたいのに、思い潔癖症のために、近づけない城谷に、少なからず強引に近寄ってくる黒瀬のドSで腹黒さがわくわくします。

【見どころ】
イラストもすごく素敵で、海外にも、室井理人さんのファンがたくさんいます。城谷の手袋をしている姿にのめりこむ女性がたくさんいて、手袋姿のコスプレも人気があるそうです。巻をすすむにつれて、二人の関係は、親密になっていき、現在は、ものすごい状況になっています。毎回、新しいものを購入するのが楽しみの1冊です。

とにかくイラストが美しい五人の王!

1,404
税込、送料別
「5人の王」というのは、はじめは、小説が原作であります。本やにいくと、平積みされていて、すごくきになっていました。なぜかというと、本当にイラストがきれいなのです。もともとはというと、小説投稿サイトで連載されていたもので、すごく人気が出て小説になりました。イラストをかいたのは、恵庭さんです。その恵庭さんが原作をそのままにして、「5人の王」を漫画にしたのです。

【あらすじ】
5人の王が治める、シェブロンというところの話です。セージは、未来がわかる力をもっていて、小さい妹を守るために、残忍な青の王のアジュールに身をゆだねます。でも、偶然に知り合った赤の王のギュールズの優しいところにひかれていき、恋します。しかし、セージは、青の王の持ち物です。青の王は、冷酷にセージの心を痛めます。世界の見方もちゃんとしていて、ファンタジー作品として、楽しめます。

【見どころ】
恵庭さんのイラストは、とてもきれいで、青の王の、アジュールの冷たさは、みどころです。妹をたすけだすために、ほんぽうする、セージのかわいいところも大好きです。ぞくぞくするような目が、恵庭さんのイラストの特徴であります。手に取ってみると、とても楽しんでもらえるとおもいます。

志水ゆきさんの美麗な絵が楽しめる花鳥風月

972
税込、送料込
志水ゆきさんがかいた長編BLです。これは、新しいもので、現在のディアプラスという月間のBL漫画であって、不定期に連載されています。

【あらすじ】
糸川一人(糸くんと呼ばれています)は、女性をすきではない少年です。とても辛い失恋を味わってから、都会から引っ越すこととなって、田舎にむかいました。そこで、素敵な医師とその同僚たちと知り合います。失恋のショックでボロボロに傷ついた糸くんですが、医師と田舎での生活によって、だんだんといやされていくのが1巻のストーリーです。

【見どころ】
BLを愛する女子がすきな魅力的なシーンがたくさんあります。ういういしい糸くんが、手慣れている医師に恥ずかしそうであっても、抱かれるシーンがすごくかわいいです。2巻では、ちょっとはげしいすとーりーになります。ヤクザをやめた陽明と、彼のお世話をする少年の火弦(ヒズル)のストーリーです。陽明に命を助けてもらった火弦は、気が付くと、陽明を好きになっていました。しかし、陽明は、火弦を子犬を拾うのとかわらないくらいにしか思っていません。ということで、火弦は、そういう自分が好きな気持ちを持つと、嫌われてしまうような感じがして、性欲を毎回おさえている姿がとてもかわいらしいのです。この2人は、きちんとハッピーエンドになるのかが、とても気になります。たくさんのカップルがでてきますが、志水ゆきさんのBL作品は、悲しくてすごくおすすめします。
おすすめ度:

ツンデレな黒猫とドSなヒョウが繰り広げる激しい恋愛!

228
税込、送料込
舞台の小道具係である、真吾と、人気がある俳優、賀神のストーリーです。たっぷりと、満足できるラブシーンがたくさん見て楽しみたいという人には、このBL漫画はむいています。

【あらすじ】
猫人間という種族の信吾。過去に、親に捨てられたというつらい経験をしています。したがって、強い性格と、見た目をもっているのに、恋愛に対しては、臆病であり、いつも遊びで関係を終わらせて今うのです。そういう真吾に、人気の俳優である賀神は、興味を抱きます。でも、これまで誰もがすぐにこっちをむいたのに、真吾は反対でした。というよりも、逆に、遠ざかろうとしました。賀神のS魂がもえあがりました。

【見どころ】
賀神は、興奮してくると、豹に変身する体質です。猫人間の真吾を、奔放しますけれども、お互いに、奔放して、奔放もされるという少し激しいシーンがたくさんある「クロネコ彼氏の愛し方」というのは、BL漫画の月間もので、ディアプラスでも、とても人気があり、特典がついたコミックは、すぐに売り切れてしまうほどです。私も毎回新刊がでるのを楽しみにしています。

ドタバタラブコメディを楽しみたいなら「世界一初恋!」

3,159
税込、送料別
ドタバタという恋模様がとても楽しい世界一初恋というのは、中村春菊さんのストーリーです。ところどころにギャグがまざっていて、すごく楽しむことができます。BLが大好きな女子たちが好きなシーンもたくさんあります。

【あらすじ】
親が経営している出版社に勤務していた小野寺律は、仕事をして、結果を残しても、親の七光りと陰口をたたかれて、違う出版会社に転職をしました。そこでは、高校時代に関係があった、高野と知り合います。気まずく別れたので、会社では、会いたくありませんでした。しかし、びっくりすることに、高野は上司でした。なんとしてでも接点をもつことになってしまいます。2人は、誤解をしてすれ違ってしまい、別れました。だから、過去の恋愛が顔をのぞかせます。上手に気持ちをわかりあえないままに、体を重ねてしまいます。そんなシーンがすごく切なく感じます。

【見どころ】
律と高野を中心として、出版社や本屋で働く青年など、たくさんの人物がでてきて、カップルになります。一番のお似合いのカップルは、誰と誰だろうと考えて読むのも楽しいです。スピンオフ版も、いっぱいでていますので、のめりこんだら、長く楽しめる作品の1つです。

社交ダンスを習いたくなってしまう影響力大の漫画!

