検索オプション
 

驚異のハチミツパワーを手に入れる方法 ハチミツの種類によってパワーも違ってきます。活用しようハチミツパワー

まだまだ知られていないハチミツの驚異のパワー。利用しないと損するパワーの一部を紹介します。身近にありなが、そのパワーは利用されず、結構遠いものになっています。ハチミツに殺菌作用ががあることを知っただけで、風邪の予防うがい、傷の手当、口内炎対策、火傷の手当等々、すぐに役立つことがたくさんあります。
このエントリーをはてなブックマークに追加
view:277

【グルメ大賞4度受賞店】 創業80年はちみつの専門店厳選ハチミツ 【業務用】ハンガリー産アカシア蜂蜜 2kg はちみつ

5,400
ショップで確認

【楽天】 創業75年 熊手のはちみつ

アカシア花はちみつ


ヨーロッパ諸国の中でも穏やかな気候でドナウ川などの大自然に囲まれた肥沃な土壌が魅力のハンガリーは、世界に誇る蜂蜜の生産国であり広大な平原の中でアカシアの森の中で養蜂が行われています。

ハンガリーの名産アカシア蜂蜜の収穫時期は5月から6月頃、蜜源によって色・味・香り・濃度・効能が全く違うはちみつですが、アカシア蜂蜜は白く、固まりにくく、癖のない味が特徴です。他のはちみつに比べてあっさりしており、どんな食材にも合いますので、はちみつの女王と言われ古くから愛されている逸品です。

一般に、ハチミツは低温になると固ってしまいます。冬場ハチミツがカチカチになり、使いにくい状態になっているなってことがしばしばあります。 そんな冬場におすすめなのがアカシアハチミツです。なぜなら、アカシアは果糖が多いことで固まりにくいという特徴があります。アカシアハチミツは、一年中コチコチに固まることはなく、寒い時期でも水飴状ていどになるだけです。

アカシアハチミツは、上品な風味で癖がありません。それにあと味がスッキリしています。ハチミツ特有の喉がやける様な甘さはなく、ハチミツに慣れていない人でも食べやすく、日本ではレンゲ花ハチミツの次に人気があります。レンゲ花ハチミツをハチミツの王様と呼ぶのに対して、アカシアハチミツはハチミツの女王と呼ばれています。

食べ方は、食パンにつけたり、コーンフレークにかけたり、ミルクにまぜたり、手を加えないストレートな使い方が多いようです。上品で癖のない風味で、スッキリした後味です。
解熱、消化器の調子を整える。便秘解消に効果があるとされています。
おすすめ度:

グルメ大賞4度受賞店 創業80年はちみつの専門店厳選ハチミツ フランス産アカシア蜂蜜(はちみつ)2.0kg【純粋蜂蜜】

6,800
ショップで確認

【楽天】 創業75年 熊手のはちみつ

フランス産アカシア蜂蜜(はちみつ)2.0kg【純粋蜂蜜】


美食の国に代表されるフランスでは、蜂蜜の歴史が日本よりも各段に長く、蜂蜜はフランス文化の一つと言えるほど人々に愛されています。
ヨーロッパの代表料理であるフランス料理を支える大切な調味料です。
料理に使用するだけでなくコーヒーに一杯、チーズにかけたりと、日本でいう醤油や味噌のように常にはちみつが生活の中に溶け込んでいます。

そんなフランスから「フランス産のアカシアハチミツ」純粋蜂蜜をご紹介します。
おすすめ度:

希少!28年熊本産 非加熱レンゲ蜂蜜 500g

3,400
ショップで確認

国産無添加専門ユーアンドアイ Yahoo!

熊本産 非加熱レンゲ蜂蜜 500g


希少な熊本産のレンゲはちみつです。純粋、非加熱。自然そのままの味をご堪能ください。結晶していますが、品質には問題ありません。小さなお子様には、直接食べさせないでください。

レンゲ花はちみつの特徴
レンゲの花からとれたハチミツです。味は上品で、まろやかな舌ざわり、淡い色が日本人好みに合っています。 国産のハチミツの中では、もっとも癖のないハチミツで、日本を代表するハチミツです。日本の養蜂の発祥地は岐阜と言われていますが、レンゲは岐阜の県花で、レンゲはちみつの国内産出量は岐阜がナンバーワンです。
しかしながら、現在では栽培地がかなり狭くなり、中国産のレンゲ花はちみつに押され気味です。

