検索オプション
 

「スタンフォード式」なら、何歳でも、いくらでも、人生を明るく変えられる

スタンフォード式というのは、本のタイトルに「スタンフォード」のやり方として紹介されている本が多く存在するので、それを学ぶと、人生を明るく設計することができるというメソッドです。私たちの生活の中で、今すぐにでもできることがたくさん紹介されているので、「善は急げ!」です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
view:15
1,620
税込、送料込

スタンフォード式を日本に轟かせた日本人教授「最高の睡眠」


スタンフォード式と書いてありますが、これを書いた人は、スタンフォードで教授をされている「西野精治」氏が書いているという、逆輸入的な著書となっています。

こちらは、この間テレビでも紹介され、実際にご本人が来日をしてくれて、解説をしてくださっていました。睡眠のためにいい行動があるということで、実際に教授が実践されている内容が、教授自身で、再現をしてくれているという、貴重な内容となっていました。

睡眠について、研究をされている著者が、最先端の内容が詰まった1冊となっているのです。彼いわく「睡眠負債」を抱えて生きているので、それを返済しなければ、良い睡眠はやってこないというものです。

ポイントは、入眠直後の「黄金の90分」なのだそうです。この本は、日本語による、初めての著作となっているそうです。日本人のために書き下ろしてくれたと言ったところだろうか。

「睡眠医学」の最先端の内容となっているので、真実味が違います。

スタンフォードの研究者の中では、「睡眠不足」という考えではなく、睡眠負債という言葉を使って、どれだけ大変なことをしているのかということを物語ってくれています。

睡眠時間が短いという、その場限りの問題というワケではなく、累積して行くと、恐ろしいダメージが人体に与えられてしまい、回復するには、何倍もの睡眠時間を必要としてしまうという結果のもと、この「負債」という言葉が使われているのです。

飲酒を禁止しなければならないとか、そんな厳しいことは、求められていないというのが、素晴らしいポイントとなっている。

著者が示す最高の睡眠状態とは、黄金の90分という、入眠直後の睡眠の質を上げるメソッドとなっています。入浴などで、入眠し易いように体温をコントロールすることであったり。

睡眠前の行動を、ルーティン化することで、脳を落ち着かせて、興奮させないことであったり、科学的な理論に基づいた、しかも最先端の内容が、丁寧に語られているのです。これは、論文と言っても過言ではないかもしれません。

人生の1/3を無駄にしなければ、残りの人生を謳歌することができるのです。
おすすめ度:

1,728
税込、送料込

お次は「最高の人生設計」です


睡眠の次は、人生の設計についてです。英語にすると、ライフデザインになるそうです。かっこいいですね。行きづまってしまった人生を、自分の史上最高の人生に変わってしまう、そんな1冊となっています。

年齢関係なく、職業も縛りもなしで、受講生2000人以上の悩みを、解決してきたという、実績があるライフデザインの秘訣を伝授してくれます。

例えば、現在の仕事にやりがいがないと感じている方、それに、まっとうに働いているはずなのに、幸せになれないという方、こう言った悩みであったり、将来の不安というのは、誰しも経験することかもしれません。

でも、やりたい仕事も見つからず、この年齢からだと、手遅れであると大体の人は、諦めてしまいますよね。そんな方に、オススメするのが、このスタンフォード式の人生設計なのだそうです。

キャリアアップ、就職、転職、第2キャリアなど、人生のあらゆるステージに対応することができる、このライフデザインの方法があるのだそうです。

これを知ることができれば、自分らしい生き方までも見えてくるのです。スタンフォード大学が、世界に誇っている、人気講座である、この人生設計を秘訣を、創設者たちが、すべて公開してくれているのです。

ニューヨーク・タイムズでは、第1位に輝いているベストセラー本となっています。
おすすめ度:

1,296
税込、送料込

自分を変えることができる教室


生きている中で、どうすれば「意志力」が上がって行くのか?欲望に打ち勝つ方法はあるのか?

決心だけで、形にならない、そんな終わらせない方法はあるのか?

いつも努力していることを「ふつう」にする方法とは?

たったの5分で、脳の力を最大限に引き出すことができる方法がある?

瞑想をするだけで、自分を目標へ引き戻してくれるらしい、ゆっくりと呼吸することで、自制心が発揮される?意志力の保有量が増やすことができる方法とは?

ドーパミンの引き金をコントロールすることができる方法とは?

血糖値を上げることで、意志力がアップされる?