699
ショップで確認
「10DANCE」という作品は、男同士でする社交ダンスのストーリーです。はじめ、社交ダンスというものが、私にとっては、全く知らない世界でした。中高年の男性と女性がやる年配の趣味というイメージでした。しかし、この「10DANCE」をみて、全くイメージとは違っていました。

【あらすじ】
主役は、鈴木信也という同姓同名の男性で、ラテンダンスの王者と、日本の王者です。彼らは、10種類のダンスで戦う10ダンスに双方のできない部分を教えあって、試合に出ることになります。とにかく、2人とも、社交ダンスにいどむ姿がストイックで、魅力的です。試合は、当然、女性のペアと組んでやりますが、そのシーンもとても魅力的で、わくわくします。

【見どころ】
私はとても「10DANCE」というの漫画にのめりこみました。YouTubuまで、世界ダンス選手権をみましたが、漫画と本物のダンスというのは、あまり変わらなくて、華やかな競い合いという感じがしました。レベルが高い選手になると、足の動きがとてもなめらかで、本物の人間の動きには見えません。日本では、中高年の趣味のいっかんの印象ですが、海外では、立派にスポーツです。この「10DANCE」にあえて、見る範囲がひろがりました。「10DANCE」では、BLシーンというのはちょっとしかありませんが、話がとてもおもしろくて、「やってないけれど、それなりにみえる」というあでめいた話が多いので、楽しく見ていただけると思います。現在は、2巻までありますが、3巻が発売されるのを待っていますが、まだまだのようで、じれったくなります。

繊細な世界観が美しい海辺の紀伊カンナさんの海辺のエトランゼ

669
税込、送料込
すごく世界観が魅力的な作品です。イラストも独創的で、めをひきます。紀伊カンナさんは、新人さんですが、すごく人気になりました。

【あらすじ】
小説家の卵の橋本駿は、本当は、ゲイです。おさななじみである女の子と結婚式をあげようとするのですが、今一歩ふみこめず、どたんばで中止にしました。家を勘当されてしまい、沖縄の離島にある親戚の家をたずねることになりました。そこで、元気なくすごす高校生の知花美央とあいます。お互い親密になりますが、美央は、島をでていくことになりました。3年間もの音信不通の後に、美央がやっと、「3年考えました。男でも駿が好き」という返事をもらいました。しかし、今度は、駿は、美央をこちらの世界にまきこんでいいのかと迷います。

【見どころ】
今一歩ふみこめないやきもきとした気持ちをおもわせるすごく魅力的な作品です。じれったいと感じる場面を何回も味わい、やっと抱き合った2人を見ていると感動しました。少し普通のBLとは違った世界観ですので、そのような雰囲気をたのしみたいなら「春風のエトランゼ」はおすすめです。

変人宇佐美先生が最高すぎます!

626
ショップで確認

コミックまとめ買いネットヤフー店 Yahoo!

大学生の美咲と、とても人気がある小説家の宇佐美のストーリーです。なんといっても、宇佐美先生の変な人というのが、とても目立つBL漫画です。アニメにもされて、すごく有名な作品です。

【あらすじ】
1巻では、高校生である美咲が、希望していた大学にやっとの思いで、進学をするために、兄の友人である東大を卒業した宇佐美に勉強を教えてもらうことになりました。はじめは全然あわない2人でした。しかし、美咲の成績が伸びてくると、一緒に喜んだり、宇佐美が美咲のお兄さんを好きだったということを知ったときは、動揺してしまったりしました。男に興味がもてない美咲ですが、宇佐美に奔放されることになります。でも、ある時に、お兄さんが結婚をする予定だった人を宇佐美に紹介しました。宇佐美の恋愛が実らなかったことをしって悲しい思いをする美咲に、宇佐美の心は動きます。ギャグもたくさんのBL漫画であります。

【見どころ】
宇佐美先生の変態っぷりもみもので、他にも、BLが大好きな女子がすきそうな場面もたくさんあります。また、すこし過激です。他にも、登場人物がたくさん登場しますので、長編ですけれども、全くあきることがありません。とても楽しめます。

歪んだ愛の物語なら「間の楔」

616
ショップで確認
間の楔(あいのくさび)。これは、身分の違う二人の歪んだ愛の物語です。スラム街で産まれ生きているリキとその星の最高権力者の一人のイアソン、分不相応の二人の出会いから愛憎劇が始まります。二人の間にある感情が何なのかわからないまま惹かれあい、歪んだ愛に苦しめられながらも意識せずにはいられない、そんな二人が行き着くところは楽園かそれとも地獄なのでしょうか。

これは小説が原作で1992年にOVAが発売され、2012に新たなキャストでリメイク版が出ました。原作は読んでいませんが、新旧とOVAを見ました。たまたま見つけたそれは衝撃的でした。

