検索オプション
 

バスケットボールに必要なもの揃えちゃいました!バスケを始めるならとりあえずこれから!

バスケットボールを始めたいけど何からやればいいのかわからないこと多いですよね?まず、必要なものを集めましたので参考にしてみてください。ちょっとマニアックなところにまで追求しながら、上達方法なんかも伝授していきます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
view:1387
3,510
ショップで確認

【楽天】 eSPORTS eケンコー支店

バスパン


バスパンという愛称で呼ばれますが、ゲーパン(ゲームパンツ)やハーパン(ハーフパンツ)とも呼ばれます。
バスケットボールの練習をするにあたって非常に動きやすくかつ、ユニフォームと同じ素材、同じ作り、同じサイズなので試合と同じ動きができます。
ジャージとの違いはまさにそこで、ジャージのように体にフィットしている服装はバスケットボールの試合では使いません。ほんの数ミリの違いでドライブのキレが変わるので、できる限りユニフォームに近いもので練習した方がいいです。

例えば、レッグスルー1つをとったとしても、ジャージのように体に張り付いているものと、ユニフォームのように少しダボついたものとでは勝手が違います。
また、ドライブやカットインの動作もゆれるユニフォームやバスパンの方が動きが把握しやすくディフェンスの対応も変わってきます。
これらのことをふまえただけでも、ジャージよりもバスパンの方がいいことがわかります。
おすすめ度:

5,961
ショップで確認

バッシュなくしてバスケットボールは始められない


バスケットボールシューズというくらいなのでバッシュはバスケットボールの命とも言えます。
足を保護するとよく聞きますが、実際使っていると、保護されているよりも動きやすい方が断然上です。

例えばよく聞くのがぴたっと止まる。ですが、これは確かにそうです。しっかりと足首を固定させるバッシュは急なストップはもちろんのこと、ターンやキッキングにも非常に優れています。
オフェンスよりもディフェンスのためにあるものと言えるかもしれません。

選ぶコツとしては、はいた時にすこし大きいなと感じるものを選びます。
これは、バッシュの特性にあるのですが、バッシュをはくとき、ヒモを思いっきりぎゅっとしめるので、足首がしっかりと固定されるのです。そして足首より下は、若干大きめのバッシュの中で左右に自由に動けることで、足首を固定したまま小刻みな動きに対応しやすくなるのです。
つまりは、重心をのせたままの移動が可能になるのです。これには、使ってみないことにはわからないと思いますので、感覚として、いつもより少し大きめのサイズを選ぶと覚えておくといいですよ♪
選ぶメーカーとしては、無難なのがアシックスやMIZUNOです。アシックスは日本人よ足に合う形のバッシュを作り出しているのですごく足に馴染みます。
ナイキは見た目がかっこいいのですが、日本人の足には合わないことで有名です。
しかし、重みがあるのでパワープレーにはずっしりと重心を乗せられます。
履いてみて履き心地を試してから選ぶといいですよ☆

中敷きをたかくあげることでクイックネスがあがると言われていますが、実際には大差がないのが通例で、中敷きなどを高めるくらいならハンドリングやキッキングに磨きをかける方がいいです。
おすすめ度:

7,078
ショップで確認

【楽天】 Sportsman 楽天市場支店

公式球


こちらは7号という大きさです。
男子バスケットボールの公式の大きさで、女子はこれより1つ小さい6号を使います。
皮のボールなので室内で使うのがメインですが、ごくまれに、皮のボールを外で使っている人がいます。
砂利などで皮が傷つき使い物にならなくなるので、なるべく室内での使用をオススメします。
また、外で使うならば、ゴム製のボールもあるので、そちらを使うといいですよ☆

室内で使っているとホコリなどが付着して滑りやすくなってきます。
そこでボール用のワックスで磨くときれいにホコリがとれます。
空気が抜けてきたら空気を入れるのも忘れないでください。
目安としては、ボールを手にのせて手を目一杯高くかかげて、そこから下に落とします。
およそ胸のあたりまで弾むのが理想です。

ワンハンドもボスハンドも、しっかりとボールにバックスピンをかけてシュートをします。
基本的にはバンクシュートがオススメです。
おすすめ度:

7,073
税込、送料別

バスケ上達には欠かせない


バスケの上達には欠かせない戦術やスキルアップの指南書です。
プレイヤー本人はもちろんのこと、指導者にも読んでほしい一冊です。

しかし、それだけでは変わらないのでそこから応用をきかせて独自の戦略を組み立ててください。
例えば、2ー1ー2のディフェンスにおいてどこを重点におくのかでだいぶ変わります。
中を固めるのはわかるのですが、インサイドに強いチームを相手に2ー1ー2をしくとよく指南書に書かれていますが、確かにそれも1つの正解かもしれません。しかしそれでは後手に回っているだけです。2ー1ー2ならそれでどのように狩りとるのかを考えなければならないのです。
例えば中を潰すとかトップを左右二人で挟むとか考え方はたくさんあります。
書いてある通りにしないで参考程度にしとくのがいいかもしれません。
おすすめ度:

1,690
ショップで確認

ハンドウォーマーは冬場のみかた!


手の甲を暖めてくれるハンドウォーマーは、寒い冬場に手がかじかむのを防いでくれます。
これによりドリブルなどのハンドリングはもちろんのこと、冬場のシュート力低下を抑えることができます。

手のひらはきちんと肌が露出しているので、ボールの感触はしっかりと感じ取れます。

試合などの公式戦では当然ながら使用できないので、練習の中で使ってください。
おすすめ度:

まとめ

バスケ上達


バスケットボールが上達するには2つのことが必要です。
1つ目は個人のスキルがあがること。
これは当然なので解説はいらないかと思うのですが、シュート力はもちろんのこと、ハンドリング、ディフェンス力がある選手がいることはチームにとって心強いですよね。
2つ目はチームとしてのスキルがあるかどうかです。
ここはとても重要で、このチームとしてのスキルがあるかないかは、バスケをしっているかどうかに繋がっていきます。
どんなに一人の突出した力をもったプレイヤーがいても一人では限界です。
それよりも一人一人の技術は普通もしくは普通よりやや上なのにチームとして足並みが揃っている方がはるかに強いです。

チームとして、どうやって攻めていくのか。守りはどうするのか。サイドスローの時は?エンドスローの時は?
こうやって、この時にはこうしようという攻め方を1つ1つ決めているチームは、しっかりと統制されていて、なかなか崩れないチームなのです。

上達方法

それでは、スキルアップの方法ですが、個人スキルの上達は先ほど紹介した本にたくさん載っているので、そちらを参考にしてください。
チームとしてのスキルですが、例えば、チームの攻め方を決めるとき、基本は誰がボールを運ぶ。しかし、プレスをかけられたらどうするのかをしっかりと決める。
シュートを決められた時は誰が誰にボールを出すのかを決め、誰がウイングで走るのか。ウイングはボールが来なかったらどうするのか。を決めていきます。
参考までにウイングはボールが来なかった場合には上まで上がることが多いです。これはウイングをする人が基本、2番とかのポジションの人が多いからで、もとの自分の位置に戻ったということです。
ボールはハーフまでは早く運ぶのが基本です。そのまま速攻ができるなら速攻で、ウイングに出せそうなら出します。無理ならハーフからセットオフェンスをします。
セットオフェンスのやり方は、チームの特徴を生かした攻め方がいいです。
例えば、インサイドに強いチームなら、中を中心に攻めるために、外が中をかきまわして、ディフェンスのほころびを狙います。
アウトシューターがいるなら、その人を生かすためにスクリーンを多用することになります。
攻め方はワンパターンにならないようにするのも大切ですね。

それぞれの攻め方をしっかりと据えながらスキルアップを目指してください。


このエントリーをはてなブックマークに追加
このリストは参考になりましたか? はい いいえブックマークする

関連するまとめ

コメント

コメントを書くにはログインしてください。かんたんユーザー登録は無料です。
外部ID(Yahoo JAPAN ID、Livedoor ID、mixi OpenID、はてなID、JugemKEY)でもログインできます。

ユーザー登録のヘルプ

ID:
syunsyun
自己紹介:
ブログ/HP:
レベル:
-
2017/06/02   2017/06/02   コメント(0)
ブックマーク(0)   印刷   友達に教える
スポーツ・アウトドア
Tags  バスケットボール バスケットボール用品 スキルアップ 戦略
URL
Link

人気のある「スポーツ・アウトドア」に関するリスト

> スポーツ・アウトドアのランキングをもっと見る

このリストの関連ランキング

モノログで今人気のリスト