検索オプション
 

リオデジャネイロ五輪開催直前!開催国ブラジルが舞台のおすすめ映画14選

  1users
2016年8月5日、第31回リオデジャネイロオリンピックが開催されます。開催国のブラジルは南アメリカ最大の国で、サッカーやリオのカーニバルが有名な国です。そこで、オリンピック開催を記念し、ブラジルが舞台になった映画を集めてみました。
このエントリーをはてなブックマークに追加
view:105
1,850
税込、送料別
名作の舞台はブラジルの架空都市
誰もが知るシェイクスピアの名作ラブストーリー。時代設定を現代にし、舞台がブラジルの架空の都市ヴェロナ・ビーチということで選んでみました。服はアロハシャツ、武器は剣ではなくてピストル。バズ・ラーマンのスタイリッシュな映像と音楽、主演のレオナルド・ディカプリオとクレア・デーンズの瑞々しい演技は、多くの若者の心を捉え、サントラもバカ売れ。翌年「タイタニック」が公開され、ディカプリオは世界的に大ブレイク。しかし、本作のディカプリオが一番美しいと個人的に思っている。
おすすめ度:

3,093
ショップで確認

ぐるぐる王国 スタークラブ Yahoo!

若き日のチェ・ゲバラの青春の1ページ
1952年 、ブエノスアイレスに住む医大生エルネストは、友人のアルベルトと共に1台のバイクで12,000キロの南米大陸縦断旅行へ出かける。途中、南米先住民族や、銅山の最下層の労働者、ハンセン病患者らとの出会いなど、さまざまな出来事を通して南米社会の現実を思い知らされる。ブラジルも含め、南米の風景が満喫できるロードムービー。喘息持ちの青年が映画が進むにつれ、この旅が革命家チェ・ゲバラの原点を作ったと感じとれる。この映画を見て南米旅行に行った人も多いとか。
おすすめ度:

38,800
税込、送料別
ベネチア映画祭金熊賞受賞の秀作
元教師をしていたドーラは、リオデジャネイロの中央駅で代筆業を営んでいる。ある日、一人の女性が夫宛の手紙を頼みに来た。ところがその女性は直後に交通事故で死亡、9歳の少年ジョズエが残される。見かねた彼女は、ジョズエを連れて彼の父親探しの旅に出る・・。導入部のリオはエネルギュでブラジルの暗黒面が描かれ、バスの旅が始まると貧しい農村地帯の乾いた静かな風景へと変わっていく。偏屈で孤独なドーラが、ジョズエと旅するうちに柔らかな表情になっていく様子がじつに自然でいい。ブラジル映画の名作です。
おすすめ度:

943
ショップで確認
世界で一番陽気な地獄で生きる少年たち
1960年代末から80年代初頭。ブラジル・リオデジャネイロ郊外の街“シティ・オブ・ゴッド”を舞台に、強盗、麻薬ディーラーなどをして金を稼ぐストリートチルドレンたちの抗争を実話を基にして描く。実際に現地のスラム街で素人を募集してオーディション、演技訓練を施し、一部の役柄を除き主要キャスト含めてすべてアドリブ主体の演技を撮影。小気味いい映像と音楽のせいか、悲惨な映像が魅力的に感じるほど。しかし、根底に流れる不気味さがハリウッドのバイオレンス映画が可愛く見えてくるほど衝撃だった。
おすすめ度:

993
ショップで確認
「シティ・オブ・ゴッド」の兄弟偏
ファベーラで生まれ育ったアセロラとラランジーニャは、大の親友同士。ある日、ラランジーニャの長い間行方不明だった父親がファベーラに戻ってきた。父との生活を優先したくなったラランジーニャと、彼に距離を置かれたアセロラの関係が崩れ始める。「シティ・オブ・ゴッド」は少年たちがギャングになっていく様子を描き、本作はファベーラで育った二人の少年の目線で、父親不在のスラム文化が描かれる。どちらもリアルなファベーラの姿だが、2人の少年から感じる希望が嬉しい。
おすすめ度:

3,093
ショップで確認

ぐるぐる王国 スタークラブ Yahoo!