意志力のトレーニングがあるらしい。こんなに、直接的で、具体的な内容でまとめてくれているので、気になるところだけを読むだけでも、ためになりそうです。

これが全部できれば、本当に自分を変えることができそうです。

本当に教室の中で教えてもらっているような感覚になる1冊となっています。もちろん、表紙の女性は講師の先生となっているので、すぐに身についてしまいそうです。
おすすめ度:

1,512
税込、送料込

こんなタイトル、悲しくなりますね


本の中には、20歳の時に知っておきたかった内容が書かれていると思うと、どの年齢の人にも手に取りたくなってしまうかもしれません。

これも戦略なのかもしれませんが、20歳の世代にはもちろんですが、30歳の方にも、「えっ?何、なに?」と話の内容を聞きたいですよね。

「悲しい」と思うか、「やべっ、早く読まなちゃ」と思うかは、人それぞれです。

大学、または、高校を卒業したら、社会へ踏み出し、そして、会社に入社をして、決まりきったレールの上で、次のステップを踏んでいくという内容とは、全く異なる。

そこで、一歩踏み出したときに、すばらしいことが起こるのだと著者は言います。今までの常識を疑い、そして、世界と自分自身を、新鮮な目で見つめていくことが大切であると言うのです。

起業家精神、そして、イノベーションの超エキスパートが、世界の中で自分の居場所を作るために必要なことが記載されています。そうです。

日本ではなく、世界なのです。こちらの本では、起業家精神と、イノベーションに関する、最良のテキストでもあり、それと同時に、これからの人生への贈り物としても、受け止めることができる自己啓発書となっています。

イノベーションを開花させるために必要な、ヒントが詰まっているので、未来を発明し、生きていくために必要なことなので、結論としては、年齢なんて関係ありません。ですが、20歳で読んでおけば、心構えができると言うモノです。

人生の中で、もっとも興味深いと思われる出来事は、定められた道を外れて、常識を疑い、そして、リスクをとり、自分自身で、幸運を呼び込んだときに、幸せが起こるのです。このことを著者は、スタンフォードで講義されてきたそうです。

そして、結論として、問題は、たいていの場合、見方を変えれば、チャンスと言うことなのだと言うことです。
おすすめ度:

1,836
税込、送料込

「マインドフルネス」を理解すれば、あなたの人生が変わります


この本は、哲学的な内容となっており、人は平等に、人生の中で、何を受けいれるかと言うことを自分で選んで生きている。

ストーリー仕立てとなっているので、スラスラと読んでいただけてしまいます。実話か、フィクションなのか、存じ上げませんが、あらすじは、こうです。

さびれた町の中で生活をしている、貧困家庭に生まれ育ったジムが主人公です。

父親はアルコール中毒となってしまい、母親は深刻なうつ病という、貧困家庭のアメリカでは、定番とも思われる崩壊の仕方の真っ最中を送っている家族には、少年がいました。

この崩壊してしまった家族の面倒を見ながら、一生を終えると言う人生を送るはずだった少年なのですが、ある夏に、ふらりと手品用品店に入ったことで、人生を変えることができると言うマジックを知っている女性(ルース)に出会ったのです。

彼女は、少年が荒んでしまった心を癒やし、そして、閉ざされてしまった未来の扉を開いてくれました。このマジックのおかげで、ジムは成功を手にしました。

そんな彼に待ち受けていたのは一体?この後が肝心です。続きは、読んでみてのお楽しみです。
おすすめ度:

1,728
税込、送料込

ストレスが力に変わるなら、最強になれそうな気がする


誰もが、毎日のように受けているストレスですが、これが、プラスの力になるのならば、最高です。その方法、早く知りたくて仕方ないですよね。

ストレスという言葉の中を、細分化すると、不安や、プレッシャー、そして、過去のつらい経験、ショッキングな出来事などがあります。

実は、これらは、エネルギーの源として生まれ変わらせることができるのです。どうしても、ストレスは悪いものという認識が高いのですが、果たして、そうなのでしょうか。

実は、その思い込みが有害という発想なのです。

こちらの本では、最新の科学的実験、そして、実際のストーリーを元にして、このストレスをを乗り越えて、人間として強くなる方法が解説されています。

「考え方」を変えるだけで、ストレスホルモンの分泌までも変わっていくとしたら?考え方が定着して行ったら、あとは、がんばらなくていいとしたら?感情の高ぶりは、学びを助けてくれる役割をしてくれているとしたら?

実は、退屈というモノが死亡リスクを高めているとしたら?ストレスという存在が悪者にされてしまったワケとは何なのか?価値観を思い出させてくれるアイテムを持つことで、強く生きることができる?人助けをすることで、時間が増えていくらしい?

