検索オプション
 

お花見など外で飲みたい!気分がハッピーになれるお酒!

間もなくお花見のシーズンです。女性もお酒大好き!と公言する人が増えましたね。そして、女性向けのお酒もたくさん発売されています。せっかく外でお花をみながらという普段とはちがうシチュエーションを楽しむのですから、美味しいお酒を飲みたいものです。今回は、女性が好きな甘くておいしいお酒を用意してみました!
このエントリーをはてなブックマークに追加
view:129

女性にオススメのお酒といえば、パジェスです!

2,430
ショップで確認

【楽天】 ワインショップふじまつ楽天

女性にオススメのお酒を紹介します。パジェス・エオラリキュールです。パジェス・エオラとはアロエのリキュールです。アロエといえば、食べ物としてヨーグルトに入っていたり、火傷の治療薬として炎症箇所に塗る植物で有名ですよね?そのアロエを主成分として造られているリキュールです。このリキュールはパジェス社によって製造されています。パジェス社とは、フランスの有名リキュールメーカーで、長い歴史があり、現在も人気商品のカシスリキュールなどを製造しており高い技術力を誇っております。

【ここがおすすめ!】
パジェス・エオラはアロエベースのスピリッツにアロエの果肉から抽出したエキスを添加したリキュールです。このリキュールの特徴として、香りがかなり芳醇で香水や化粧水のような香りがします。口に含むと最初に甘めなアロエ味を感じ、その後喉から鼻にかけてアロエのさっぱりした爽やかな香りが楽しめます。飲み方としてはオールマイティーでどの飲み方としても楽しめますが、アルコール度数が18%とワインや日本酒より高めなので、お酒が苦手な方には炭酸やジンジャーエール、トニックウォーターで割って飲むと、飲みやすくなり、甘さも抑え気味にいただけます。炭酸が苦手な方には水割りやクランベリージュースやオレンジジュース、またレモンやライム等の柑橘系果物との相性が非常に良く、炭酸などにプラスで足していただくとかなり飲みやすくなります。このパジェス・エオラの特徴である香りは炭酸で割っても十分残ります。なので、少し匂いがきついディナーをした後などには特にオススメいたします。氷だけでオン・ザ・ロック・スタイルでキンキンに冷やしていただくのも美味しいです。香りが強すぎるという一面もありますので、他のリキュールと混ぜてカクテルにするのは少々難しいかも知れません。このパジェス・エオラのおつまみとしては、さっぱりな魚料理やフルーツと一緒に食べていただくのがオススメです。

お肉料理などとは、味としての個性が強い者同士であまりオススメはいたしません。アロエにはビタミンCも豊富に含まれており美容効果にも期待できます。また抗炎症作用や抗菌作用などもありますので、ニキビ予防にも良いかも知れません。ボトルもおしゃれでインテリアにも言いと思います。あまり見かけないリキュールなので通販での購入をお勧めいたします。もし行きつけのバーなどありましたらマスターにお店に仕入れてもらって試されるのも1つの手かも知れません。機会があれば是非試されてみてはいかがでしょうか?

オーストラリアの赤ワインは、工夫次第で使い方いろいろ!

8,381
ショップで確認

【楽天】 ワイン生活を応援する Wine-

私が女性におすすめしたいお酒は赤ワインのカクテルです。元々赤ワイン好きの私ですがこれなら何杯でも飲めますし赤ワイン独特の酸味がなくなるので苦手な方でも飲めます。作り方は赤ワインをオレンジジュースで割るだけです。すごく簡単ですし、びっくりするくらい相性がよく飲みやすくなります。自宅でも簡単に作れるので宅飲みにもおすすめです。赤ワインは値段もさまざまですが、正直お手頃ワインで充分です。

【ここがおすすめ!】
あくまでも渋いワインがあまり得意ではない方におすすめです。割合はお好みでいいと思いますが5:5くらいがいいと思います。あまりジュースを多く入れると赤ワインの味が消えてしまうのでご注意ください。赤ワインはアルコール度数も高いですがオレンジジュースで割る事であまりきつく感じません。そしてポイントは果汁100%のオレンジジュースを使うこと。色々比較してきた中で果汁が少ないものより100%のオレンジジュースが濃厚で1番美味しかったです。炭酸が好きな方はファンタオレンジやレモン風味の炭酸水で割るとまた美味しくなりますよ。炭酸ですとさらに飲みやすくなります。私は甘いカクテルが苦手な為これならスッキリ飲めるのでおすすめです。2日酔いにもなりにくいです。