「セントラルステーション」の制作陣が描く悲しい運命に翻弄された兄弟の物語
1910年、ブラジル。ブレヴィス家とフェレイラ家は土地の権利をめぐって長年にわたり殺し合いを続けてきた。ブレヴィス家の次男トーニョは自分の兄を殺したフェレイラ家の人間を殺す。今度はトニーニョが命を狙われる番になり・・。負の連鎖をどこで断ち切るのか、淡々と描きながら寓話的な物語に感じるのは映像の力。ふと「ギルバート・グレイプ」を思い出す。主演のロドリゴ・サントロが美しい。「ラブ・アクチュアリー」の時よりも数段いい。

1,083
ショップで確認
夢を追う家族の絆と情熱に涙する
田舎で小作農として暮らすフランシスコは、長男のミロズマルと次男のエミヴァルをプロのミュージシャンにしようと決意。家計をやりくりして楽器を買い与える。やがて2人は、苦しくなる一方の家計を助けようと路上ライブを始める。ブラジルの国民的人気デュオ、ゼゼ・ヂ・カマルゴ&ルシアーノの半生をモデルに描いた感動作で、本国ブラジルで記録的大ヒットを記録。モデルとなった兄弟デュオは知らなかったが、兄弟を演じた子供たちの歌声が素晴らしい。人を惹きつける歌声とはこういうものかと思った。
おすすめ度:

1,100
ショップで確認

バンダレコード ヤフー店 Yahoo!

ゴミ山で拾ったものは希望だった
ブラジル、リオデジャネイロ郊外のゴミ山に暮らす三人の少年ラファエル、ガルド、ラット。ある日、いつものようにゴミを漁っていた三人は財布を手に入れる。実はその財布には、世界を揺るがすとてつもない秘密が隠されていた。街の悪徳警官に命を狙われながら、三人はその秘密を暴きだそうと奮闘する。監督は「リトル・ダンサー」のスティーブン・ダルトリー、脚本が「ラブ・アクチュアリー」のリチャード・カーティス。主人公の3人はオーディション選ばれた無名の新人で、スクリーンを生き生きと駆け巡る。
おすすめ度:

2,400
税込、送料込
実際に起きたバスジャック事件を負ったドキュメンタリー
2000年6月12日、リオデジャネイロでバスジャック発生。若い男が11人の人質を取り、立てこもる。犯人のサンドロはリオデジャネイロでももっとも貧しいスラム街で育ち、かつて起きた警官たちによるストレート・チルドレン虐殺事件の生き残りだった。関係者へのインタビューなどを組み合わせ、事件の臨場感がひしひしと伝わってくる。サンドロがなぜ事件を起こしたのか、ひと言で言えば貧困が原因なのだが、ブラジルの抱える闇が想像を絶するものだ。覚悟してご覧あれ。
おすすめ度:

5,998
税込、送料込
ベルリン国際映画祭金熊賞受賞のミニタリーアクション
リオにローマ法王がやってくることになり、軍警察の特殊部隊“BOPE”の隊長ナシメントは、法王訪問予定地トゥラーノの麻薬組織を一掃するよう命令を受ける。一方、新人警官のネトとマチアスは汚職にまみれた警察の姿にショックを受ける。ブラジルに実際にはびこる警察の腐敗や汚職を暴く内容に、何度も製作中止の脅迫を受けたらしい。公開されるやわずか1ヶ月でその年最高の興行収入を記録。銃撃戦が激しい勧善懲悪の物語。「ダーティハリー」とか好きな方は絶対好き。
おすすめ度:

3,694
ショップで確認
大ヒットを記録した「エリート・スクワッド」の続編
刑務所暴動事件の失態を受け、特殊警察作戦部隊から保安局へと左遷されたナシメント大佐はタンキ地区の警察署から盗まれた銃の行方を追っていた。盗まれた武器はスラムのギャングが持っているというタレコミが入り、ナシメント大佐はかつての部下だったアンドレ・マチアス大尉と共にタンキ地区の掃討作戦を開始する。前作の敵が麻薬バイヤーで、今回は警察内部の汚職がテーマ。悪が殺されてもまた新しい悪が。そう簡単には世の中変わらないというラストが説得力あり。
おすすめ度:

3,365
ショップで確認
インターネットに没頭する思春期の危うさ
ミスター・タンブリンマンというハンドルネームの少年はチャット相手からボブ・ディランのコンサートに誘われる。そのためには、自分が住む小さな村から出なくてはならなかった。ある日、ひとりの青年と出会う。男は恋人と心中をしたが自分だけ生き残ったのだという。少年はネットの中に亡くなった少女の写真サイトを発見する。ネットでしか人とつながれない思春期独自の危うさが、90年代のインディーズ映画を思い起こさせる。
おすすめ度:

3,280
税込、送料込
学生グループによる米国大使誘拐事件の映画化
1969年、ジャーナリスト志望の学生フェルナンドは、友人セザルと10月8日革命運動(MR-8)に参加。リーダーのマリアに米国大使エルブリックを誘拐を提案し、別のゲリラ組織ALNからベテランのふたりを迎え、計画を実行。彼らはマスコミを通じて政府に15人の政治犯の釈放を要求する。この年はアポロ11号が月面着陸した年で、ベトナム戦争真っ只中。アメリカの存在が強大な時代だ。事件を起こした学生は中上流階級の子弟だし、時代背景を理解しながら観ると面白いのでは?
おすすめ度:

1,980
税込、送料別
色鮮やかなブラジル北東部の風景に浸る
ダルレーニは決して美人ではないが、明るく不思議な魅力に満ちていた。ブラジル北東部の田舎町を旅立っていった彼女は、3年後、彼女は小さな息子を連れ町に戻ってくる。新居を建てたばかりの初老の男のプロポーズを受ける。新電気も水道もない新居での暮らしは過酷だ。そんな新婚家庭に2人の男がやって来て、夫婦と同居するようになる…。
実話を基に書かれた話で、日本人の我々には理解しがたい話なので傍観するように観るといい。映像がとにかく美しく、印象派の絵画を見ているよう。
おすすめ度:

まとめ

映画で知るブラジルは想像以上に魅力的


        

スラム街の過酷な貧困から起こる事件やブラジルが抱える闇を描いた作品は、日本では想像できない現実を否応なく突きつけられます。
一方で、大都市リオデジャネイロ以外のブラジル田舎町の風景は、とても新鮮でその美しさに目を奪われることも。過激な作品からここと温まる家族のドラマまで、こんなに個性豊かな作品があるとは・・・とても嬉しい発見です。
オリンピックイヤーの今年、ブラジルは世界から注目されています。直接行くことは難しくても、映画なら簡単にブラジルの空気に触れることができます。気になる作品があったら、ぜひご覧になってくださいね。


このエントリーをはてなブックマークに追加
このリストは参考になりましたか? はい いいえブックマークする

関連するまとめ

コメント

コメントを書くにはログインしてください。かんたんユーザー登録は無料です。
外部ID(Yahoo JAPAN ID、Livedoor ID、mixi OpenID、はてなID、JugemKEY)でもログインできます。

ユーザー登録のヘルプ

ID:
uchimura
自己紹介:
ブログ/HP:
レベル:
-
2016/06/24   2016/06/26   コメント(0)
ブックマーク(1)   印刷   友達に教える
CD・DVD・楽器
Tags  ブラジル リオデジャネイロ リオ 五輪 オリンピック おすすめ 映画
URL
Link