検索オプション
 

【ピアス大好き!】ピアス好きは集まれ!ピアスをあける部位などご紹介!

ピアスは好きだけどどこにあければいいかわからない人とかいませんか?そんな方のためにオススメのピアスを開ける部位などをご紹介しちゃいます☆これでピアスを開けるときに迷いませんよ♪また、その部位の開け方についても説明していきます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
view:167
25,800
税込、送料込

王道のロブ


イヤーロブと呼ばれる箇所は耳のピアスの箇所では最もポピュラーで耳たぶの部位になります。
痛みも比較的少なく、安心して開けられる箇所です。
開けたい場合には、ピアッサーもしくはニードルを使用するか病院で開けてもらうことができます。
イヤーロブでもその箇所によって変わってくるので、自分が開けたいと思う場所をしっかりとマーキングして鏡を見ながら開けるようにした方がいいですよ♪
ちなみに、イヤーロブに開けるのは比較的手軽にできますが、曲がらないように注意しないといけません。
最初なので大きさは18G(ゲージ)くらいがいいでしょう。
そこから拡張ピアスを使って14Gくらいまで広げればつけられるピアスの種類も増えますよ♪
おすすめ度:

891
ショップで確認

【楽天】 ボディピアス専門店JEWEL’s

ヘリックス


耳の軟骨の中でも下の方に位置する部位がヘリックスです。
ニードルでも開けられますが、軟骨用のピアッサーでも手軽に開けることができます。
尚、軟骨は一度開けてしまうと、拡張ができないので、開ける時に大きさをそれなりの大きさにしておくことをオススメします。
というのも、軟骨はすでにボディーピアスという部類に入るのですが、ボディーピアスはサイズが大きいものが多いので最初から大きく開けておくと無難です。

こちらで紹介しているこのピアスもヘリックスにつけられるのですが、大きさは6Gとかなり大きめです。
やはり最初から大きめの穴を開けておくといいですよ♪
おすすめ度:

540
ショップで確認

【楽天】 ボディピアス専門店JEWEL’s

トラガス


耳の中で内側できらりとひかるトラガスは憧れる人も多いです。
開けるには基本的にニードルで開けますが、ピアッサーでも開けられないことはありません。
しかし、非常に開けづらい箇所なのでニードルで手軽に手堅く開けるのがベストです。
また、トラガスは独特の痛みがあります。
通常の開ける箇所とは違い、耳の内側にキーンとした鋭い痛みが走りますので、覚悟しておきましょう。
こちらのマーキングペンでしっかりと開ける箇所を見極めるようにマークをつけておくといいですよ♪
おすすめ度:

979
ショップで確認

ラブレット


口にあける箇所としては一番の人気の箇所です。
場所で言いますと一番下の部位です。
開けていると目立ちますし、引き立たせてくれるのでオススメです♪

こちらは口専用ピアッサーでも開けることができますが、ニードルで開けることをオススメします。
耳よりも激痛が走るようなのでそれなりの覚悟が必要な箇所ですが、開けてしまえば、目立ちますし、おしゃれのはばが広がりますのでいいですよね☆彡

ちなみに、こちらのピアッサーは14Gなので、通常のピアッサーよりも大きめです。
ヘリックスやアウターコンク、トラガスにラブレットなどをあけるのに最適ですよ♪
おすすめ度:

1,150
税込、送料込

リップ


唇にあける箇所です。
先ほどのラブレットは口の皮膚に開けますが、リップはその名の通り唇に開けるピアスです。
リップの場合には比較的小さめの大きさでも十分通用するというメリットがあります。
また、あける時の痛みも少ない箇所なので、初心者だけど耳だけでなく口に開けたい人にオススメの箇所です。
ニードルよりも口用のピアッサーで開けることをオススメします。
また、動かないようにクランプで固定するのも大事です♪
おすすめ度:

1,296
ショップで確認

【楽天】 ロキボディピアスshop

センタータン


舌にあけるピアスの中でど真ん中のピアスです♪
舌にあける場合には最低でも2週間は外せませんのでそこは注意しておきましょう。
また、あけて3日〜1週間は舌が腫れます。そうすると物がうまく噛めなかったり、うまく会話ができないこともありますのでそこは覚悟して開けましょう。
ちなみに、舌のピアスはどこの箇所も基本的に開けてしまうとつけっぱなしが基本です。これは、舌は粘膜と呼ばれる部位なのですが、粘膜は傷の治りがはやいので、外して1時間もしたらピアスホールが狭くなっているなんてこともありえます。
なので基本的に外さないようにしましょう。

開け方はニードルであけます。大きさは14Gくらいがいいでしょう。
つけるピアスの大きさは個人の自由ですが、開けた時に舌が倍近く腫れるので、そこも予想したピアスの長さにしておきましょう。
センタータンは開け方が他の箇所よりも少々手間で、まずしっかりと舌を磨きます。その後、イソジンなどでうがいをします。
クランプという道具で舌を固定してニードルで開けていきます。
センタータンは舌を前に出して軽く噛んで外に出ている部分で前すぎない部分にします。

注意

舌の裏筋はいわゆる静脈です。
傷つけると大変なことなのでぜったいにこの裏筋は傷つけないようにしましょう。
横から見ると上が奥側で下が手前側に斜めになっているようになっています。

開けた後のケア

口の中に今までなかったものがあると、無意識に触れてしまったり動かしたりしてしまいがちです。
そうなるとピアスホールがいつまでも完成しないどころか、腫れてしまったり、口の中にできものができてしまうことがあるそうです。
こうなってしまうと治すのも大変なのでなるべく気にならないようにしましょう。
どうしても気にしてしまう場合にはピアスのボール(先端部分)を小さめのに変えてみてください。
そして、気になる症状が出た場合にはすぐ病院に行きましょう。

さて、舌のピアスを開けた場合にはうがい用のイソジンなどで1日5回以上うがいをして常に口の中を清潔にしておく必要があります♪
うがいをする時に無理に舌をうごかす必要はありませんので、しっかりとケアをしましょう。
また、歯磨きをする時に傷つけないように注意しましょう。
おすすめ度:

330
ショップで確認

【楽天】 ロキボディピアスshop

目立たないピアスが必要ならばこれ


こちらのピアスは透明なピアスなので、開けているのが目立ちません。
仕事や学校、アルバイトでピアスが目立つのがNGな人向けのピアスです♪
サイズは18Gなので小さめであけたばかりで拡張もしてない人向けのピアスです☆彡

ちなみに、ピアスを開けてすぐにこちらの透明ピアス(とおピン)に変えるのはオススメしません。
とおピンは先端がとがっていないので、ホールに入り辛いですし、すべりません。
開けたばかりだとかなり痛むのでピアスホールがきちんと完成してから開けることをオススメします♪
おすすめ度:

まとめ

ピアス・イヤリング・イヤーカフ


さて、ピアスについて紹介していきましたが、最近ではピアスを開けなくてもおしゃれが楽しめます♪
特にイヤリングについてはピアスと同じデザインのものも多く、ピアスの穴を開けていなくてもおしゃれを楽しむことができます☆彡
また、イヤーカフについてはもっとデザインがおしゃれで、ピアスの穴を開けている人もデザインによってはイヤーカフをつける人がいるくらいです。