次に女性におすすめしたいお酒は焼酎です。焼酎というとおじさんや男性というイメージが強く私も最初はそう思っていましたが、飲み始めてるとハマりました。焼酎といっても麦、米、芋、など種類はさまざまあります。その中でも芋焼酎をおすすめしたいです。1番癖が強いと思われがちな芋焼酎。芋焼酎特有の芋臭さが苦手な方多いと思います。かつて私もその1人でした。芋焼酎の良さが全く分からず何で芋からこんな匂いがしてしまうんだろうと思っていました。そして芋焼酎も種類がさまざまで何を選んでいいかわかりませんでした。そこで出会ったのが黒霧島。いわゆる定番ですね。居酒屋やカラオケでも多く見かけます。お湯割や水割だとやはり芋の匂いが気になり苦手でした。そこで出会ったのが炭酸水です。炭酸水で割るとすごく飲みやすくなります。焼酎というと和食というイメージですが炭酸水で割る事で和食だけでなく洋食との相性も抜群です。炭酸水はもちろん普通の炭酸水でもいいですが、レモン風味やグレープフルーツ風味の炭酸水で割るとこれまた飲みやすくなります。また芋焼酎は、次の日に残りにくいと言われているので2日酔いにもなりにくいのがさらにいいです。どちらも飲みやすい為つい飲みすぎにはご注意くださいね。

入手困難!日本酒黒牛は見つけたら即買いです!

2,570
ショップで確認
伝承の日本酒、黒牛です。純米吟醸でありながら、味は大吟醸にも劣りません。原料米は、山田錦・産地は和歌山県です。この酒の特徴はなんと言っても香りと深みのある味のバランスです。大吟醸かと思えるほどの、深みのある味にほんの少し甘みを感じさせているので、食欲を増進させます。食前酒は口当たりを重視する為に、味の深みを感じない酒が多いのです。しかし、この黒牛は豊潤な味に、しっかりと安定した深みを出しているのです。和歌山の黒江の地名の由来になった、牛のような黒い岩をイメージされて命名されただけのある、代表的な酒です。酒だけを味わう辛口の酒ではなく、口の中にうま味を感じさせてくれるので、女性の方にも満足してもらえるお酒だと思います。ただし、この酒を県外にあまり出したくないようで、取り扱い店が少なく、限られています。入手は通販ぐらいしかないかも知れません。それだけ、自信があり地元に人気のある酒だと言えます。

【ここがおすすめ!】
この味で、720mlで1800円前後1800mlで3600円前後。この他に地元ではわんカップもあるので驚きます。大吟醸と比べてかなりお手軽なのも、お勧めの理由です。もう一つは、姫路市のヤヱガキ酒造株式会社の「黒乃無」です。全国的にはあまり知られていないかもしれませんが、お手軽なのが、「純米大吟醸 青乃無(あおのむ)です。原料米は山田錦です。この酒の特徴は、杯についで、口元に近づけるとほんの少し香りがします。強い酒の香りではなく、ほのかに香る程度です。一口入れた瞬間は、円やかな水を飲んだような感じがします。この酒は薄いのかなと思った時、舌の奥からじわっと味がして、鼻から甘くさわやかな酒の香りが匂います。口当たりが軽いと言うのはこのような酒のことだと思いました。口元までは強い酒の香りはしないのです。口に入って初めて味と香りを放ちます。

これがヤヱガキの蓋麹法の酒なのだと関心しました。蓋麹法とは、大きな箱で麹造するのではなく、いくつかの小さな箱に分けて麹造する方です。この手間がこの無の味わいを出しているのだと思います。酒に成れていない女性でも、一口で日本酒が美味しいと感じてもらえる酒の一つです。口当たりの良さが、ついつい深酒にならないように気をつけなければいけない酒の一つでもあります。純米大吟醸 黒乃無(くろのむ)で1800mlで11200円前後・純米大吟醸 青乃無(あおのむ)で1800mlで5600円前後です。やはり大吟醸なので、少し値段は張ります。

養命酒HER HERBSは、健康酒としてもおすすめです!

1,224
ショップで確認

【楽天】 ワインショップふじまつ楽天

可愛くて女子力高めの養命酒HER HERBS!!ワインの美味しさをみずみずしい果汁とハーブで引き出したハーブワインです。見た目から可愛くて飲むのもテンションが上がります。種類では『ロゼワイン&ザクロ』と『白ワイン&ローズヒップ』があります。養命酒さんのお酒なだけあって体にとても良さそうなフレーバーになっています。ハーブも入っていて体の中からしなやかに整えてくれているようで女性にとってとても嬉しいことだと思います。養命酒さん特有の漢方フレーバーは殆ど感じられません。