ダメージは、ずっと同じようには続かないと分かっていたら楽かもしれない?挫折は、避けられないモノであると考えると楽?よい面に目を向けるだけで、自制心が強まっていく?「哀れみ」は、代理成長の邪魔をしてしまっているって本当?

実は、ストレスというモノを受けない方いいということで、避けてしまう生活よりも、受け入れて、うまく付き合っていくということで、レジリエンス(自発的治癒力)が身につくのです。

このストレスに対して、「思い込み」をしていることで、損をしているということです。

「身体の反応」を変え、そして、これからの「選択」までも、変えることができる、一生、役立ってくれる思想実践的なガイドブックとなっています。
おすすめ度:

1,728
税込、送料込

逆に、人生が上手くいかない理由も分かる


やらなければならないことがあったり、やりたいことがあるのに、「やる気が出ない」そして、やったとしても、「自信がない」。

こんなに絶対に良くないと分かっているけど、どうしたらいいのか分からない。周りの人たちから一体、 どう思われるか気になってしまう。

イケてる自分に変わりたいのに、変わることが怖くて変われない、そんなふうに、思っている方は、案外と多いのではないでしょうか。

どうして、私だけがうまくいかないのか?そんな、悩める人々に対して、「科学的な答え」が、記されています。

日々の生活を見直した時に、完璧にやらなかったり、先延ばしにしたり、不安を受け入れたり、雑談をしたり、などなど、そんな生活を送っている人に、科学に基づいて、25のレッスンが用意されています。

「時間管理術」や「目標設定の立て方」それから、「雑談の効用」であったり、「謝り方」までも、学んだその日から、ビジネスシーンで実践できるスキルばかりとなっています。

要するに、コミュニケーション術であったり、ストレス対策が載っているのです。

日本で働いている、多くのビジネスパーソンが、抱いている課題、悩みを解決してくれる、具体的な内容が書かれています。

精神論であったり、根性論なんて時代は終わりました。スタンフォード大学、ハーバード大学など、世界有数の研究機関での調査結果に基づき、科学的見地から、「解決の糸口」を示しています。

シンプルで、分かりやすい説明なので、どなたでも合わせていただけます。
おすすめ度:

1,998
税込、送料込

交渉に対しての成果を得たいのならば


日本の交渉と言えば「習うよりも慣れろ」という空気があって、先輩のやり方をみたり、明らかに良くないでしょ?と思うことを教養してきたりと、ビジネスの進み方にも、文化を感じてしまうワケですが、アメリカでは、交渉力というモノは、トレーニングをして身につけるものというのが当たり前の文化だそうです。

そうですよね。初めての人がそんなことできるワケありませんよ。この本では、一対一の勝負ではなく、協調的に、問題解決をしていくというアプローチになっているので、人の心理状態が、交渉に与える影響についてフォーカスされています。

なので、交渉が苦手と言われる日本人であったり、その他のシーンでは、女性との対応の仕方であったりも、あなたが望む以上の成果を得ることができるのです。

これは、経済学と、心理学の統合的な視点となっているので、相手が、気持ちよく承諾をしてくれるという方法となっています。

数10年におよんで、実証研究に基づいているコミュニケーション力の最強メソッドとも言える内容となっています。海外では、しっかりと、こういったトレーニングを積んでいると思うと、日本は過酷な国であると思ってしまいます。

それを、今すぐに学ぶことができてしまうのです。
おすすめ度:

1,944
税込、送料込

目標を達成することができる習慣とは


目標はある、だけど、達成した試しがない。

そんな経験は、たくさんあると思います。それは、プライベートでも、職場でも同様です。目標があって、それを達成するということが、会社にはつきものだったりします。

プライベートでも、例えば、夏までに5キロ痩せるなど、そういったことでも、挫折をしてしまって、結局目標が達成されないままでいるという方もいらっしゃるでしょう。

目標を達成するには、習慣あるという事実があるのです。

ぐずぐずすることなく、行動に移して、人生をコントロールすることができるという、習慣を身につけることが、この1冊でできるのです。目標を達成できたならば、充実した人生を送ることができると思いませんか。達成させない目標なんてあるのでしょうか。

スタンフォード大学では、超人気の講座である「dスクール」の内容が公開されています。シリコンバレーの億万長者である起業家だって、絶賛しているメソッドなのだそうです。数々のアイデアが記載されており、人生をデザインする思考となっています。

組織のイノベーションであったり、変革について、デザイン思考を取り入れている事例も用意されており、本書の中では、個人の改革、啓発に対して重点を置かれています。

スタンフォード大学のDスクールでは、デザイン思考と呼ばれている潮流の先駆的存在があり、その内容が、余すことなく書かれています。
おすすめ度:

1,728
税込、送料込

シンプルなタイトルですが、一体中身は何なんでしょうか?