【あらすじ】
リキの立場はスラム街の雑種で、現実でいえば貧民や下級層といった感じでしょうか。人種差別や人間の管理、支配される世界で一番下の彼等が僅かに残った人間の尊厳と野心を胸に生きている姿はあまりに無茶で暴力的で危うさを感じさせます。そこにいる限り幸福から遠退くのではないかと思いました。現状を打破しなければならない、それを無意識的にもリキは分かっていたのではないでしょうか。

だからこそ、人一倍野心が大きくそれゆえに、周りの者たちがいい意味でも悪い意味でも惹き付けられたのではないでしょうか。その中の一人がイアソンです。彼等はエリートと呼ばれるサイボーグです。外見は美しい人間ですが、やはり無感情な物言いが多いです。そんな彼等が人間をペットとして飼う、そしてペットに選ばれた人間たちはそれを誇りに思うのです。多少裕福な暮らしができたとしても人間の尊厳を奪われたことに気づかない彼等は、スラム街の人たちよりもさらに下、もはや人間といえるのでしょうか。ペットとはサイボーグが人間を支配するこの世界のまさに象徴なのでしょう。ペットにされたリキは人間の尊厳を失わず一度は解放されましたが、二人の間に結ばれた縁は楔となって二人を離しませんでした。どんなに離れていてもお互いに意識しあうことをやめられず、結局主人とペットの関係に戻ってしまいました。しかし周りとは確実に違うその関係性は二人を少しずつ変えていきます。リキは憎しみや敗北感を感じながらもイアソンから感じる好意ともとれるものを感じ戸惑い、またイアソンは自分のペットにたいするエリートらしからぬ態度に不信感を持ち始めます。それはリキの持つ大きな野心という一人の人間の生きざまによってできたバグなのか、そらが完璧であるイアソンをサイボーグから遠ざけていきました。その不具合が二人をますます歪めていきます。

【見どころ】
イアソンが人間になれたのならば二人は苦しみながらも結ばれたかもしれません。ですが、サイボーグにも人間にもなりきれなくなったイアソンには主人とペットというこの世界の概念だけが二人を繋ぐ唯一だったのではないでしょうか。リキはサイボーグに自分の尊厳を傷つけられ翻弄され、イアソンは人間によって欠陥品にされ、結局お互いを理解しあうことは死の直前までありませんでした。死を覚悟したとき、身分や姿形という概念を捨てようやく心と心が一人の人間として繋がったのではないでしょうか。煙草のシーンは体は触れていても、触れあえなかった心がやっと繋がった、そんな風に見えました。歪んだ愛、愛憎劇、全てがこの作品の魅力です。

もう絵画の域!〜同級生〜

2,484
ショップで確認
独創的なかんじで描かれる、中村明日美子さんの、「同級生」というのは、イラストや漫画とは違い、もう、ワンシーンワンシーンが絵画をみているように感じます。すごくピュアな作品で、

【あらすじ】
優等生と佐条利人と、少しちゃらちゃらしている草壁光の高校生の恋愛話です。合唱祭りの前に、音楽の授業中に、佐条が歌を歌っていないことに気づきました。しかし、優等生の佐条とちゃらちゃらした草壁では、同じ学校であっても住んでいる世界が異なります。意外な一面を見てしまったと思っていても、話かける関係ではありませんでした。そして、ある日の放課後に、誰もいない教室にて、歌の練習をしている佐条をみてしまいました。実は、佐条は、男性の音楽教師が好きだということを知ってしまいます。

【見どころ】
潔癖な外見なのに、どことなくつやっぽい佐条がだんだんと草壁はひかれていきます。歌を教えていると、無意識にキスをしてしまいました。夏場にソーダを飲むときのような、とてもさわやかで、甘酸っぱい気持ちにしてくれるBL漫画です。イラストもすごき、きれいで、飾っておきたいです。続編の「卒業生」といったものも、その後の2人の展開がみどころでおすすめします。
おすすめ度:

人気作として名高いファインダーシリーズ!

733
ショップで確認
【あらすじ】
フリーカメラマンの高羽秋仁は、スクープを撮るために無茶をするがとても良い写真のスクープを撮る有望なカメラマンとして知られている。そんな高羽の相手役が表向きは普通の何処かの店のオーナーのような風貌だが、裏の顔は武器等を海外から輸入したりしていて何やら怪しい組織を裏で控えるボスなのです。そんな全くジャンルの違う二人がまさか結ばれるとは思いませんでした。最初は、優しくないただ痛みでしかなかったのですが、秋仁もだんだんと快楽に満ち溢れていきます。その姿を見た麻見は最初は麻見の裏社会の糸を引いていた者のスクープを高羽に撮られ、痛みつける為にした行為のはずが、いつしか身体を重ねるごとに高羽の事が可愛くて大事な存在に。そして極め付けが、お前が自由になれるのは俺の手の中だけだと独占欲を剥き出しにしました。その言葉に、いつかあさみ見の尻尾を掴んでやると言い放った高羽も、まんざらではない様子です。しかし、色々と高羽を狙う者も登場してきます。中国マフィアを率いる飛龍は、高羽が麻見の大事な存在だと気付き、高羽をさらい麻見への見せつけに高羽を襲います。麻見は高羽の事を価値がないと言っていましたが、そんな事を言いながら高羽を事が気になり、助けに来てくれます。やっぱり口では冷たい事を言っていますが実は高羽の事が気になるから助けに来るのでしょうね。