【ここがおすすめ!】
養命酒さん特有の漢方フレーバーを期待しているかたには少し期待はずれになるかもしれません。なので誰もが飲みやすいと思えるようなお酒になっていると思います。お酒が苦手な方や、これから飲みたいと思っている初心者さんでもとても美味しくいただけるお酒だと思います。甘めのお酒なので辛口ワインが好きなかたには不向きかもしれません。飲み方はストレートでも美味しく飲めますし、炭酸でわっても美味しくいただけます。私はストレートでいただくのが一番好きです。本当に美味しいのでついつい飲みすぎてしまいそうになりますがボトルが大きくないのでちょうど良いです。ロゼワインも美味しいのですが赤ワインで作っていただけたら尚嬉しかったです。

白ワイン&ローズヒップはスッキリした味わいでこれも本当に美味しいです。『ロゼワイン&ザクロ』と『白ワイン&ローズヒップ』をお家に常に常備させて、その日の体調や気分によって選んで飲んでいます。二本飲むこともあります。それほど飲みやすく次の日ものこりません。いつもの食事と美味しく楽しめるハーブワインは私にとってなくてはならないお酒です。二つ目のオススメはアサヒビールのプライムリッチです。最高級のコク、最高級の香りとうたっているだけありとても美味しく香りが良いです。香りがここまで良い商品は他にないのではないでしょうか。口に含んで飲んだあとの残る香りをぜひ体験していただきたいと思います。アルコール度数6%というのも強くもなく弱くもなくちょうど良いアルコール度数だと思います。飲みやすくたくさん飲んでしまいますが最後まで美味しくいただけるお酒です。翌日も残りにくいですし、女性のかたもまろやかで飲みやすいと思います。ネーミングも見た目も味も、高級感がありおしゃれな感じもするので女性にとっても嬉しいお酒ではないでしょうか。オススメです。

発売いなやすぐにソールドアウト!絶大な人気の鳳凰美田 熟成秘蔵梅酒!

2,592
ショップで確認
『鳳凰美田』は二日酔いや飲んだ次の日も頭が痛くなりません、本当に美味しい日本酒は基本、二日酔いなんてありません。私が出会った利き酒の対象から教えていただいた女性でも美味しく飲める日本酒についてお伝えします。『鳳凰美田 初しぼり 純米吟醸酒』は栃木県にある酒蔵の『小林酒造』さんから出ています。マスカットを思わせる上品な吟醸香が印象的な日本酒、最初からスイスイ飲めてしまうその飲み口はとても爽やかで日本酒を飲んでいるの?と思うほど。女性はなかなか日本酒を飲むというと酒豪かなと思われがちですが、こんなに軽い飲み口のまるでワインのような日本酒なら女子会のも向いています。

【ここがおすすめ!】
販売されるとたちまちソールドアウトになってしまうほど人気の『鳳凰美田 初しぼり 純米吟醸酒』はおススメです。そしてもう一品、『亀泉 純米吟醸原酒』です。こちらも香りが高く酸味・甘味の絶妙なバランスで日本酒初心者さんも抵抗なく飲める商品です。お酒の国・四国は高知県の酒造です。私はまず日本酒なんて大人が飲むもので手が出ませんでした。ですがお友達のススメで行った居酒屋さんいいた利き酒師のマスターに出合い『本当に美味しい日本酒は二日酔いもなければ太るなんてこともない』と言われました。そう、女性が日本酒を飲まない理由の一つに『太るから』という理由がありますがビールや焼酎はおつまみが必要になります、結果それが太るんですよね。でも今回ご紹介した2つの日本酒はまずおつまみなんて冷ややっこがあればいい、むしろ何もなくても楽しめるお酒です。

おつまみは確かにお酒を飲む上での楽しみだと思いますが太るのを心配されている女性は日本酒で大人の空気を楽しみながら飲んでみてはいかがでしょうか?今回は『鳳凰美田 初しぼり 純米吟醸酒』と『亀泉 純米吟醸原酒』をご紹介しましたがいかがでしたか?女性だから日本酒なんて可愛くないではなく女性だからこそ日本酒のおいしさが分かる人になれば上司や彼の印象も変わると思います。またビールやカクテル・焼酎とは違い脂っこいおつまみが必要ないので太ることを気にする女性はぜひ一度飲んでいただきたいと思います。そして最後に本当に美味しい、しっかりとお酒と向き合ったお仕事をされている酒蔵さんの作る日本酒は二日酔いの心配もありません、私はこれからも焼酎ではなく日本酒を飲んでいこうと思いますし、もっとたくさんの美味しい日本酒を利き酒師のマスターに教えてもらいに行こうと思います。

