検索オプション
 

【徹底比較!】お湯を沸かすならどれが安いの?

お湯を沸かすときにふと思ったことありませんか?やかんで沸かすのと、電気ケトルで沸かすのとどっちが安いのか?楽なのか?と。そこで今回は色んなものでお湯を沸かしたり保温したりするときの楽さと料金を比較してみましょう☆
このエントリーをはてなブックマークに追加
view:1
5,800
ショップで確認

瞬間的にお湯を沸かすなら電気ケトル♪


電気ケトルは瞬間的にお湯を沸かすことができるので、時間がない時などにとても重宝します。
そんな電気ケトルはお湯を沸かすのに特化しているので、保温することができません。
つまり、お湯を沸かすのは早いのですが、冷めるのもはやいのです。

お湯を沸かすときの料金は?

さて、それではそんな電気ケトルでお湯を沸かしたときのその料金はいくらくらいかかるのでしょうか?
メーカーなどによっても違いますが、だいたい電気ケトルで1リットルのお湯を沸かすときの1回の料金は3〜4円程度かかります。
保温は出来ないので、温めるたびにかかります。
また、その容量は少ないので、すぐ使いたい場合に使うなど限定的ではありますが、そのお湯が沸く早さはかなり便利ですよね?
使い勝手は申し分ありません☆
おすすめ度:

7,020
ショップで確認

【楽天】 ライフテック フーズ&コスメ

保温機能は最高峰


電気ポットの特筆すべき特徴はその保温機能の高さです♪
電気代こそかかりますが、設定した温度よりも中のお湯の温度が下がった場合には温度を設定した温度まで上昇させてくれます♪
こんなに便利なものはありませんよね?
それに沸騰させることも可能なので、これ1台あれば沸騰から保温まで賄える代物であることは間違いありません☆
1日に何度もお湯を使う場合などに向いており、1日使った場合およそ27円程度かかります。
ケトルとは違い、1日の場合なので間違えないようにしましょう。

電気ケトルとの大きな違い

電気ケトルとの大きな違いとしては、その容量の多さと保温機能ではないでしょうか。
電気ケトルはお湯を沸かす早さこそありますが、その量は少なく、保温機能も備わっていません。
代わりに、電気ポットは大容量で保温機能がありますが沸くまでの時間はかなりかかりますし、電気代もその分かかります。
おすすめ度:

5,112
ショップで確認

大容量でお湯沸かしの定番♪


お湯を沸かす場合にはやかんは定番中の定番ですよね?
そんなやかんですが、お湯を沸かすのにおよそ3円程度かかります。

やかんの大きな特徴は、その選べる容量にあります。
大容量のやかんならば4人分程度のお茶などを余裕でまかなえますし、少量ならば少人数に向いています。少量ならば当然ながらはやくお湯を沸かすことができます♪その分コストダウンにもなりますよね?
ただし、やかんは保温ができないので、すぐ使う場合にのみしか使えません。
しかし、例えば、やかんで直接お茶を沸かしたりすることができるので、そういった意味では電気ケトルや電気ポットよりも使い勝手がいいかもしれませんね。
おすすめ度:

2,376
ショップで確認

保温して持ち運べる


魔法瓶は言わずと知れた、持ち運びするのにとても便利な保温機能をもったアイテムです。
当然ながら、これだけではお湯を沸かすことはできませんが、その保温機能はピカイチで、筆者の体験ですが、温かい紅茶を朝早く(5時)に魔法瓶に入れて外出して夜(5時)まで温かかったことを覚えています。ちなみに真冬の寒かった時期でしたので、その保温効果は12時間もったことになります。
電気ポットは確かに保温性脳では右に出るものはないかもしれませんが、持ち運びができる点ではこの魔法瓶はとても優秀だと言えそうです☆彡
おすすめ度:

8,100
ショップで確認

【楽天】 e-netshop オフィス文具堂

さっと温められる優秀な家電


電子レンジと言えば当然、料理を温めたりするものなのですが、お湯を沸かすこともできますよね?
なによりも特筆すべき点は、冷めた飲み物を再び温め直すことができるということです♪
こればかりは、電気ケトルも電気ポットも魔法瓶にもできないことですし、やかんだと時間がかかりますよね?
しかし、電子レンジならば温め直しがさっとできます♪
コーヒーや紅茶などを温め直すならばぜひ電子レンジを使ってください♪
おすすめ度:

