検索オプション
 

「ライフ・イズ・ストレンジ」に登場するポラロイド・インスタントカメラを、やってみたいなと思った方たちへ

空前の大ヒットとなったゲーム「ライフ・イズ・ストレンジ」は、評価が星5と、文句のつけどころがありません。子どもから大人まで、誰でも楽しむことができて、ドラマチックな内容となっています。主人公であるマックスは、写真家を目指しており、インスタントカメラを使う表現にはまっています。(つづく)
このエントリーをはてなブックマークに追加
view:1159

二眼レフのインスタントカメラ

53,784
税込、送料込

TSUTAYA TOKYO ROPPONGIヤフー店 Yahoo!

二眼レフなんてあるの?


こちらの「TL70」のインスタントカメラは、世界初である二眼レフ(一眼レフに比べて、簡単なつくりとなっており、壊れにくいという特徴もあるそうです※1)の機能を持った、インスタントカメラなのです。

しかもデザインが、レトロでクラシックな、二眼カメラの様になっており、マットな質感のブラックに仕上がっている外観が美しく、アンティーク、年代物を彷彿とさせる、雰囲気を味わいながら、シャッターを切ることができます。

十分な重量感があるので、持っている感覚が、喜びにもなってくれそうです。インスタントカメラですが、ピントの調整や、多重露光(たじゅうろこう:同じ1枚の写真で、異なる風景であったり、表情を1コマに写し込むことができる撮影法)も、可能になっている、本格仕様です。

暗闇の中でもしっかりと撮影ができる、フラッシュも内蔵されています。カメラが好きという方には、もちろんですが、デジカメを持っていて、ちょっと違った世界を見たいという人にも合わせていただけます。

合わせるインスタントフィルムは、市販のチェキ用を使うことが可能です。ポラロイドのように、すぐに現像することができるので、撮ったら、すぐに写真を見ることができてしまいます。
おすすめ度:

13,999
ショップで確認

バリュークリエイトYahoo!店 Yahoo!

「TL70」に合わせるレザーケースとストラップ


上段の二眼レフカメラ「TL70」に合わせてお使いいただける、レザーケースと、ストラップのセットとなっています。

せっかくなので、大事に使いたいですよね。シャッターチャンスを逃さないために、首からカメラをぶら下げておくというのは、カメラをやる人にとっては、当たり前のことかもしれせん。それが、できるグッズとなっています。

しかも、レトロ感を壊すことなく、ビンテージ、クラシック感がしっかりと表現できているデザインとなっているので、どなたでも大満足していただけるデキに違いありません。

たまにカメラに合っていないデザインのケースや、ストラップだったりするので、そんなガッカリを受けてしまう心配もありません。おしゃれに決めていただけます。

いつもの服装でも、もちろん違和感なく合わせていただけますが、ちょっとクラシカルな、シャツ、ジャケット、ベスト、ハンチングなどのコーディネートにも、しっくりと合わせていただけ、ちょっとタイムスリップしたような、そんな装いもお楽しみいただけてしまいます。

上段のカメラを購入するなら、是非、こちらのアクセサリーも、セットで購入されることをオススメします。
おすすめ度:

13,802
ショップで確認

【楽天】 ビックカメラ楽天市場店

「TL70」に合わせるフードとフィルターのセット


こちらも、先に紹介させていただいた、「TL70」のアクセサリーになります。こちらは、「レンズフード」、太陽光などによる強い光をカットすることができ、晴れた日や、明るい場所での撮影に最適に合わせていただけます。

それから、レンズをしっかりと守ってくれる役割も担ってくれます。他のセット内容は、「クローズアップできるレンズ」、こちらのレンズを装着することによって、最短撮影の距離が、約18cmにまで、近づいての撮影することが可能となります。

「フィルター」は、上部分は、保護フィルターによって守られ、下部分は、NDフィルターで保護することができます。

ND2、ND4、ND8は、それぞれ、光の量を、1/2、1/4、1/8とカットすることが可能なので、撮りたい構図に合わせて、NDフィルターを使用していただくことができます。

このフィルターを使用することによって、強い光を減少することができ、白飛びしてしまう問題を防ぐことができます。NDフィルターについては、晴れた日に、屋外などでの撮影、バルブ撮影の時などに、サポートしてくれる、強い味方となってくれます。
おすすめ度:

チェキ

28,315
税込、送料込

現代に溶け込むインスタントカメラ「チェキ」


私たちの現代の時代に、しっかりと溶け込んで存在し続けている、インスタントカメラの代表である「チェキ」の紹介になります。

しかも、こちらは、クラシカルで、レトロなデザインで、作られているので、現代の技術とうまく融合して作られております。

重厚感があり、重みを感じながら、その瞬間を収めることができます。

クラシックなデザインが好きという方にはもちろんですが、カメラが好きで、このデザインに懐かしさを感じるという方にも、オススメのデザインとなっております。撮影可能な範囲は、電動で3点を切り替えることができ、接写モード(0.3/0.6m)、標準モード(0.6/3.0m)、遠景モード(3.0/∞m)となっています。