ボトルから上品で素敵!女性へのプレゼントも最適な白瀧酒造の上善如水

1,409
ショップで確認
白瀧酒造の上善如水は大変おいしい日本酒です。味覚というのは人それぞれ違うものですので、絶対的な正解不正解がない世界なので難しいものです。しかし、こと上善如水という日本酒に関しては、おいしい日本酒であると万人に対して胸を張って言えるものではないかと私は思っています。というのも、上善如水はまるで水のようなお酒だからです。「最良のお酒は限りなく水に近づく」という酒飲みの間では大変有名な格言がありますが、まさに、上善如水はその格言がピタリと当てはまる日本酒です。

【ここがおすすめ!】
日本酒を普段から飲み慣れた人はもちろん、辛口好きも甘口好きも、はじめて日本酒を飲む人も、その純粋無垢な美味しさの虜になることでしょう。事実、女性にファンが多いのも上善如水の特徴です。上品な香りとまろやかで軽やかな口当たり、それでいて口に含むと芳醇なコクを感じます。感性の豊かな女性がハマるのも頷けますよね。また上善如水は、和洋問わずどんな料理にも合うのです。肉料理、魚料理、さっぱり、こってり、それこそどんなツマミや料理にも合うのです。変に邪魔をせず、その食材を最大限に引き立てるのです。まるで往年の名脇役や三歩下がって夫を立てる古女房のように。それこそ、必要以上に主張しない上善如水という日本酒だからこそ、為し得る芸当ではないでしょうか。無駄に主張の多い商品が巷に溢れかえっている現代だからこそ、この上善如水の良い意味での無個性が魅力を発揮引しているとも言えます。

そして嬉しいことに、上善如水は大変リーズナブルな価格の日本酒としても知られています。それこそ高級な日本酒というのは、青天井のごとく値段が上がると相場が決まっているものですが、上善如水はその点お財布に優しいです。適正価格と言いますか、こういう良心をなくしてはいけません。どんなに美味しいお酒でも、料理でも、高くて美味いは当たり前です。そう、なんて言ったって高いのですから。偉いのは、安価で美味しいものです。だからこそ上善如水は偉いのです。それに、近所のコンビニエンスストアやスーパーマーケットはもちろん、小さな個人の酒屋さんなどの商店にも大抵置いてあるのも素晴らしいですよね。しかし、だからこそ飲みすぎてしまうとも言えます。美味しい、安い、どこにでもある。個人的に思う良い日本酒の条件が、ちゃんと三拍子揃っています。ついつい飲みすぎてしまうのも道理ですよね。しかし何事も「過ぎたるは猶及ばざるが如し」です。いくら美味しいと言っても、ほどほどにしたいですよね。
おすすめ度:

新潟にいったら絶対に購入しています!

1,280
ショップで確認
私がお勧めの日本酒を紹介します。新潟には多くの有名な日本酒がある事をご存知かもしれません。例えば、上善如水、八海山など関東でも買えるような種類のお酒もあります。私が紹介するお酒は新潟に行かないと手に入らないかもしれません。今はネット通販でも出回っているかもしれませんが…。このお酒は日本酒が得意でなくても日本酒を試して見たい、初めて飲んでみたいという女性にはもってこいのお酒です。名前は「純米吟醸 鶴齢」です。鶴齢にはいくつかの種類があり、女性向けは五百万石というものです。

【ここがおすすめ!】
日本酒独特の辛くて鼻にガツンとくる感じはなく、ほんのり甘くて水のように舌触りがよく鼻に抜ける感じも優しいです。初めて日本酒を飲むような時にお勧めのです。本当に水のような感じですので、気をつけて飲んでください。女性ならはまってしまうかもしれません。私は初めて出会った時からはまってしまいました。関東在住なのでなかなか新潟に行けませんが冬のシーズンには新潟に行く事が多いので買って帰ってきます。夏でも我慢が限界に達したら新幹線で1時間30分ぐらいなので本当に我慢の限界になったら買いに行こうと考えています。お酒が好きな方、初めての方にもぜひお勧めのお酒です。

日本酒が本当に苦手で違う種類のお酒をという方にお勧めなシャンパンを紹介いたします。ちなみに少々値段の高いシャンパンですので、自分へのご褒美やお祝いの時にお勧めかもしれません。名前は「モエ エ シャンドン」です。初めてシャンパンを飲む方には違いがよくわからないかもしれませんが、料理を邪魔しない口当たりです。結構なお値段なので本当にお祝いの席でしか私も飲む事ができないようなものです。時々シャンパンはジュースのような感覚におちいる事があるので要注意ですね。決してジュースではありません。アルコールが確実に入っております。私も何度か失敗しました。でも美味しいお酒ならしょうがないです。お酒を飲み始めの方はどこまでが自分の限界値かを早く知っておくのもいいかもしれません。友達とは限界値が違うので一緒になって飲んでいると友達や一緒に飲んだ方にお世話になるかもしれません。そしてアルコールは少しの量なら体にいいですが、飲み過ぎには病気のリスクも高まりますのでお気をつけ下さい。気をつけつつも美味しいお酒を楽しく飲めると最高ですね。日本中にはまだまだ知られていないお酒も沢山眠っているかと思うと嬉しくなります。

ワインベースのフルーツジュース!お酒が弱い人でも美味しく召し上がれます!