主に甘味料としてつかわれています。、肉や魚料理などの隠し味に使うのに適しています。パンやヨーグルトにかけたり、ホットミルクに入れたり、そのまま食べるのにも向いています。
便秘を解消や利尿作用があると言われています。
おすすめ度:

雅蜂園蜂蜜 国産みかん蜂蜜 300g

2,100
ショップで確認

【楽天】 京都太秦しぜんむら

雅蜂園蜂蜜 国産みかん蜂蜜


5月中旬から咲く白いみかんの花、この花を思わせるようなさわやかな、ほんのりミカンの味わいを秘めた香りと後味。色は比較的薄めです。柑橘系のフルーティーな香りと酸味が特徴で、デザートやサラダにも最適です。

みかんの花からとれる蜂蜜です。みかんの産地である、静岡、和歌山、広島、九州などで採れます。蓋を開けた時にみかんの香りがします。さっぱりした甘酸っぱい味が特徴的です。 この柑橘類特有の少し強めの香りと酸味のため、あまり人気がありませんでしたが、昨今では、逆に強い香りと酸味が人気となっています。レンゲ蜂蜜、アカシヤ蜂蜜に並部ほど愛好家が増えています。
色は透明感のある金色で、色が薄いほどよいものとされています。粘性が強いのも特徴です。紅茶によくあうハチミツです。よく合う料理としては、トーストに塗ったり、紅茶に入れたり、ヨーグルトと混ぜると美味しくいただけます。
咳止め、胃の調子を整える、便通をよくするといわれています。手作り化粧品の材料に使う人もいらっしゃるようです。
おすすめ度:

雅蜂園蜂蜜 国産くり蜂蜜 300g

2,100
ショップで確認

【楽天】 京都太秦しぜんむら

国産くり蜂蜜


6月初旬〜7月初旬まで山間部でとれ、はっきりと栗とわかる味がし、ローストしたナッツや焼き栗のような香ばしさ、色が濃く、香りは薬のように強いのが特徴です。

クリはちみつは、栗の花から採れるかなりクセの強いハチミツです。栗特有の渋みと独特の強い臭いがあり、焼き栗に似た香ばしさがあります。他のハチミツに比べると、あんまりおいしくないこともあり、これまで日本では敬遠されてきました。このため、市場に出回ることはほとんどありませんでした。

ところが、クリハチミツは、鉄分・ビタミン・カルシウムが特に多く含まっていることがわかり、「漢方蜜」と呼ばれるほどの滋養の高いハチミツだったのdふぇす。お隣の韓国では不老長寿の食品として人気があるようです。またイタリアでは、定番人気のハチミツのようです。このため、昨今見直されてき、このクリはちみつを好まれる方が増えているようです。

クリはちみつは、クロワッサンなどの濃い味のパンにあいます。独特な渋み、濃厚な甘味、栗特有の強い臭いがあり色も濃い茶褐色です。貧血、かぶれ(皮膚に塗る)にも効果があるようです。クセが強いので一般的な料理としてよりも、黒酢などと混ぜて、健康飲料としたり、イタリアやフランスでは、香ばしさを活かして焼き菓子に使用されているようです。
おすすめ度:

雅蜂園蜂蜜 国産りんご蜂蜜 300g

2,100
ショップで確認

【楽天】 京都太秦しぜんむら

国産リンゴ花はちみつ


4月下旬から5月中旬まで長野や東北で咲き、ほのかに香るりんごの味わいが楽しめます。色は赤褐色で大人から子供まで幅広く支持されています。デザート作りやアップルティーとしても楽しめます。

リンゴの花は、蕾はピンク、咲くと白い花になる、ちょっと不思議な植物です。このリンゴの花から採れたハチミツが、リンゴ花はちみつです。青森県など、リンゴの産地が主なハチミツの産地となります。リンゴの開花期間は10日ほどで、短かいために、生産量が限られます。ほどよい酸味で、きりりとした味です。アップルパイを食べたようなフルーティな味わいです。口に入れた後、ふわっとしたリンゴの香りが残ります。クセのない味で、そのままパンやヨーグルトに乗せると、おいしく食べられます。また、煮物の隠し味やアイスクリームの甘味料としても使えます。リンゴの風味のアイスができあがります。
おすすめ度:

【ニュージーランド産】マヌカ蜂蜜UMF5+

2,780
ショップで確認

【楽天】 蜂蜜の専門店、かの蜂

ニュージーランド産マヌカ蜂蜜UMF5+


ニュージーランド産高活性のマヌカ蜂蜜はニュージランドで古くから伝わる健康食品です。マヌカはニュージーランドのみに自生するフトモモ科の低木です。マヌカの葉や樹皮樹脂から抽出されるオイルや、蜂蜜には特別な抗菌作用があるとされ、風邪や解熱など薬草として使用されたり、外傷の治療薬として使用されてきました。

近年では日本でもその高い健康活性パーが注目され、健康維持や美容のために使用されている方も増えてきました。

UMF5+の蜂蜜
ニュージーランド国が許可した検査機関で、マヌカ養蜂の抗菌性を フェノール液(消毒液)濃度に換算して数値化したものがUMFです。マヌカ蜂蜜UMF5+の場合、100%の純粋蜂蜜でありながら、フェノール液5%の抗菌性が保証されています。一般に注射を行う際の消毒液のフェノール値は5%程度とされています。

UMF マークはニュージーランド国が許可した検査機関で、厳しい管理のもと厳選されたものだけにUMF マークが与えられています。ニュージーランドでは採取されるマヌカハニーの20%程度にしか与えられていません。本品はUMF5+です。UMFは安心・安全・高品質の証です。

マヌカ蜂蜜
春から夏にかけて、マヌカの木は白やピンクの可憐な花を咲かせます。この花から採取されるハチミツがマヌカ花はちみつ、通称マヌカハニーです。多彩なビタミン群のカルシウム、カリウム、鉄分などを含み、日本では健康食品としてとても人気があります。

このハチミツは、口や胃の中の菌を退治し、ヨーグルトと一緒に食べると、ピロリ菌を抑えると言われています。 もっとりした甘味で、ややスパイシー。ハーブのような爽やかな香りと、濃厚でこくのある味わいを持ち、ニュージーランドでは、最も高級なテーブルハニーとして珍重されています。

色は濃い褐色で、通常でも少し固まったようなクリーミーな状態です。産地のニュージーランドでは、薬としても使われてきた歴史のあるハチミツです。殺菌力が強く、お腹の健康を考えたい人にオススメです。口の中の消毒にも適しています。

トーストに塗ったり、料理のソースやたれの隠し味に、濃い味の焼き菓子のよく合います。濃厚で、独特の癖があります。少しスパイシーで、薬っぽいと感じる人も多いようです。胃の調子を整える。口内炎の予防、回復に効果があり、手作りマウスウオッシュにも使われています。
おすすめ度:

【ニュージーランド産】マヌカ蜂蜜UMF15+

6,280
ショップで確認

【楽天】 蜂蜜の専門店、かの蜂

UMF15+の蜂蜜
マヌカ蜂蜜UMF15+のハチミツです。
マヌカ蜂蜜UMF15+の場合、100%の純粋蜂蜜でありながら、フェノール液15%の抗菌性が保証されています。一般に注射を行う際の消毒液のフェノール値は5%程度とされています。

UMF マークはニュージーランド国が許可した検査機関で、厳しい管理のもと厳選されたものだけにUMF マークが与えられています。ニュージーランドでは採取されるマヌカハニーの20%程度にしか与えられていません。本品はUMF5+です。UMFは安心・安全・高品質の証です。
おすすめ度:

無添加蜂蜜 マウンテンバレー マヌーカ蜂蜜2Kg

17,500
ショップで確認

【楽天】 自然食品専門店くるみや

無添加蜂蜜 マウンテンバレー マヌーカ蜂蜜


人間の手を加えてない自然からの贈り物。自然の中に自生するマヌーカの蜂蜜です。
化学肥料や農薬などと無縁な自生するマヌーカの花が蜜源です。
マヌーカはティートリーの一種で古くから薬用として使用されてきました。
栄養素を保つために高温処理をせず、一切のブレンドもしておりません。
すっきりとした甘さをお楽しみ下さい。
蜂蜜の中に粒が見られますが、これはみつろうで食べられるものです。
おすすめ度:

マヌーカ蜂蜜(マヌカ蜂蜜)250g (瓶入り)

2,570
ショップで確認

【楽天】 京都太秦しぜんむら

マヌーカ蜂蜜(マヌカ蜂蜜)250g


産地は、ニュージーランド南島部。マウンテンバレー農場のマヌーカ蜂蜜(マヌカ蜂蜜)は周囲10Kmに民家、牧場のない海と入り江に囲まれた大自然の中で集められた蜜です。美しい海と温暖な気候の中で育まれた100%天然の蜂蜜です。化学肥料・農薬や添加物も一切使用していないので安全です。