人気のある授業とは、一生使うことができる「自分を変えるヒント」のようです。大学で学んだことは、結局は、卒業後に活かされるものでなければ、意味がないという意識があるのかもしれません。

ビジネスシーンに役立つ教養として、心理学や、脳科学、そして、経済学が人気のようです。そして、分かりやすい事例であったり、実験結果が豊富なので、わかりやすく身につくことができるというのです。

日本にも、スタンフォードが欲しいと思ってしまう瞬間ですね。

エアビーアンドビーの急成長を促したとされる「ストーリーズ」が、かなり為になるそうです。ウーバーは、一体何を破壊したか?トランプ大統領が、象徴しているリーダーシップ教育の終焉(しゅうえん:命の終わりのこと)とは何なのか?

全米を驚かせたジェットブルー航空がとった「神対応」について。ホワイトハウス流の人に想いが伝わる5つのフォーマットがあった。

日本人に言いたい、競争から降りるなと。ネットフリックスVS大手企業の戦いを見て、学べることがある。マインドフルネスによって、自分をいくらでも変えることができる。

脳科学にもとづいて「人に伝える技術」がある。イノベーションを阻害している現状維持というバイアス(かたより)について。

どれもこれも、新聞のコラムになりそうな、充実した内容ですね。そんな授業なら、毎日でも通いますよね。
おすすめ度:

3,888
税込、送料込

教育でも言います「環境が全て」だと


先に紹介させていただいた、「スタンフォード大学のDスクール」と関わってくるのですが、創造性を発揮するには、「空間」の環境設定が重要であるという内容となっています。

市役所のような、硬いイメージではなく、遊び心に富んでいる、グーグルのオフィスなどを参考にして見ても、読み解くことができるが、新しいことや、クリエイティブなことを生み出すには、美しい環境を用意する必要があるのです。

デザイン思考を鍛えることができる場として、有名である、スタンフォード大学のdスクールが実践している「空間のつくり方」の手引きが記述されています。

机の並べ方、そして座り方、コミュニティスペースであったり、ラックのつくり方、全ての環境をデザインするための、そのすべてが分かる本となっています。

オフィスだけではなく、あらゆる場づくりに応用できる1冊なので、様々なシーンでお使いいただけてしまいます。イノベーションの源にもなる、この自由な発想、活発なコラボレーションから、生み出されるこの「スペース」は、全てなのです。

プロジェクトの規模であったり、性質、進捗状況などに応じて、進化しなくてはならないという概念があります。

スペースを進化させるには、どうしたらいいのかという考えが、本書では、dスクール設立以来の経験を元にして、グループワークの効果が最大化されるように、自作家具であったり、ツールを使用して、それらの設置、運用の仕方など、プラスの効果をもたらしてくれる、環境づくりのヒントが紹介されています。

また、これらの基盤となる、研究、洞察なども、豊富に収録されているので、「スペース」のバイブルとして、お使いいただける1冊となっています。
おすすめ度:

おまけ

1,512
税込、送料込

スタンフォードには、あのスティーブ・ジョブズがいました


アメリカでは、アメリカン・ドリームなんている言葉もあるくらい、自由にアイディアを形にして、それがビジネスとして活かすことができ、億万長者も夢ではないというのが、アメリカです。

ピースの綾部さんは、このアメリカン・ドリームを経験したかったのだと思われますが、それに向かっていま努力をしているのと、していないのでは、全く異なると思いませんか。

挑戦して、もしダメでも、挑戦したことが、彼の功績になるのですから。成功してもしなくても、挑戦することは、素晴らしいことではないでしょうか。

そして、アメリカン・ドリームを掴んだ人の代表として、スティーブ・ジョブズがいます。彼は、スタンフォードの卒業生で、大学を卒業する時には、スピーチがあります。その英文が記載されており、ジョブズ氏が、伝えたかったことが、ここに詰め込まれています。

アップル信者の方も、そうでない方も、1人の歴史的偉人の始まりを知りたくはないだろうか。彼は、アップルでCEOを務めていましたが、世界一安い給料のCEOとしても知られていました。