【見どころ】
私はこういう表向きはクールだけど、相手が危険な目にあっていると放っておけなくてつい助けに来てしまう麻見はとっても素敵で憧れます。こんな事があり少しずつ麻見に心を開いていった高羽は最初は行為を拒んでいましたが、いつしか受け入れるようになり自分から誘うまでになりました。この話は、少し無理矢理襲う部分もありますが、それも麻見の高羽を愛するやり方であり、高羽も、しっかりそれに応えてくれているので、読書からみても、次は早く読みたくなる漫画です。この漫画をオススメしたい人は、男性カップルの間で少し気持ちがギクシャクしている方にオススメです。なぜなら高羽の素直じゃないけど、いざとなると怖い中国マフィアに自ら近づきスクープを撮ろうとするその勇気と麻見の行為は無理矢理ですが、その時に自分の思いを甘い言葉で高羽にぶつけて、その度に高羽が赤面している姿を見ると、このように自分の気持ちを不器用でも良いので素直に相手に伝えれば、思いはきっと相手に伝わり更に二人の間の絆が深まると思います。是非そんな方にオススメしたい漫画です。

新人ホストとナンバーワンホストのまさかの恋愛が楽しめます!

699
ショップで確認
帝王のドSなご指名という漫画は、有名なホストクラブのKINGの新人で入った九宝乱とそのKINGの人形ナンバーワンホストの龍牙のお話です。

【あらすじ】
この二人の距離が近付くターニングポイントは、新人の乱に気前よくお金を差し出すお客がいたのだが、何故か突然行方をくらましてしまいました。しかも、その女性は200万の未払金の残したままでした。それを知ったナンバーワンホストの龍牙は、乱にホストクラブを辞めさせようとする。でも、乱は昔龍牙に顔の事を褒められて以来、龍牙の事が憧れの存在になっており、どうしてもこのホストクラブを辞める訳にはいかなかった。

【見どころ】
私が思うに、やはり昔に自分に自信が無い時に逆に自信の無い部分を褒めてもらうと嬉しくて、その人に付いていきたくなりますよね。乱もそんな感じだとおもいます。その後、龍牙の1回1万でおまえを買ってやるから奉仕しろというセリフが胸キュンでしたね。龍牙ならではの乱への救いの手だったのですね。龍牙の言い方はサバサバしていますが、ちゃんと乱の事を思っている事が読んでいるときちんと伝わってくる作品です。この漫画を読んで欲しい人は、先輩等の上下関係でなかなか自分の意見や欲を出せない人にオススメです。何故ならこの乱も最初はこのホストクラブを辞めろと龍牙に言われた時にナンバーワンの大先輩に言われたものですから、ひるんでなかなか続けたいと自分の気持ちを伝えられませんでしたが、それでも勇気を出して乱は龍牙にホストクラブを辞めたくないと伝えて、恋愛がいい方向に向かっていったのです。龍牙があの時に辞めろと言われてそのまま乱が辞めていたら、今の二人はなかったでしょうね。でもその奉仕の仕方が結構ハードなので、愛情は伝わるのですが時々、乱大丈夫かなと心配になるシーンはありましたが、ちゃんとその後龍牙が胸キュンのセリフを乱にかけてあげているので、その度に乱は龍牙に惹かれているのかもしれませんね。最初は抵抗していた乱も回数を重ねていくうちに抵抗も薄れてきました。私は、この受け身の人がだんだん攻めの人を受け入れていくシーンがとても大好きなのです。なので例えベテランの先輩でも、どんどん自分はこうして欲しい、ああして欲しいと意見をどんどん言ってもいいと思います。そうしなくては龍牙みたいな俺様な先輩は落とせないでしょうね。とてもスリルがあって面白い作品だと思います。是非みなさんも一度読んでみて下さい。

ダークなBLなら緒川千世さん!

668
ショップで確認
D化された『カーストヘヴン』で人気の緒川千世さんの短編集です。切なかったり、甘かったり、綺麗な絵で描く緒川千世さんの世界観が好きでこの本を手に取りました。

【あらすじ】
2つ上の美形な兄と比べられ、自分の地味な顔にコンプレックスをもつ牧、そんな牧のことをかわいいと言って近づいてくるイケメンのクラスメイトの深町。平凡男子牧がイケメン深町に振り回されるお話です。このお話の他にもエセ床屋×お客さん、後輩×先輩など充実した一冊となっています。だれにでもコンプレックスはあると思います。2つ上に美形な兄を持ち、比べられてきた牧くんにとって、地味な顔はとても大きいコンプレックスの1つなのです。そんな顔にコンプレックスを持つ牧くんに付きまとうイケメンの深町。牧くんは、深町と並ぶことでそのコンプレックスをより感じてしまうのです。イケメン深町の言う「愛して、愛させて」という言葉が牧くんに答える日は来るのでしょうか。1話、2話は牧くん目線、3話、番外編は深町目線のお話になっています。牧くん目線でのストーリーと深町目線でのストーリー、片方の目線からはわからないものが見えるかもしれません。『エセ床屋漫画』くせ毛な忠近と床屋見習いの悠士の話です。髪をセットしてもらったお代がいつしかキスになります。そこからもどかしい二人の恋が始まっていくお話です。優しく髪を触ったり、キスはするくせに肝心な言葉を言わない悠士に振り回される忠近が悠士のところに自分から誘いに行くシーンが見どころです。『ヤスイタマシイ』男が好き、というだけで「100円で誰とでも寝る男」と噂される里見とそんな里見を男とセックスがしてみたかったというだけの理由で誘ってきた森のお話です。