多彩なビタミン群のカルシウム、カリウム、鉄分などを含み、日本では健康食品としてとても人気があります。

ニュージーランドでは、「各花の蜂蜜はそれぞれに決められた含有量がなければ、その花の名前の蜂蜜として販売してはいけない」という規定があります。

「マヌーカ蜂蜜」は、マヌーカ(マヌカ)の含有量が60%以上なければ、「マヌーカ蜂蜜」と表示することはできず、40%〜60%の含有量なら「マヌーカブレンド」と表示しなければなりません。
おすすめ度:

国産・天然・無加工にこだわった純粋はちみつ 【送料無料】国産純粋はちみつ600g入×2本セット【百花蜂蜜・みかん蜂蜜】

7,430
ショップで確認

【楽天】 日本通販ショップ楽天市場店

国産純粋はちみつ、百花蜜


国産・天然・無加工にこだわった本物の純粋蜂蜜です。(百花蜂蜜:いろいろな花の蜜をミツバチたちがブレンドした美味しい国産純粋蜂蜜です。)

このハチミツは、今まで紹介してきた「単花蜜」とは大きく違った蜜です。今まで紹介してきたハチミツは、1種類の花の蜜から採られたもので、「単花蜜」ともよばれています。

百花蜜とは、いくつもの種類の花から集められたハチミツのことです。通常、ミツバチは1つの種類の花から蜜を集める性質がありますが、なんらかの原因で、その花の蜜の分泌が少なかったり、開花状況が悪かったりすると、他の花からも蜜を集めます。このように何種類かの花の蜜が混ざってできたハチミツを百花蜜と呼んでいます。。

日本固有のミツバチである「ニホンミツバチ」は、その地域特有の色々な野草の花から蜜を取り、独特の風味豊かなハチミツを作ります。ニホンミツバチから採られたハチミツのことを、あえて「百花蜜」と呼んでいる養蜂家の方もいらっしゃるようです。

ちなみに現在、日本国産のハチミツのほとんどが外来種である「セイヨウミツバチ」から作られたハチミツであり、ニホンミツバチから採られた百花蜜は非常に貴重なものです。いずれにしろ、この百花蜜は、非常にギャンブル性の強いハチミツです。なにが飛び出すかわからないびっくり箱めいた性質をもっています。

どんな味のハチミツか、まさに蓋を開けてみるまでわかりません。同じ生産者から購入したとしても、その年によって味わいが全く違います。味も色もそのハチミツによって個性がまったく違います。

色が濃いものは癖があり、色の薄いものはあっさりした味の傾向があります。料理や飲み物などにもよく合いますので、アレンジしてみてください。
おすすめ度:

愛媛県宇和島市産[みかん山のはちみつ1200g入]純粋蜂蜜。みかん蜂蜜。

5,292
ショップで確認

[みかん山のはちみつ みかん蜂蜜。1200g入]純粋蜂蜜。


みかんの花から採れた 『 みかんはちみつ 』 です。
朝6時から昼までに採蜜する、濃度の高い、朝搾りです。
混ぜ物なし、純度100%蜂蜜です。
あっさりとした甘さと、みかんの風味が最高です。
ホットミルク、紅茶、ヨーグルトに入れても美味しいですよ!
冬(11月以降)の気温が下がる時期は、やや結晶し粘度があり、瓶詰めしにくいため、低温で加熱し柔らかくしてから、瓶詰めします。
40°c以上加熱すると、ビタミン類をこわしてしまいます。

自分の作ったみかん畑でハチミツを採蜜、混ぜ物なしで瓶詰め、消費者に届けたい・・・それが、生産者・清家喜久雄さんのこだわりです。一部のハチミツは量を増やすために、「外国産の安いハチミツ」や「水アメ」等を混ぜています。

この「みかん山の蜂蜜」はまぜもの一切なし!
蜂の巣から採蜜し、何重にもろ過したものをそのまま瓶詰め。

「ハチミツってこんな味だったんだ」 とビックリしますよ♪

純粋蜂蜜は、白く固まり、結晶してしまう性質があります。結晶は、はちみつの特徴であり、品質には全く問題はありません。 湯煎(ゆせん)で溶かすことで、元に戻ります。
注意40℃以上にするとビタミン類を破壊しますの加熱には十分注意してください。
おすすめ度:

7,200
税込、送料別

トチはちみつ(マロニエはちみつ)