搭載している機能としては、1回の撮影でシャッターを、2回押すことで、1枚のフィルムの中に、2つの画像を重ねること可能な、「二重露光モード」と呼ばれる機能があります。

また、最長で10秒の間ですが、夜景、光跡などを撮影することができる「バルブモード」も搭載しています。使用しているバッテリーは、リチウムイオン充電池で、使用する、フィルムは、「EA759BB-10」になります。
おすすめ度:

19,737
税込、送料込

「チェキ」のワイドタイプ


上段の「チェキ」と物凄く似ていると、個人的には思っていますが、大きな違いがあります。それは、商品名にも含まれていますが、ワイドであることです。

何がワイドなのかと申しますと、フィルムのサイズが、86×108mmと、ワイドサイズなのです。なので、紹介文ににも書かれていますが、パーティーなどの席で、大勢人が集まっている時などに合わせていただけるという、代物となっています。

パーティーでも素敵ですが、キャンプに行った時に、広大な自然と共に撮ったり、動物園に行ったときに、動物を1匹ではなく、ワイドで捉えることができるので、より臨場感、リアルに撮影ができることになります。

または、家族写真で、「もうちょっと寄ってくれる?」なんてことにならず、自然で、ナチュラルな状態を撮影することができます。例えば、リビングにいる時のテーブルに座っている状態と、キッチンから顔を覗かせている状態であったり、ソファに座っている時の写真であっても素敵です。

写真館などで撮る写真も、特別感がありますが、日常の姿を撮ることができるというのも、本来の姿で素敵な1枚が撮れるのではないか思うので、オススメです。
おすすめ度:

31,860
税込、送料込

梅田 蔦屋書店 ヤフー店 Yahoo!

「チェキ」の新商品はハイブリット


まず、見た目ですが、とてもコンパクトになったと感じます。そして、デザインも、大変シンプルです。チェキらしく、角が少し丸くはなっていますが、スタンダード感のある仕上がりで、まとまっています。

こちらの「チェキ」の特徴は、新規で開発された「スクエアのフォーマットフィルム」が使用可能ということです。62mm×62mmの、完全に正方形の画角が実現しています。

インスタントカメラのはずなのに、デジタルカメラの技術が融合されているという、新しい形の「ハイブリッドなインスタントカメラ」となっています。

フィルムに印刷をする時には、撮影した画像の中から選んで、プリントをするということが可能なのです。撮影時、撮影後にも、画像を調整することや、加工することもできてしまいます。

1枚のフィルムの中に、複数の画像を入れることができる、分割プリントが可能です。内臓されているメモリには、50枚程、一時保存することが可能です。

また、マイクロSDにも対応しているので、文句はありません。撮影モードが多彩に用意されており、二重露光、バルブ撮影、マクロ、フラッシュの切り替えなど、様々な撮影の方法でお楽しみいただけます。

シンメトリーで、薄型なラウンドフォルムのデザインとなっており、左右にシャッターが用意されているので、左右、どちらの手からも、シャッターを押すことが可能です。
おすすめ度:

36,180
税込、送料込

代官山 北村写真機店 ヤフー店 Yahoo!

「チェキ」的ヴィジュアルのインスタントカメラ


スクエア型のフォルムが美しく、レトロなデザインに仕上がっている、ライカ社のインスタントカメラになります。

「ライカ ゾフォート」と名前がつけられており、一般的なインスタントカメラと比べると、異なる特長があり、「ライカ」を手がけているデザインチームが、本モデル用に、特別に開発された外観が、特徴的で、ミントのカラーリングの他に、オレンジ、ホワイトもあり、カジュアルに合わせて、お楽しみいただけるデザインとなっています。

自動モードで使用すると、内蔵フラッシュではなく、自然光を活用して撮影が反映されます。被写体を、自然な雰囲気で、撮ることが可能となっています。

基本撮影モードには、自動、パーティー、人物、スポーツ、アクション、接写、二重露光、長時間露光など、様々なモードが用意されているので、シーンに合わせて、クリエイティブにお試しいただけます。

また、失敗がないように、カメラ側が、設定値を自動的に調整して、最適な撮影にしてくれますので、撮影する方は、何も考えることなく、合わせていただけます。

フラッシュ機能は、オートでもできますが、オン、オフを手動で操作することもできます。ボディの前面には、自撮りができるように、長方形のミラーが付いています。
おすすめ度:

本物のプラロイドカメラ

3,780
ショップで確認

中古ですが、これは、マックスが持っていたモデルに似ていると思いませんか


ポラロイドのインスタントカメラ、「スペクトラE」と呼ばれる商品になります。付属品は、ストラップがついてきます。

こちらは、古いタイプになり、状態としては、「以前動いていた」という具合です。フィルムがないようで、しかも、未確認という最悪なコンディションとなっているので、1週間の保障がついている配慮は施されています。

中古ですし、一か八かの賭けのような勢いになってしまうかもしれません。お値段もとてもお安く、購入して、動かない状態でしたら、返品もできる(不安な方は、直接お問い合わせをしていただく方が、確実となります)と思います。

大変レトロなデザインなので、オブジェとしても、活用していただけるのではないかと、個人的には思っています。

玄関に置いてみたり、椅子の本が積んである頂上に置いてみたり、棚のオブジェにしたり、無造作に配置してみたりと、シーンを選ぶことなく合わせていただけそうです。

また、動かなければ、修理に出すという手段もあります。どのくらい値が張ってしまうのかは不明ですが、もし、これが使えたら、最高だと思いませんか。
おすすめ度:

38,000
ショップで確認

ザ・スタイリッシュ!


昔の電話?と一瞬思ってしまいますが、こちらは、デザイナーズな、ポラロイドカメラとなっています。

現在では、デジタルカメラが普及していますが、ポラロイドで写真を撮る人達が多く、需要がまああったそうで、「Kaps」は、閉鎖されてしまったオランダにある、ポラロイド社の工場を丸ごと買い取り、ポラロイド用のインスタントフィルムを復活させるために、生産、販売を再開させて、実現しました。

そして、新たなポラロイドカメラとして、「The l-1」を開発し、フィルムカートリッジを設けて、撮影をすれば、カメラから、すぐに写真取り出すことができ、徐々に画像が浮かび上がってくるという、今となっては、大変レトロな、ポラロイドカメラが、クールになって復活したのだそうです。

こちらの『The I-1』は、オートフォーカス機能が備えられており、また、小型で軽量なので、撮影をする時にも苦になりません。

電話機のようなデザイン(ダイヤルの部分です)の、レンズを1周する仕様となっている、LEDのフラッシュには、被写体までの距離や、光環境を基にして、フラッシュの加減を自動で、調節してくれるという優れモノです。

また、ここが、最先端ですが、Bluetooth4.0が搭載されているので、アプリを通じて、遠隔操作で、トリガーリング、二重露光、タイマーセット、ノイズトリガーなどの機能や、シャッタースピード、F値のマニュアル操作などが可能となっております。
おすすめ度:

45,700
税込、送料込

シルバー?


タイトルには、シルバーと書かれているのですが、どこがシルバー?と思ってしまうほど、シルバーの部分を探してしまいました。

こちらは、「amazon.co.jp」さんからの品物になりますが、情報が不十分ですので、私、個人的な意見を、ツラツラと述べさせていただきたいと思います(大きさの記載はありますので、記載させていただきます。

25.4×25.4×25.4cmと、結構大きいサイズですが、ポラロイドカメラというのは、おそらく、こういうモノではないかと思います)。

ちょっとしたロボットのようなフォルムをしているように感じてしまったのは、ライトの部分のつなぎ目です。あれはきっと、可動式ではないかと思うのです。

収納する時には、ライトの部分が、レンズの前に来て、パタンと倒れて、コンパクトに収納することができるのではないかと思うのです。

そして、撮影する時になって、スイッチを入れたら、そのライトの部分が、ウィーンと持ち上がるのではないかと、想像しています。

もしくは、手動で動かすことができるのではと思っています。この形も、良く見るクラシックなデザインなので、「ポラロイド」で撮っている感を実感していただけそうですね。
おすすめ度:

34,944
税込、送料込

写真を見て思わず「うわー本物だー」と皆が思うポラロイドカメラ


上段のシルバーカメラの、色違いになります。

こちらのカラーは、ゴールドとなっています。「えっ?どこが?」と思ってしまいますが、ガンダムの世界で登場する、百式のようなカラーリングとなっています。

マックスが、はじめから持っていたポラロイドカメラっぽいデザインをしています。はじめに壊してしまいますが、時間を巻き戻して直します。ですが、結局壊れてしまうというポラロイドですが、このポラロイドは、壊れてしまうという運命であると、諭すこともできます。

とても、特別感がる雰囲気が辺りを漂っている、そんなデザインとなっています。フォルムなどは、上段と同様となっているので、カラーのことしか触れませんが、昔のポラロイドであったら、少し黄ばんでいるイエローでもいいなと、個人的には思ってしまいました。

ちょっと古ぼけているような部分があって、それが、レトロ感があるというような気もしてきます。見た目はレトロではありますが、カラーのおかげで、なんとなくですが、今時のファッションにも合わせていただけるのではないかと思います。