ピアスの処理

さて、それではピアスをあけた後の処理についてお教えいたします。
まず、ファーストピン(ピアスを開けた時につけるピアス)は基本的にピアスホール(ピアスの穴)が完成するまでは外したり別のピアスに変えることはしない方がいいです。
まず第一に、完成する前に別のピアスに変えるのは痛いということが挙げられます。ピアスの穴をあけるということは傷をつけるわけですから、その傷つけた箇所を無理やり別のピアスに変えるのは傷をよりえぐるようなものなのでかなり痛いです。
また、人間の体は再生能力が備わっているので、開けてすぐに別にピアスに変えると、せっかく開けたピアスホールが塞がってしまう可能性もあります。
なので、基本的にはピアスを開けたら基本的には他のピアスに変えるのはピアスホールが完成するであろう2週間後くらいは待つのです。
これら2つの理由(痛いこととピアスホールが塞がる可能性)から、ファーストピンは変えないという前提で処理についてお話ししていきます。
ファーストピンも動かし続けるとピアスホールに傷がついて膿ができたりしてしまうので、基本的には触らないというのが前提です。
まず、ファーストピンを前か後ろいっぱいに動かします。
すきまがあいたらそこに消毒液をかけます。
今度は逆側にも消毒液をかけます。
そのまま前後に数回動かします。
これで消毒は終了です。
お風呂ではしっかりと垢などを除去するためにピアス部位だけを洗ってください。

注意

開けたばかりだと、今までの生活と同じようなアクションをとりがちですが、そのたびにピアスをひっかけてしまうなんてこともあると思います。
例えば、耳(特にアウターコンクやヘリックス)などは髪の毛をふいたり洗ったりするのに引っ掛かりがちです。
うっかり忘れて強くひっかけてしまうと炎症や腫れる原因にもなるので開けたばかりは特に注意しましょう。
また、口(リップやラブレット)に開けている場合には飲み物にも注意が必要ですよ。
開けたばかりは油断しないようにしましょう。

もう一つ気を付けなければいけないのが、金属アレルギーです。
これに関してはもう半分は諦めるしかないのですが、金属にふれ続けてもなるそうなので、そこには注意しましょう。
そして、もともと金属アレルギーの人もいます。
そんな人は金属であるピアスはつけられません。
その代わりにチタンでできたピアスを付けることができますので、そちらのピアスを選ぶようにしてください。
筆者は一度金属アレルギーで耳が真っ赤に腫れた人を見たことがありますが、かなり痛そうでしたよ。
そうならないためにも少々高いチタンのものをオススメしています。

やってはいけないことと豆知識

よく聞くのが、ピアッサーやニードルを使わずに、安全ピンや画びょうであけようとする人がいますが、それはオススメしません。
まず、ロブにしても裏側がとても固くてそこの部分があけられません。
そして、いくら消毒をしていても腫れます。
筆者も安全ピンで開けたことがあるのですが、無駄に痛いだけで最後の後ろの部分がひっかかり、穴が開かずに断念し、結局ピアッサーを使いました。
また、開けるときに筋繊維が破れる音なのか『ぶちぶち』という音が聞こえ、少々気持ち悪いです。
これらも含めて安全ピンや画びょうを使うことは本当にオススメしません。

また、ピアッサーであける場合には、最初に耳を氷などで冷やしてからあけると痛みが和らぐそうですよ♪
ニードルの方がピアッサーよりも痛みは小さいのでそちらも覚えておくといいですよ♪


このエントリーをはてなブックマークに追加
このリストは参考になりましたか? はい いいえブックマークする

ユアガイドで探す

local_offerピアス local_offerオススメ local_offerおしゃれ local_offerあける箇所

関連するまとめ

コメント

コメントを書くにはログインしてください。かんたんユーザー登録は無料です。
外部ID(Yahoo JAPAN ID、Livedoor ID、mixi OpenID、はてなID、JugemKEY)でもログインできます。

ユーザー登録のヘルプ

ID:
syunsyun
自己紹介:
ブログ/HP:
レベル:
-
2017/11/08   2017/11/08   コメント(0)
ブックマーク(0)   印刷   友達に教える
アクセサリー・時計
Tags  ピアス オススメ おしゃれ あける箇所
URL
Link

人気のある「アクセサリー・時計」に関するリスト

> アクセサリー・時計のランキングをもっと見る

このリストの関連ランキング

モノログで今人気のリスト