3,698
ショップで確認

【楽天】 本坊酒造 公式通販【楽天市

ビールやワイン、カクテルなどたくさんの種類のお酒があります。女性におすすめのお酒を2つご紹介します。1つ目は、サングリアです。サングリアはスペイン発祥のお酒です。サングリアという名前を聞いたことがある方は多いかもしれませんが、サングリアが何から作られているのかご存じの方は以外に少ないです。まずサングリアがどのようなものなのかご説明します。サングリアはワインをフルーツやジュースなどで割ったカクテルです。赤ワインベースのものと白ワインベースのものがあります。赤ワインベースのものは少し渋みがあり甘くて深い味わいです。白ワインベースのものは、甘めでお酒が弱い方にも飲みやすい味です。サングリアに使われるフルーツは基本的には何でもokです。だいたいのサングリアにオレンジが入っています。今や多くの居酒屋やバーなどでサングリアを楽しむことができます。

【ここがおすすめ!】
お店によっては生のカットしたフルーツをのせて出てくるところもあります。フルーツ好きの女性には本当におすすめです。スーパーや輸入食品店でも簡単に手に入ります。値段も低価格のものが多くいです。ワインと同じような大きめのボトルに入っていることが多いです。しっかり冷蔵庫で冷やしてから飲むとより美味しくいただけます。また、サングリアは自宅でも簡単に作ることができます。赤ワインまたは白ワインと、果汁100パーセントのオレンジジュース、後はアップルジュースやパインジュースなど好きなものを用意すればokです。分量も適当に割れば良いので簡単です。カットしたフルーツを入れると見た目にもかかわらずおしゃれで味も良くなるのでおすすめです。

もう一つ女性におすすめなお酒は韓国焼酎です。いろいろな種類の韓国焼酎がありますが、どれもにおいが控え目ですっきりした味わいです。梅やゆず風味の韓国焼酎もあり、香りもよく飲みやすいです。また、韓国焼酎はカクテルにして飲むのも女性にはおすすめです。ストレートの韓国焼酎をオレンジジュースと割るのは本場韓国の女性にもとても人気があります。カクテル感覚で飲むことができます。また、お酒好きの女性にはショットグラスやおちょこでストレートで飲むのがおすすめです。アルコール度数が高いので飲み過ぎには注意ですが、どんどん飲めてしまうようなすっきりした喉こしです。韓国焼酎をくいっと飲む用の韓国焼酎専用の小さなグラス、ソジュグラスというものもあります。

甘いの大好き!という女性には、BAIREYS(ベイリーズ)!!

1,036
ショップで確認
コーヒーや甘いものが好きという女性にぜひお薦めしたいお酒があります。アイルランド原産のクリーム系リキュール「BAIREYS(ベイリーズ)」です。ベイリーズは、日本のみならず世界中にファンを持つ大変優秀なお酒なんですよ。高級感漂うコーヒーの風味と、度数17度というアルコールの香りの組み合わせが絶妙なバランスのお酒です。「コーヒーリキュール」と聞くと、カルーアミルクのような甘いお酒を想像する方もいるかもしれません。しかしベイリーズは飲んだ時に、「甘さ」よりも「大人のお酒」という印象を強く感じるお酒です。アルコール度数が17度ということで、普段は甘いお酒は飲まないという方の口にも合う仕上がりとなっています。

【ここがおすすめ!】
また、アルコール度数が高めでありながらも、とても飲みやすいのもベイリーズの特徴の一つです。おすすめの飲み方としては、上質なコーヒーの香りを堪能する為にも、ロックで飲むのが良いかと思います。または氷をいれて溶かしながら、ちびちびと飲むのもおすすめです。いずれにしてもアルコール度数が強いので、小さめのグラスでゆっくりと味わうような飲み方が良いかと思います。口当たりの良い分、飲み過ぎてしまうことのないよう注意してくださいね。強いお酒が苦手な方で、どうしてもアルコールの強さが気になる場合は、お好みで牛乳や豆乳と合わせても美味しく飲めます。個人的には、ベイリーズを楽しむポイントとして、「ちょっと贅沢なコーヒー…」という感覚で、就寝前のリラックスタイムに飲むのがおすすめですよ。私は、いつも就寝前に映画鑑賞をしながらベイリーズを楽しんでいます。小さめのグラス1杯分のベイリーズを注ぎ、2時間の映画が終わるまでに時間をかけてゆっくりと味わいます。