このポラロイドカメラも、一つのアイテムとして、ポイント使いができるかもしれません。パーティーなどで、これを持って行ったら、みんなで撮りまくって、盛り上がること間違いなしです。その時の楽しい気分や、空気までも閉じ込めたような、または、切り抜いたような、そんな1枚が出てきます。

この、出てくる時も、楽しいですよね。パタパタとするのが、お決まりです。
おすすめ度:

22,800
ショップで確認

めちゃくちゃコンパクトな、デジタルなインスタントカメラです


こちらには、従来のモデルが存在していました。「Polaroid Snap」という名前なのですが、こちらの新しいバージョンということになります。

3.5型のタッチパネル式の液晶モニターが搭載されているので(従来のモノには付いていないようです)、ライブビュー画面を見て確認をしながら、撮影をすることができ、また、撮影後にフレームを付けたり、スタンプを押すという加工の編集がタッチ操作で行うことができてしまうのです。

「ZINKペーパー」を使用した、プリンターが内蔵されているので、その場で、すぐにプリントすることが出来てしまいます(5.1cm×7.6cmで、プリントにかかる時間は、1分未満)。

現代のプリクラ的な感じでしょうか。また、1,300画素のCMOSセンサーが搭載されているデジタルカメラとなっています。

もちろんですが、Bluetoothが内蔵されているので、スマートフォンのアプリと連携して操作することも可能となっています。便利な、液晶モニターが搭載されていることで、1080pのfullHDの動画を撮影することもできてしまいます。

SDカードは、128GBまで、使用することが出来ます。
おすすめ度:

19,240
税込、送料込

現代と古典が融合したポラロイド、インスタントカメラ


「OneStep 2」とネーミングがつけられている、こちらのインスタントカメラは、現代的なスタイルに、加え古典的なデザインがブレンドして作られている、現代の時代で使うことができる、アナログインスタントカメラとなっています。

ポラロイドのオリジナルである「OneStep」を基にして、機能を向上させているモデルとなっています。時間を空けずに、すぐに使用することができるという、簡単で、誰でも使うことができるというインスタントカメラになっています。

これは、嬉しい機能のアップデートではないでしょうか。

毎回のように、失敗することなく、素晴らしい写真を撮るために、レンズを高品質にし、また、フラッシュの部分を強力モノが装備されております。

また、充電式の電池は、長持ちするので、旅行や、イベント、パーティー、誕生日、日々のちょっとした「これ、撮っておきたい」と思ったモノなどを、すぐに写真に撮って、その場でプリントすることができ、インスタントフィルムには、メッセージを書くこともできるので、ちょっとしたメモや、伝えたいことなどを添えて、デスクの上や、テーブルの上に残しておくこともできてしまいます。
おすすめ度:

まとめ


(出典:http://weheartit.com/entry/272468365?context_query=インスタントカメラ&context_type=search)

(つづき)ゲームをやった人なら、インスタントカメラを見たら、「あっマックスだ!」と思ってしまうほど、このインスタントカメラで撮った写真が、キーポイントになってくるので、印象的なアイテムです。

全く興味がなかった人も、ちょっとやってみたいかもと、思ってしまった方も多いのではないでしょうか。そんな方に、オススメするインスタントカメラは、実は、たくさん未だに存在していました。お好みのインスタントカメラをお選び下さい。

ゲーム内でも、主人公のマックスが言っていましたが、「ちょっと高いんだけどね」と、フィルムを買わなければならないので、少し高くついてしまうのは、仕方がないことなので、あらかじめご了承ください。


▼参考サイト

専門的な内容や、詳細などは、以下のサイトから1部参考にして、本記事を作成させていただいております。

※1二眼レフとは:http://www.mediajoy.co.jp/mjc/camera_review/nigan/whats.html]]


このエントリーをはてなブックマークに追加
このリストは参考になりましたか? はい いいえブックマークする

関連するまとめ

コメント

コメントを書くにはログインしてください。かんたんユーザー登録は無料です。
外部ID(Yahoo JAPAN ID、Livedoor ID、mixi OpenID、はてなID、JugemKEY)でもログインできます。

ユーザー登録のヘルプ

ID:
supaghetti
自己紹介:
ブログ/HP:
レベル:
-
2017/10/04   2017/12/16   コメント(0)
ブックマーク(0)   印刷   友達に教える
本・雑誌・コミック
Tags  インスタントカメラ カメラ 二眼レフ ライフ・イズ・ストレンジ ポラロイドカメラ Life Is Strange マックス
URL
Link

人気のある「本・雑誌・コミック」に関するリスト

> 本・雑誌・コミックのランキングをもっと見る

このリストの関連ランキング

モノログで今人気のリスト