トチは東北各地の山地に多く自生する自然木で、大木になると大量の花蜜をだすことが知られています。大木になると、1年で24kgのはちみつが生産できるようです。美しい花を咲かせることや、実からトチ餅が作られることなどでも知られています。和名はトチですが、マロニエとも呼ばれています。トチの花特有のフローラルな香りと柔らかい甘味があります。アカシヤに次いで固まりにくい性質があり、東北を代表するはちみつとして、東日本では需要の高いはちみつです。

あと味がさっぱりしておいしいので、コーヒー、紅茶、ヨーグルトに入れたり、チーズが入ったお菓子作りにもよく使われています。焼肉のタレや煮物にも幅広く使えます。イチゴ・グレープフルーツなどの生ジュースを作るのにも最適です! 夏場、バテ気味になったら、このトチはちみつで作ったジュースをぜひお試しください。

スキンケア効果があるといわれています。良質なはちみつを探しておられるならば、国産品をおすすめします。輸入品は、生産と輸送の段階で品質が劣化している場合が多いからです。
おすすめ度:

グルメ大賞4度受賞店 創業80年はちみつの専門店厳選ハチミツ 【業務用】アルゼンチン産はちみつ2.0kg 純粋蜂蜜

3,580
ショップで確認

【楽天】 創業75年 熊手のはちみつ

アルゼンチン産はちみつ2.0kg 純粋蜂蜜


日本ではあまり馴染みのないアルゼンチンハチミツですが、蜜源が豊富で採蜜量が多いため、お求めやすく、濃厚でコクのあるアルゼンチン蜂蜜は、ハチミツ生活に密着しているヨーロッパやアメリカには大変人気あります。
美味しさと品質の高さからアルゼンチンではますます養蜂技術が進み、今では中国に次ぐ世界2位の生産量となっています。

豊富な蜜源に恵まれており、ハチミツ本来の美味しさを引き立たせる「定置養蜂」が行われています。この方法は辺り一面に豊富な蜜源がなければじつげんしません。ミツバチが集めてきた蜂蜜を巣箱の中でゆっくりと時間をかけて行う採蜜方法をです。濃厚でコクのある美味しいはちみつが出来上がります。

そんなアルゼンチンから届いたハチミツをご紹介します。

国産はちみつ 天空 200g 2瓶

4,320
ショップで確認

国産はちみつ 天空


『加工処理を行うことのない天然はちみつ』です。本物のはちみつをお届けします。
標高500メートルに相当する広島県神石高原でたくましく生きるミツバチが四季折々に咲く花より採蜜した蜜です。濃厚なコクと強い香りが楽しめる本格的なはちみつです。

注意
◆1歳未満の乳児には与えないでください
◆自然のままのはちみつですので白く結晶することがありますが品質には問題ありません。
おすすめ度:

NORUCA はちみつドリンク 500ml(5本入)レモン蜂蜜、カリン蜂蜜、ゆず蜂蜜、しょうが蜂蜜、ざくろ蜂蜜 各1本

7,875
税込、送料別

NORUCA はちみつドリンク


果実を丸ごとメキシコ産はちみつに漬け込み、寝かせ、 自然に抽出されたエキスを、はちみつに浸透させて作られています。
蜂蜜(メキシコ産 百花蜜)と国産果実のハーモニーが楽しめるハチミツドリンクです。
容量 500ml  ホットドリンクでも、アイスドリンクにしても、バツグンに美味しいです。 3倍〜6倍に希釈して、お飲み下さい。
レモン蜂蜜、カリン蜂蜜、ゆず蜂蜜、しょうが蜂蜜、ざくろ蜂蜜 各1本入りです。
おすすめ度:

蜂蜜黒酢 飲んで美味しい 玄米黒酢熟成にごりはちみつ黒酢 500ml

1,500
ショップで確認
江崎酢醸造元の蜂蜜黒酢はしっかり強力に醗酵、じっくりと瓶壺熟成の独自製法でまろやかで美味しい黒酢に純国産の百花蜜を加え更に飲みやすくしました。
黒酢職人が2年以上の歳月をかけて合鴨農法の玄米を使用してじっくり育てたクセのない美味しい玄米黒酢(米黒酢)です。美味しい水などで薄めてご活用下さい。

・玄米黒酢
・蜂蜜黒酢
・黒りんご酢
・蜂蜜りんご酢
おすすめ度:

山田養蜂場ハチミツ

6,372
ショップで確認

里山のあかしあ蜂蜜


国内産のあかしあ蜂蜜 550gビン入 。
くせがなく、淡い香りとソフトな甘さで親しまれています。素材の味を大切にしたお料理にも最適です。

山田養蜂場
山田養蜂場は、本社は岡山県の県北部の苫田郡鏡野町にあります。ミツバチ産品の健康食品や化粧品を製造・販売され、取扱商品は200種類以上におよびます。純然たる養蜂場の域を超え、ハチミツ産品の製造販売会社と言った方が良いのかもしれません。直接消費者に通信販売する方式で、大きく成長してきました。同社の主力商品はローヤルゼリーおよびその関連産品です。ローヤルゼリーを製造販売し始めたいきさつは、娘への家族愛で、山田養蜂場の経営理念も娘への愛の逸話に基づいているようです。

山田養蜂場は、国内外の養蜂家と提携し、はちみつの国産対海外産の比率は6:4で、日本最大クラスの養蜂家ネットワークを形成されています。

山田養蜂場の海外産はちみつで、一番の売れ筋は、ルーマニア産アカシアはちみつです。

ローヤルゼリーの生産は、海外から輸入されているローヤルゼリーのシェアは約40パーセント。 国産ローヤルゼリーのシェア率は約30パーセントで、大きなシェアを持つに至っています。

岡山県下で最大といわれているイチゴハウスを建設され、ミツバチに受粉させることにより経営する「ミツバチイチゴ」の生産にも注力されています。また、レンゲはちみつを採集した田んぼで「れんげ米」も生産されています。研究開発にも注力され、みつばち健康科学研究所の設立や免疫分析研究センターが設立されています。育成にも注力している。
おすすめ度:

7,992
ショップで確認

里山のぼだいじゅ蜂蜜


国内産ぼだいじゅ蜂蜜 1kg袋 。
欧米ではテーブルハニーやお菓子などに人気で、香り高く濃厚な風味が特徴のはちみつです。
おすすめ度:

4,320
ショップで確認

里山のそば蜂蜜


国内産そば蜂蜜 550gビン入。
黒褐色のそば蜂蜜は、カリウムや鉄分などのミネラルも豊富。お菓子づくりなどに幅広く使える、濃厚で個性的な味わいです。
おすすめ度:

6,696
ショップで確認

里山の百花蜂蜜


国内産 百花蜂蜜1kgビン。
日本各地の野山に咲く樹木や野の花から採取しました。色や風味が強くミネラルも豊富な野山の恵みを集めた蜂蜜です。
おすすめ度:

8,856
ショップで確認

里山のとち蜂蜜


国内産 1kgビン入。
淡い色調が美しい「とち蜂蜜」は、上品でやさしい香りと、マイルドな味わいが人気のはちみつです。
おすすめ度:

6,480
ショップで確認

里山のれんげ蜂蜜


国内産れんげ蜂蜜 550gビン。
蜜源の減少により、今では希少となった国産のれんげ蜂蜜。やさしく上品な甘みと、口あたりのよさ、まろやかな風味が人気のはちみつです。
おすすめ度:

まとめ

おそるべし!! はちみつパワー


採れる花によってハチミツには、それぞれの味や色や香りがあります。極論すれば花の数だけハチミツが生まれるともいええるのです。

同じ花といえども環境によって変化します。天気、気温、気候の影響を受け変化します。全く同じ花にはなりません。このことを象徴するように、現在世界に存在するハチミツの種類は1000を超えているのです。

ハチミツは大きく分類すると、花蜜から採れるハチミツと、樹液から採れる甘露蜜があります。
花蜜源となる花は、野に咲く草花や樹木の花、ナッツの花、フルーツの花、ハーブの花などあらゆる種類の花々です。
甘露蜜は、もみの木、メラータ(甘露蜜)、クリスマスツリー、樫の木など、もともと濃度が濃い樹液から作られます。味に独特の深みがあり、色も褐色のものがほとんどで、ミネラルを多く含んでいます。

また、ハチミツには、単花蜜と百花蜜(マルチフラワー)があります。ひとつの花から採蜜されるのが単花蜜、みつばちがたくさんの花々の蜜を集めて自然にブレンドするのが百花蜜です。

蜂蜜の色と香りは、ミツバチがどんな種類の花蜜を集めてきたかによって変わります。色はほぼ無色透明なものから暗褐色のものまで、味はあっさりとしたものからはっきりした濃厚なものまで幅広くあります。