まとめ

シーンに合った使い分けを


電気ケトル、電気ポット、やかん、魔法瓶、電子レンジそれらに長所と短所があり、シーンごとに使い分けることで電気代をおさえられたり、手間を省くことができます。
ではまとめてみましょう。

今すぐに使いたいならば電気ケトル

今すぐにお湯を使いたいのであれば電気ケトルが一番オススメです♪
なんだかんだで、電気代もかかりませんし、なによりも早いです。
しかし、今すぐにお湯を使いたいけれども大量に必要な場合には電気ケトルは不向きなので、その場合にはやかんが最適になります。

大量に必要ならやかん

お湯を大量に必要とするならば多少は時間がかかりますがやかんが最適です♪
沸く時間は電気ケトルには劣りますが、電気ポットよりもはやくて安く済みます☆彡
また、お茶が大量に必要などやかんで直接作れる場合にはそのままやかんにお茶パックを入れて沸かすこともできるという手軽さがあります♪

長時間使うなら電気ポット

お客さんが来て、いつ帰るかわからない。
コーヒーやお茶を何度も出すような場面では電気ポットがオススメです♪
一度沸かしてしまったお湯を電気ポットに入れて保温しておけばとりあえずは安心ですよね?
ただし、電気ポットでお湯を沸かしたりすると時間と電気代が無駄になるので、沸かす時は電気ケトルかやかんで沸かすようにするといいですよ☆彡
ただし、どうしても手が離せなくて仕方がない時には電気ポットで沸かすのも手かもしれませんね。

外出するなら魔法瓶

外出先に持っていきたい場合にはもう魔法瓶しかないので魔法瓶に入れます。
しかし、例えば1時間くらいしか人がおうちにいないと仮定します。
そしてお茶を2回くらい出すとしましょう。
そんな時には電気ポットややかんを使うよりも電気ケトルと魔法瓶を使う方が電気代がカットできます♪
電気ケトルで沸かしたお湯で1回分のお茶をいれて、残りのお湯は魔法瓶で保温しておくのです。
ある程度の時間なら保温される魔法瓶は使い方次第で電気代の節約に使えます☆彡

すでにできあがっているものを出すなら電子レンジ

例えば、ココアやコーンスープを作るとします。
そんな時には手っ取り早く電子レンジで作るのもありですよ♪
少量のお湯でココアやコーンスープの粉をしっかりと溶かしたらあとはお水を入れて電子レンジにかけるだけです♪
これで温かいココアやコーンスープが飲めます☆彡
また、冷めてしまったお茶やコーヒーを温め直すのも電子レンジが最適ですよね?
注意
電子レンジには使える食器と使えない食器があるので気を付けましょう
また、金属でできたものは絶対に使えません。
スプーンなどを一緒に温めたりしないように注意してください

まとめ


いかがでしたか?
なんだかんだで、使い勝手や電気代、その場その場で変わってくるのでなんとも言えないですし、それこそ全部をそろえるのは大変ですが、電気ポットがあれば保温からお湯沸かしまでできるにはできます。
しかし、普段家にいる時間がそんなにない人は電気ケトルでも十分のようにも思えます。
今回の記事を参考にして、お湯を沸かすアイテム探しに役立ててみては?


このエントリーをはてなブックマークに追加
このリストは参考になりましたか? はい いいえブックマークする

関連するまとめ

コメント

コメントを書くにはログインしてください。かんたんユーザー登録は無料です。
外部ID(Yahoo JAPAN ID、Livedoor ID、mixi OpenID、はてなID、JugemKEY)でもログインできます。

ユーザー登録のヘルプ

ID:
syunsyun
自己紹介:
ブログ/HP:
レベル:
-
2017/12/06   2017/12/06   コメント(0)
ブックマーク(0)   印刷   友達に教える
家電・AV・カメラ
Tags  電気ケトル 電気ポット やかん 魔法瓶 比較 電気代 手軽さ 違い
URL
Link

人気のある「家電・AV・カメラ」に関するリスト

> 家電・AV・カメラのランキングをもっと見る

このリストの関連ランキング

モノログで今人気のリスト