程よくアルコール度数が高いので、寝つきも良くなります。これまで多くの友人に勧めましたが、お酒好きからそうではない人まで、幅広く高評価でした。コーヒー、甘み、香り、高級感、品…と女性が好きな要素が揃っているお酒ですので、全ての女性におすすめしたい一品です。購入可場所としては、輸入食材を扱うお店では確実に手に入れることができます。また、スーパーでも比較的取り扱っているお店が多いようです。高級感のある味わいですが、実際の価格はそこまで高くないことも魅力の一つ。700mlで1500円前後という価格で販売されています。お値段以上の上質な香りや味わいを堪能できると思いますので、ぜひ一度飲んでみて下さいね。

お酒のことが知りたくなったら、カクテルの世界を覗いてみましょう!

2,700
ショップで確認

ぐるぐる王国 スタークラブ Yahoo!

今回は特定の酒というより、知ってるとちょっと自慢できる(かもしれない)酒についてのウンチクを一つ。 居酒屋などでメニューを眺めているとき「チューハイ」「サワー」「カクテル」と女性が好みそうな飲み物はこの種別にたいてい入ってるんじゃないでしょうか。 では「チューハイ」の「レモンチューハイ」、「サワー」の「レモンサワー」はどう違うのか、カクテルの「ジントニック」と「ジンバック」「ジンリッキー」は何が違うのか・・・ 日常生活でも、「サイダー」と「ソーダ」と「ラムネ」なんか何が違うのかサッパリわかりませんし、「ピラフ」と「チャーハン」と「焼き飯」も作る国の呼び方の違いぐらいにしか思えないですし、 「水野美紀」と「水野真紀」と「水野亜美」も姉妹としか思えませんね。最後は少し違うか。 このように、なんか名前が違うだけで、ほとんど変わらないような気もしますが、実はそうでもないみたいなのです。

まず「チューハイ」と「サワー」ですがチューハイは「焼”酎””ハイ”ボール」の略で「酎ハイ」ですので「焼酎」を何かで割ったものだと分かります。 焼酎といっても、麦や芋を原料としたいわゆる「乙類焼酎」が使われることはあまり無く、もっぱら「甲類」つまり梅酒なんかを作るときに使う「ホワイトリキュール」(厳密には違いますが) 的なものが使われています。 対するサワーは「蒸留酒に果実の酸味や砂糖の甘味を加えたもの。ソーダで割ってもOK」な飲み物です。 まぁ「甲類焼酎」も蒸留酒ですし、居酒屋ではたぶん同じものが使われているんでしょうが、「ウォッカサワー」「ウイスキーサワー」などの洋酒ベースなほうがイメージ的に合うかと。 私見ですが、多くの居酒屋では「サワー」を注文すると、生のフルーツを絞って飲むように、フルーツと絞り器がセットで出てくるような気がします。

次に「ジントニック」と「ジンバック」と「ジンリッキー」の違いですが 「××トニック」・・・トニックウォーター(ちょっと苦味の利いた3ツ矢サイダー的なモノ)で割ったもの。 「××バック」・・・ジンジャエールで割ったもの(正式にはレモンの果肉、果汁を加える) 「××リッキー」・・・炭酸水で割ったものだが、柑橘の実を入れなければならない。 と、このように違いがあるんですね。

他にも 「××ソーダ」・・・シンプルな炭酸水割り。ハイボールともいいます。 「××フィズ」・・・酸味に甘味(砂糖)を加え炭酸水で割ったもの。 「××クーラー」・・・蒸留酒が主だが、醸造酒(ワイン)を炭酸水で割ったもの(割らなくてもいい) という違いがあるみたいですよ。 ちなみにラムネは、「レモネード」がなまったもので、ソーダにレモンやライムの香料、砂糖などを加えたモノ。 サイダーは、「シードル」がなまったもので、ソーダにクエン酸や香料、砂糖などを加えたモノ。 ソーダは炭酸ガスを含む水のことで、ラムネもサイダーもソーダの一種。 やっぱりほとんど同じモノみたいですね。

大人のシャンディーガフを楽しもう!