ハチミツの色は、ミネラル分に関連しています。ミネラル分が多くになるにつれて、色が濃くなります。

ソバやクリの花から取れたソバハチミツ、クリハチミツは薬効が高く、濃厚な色をしています。ソバは真っ黒、クリは濃い茶色、最も薬効が高いとされているマヌカハニーは、濃い暗褐色をしています。一般的に色が薄いほど、軽い風味でマイルドな味になり、色が濃いほど、味が強くなり、香りも増します。

レンゲハチミツ、アカシアハチミツは、色が薄く香りも少ない癖のない上品な味がし、日本人好みのハチミツです。どのハチミツを選ぶか迷ったら、色が薄くて、香りの少ない物を選ぶべば、失敗する可能性は低くいと思います。色や香りの少ないハチミツの方が料理には使いやすいとされています。

但し、完全に無色透明、無臭のハチミツは、有効な成分をすべて濾過しハチミツなので、栄養素はほとんどなく、タダ甘いだけの水となります。天然のハチミツは、香りがしたり、混ぜると白く濁ったりするものなのです。

加熱処理されたハチミツは水分が蒸発して色が濃くなっています。本来、色が薄いはずのレンゲハチミツの色が濃くなっていたら加熱処理されているのではないかと疑って見る必要があります。ハチミツは40℃以上の熱で温められると、有用成分が壊れて品質が劣化します。瓶詰め作業をやりやすくするため、あるいは輸送中に凝固したハチミツを溶かすために加熱処理されているケースがよくありますので、ご注意が必要です。

このように考えていくと、ひとつとして全く同じ味、色、香りのハチミツは存在しないと言えるのです。


ハチミツの種類
代表的な16種のハチミツを下記に示します。
.譽鵐殴魯船潺
▲▲シアハチミツ

画像出典


画像出典

マヌカハチミツ

画像出典

い修丱魯船潺
ゥ潺ンハチミツ
κ酊鷦ハチミツ
Д肇繊淵泪蹈縫─縫魯船潺
┘螢鵐乾魯船潺
タンポポハチミツ
ライチハチミツ
ロンガンハチミツ
ナタネハチミツ
ブルーベリーハチミツ
クローバーハチミツ
ブルーウィ−ドハチミツ
哀薀戰鵐澄璽魯船潺


うわさの民間療法と使われるハチミツの種類
ハチミツは、昔から様々な薬効が伝えられています。これらを近代医学の名のもとに、バッサリ切って捨てるのももったいないことですから、古今東西で伝えられてきたハチミツの効能についてしらべてみましたので、あくまでも参考にしてください。この中には、近代医学によって認められているものもあるようです。使われる場合、お医者さんい相談してお使いください。


スキンケア効果
トチはちみつ(マロニエはちみつ)はスキンケアに効果があるようです。ハチミツには保湿効果があるようですので、肌に塗ってみてください。

ハチミツの美容上で役立つ成分や効果
ゞ気中の水分を取り込む吸湿性があるため、高い保湿効果を発揮します。
▲咼織潺B群やビタミンC、銅や鉄分を豊富に含みます。肌荒れを抑えたり、貧血の防止作用があるので美しい肌を作るのに有効です。

ハチミツに含まれるビタミンのほとんどは「活性型」なので不活性型であるサプリメントより摂取効果が高いとされます。パックなどの材料に使うほか、ピーリング効果のあるクレンジングなどに用いる事もあります。


うがい
ハチミツには殺菌作用があり、うがい薬として使えるようです。特に蜂蜜の中で最も殺菌力が強いマヌカハニー(マヌカ花はちみつ)が最適といわれています。水で薄めて使用します。

風邪のひき始めで、喉が痛い、イガイガするというときには、うがいは効果的です。うがいは喉の粘膜についた風邪の菌、ウイルスや、ゴミ、汚れを洗い流す作用があります。

お茶でうがいをすると効果的といわれています。お医者さんは患者を診るたびにお茶でうがいをするそうです。これが患者から風邪をうつされない秘訣だそうです。
お茶に含まれるカテキンには殺菌作用があり、水で普通にうがいするよりも、高い効果が期待できるようです。

殺菌作用のあるハチミツを水に溶かした蜂蜜水でうがいをするのも同様の効果あるとされています。ハチミツに成分として含まれるグルコン酸には、カテキン同様、殺菌作用があります。喉の調子が悪い時、咳が出る時、風邪かなぁという時、蜂蜜水でうがいしてみてください。
蜂蜜水でのうがいは、風邪の予防だけでなく、口臭予防にも効果を発揮します。口臭で悩んで人にもお勧めです。