【見どころ】
噂は事実無根なのに森についていく里見。それは森に里見が恋をしていたからだったのです。男同士ということに引き目を感じ、好きになってもらえるとは思っていない里見がとても切ないです。10年後も変わらないセフレのような関係の2人が描かれた『アカルイミライ』では、そんな里見の切ない思いに終止符が打たれます。どんな終止符の打たれ方なのか、是非読んでいただきたいです。『極上デザート』は、甘党男子と甘いものが苦手な男の話です。甘いものをもらうためだけに女子に甘い笑顔を見せる夏目と甘いものが嫌いなのにもてる加地の甘いお話となっています。夏目が嫌いと言われて投げやりになっているところがとてもかわいく、それを迎えに来る加地がとてもイケメンです。最後の加地のセリフに胸を打たれること間違いなしです。
おすすめ度:

大人のBLなら「イ関係で困ってる」がおすすめです。

668
ショップで確認

bookfan 2号店 楽天市場店 楽天

イイ関係で困ってるという漫画は、他のよくある、ある日奇跡の出会いから徐々に恋愛へと発展するという漫画ではなく、ただ同じ職場の同僚同士の鳥羽と小野坂の身体の関係はあるが恋人ではない、不思議な関係のお話です。

【あらすじ】
この文章を読んで、どういうことだろうと思う人も少なくないと思います。つまり恋愛感情なしの身体だけの関係ということです。なんか昼ドラのような片方は相手の事を大事に思っているがもう片方は相手の事なんかどうでもいいといった感じの想いの行き違いのドロドロな雰囲気になるのかと思いきや、そうでもなく、お互いに恋愛感情が無いのです。どういう工程でこの関係になったかというと、仕事の忙しさで彼女を作る暇など一切なかった二人は、とても仲の良く何でも話せる仲であった。登場人物である元々ゲイの鳥羽のちょっとした誘いに小野坂はすんなりと承諾し、それからは度々二人で会えば身体を重ねるという関係になりました。でも仕事はお互いテキパキとこなしていきます。仕事に専念する感情と身体を重ねたいと思う時の感情が二人は息がぴったりといっても過言ではないくらいに一緒なのです。

【見どころ】
私が思うに、ノンケだった小野坂は何故鳥羽の誘いにすんなりと承諾したのかということが気になりだしました。例え仕事の忙しさでなかなか作れない彼女の代わりでも流石にいきなり男相手の鳥羽は抵抗なかったのかなと思い考えたところ、やはり小野坂は普段鳥羽と一緒に仕事をしているうちに、いつしか鳥羽のことが気になりだしていたのかもしれませんね。なんか鳥羽のフェロモンでも小野坂は感じ取ったのでしょうか。でも、せっかく身体を重ねてていても、お互い何の恋愛感情も抱かずに何度も身体を重ねていくのですが、私にはこういう関係は耐えられないですね。だんだん焦れったくなって、どっちかにしようと言い出してしまうかもしれません。でも、逆にこの二人には、広く浅くの関係が気持ち的にも楽だったのかもしれませんね。グタグタとこの関係が続いていくうちに、だんだんと最初はノンケだったはずの小野坂も、鳥羽のことをエロオヤジと言いますが、まんざらではない雰囲気がまたたまらないですね。でもこの二人、意外に嫉妬深いところはあるみたいです。時には嫉妬して思わぬ本音が出てしまうことも。でもがっちりと束縛はしない、でもお互いちょっぴり大切な存在。そんな関係だから居心地も良いし続くのかもしれませんね。

人気作&ロングセラー 〜SUPER LOVERS〜

5,616
税込、送料込
【あらすじ】
海棠晴は高校生の夏休みに産みの親である春子に呼ばれカナダで零(れん)という男の子に出会います。零は人間を恐れ、いつも五頭の大きな犬たちと靴もはかずに野山を駆け回ったり、行動を共にしていました。世話焼きの晴は粘り強いしつこさでそんな零の心の中に入り込みました。将来、日本で一緒に暮らすことを約束し帰国した晴ですが、海棠の両親と交通事故にあい記憶をなくしてしまいます。五年後、零は弟としてホストになった晴のもとを訪れます。自分のことを忘れているのに、それでも構わないという零の覚悟は凄いです。泣きつくわけでもなく、ただ、晴との約束をはたすためにやってきたのです。その純真さは本当に凄いです。その純真さゆえなのか、半分野生児の零は春子に東京にはグリズリーがでると騙されたり、晴にはコンビニが我が家の冷蔵庫と騙され、それを信じた零は未購入の商品を開封して怒られたりしていました。かなりの常識知らずのようです。それにくわえ、好奇心旺盛で、物事を深く考え、思ったことを包み隠さず言ったりと、周囲を翻弄しています。そんな零と暮らすうち、徐々に記憶を取り戻してきた晴は戸惑いから零を避けてしまいます。晴からしてみれば、自分の記憶に不安をおぼえ、自分の為に望んで一緒にいる零のことを思うと、焦りや恐怖、罪悪感といった不安でいっぱいいっぱいだったのでしょう。晴の双子の弟たちのこともあり、二人はすれ違い、零はカナダに戻ってしまいました。電話越しの別れは切なくなりました。しかしそこは、晴のしつこくさが力を発揮し1年カナダで一緒に暮らしたあと、日本で4兄弟としての生活がスタートしました。晴はホストを辞め、white fang という喫茶店を開業しました。零の為に考えたそうです。零も高校生となり、友達もできて、その純粋さからクラスでは妖精扱いされています。本人は自覚がありません。妖精な零ですが、晴との関係に悩み保険医や友達にとんでもない相談をしては周りを振り回しています。男同士の関係を変と思いながはも、恥ずべき事とは思っていないようです。素晴らしき純愛、もしくは環境のせいなのでしょうか。