7,258
税込、送料込

サーフビバレッジ楽天市場店 楽天

若者のビール離れが世間に広まって久しいですが、更にこれが若い女性となると、ビールを呑むパーセンテージは壊滅的な数値がでてくるんじゃないでしょうか。 酒造各社とも手をこまねいているわけではなく、ノンアルコールビールでフルーツフレーバーをつけたり、コラーゲンを入れたりという女性を意識した商品を投入してなんとか 市場の開拓、少なくても縮小は防ごうと努力はしているみたいですが、そもそもそういう商品はソフトドリンクのほうが守備範囲は広いワケで、イマイチ成果は出ていないのが 現状のようです。 ここはひとつ「ビールに何かを足して味に慣れてもらう」という発想を逆転させて「あるドリンクの風味付けにビールを使う」というのはどうでしょうか。 なにせ、ビールは売れなくなってますが、その裏でチューハイの市場は右肩上がりなんですから、そこに乗っかるってのはアリかと思います。

【ここがおすすめ!】
そこで今日、紹介したいドリンクは「シャンディ・ガフ」です。 ちょっと気の利いた居酒屋にはメニューにあったりしますから知っている方もいるかと思います。 正式なレシピはビールとジンジャエールは半々なのですが、この比率を変えて、ジンジャエールを多くすれば、かなり飲みやすいドリンクになるでしょう。 個人的に試したところ、ビール3:ジンジャエール7が双方の個性が残るベストではないかと。

使うビールも苦味をより楽しみたければ「エビス」や「モルツ」など、苦味が少ないほうがいいなら「スーパードライ」のように使い分けるのもアリでしょう。 コツは先にビールを注いで、あとからジンジャエールを足すことですね。 そうするとビールのアワが神社エールの泡と溶け合って、絶妙なカンジになるんです。 また「ビアスプリッツァ」(ビールと白ワイン1:1)の応用で「ファァンタ」や「QOO」などの「大人版」としてビールを香味付けに使うのも一興です。 この場合、ソフトドリンク9に対し、ビールは1程度で十分です。 とくにオレンジ系のドリンクはビターな風味が出て、ホームパーティなどで出せば、珍しがられて話題になることでしょう。 ビア系カクテルとしては、ビールのトマトジュース割りである「レッドアイ」はあるメーカーが商品として販売していますが、ビール棚の隅に縮こまっており、大した需要がある とは思えません。 ですから「飲みやすくしたビール」より「ビールを使ってある酒」のほうが可能性としてはあるような気がするのですが、酒税法とか分類とかで商品として流通させるのは難しい んでしょうね。たぶん。
おすすめ度:

980
税込、送料別
厳密には「カクテル」のカテゴリには属さないのかもしれないが、女性をエスコートするシチュエーションになった時に「切札」として知っておきたいカクテルがある。 その名は「シンデレラ」 レシピはレモン・オレンジ・パインのジュースを等分に混ぜたもの。ソーダで割ってもいいだろう。 アルコール度0なので、下心ないですよアピールにもなる。 しかしこれを気に入ってくれたならシメたもの。次はスプモーニやスプリッツァなどの類似性のある、しかし、アルコールを含むカクテル(アルコール5度ぐらい)にナチュラルに誘引(エスコート)となり、シメに 「カウ・ボーイ」か「カルーア・ミルク」というミルクベースのカクテル(しかしアルコール度は10度以上)を勧めれば、24時を過ぎてもシンデレラをあなたの胸の中に抱きしめていられるかも・・・? と、ちょっとシチュエーション的に妄想の世界に飛躍したことを書いちゃいましたが、ナイトなバーで以上の如きスタイルを確立できる男子は世間的には少数派だと思います。 なので、ヒラエルキーをグッと下げて、缶ビール・チューハイ飛び交う、そして時勢にフィットした「お花見」的な場所で「ワンスタイル違う」男子を演出できる一杯をご紹介。

【ここがおすすめ!】
用意するのはアサヒの「ウィルキンソンウォッカ」かサントリーの「アイスウォッカ」 どちらも普通の酒屋やスーパー、または気の利いたコンビニには普通に置いてあるモノで、一瓶(720ml)で1000円以下が市場価格。 さて、世に「チューハイ」飲料は数ありますが、これらは決定的に違うジャンルに区別できることを知っている方はほとんどいないかと思います。 「チューハイ」とは「焼酎ハイボール」の略語でこのルールに則ると「焼酎をなんらかの炭酸飲料で割ったもの」であることがわかります。 でもね、あなたが飲んでいる「チューハイ」の「原材料名」の欄を注視してみてください。 そのなかに「醸造アルコール」があるものと「ウォッカ」(もしくはリキュール)があるものがあることに気がつくハズです。 醸造アルコールは要するに「焼酎甲類」と異音同義語です。 梅酒なんかを漬けるベースになるアレ「ホワイトリキュール」とだいたい同じモノ。 個人的な感想ですが、コレは飲むと口内にベタベタと残る不快な味わい(ノンシュガーのコーラを飲んだあとに残る一抹の不快感といえば分かる方にはわかってもらえるかと)があって、賛否両論あることかと思います。