彼は、お金のためではなく、素晴らしい商品を作っている、ついてきてくれているスタッフに対しての恩恵が現れているのかもしれません。

仕事場では、一切の妥協が許されず、みんなから嫌われていたそうですが、その願いが、形となり、そして、その売上が、みんなを支えているのであれば、誰も文句は言えません。ストレスは凄まじいものかもしれませんが。

彼がいるから、技術が向上し、美しく最先端のモノが生まれるのです。社員は、ジョブズ氏に感謝しきれないことでしょう。
おすすめ度:

233
税込、送料込

楽天Kobo電子書籍ストア 楽天

感動したモノは忘れない!それが英語学習には最適です


こちらの本では、スティーブ・ジョブズが語ったスピーチを、英語で紹介されており、確実に世界に旋風を巻き起こした偉人である、スティーブ・ジョブズの言葉を、学ぶと同時に、英語も一緒に学んでしまおうという1冊となっています。

スティーブ・ジョブズの素晴らしいところは、社員に嫌われたとしても、シンプルを追求してきた志です。シンプルなデザイン、機能性が、美しいということにつながってくるのです。

誰もが言います。ウィンドウズよりも、マックの方がかっこいいと、かっこいいという簡単な言葉だけで片付けられてしまうことが多いのですが、なぜカッコいいのかということを考えると、やはり、シンプルで、無駄がないということではないかと、個人的には思います。

そして、デザインもさることながら、スティーブ・ジョブズには話術がありました。かの三蔵法師も、卓偉稀なる話術のおかげで、インドまで歩いて行けたのだということも知られています。

アップルの製品がここまで注目されているのは、スティーブ・ジョブズの話術があってこそと言っても過言ではありません。

この話術を、英語を学びながら、今一度、感動しようではありませんか。
おすすめ度:

まとめ


(出典:http://weheartit.com/entry/293385405?context_query=スタンフォード&context_type=search)

スタンフォードの講義では、こんなにも興味をそそる内容が、繰り広げられているのかと思うと、日本の大学は、とてもじゃないが、レベルが低いと思ってしまいます。

実際に、講義をされている先生方は、楽しんでいるように見えないというのが、率直な感想です。大体、講義の内容がピックアップされるのは、海外が多いですよね。

この講義が最高なんですというのは、日本では聞いたことがありません。高校を卒業して、大学に入学しても、講師の人間が活き活きしていないなんて、最悪だと思いませんか。学ぶ内容が異なるだけで、本質的には変わっていないというのが、日本ではないかと思います。

教育者こそが、海外で学んできたり、このままでいいのだろうかなど、問いかけてみたり、こんなにつまらない内容の勉強方法をしているのに、学力がまだ上の方にいるというのは、日本人は素晴らしい才能があると、個人的には思います。



(出典:http://weheartit.com/entry/292251171?context_page=8&context_query=睡眠&context_type=search)

日本人の学生たちが、フィンランドの授業を受けたら、大学で活き活きをしている、プレゼンのような講義を受けたら、世界が広がっていき、周りの人たちで、「あーでもない、こーでもない」と勝手に話し合いが始まるのです。

海外の教授たちも、本を出版されていますが、講義はしっかりと、語りかけるように、してきます。本に書いてあることを、そのまま読むだけながら、家でだってできることじゃないですか。時間を無駄にしているとしか思えません。

人を変えることはできませんし、金銭面の問題もありますので、簡単に留学ができるわけではありません。なので、こう言った本を読んで、人生を謳歌しようではありませんか。今からでも間に合います。

今すぐ、世界基準を身につけようではありませんか。


このエントリーをはてなブックマークに追加
このリストは参考になりましたか? はい いいえブックマークする

関連するまとめ

コメント

コメントを書くにはログインしてください。かんたんユーザー登録は無料です。
外部ID(Yahoo JAPAN ID、Livedoor ID、mixi OpenID、はてなID、JugemKEY)でもログインできます。

ユーザー登録のヘルプ

ID:
supaghetti
自己紹介:
ブログ/HP:
レベル:
-
2017/10/11   2017/12/16   コメント(0)
ブックマーク(0)   印刷   友達に教える
本・雑誌・コミック
Tags  スタンフォード スタンフォード式 大学 最高 睡眠 人生 設計 最高の睡眠 ライフデザイン 人生設計 スティーブ・ジョブズ アメリカン・ドリーム
URL
Link

人気のある「本・雑誌・コミック」に関するリスト

> 本・雑誌・コミックのランキングをもっと見る

このリストの関連ランキング

モノログで今人気のリスト