【見どころ】
半分外人みたいな二人は、家や店でハグやキスを当たり前のようにしています。外人のノリにしても激しすぎます。服がめくれちゃってます。双子は全然馴れているようですが、喫茶店で働く晴の後輩の郁は、いつまでも馴れないであたふたとしています。みていて、面白いですしほっこりします。そんな二人を中心に関わる人々が、二人に振り回され、見届けていく、そんな日常のお話です。

報われない恋に泣いてしまう「終わらない不幸について」

669
ショップで確認
「終わらない不幸についての話」は緒川千世さんの作品です。緒川千世さんが好きで、この作品を買いました。

【あらすじ】
彼の好きなタイプは小さなかわいい女の子。彼より大きくて、しかも男であるかわいくない俺の恋は絶対に実らない。中学の頃に好きだった清竹と合コンで再開した烏童は自分の恋心を再確認します。中学のころ、清竹の彼女を横取りした烏童のことを清竹は毛嫌いしているのですが、徐々に烏童に心を開いていきます。烏童の泣きながらの捨てていってくれという告白に、ここで捨てていけるほどおまえをなんとも思ってないわけじゃないと烏童の手を取る清竹。烏童の恋、不幸は終わることがあるのか…? 烏童は、背が高く、イケメンで女に全く困っていない大学生で、清竹はバスケ部の長身のイケメンです。烏童は、見た目と大学での行動からはわからないけど、清竹に関してはとても純粋な恋心を抱いています。普段とのギャップに清竹も徐々に烏童へ好意をもっていきます。清竹は烏童への好意を素直に伝えるのですが、烏童は自分の恋が報われるはずがないと思い込んでしまっているため、なかなか信じることができません。烏童の清竹への想いの切なさや烏童に自分の好意を信じさせるために清竹がどうするのか、というところが見どころです。また、男相手には、タチ専門だった烏童が清竹相手にはネコになるというところも見どころだと思います。好きな人相手なら自分の立ち位置はどっちでもいいという烏童の清竹を想う気持ちがとても伝わってきます。完全な一方通行でも清竹とできて嬉しかったと涙を流す烏童の切なさがとても伝わってきて、心が苦しくなります。昔と変わらず真っ直ぐ行きてきた清竹に対し、遊び人になってしまった自分では世界が違う、受け入れてもらえるはずがないと思っている烏童の諦めた目、顔が印象的です。恋というのは、こんなにも人を変えるのか、と思える作品です。遊び人だった烏童が清竹を想って泣いたり、清竹のために怒ったり、清竹の言動でかわいくなったり、いろんな表情を見ることができます。苦しいけど、好き。苦しいけど、嫌いになれない。こじらせて、こじらせ続けた烏童の恋の行方を是非見届けてほしいです。

【見どころ】
本編以外に緒川千世さんの前作誤算のハートの番外編も収録されています。烏童の弟とその恋人三城の将来へ向けてもがく様子が描かれています。少しではありますが、烏童兄と烏童弟の関係、烏童と清竹の関係にも注目です。誤算のハートと一緒に楽しめる作品となっています。

切なさと甘さを同時に味わえる誤算のハート

648
ショップで確認
「誤算のハート」は、緒川千世さんの作品です。緒川千世さんの絵とお話が好きなので買いました。緒川千世さんの作品は、切なかったり、甘々だったり、いろんな種類の作品があります。この誤算のハートは、その切なさと甘さのどちらも味わえる作品です。

【あらすじ】
彼女との別れ話に困っていた烏童をチャラ男の三城が助けたことで、2人の付き合いがスタートします。いままで男と付き合ったことのなかった三城でしたが、烏童の優しい抱き方や居心地のいい隣に翻弄されていきます。こんなの俺じゃないと、遊び人だった三城は自分がわからなくなっていきます。硬派な烏童と遊び人三城の純愛です。三城は遊び人で、烏童と付き合うまではいろんな女の子と遊んでいましたが、烏童と付き合ってからは、烏童の優しさに惹かれていくのですが、自分が誰かに惹かれるということ、誰かを独り占めしたくなる感情をなかなか受け入れることができません。烏童は硬派な男子高校生で、三城のわがままなところだったり、可愛いところに惹かれていきます。この作品の見どころは、彼氏としての烏童のかっこよさとどんどん色っぽくなっていく三城です。遊び人だった三城が烏童に抱かれる時、ただ感じていることしかできなかったり、どんどん綺麗になっていく三城を烏童が他の男の目を警戒したり、2人の純愛がすごく綺麗に描かれています。自由奔放な三城に振り回される烏童や文化祭の準備で三城を放っておいたり、他の女の子に優しくする烏童にいままで湧いたことがなかった感情を抱き、振り回される三城のお互いに振り回して振り回され合ってるところから、2人が想い合っているのがすごく伝わってきます。恋愛ごっこだったはずなのに、本当に好きになってしまう三城が自分の気持ちを受け入れたとき、すごくかわいく、わがままなお姫様になってしまいます。その三城に対して真摯な王子様な烏童がとてもかっこよく、男らしいです。学校の中でもオープンな2人を是非私もその学校に行って、見てみたいです。烏童は自分の兄が関わると手加減ができなくなります。終わらない不幸についての話の主人公である烏童の兄が良い刺激になってくれます。誤算のハートの後には終わらない不幸についての話を読んでほしいです。