対して、「ウォッカ」ベースの「チューハイ」にはそれが全くないのです。 なので、手元にある「チューハイ」を缶直でなく、ダイソーなんかで売ってるプラカップ(ロックグラステイストなものやワイングラス的なモノもある)にロックアイスを浮かべて「ウォッカ」をグラス1/10ほど足した「チューハイ」を 注げば、日本酒やワインほどのアルコール度数がありつつ、グイグイと飲める「催淫ドリンク」がライトに完成するワケです。 この「既存のドリンクにウォッカちょい足し」はたいていの缶酒に通用しますので、ワンナイトラバーをゲットしたい諸兄は一考の価値はあるかと思います。

1,188
税込、送料別
「国産の甘めのワイン」私が女性におすすめするのは、国産のワインです。ここ数年私は、一日の仕事が終わった後にホッとするためにワインを飲んでいます。値段の高い高級ワインを飲むわけではありません。近くの店でも簡単に手に入る値段の安いワインです。でも、そんな手軽なワインでも一日の疲れをいやし、きょう一日よく頑張ったねと自分にご褒美のつもりで飲むには十分だと思います。酔っぱらうほどたくさん飲むわけではありませんが、お気に入りのグラスにワインを注いで自分の好きな時間に飲むワインは格別です。最近飲んだ中でおいしくて気に入ったワインを2点紹介したいと思います。

【ここがおすすめ!】
一つ目は、「島根わいん」の白です。これは、島根県出雲市大社町の島根ワイナリーで作られています。出雲市大社町というだけでなんかご利益がありそうないい気分にさせてくれます。このワインを初めて口にしたとき私はびっくりしました。今まで飲んだワインの中で一番濃厚で甘みが強いように思いました。さらっとしたワインの対極にあるようなどろっとした感じに近く、ブドウの甘みとうまみがぎゅっと濃縮されたようでした。ブドウジュースのようで飲みやすいのですが、アルコールは12パーセントで適度に入っていて、飲みすぎには気を付けました。

もう一つのおすすめワインは、「広島三次ワイン」の白です。これは広島に行った人からのお土産でもらいました。360ミリリットル入りの小瓶で、ラベルもきれいなので棚に置いているときもいい感じでした。これは、広島県三次市の広島三次ワイナリーで作られています。このワインも濃厚です。ワインはブドウから作られていることはわかっていますが、こんなにブドウを感じることのできるワインは初めてでした。瓶のラベルには「フレッシュな果実を思わせる豊かな香りと程良い果実味、フルーティでさっぱりしたやや甘口タイプのワインです。」と書かれています。「やや甘口」となっていますが、私にはとても甘く感じられました。昔私は、ワインは外国のものがおいしいに決まっているというような先入観がありました。ドイツワインにはまって、そればかり飲んだこともあります。でも、最近国産のワインを飲んでみて、日本にもおいしいワインがたくさんあるんだなあと再認識しました。それぞれの地方で特色のあるワインを作っています。これからもっと違うワイナリーのワインも試して、お気に入りの味を探していきたいなあと思います。

まとめ

お花見が楽しみ!


どれも女性が好きそうなお酒をチョイスしてみました。桜の木の下でお花を見ながらほろよいなんか最高ですよね!

ベランダから綺麗な景色が見られると言う方は、グラス片手にプチアウトドアもいいかもしれません!



このエントリーをはてなブックマークに追加
このリストは参考になりましたか? はい いいえブックマークする

関連するまとめ

コメント

コメントを書くにはログインしてください。かんたんユーザー登録は無料です。
外部ID(Yahoo JAPAN ID、Livedoor ID、mixi OpenID、はてなID、JugemKEY)でもログインできます。

ユーザー登録のヘルプ

ID:
sk0929
自己紹介:
ブログ/HP:
レベル:
-
2017/03/27   2017/03/27   コメント(0)
ブックマーク(0)   印刷   友達に教える
ドリンク・お酒
Tags  女性向け アルコール お花見 島根わいん ベイリーズ 白瀧酒造 上善如水 養命酒 ハーブ酒 鳳凰美田 梅酒 日本酒 黒牛 パジェス アウトドア
URL
Link

人気のある「ドリンク・お酒」に関するリスト

> ドリンク・お酒のランキングをもっと見る

このリストの関連ランキング

モノログで今人気のリスト