【見どころ】
本編の誤算のハート以外に2つ短編が収録されています。1つは青春もの、もう1つは性格の合わない2人の話です。性格の合わない2人の話の無防備な午後では、モテ男に振り回され始める真面目男子が見れます。異色な2人が関わっていく流れがとてもドキドキわくわくするお話です。緒川千世さんのお話はとても綺麗なので是非読んでほしいです。

腐女子に大人気!スケートアニメ「ユーリ!!! on ICE」

3,240
ショップで確認

CD・DVD グッドバイブレーションズ Yahoo!

おすすめBLアニメ「ユーリ!!! on ICE」のご紹介。『ユーリ!!! on ICE』は、アニメ的にも珍しいフィギュアスケートを題材とした作品です。実写のような美しいスケートシーンと本格的な劇中音楽を含んだPVに魅了され、視聴を決めた方も多いのではないでしょうか?実際、私もPVに魅了されて視聴を決めたひとりです。

【あらすじ】
GPF最下位でシーズンを終えたフィギュアスケート特別強化選手の勝生勇利。続行と引退の狭間で揺れ動いていた勇利ですが、彼の演技動画を見たひとりの男が、勇利のコーチをかって出ます。その男こそ、GPFで5連覇を達成した伝説のロシア人フィギュアスケーター、ヴィクトル・ニキフォロフでした。ヴィクトルをコーチに迎えた勇利は、様々な愛をスケートで表現し、ライバルと対峙しながらGPF優勝を目指す事になります。第1話からヴィクトルが全裸でコーチになる宣言をする等のギャグ要素を含みつつ適度なBLが描かれるのですが、ただ絡んでいる訳ではないのが、本作の魅力です。例えばハグの行為一つにも信頼や応援の意味があったり、BLらしい発言にもコーチが選手に与えるべき激励や厳しい愛情の意が含まれたりしています。

【見どころ】
さらに勇利に対するヴィクトルの近すぎる距離感には、勇利が訳あって忘れてしまった過去の事件が起因しているなど、キャラクター関係の物語が作り込まれているのも特徴で、濃密な人間ドラマが堪能できる点でも非常に魅力的な作品です。続々と登場するフィギュアスケーターの一人一人に、フィギュアに対する思いやドラマが用意されているのも飽きのこない理由の一つ。中でも注目したいのが、ヴィクトルを兄弟子に持つロシアの下克上スケーター、ユーリ・プリセツキーです。彼は弱冠15歳にしてシニアデビューを果たした努力型の天才なのですが、ステップに課題を抱えており、それを得意とする勇利を尊敬する反面、辛辣な言葉を浴びせライバルとして認識しているというツンデレ要素がクセになります。何よりフィギュアスケートという題材上、動きのあるシーンが多く、完成度の高いアニメーションが見どころだと言えるでしょう。リンク上を滑る登場人物達は、氷を削る繊細な音を奏で、体でも音楽を演出します。ヴィクトルに影響され、色んな意味で魅惑の男へと変貌を遂げる勇利。そんな彼にインスピレーションをもらうヴィクトルは自分に対してイマジネーションが沸かなくなっていた危機的状況を打破し、フィギュアスケーターとしての新たなあり方を見出すようになります。様々な愛を通して二人のユーリが切磋琢磨しながら実力をつけていくスポ根アニメにBL要素を足した、今までにないフィギュアスケートアニメは必見です。

美しいイラストにひかれる 〜やさしい竜の殺し方〜

860
ショップで確認
「やさしい竜の殺し方」は角川スニーカーブックスから出版の1997年の出版と古い作品です。後に角川ビーンズ文庫として出版されていますが、挿絵画家が替わっています。小林智美さんの挿絵が内容にぴったり合っていて素敵ですのでスニーカーブックスの方をよりおすすめします。購入した理由は著者の津守時生さんが好きで、この他にも多くの著作を読んでいたからです。挿絵を担当されている小林智美さんも好きでしたので、それも購入理由のひとつです。本の表紙もとても美麗なので書店に並んでいた時にはもともとファンの人でなくても目につく本だったのではないでしょうか。BL小説とはいっても激しい描写はいっさいありません。ロールプレイングゲームにしても良いと思えるようなファンタジー小説です。剣と魔法の世界がお好きな方には特におすすめです。

【あらすじ】
武術大会で出会った5人がパーティーを組み、人間界に出現した幻獣退治のために旅に出るところから始まります。BL話の中心となるのは少年ウランボルグと美青年アーカンジェル。実は幻獣界の王であるウランボルグは人間の姿に化身しています。出会った瞬間からアーカンジェルを運命の相手と悟り、少年らしい一途で生真面目な愛情をまっすぐにアーカンジェルに伝え守り続けますが、過去に深い心の傷を負い、以来ずっとトラウマに苦しみ続けているアーカンジェルは素直にそれを受けることができません。そんなアーカンジェルを大きな心で包み労わり守り続けるウランボルグ。旅をしながら闘いを続けながら、仲間の絆も深まっていき、パーティーのメンバーひとりひとりのエピソードも加わって話は佳境に入っていきます。ところどころでウランボルグの操る召喚魔法によって現世に登場する過去の幻獣王たちもそれぞれ個性的で素敵なキャラクターばかりで楽しいです。最後には幻獣を人間界へ落としていた一連の出来事の真の黒幕である人物と対峙することになります。が、その人物にも大きな秘密が。一番の見どころは傷ついた過去としっかり向き合い次第にウランボルグに心を開いてゆくアーカンジェルの変化とずっと変わらないウランボルグのアーカンジェルへの想いです。見返りを求めず、ただ愛しい相手を守るウランボルグの愛情にはアーカンジェルでなくとも心揺さぶられます。幻獣と人間であるふたりはずっと一緒に居ることは叶わず、最終的には別れの時を迎えることになるのですが、その最後のシーンもせつなく優しい気持ちにさせてくれるものでとても感動します。

【見どころ】
幻獣と人間という異種間のラブストーリーという設定も、ありふれたものかもしれませんが、ぐっと心を掴まれます。この後、続編も出ていますが最初のお話であるこの「やさしい竜の殺し方」が一番おすすめです。

不器用な恋ならwonderful school days!

712
ショップで確認
wonderful school daysという漫画はおすすめです。

【あらすじ】
外人で背が高くて頭が良くてイケメンの桐島レイ。レイは女に困った事が無いほど女を取っ替え引っ替えしている。女の子にモテモテ。しかし実は女の子は大の苦手。レイとは大学では一緒に居ないが、家ではレイと一緒にルームシェアしている村瀬慎悟。レイ自身はゲイでは無いが、高校の時に慎悟からゲイであるとカミングアウトされる。それを聞いたレイは、特にビックリすることもなく、そうなんだ。と受け入れる。以後レイからのルームシェアの誘いにより、二人は一緒に住んでいるが、カミングアウトした時に優しく受け入れてくれたレイの事を好きになり始めていた慎悟。ルームシェアしている事は天国だが、レイが今日は外でシャワーを浴びて来たと言われる度に傷つく。ついにその状況が耐えられなくなった慎悟はバイトを増やし別のアパート探しをするが、その事に気付いたレイは何故か不機嫌。ゲイの俺なんか気持ち悪いだろ。と慎悟が言うと、何かお前なら抱けそうだ。とレイが言い始め、抱いたが始め慎悟は数多くの男に抱かれて来たと言っていたが、実は慎悟は経験が無く初めてだった。そして、こんな形だが、レイに抱かれた事が嬉しく無いていた慎悟。恥ずかしくて知り合いのバーに逃げ込むが、前に女の子の彼氏の相談にのったことがある慎悟。その彼氏に絡まれていたところをレイが助ける。帰りにレイがお前は俺の特別のおもちゃと言い、俺を落としてみろ。と慎悟に告げると言う話。

【見どころ】
なかなか良い展開になりましたね。このレイが最初はノンケから始まりゲイの慎悟の事が気になるという展開がとても気に入りました。いや、でも慎悟もよく同じ屋根の下にずっとレイと今まで住んでいたなと思います。よく理性がきいたなと。しかもレイが常に女を連れているのを毎日のように見て来た訳なのですが、それもよく我慢してこれたなと思います。その後の二人はというと、慎悟はレイに抱かれたい気持ちはあるが、何故かレイが好きだと言っても軽い言葉のように感じてしまう。慎悟は高校の1年の時からずっとレイの事を想っていたのに。その事が原因で口論になり、慎悟の友人の家へと向かう。その友人もゲイなので慎悟を襲うつもりでしたが理性をきかし、二人はバーへ。そこへ友人と知り合いのイケメンの男が。慎悟はホテルに連れていかれそうになるが、慎悟の友人がレイに状況をメールしてくれたおかげでレイが助けに来てくれました。その時のレイが言った、俺の物に触るんじゃねぇ。という言葉にキュンと来ました。その後は仲直りしてレイに慎悟は優しく抱かれてハッピーエンドです。とても胸がキュンキュンする漫画でオススメです。是非みなさんも読んでみて下さい。

まとめ

BL最高!


感情をこめておすすめしました。どれをとっても、たいへんよみごたえがあるBL漫画ばかりです。でてくる人たちもたいへん素敵なのですが、近ごろのBLは、ストーリーを重点的においていて、BL漫画をよむのと一緒にそうした世界に興味がでてしまうこともあります。特に、「10DAYS」では、読み終わった後には、社交ダンスの世界というのを見てみたくなるに違いまりません。


このエントリーをはてなブックマークに追加
このリストは参考になりましたか? はい いいえブックマークする

関連するまとめ

コメント

コメントを書くにはログインしてください。かんたんユーザー登録は無料です。
外部ID(Yahoo JAPAN ID、Livedoor ID、mixi OpenID、はてなID、JugemKEY)でもログインできます。

ユーザー登録のヘルプ

ID:
sk0929
自己紹介:
ブログ/HP:
レベル:
-
2017/01/18   2017/01/18   コメント(0)
ブックマーク(0)   印刷   友達に教える
本・雑誌・コミック
Tags  BL 漫画 小説 志水ゆき アニメ 10DANCE テンカウント 緒川千世
URL
Link

人気のある「本・雑誌・コミック」に関するリスト

> 本・雑誌・コミックのランキングをもっと見る

このリストの関連ランキング

モノログで今人気のリスト