うがい薬として使用するハチミツは、最も殺菌力の強いマヌカハニー(マヌカ花はちみつ)が最適です。


風邪
風邪には菩提樹(シナノキ・リンデン)ハチミツが効果があるようです。ロシアでは、風邪や咳に効くということで、お母さんが育ち盛りの子供によく食べさせているようです。

咳止め
咳止めにソバハチミツが効果があるようです。市販薬よりも効果が高いと、アメリカの研究で明らかになっているようです。

口内炎の予防、回復
口内炎の予防・回復には、殺菌力の強いマヌカハニーが効果的なようです。そのまま食べるか、水で8〜10倍に薄めて患部に塗るだけですみます。

口内炎は、口にできる潰瘍みたいなもので、口内の粘膜がえぐれて白く丸くなり、ひどくなると、ここから出血したりし、耐えきれない痛みを伴います。口内炎の原因としては、ビタミンB1,B2の不足、過度のストレス、胃の状態の悪さ、遺伝等にも関係しているようです。

ハチミツは、この口内炎の治療にも効果があるようです。口内炎の治療で大切なのはお口の中を清潔(殺菌状態)に保つことですが大事ですが、ハチミツには強力な殺菌作用があるので、口内炎の上に塗ると効果的です。立派な治療薬として使えます。

ただ、ハチミツを口内炎にそのまま塗ると、かなり痛いですから、水で8〜10倍に薄めて塗ると染みません。この程度希釈しても十分効果が望めます。口内炎が塗りにくい場所にある場合にはハチミツを溶かした蜂蜜水でうがいをするのも効果的だと思います。お口の中を殺菌し、口内炎の治りを早めてくれます。

さらに、ハチミツにはビタミンB1,B2がたっぷり含まれていますので、日常的に食べていれば、口内炎を予防することもできます。口内炎体質の方は、ハチミツを塗ったパンやヨーグルトなどに混ぜて食べるようにすると効果的だ思います。


アトピー性皮膚炎
ハチミツの中で、最も殺菌力が強いマヌカハニーを患部に塗り続けることで改善した例があるようです。最も殺菌力が強いマヌカハニーには、優れた抗菌作用、殺菌作用と、肌の炎症抑止作用があるとされています。

便秘
アカシアはちみつには、便秘解消に効果があるようです。中国の漢方書物に「便秘にはアカシアはちみつを朝晩食べるように」と書かれているそうです。
アカナツメのはちみつも便通に効果があるとされています。

便秘になると、腸に溜まった食べ物のカスが腐って、嫌な臭いのする有害物質が生じます。これによって、おならがひんぱんに出るようになり、臭いが強烈になります。これは笑い事ですまされません。これらの有害物質には、発ガン性のある物質も含まれており、神経に害を及ぼす成分も含まれています。このため、頭痛・肩こり・腰痛の原因になったり、老化を進めたり、成人病を引き起こしたりします。体の表面では、肌荒れや吹き出物ができやすくなり、女性に深刻な被害をもたらすことにもなりかねません。

普段からハチミツを食べていますと、腸内環境が整えられ、便秘の解消と予防になります。即効性はないのですが、緩やかに便秘を治す効果があるようです。紀元前からヒポクラテス等によってハチミツが緩下剤として使えると語り継がれていました。


下痢
オレンジハチミツは結構癖があり、香りも強いのですが、オレンジはちみつは下痢に効果があるようです。(殺菌力がお腹の中に入っても持続するのかもしれません。)

ハチミツはお腹の乳酸菌などの善玉菌を増やす働きがあり、整腸作用が期待出来ます。慢性の下痢や便秘などの改善が期待出来ます。

便秘薬と下痢止め薬は、効果が正反対のものですが、おもしろいことにハチミツは、便秘と下痢、両方に効果があります。これはハチミツには腸の働きを良くしてくれるビフィルス菌を増やす作用がある事と関係があります。

私たちの腸内には約100種類、約100兆個の細菌が棲みついており、善玉菌と呼ばれる有効菌と、悪玉菌とに分類されています。もし善玉菌の数が少なくなって、悪玉菌に負けてしまうと、腸の働きが悪くなって、便秘や下痢といった症状が出てしまうのです。

この善玉菌のナンバーワンがビフィズス菌です。ビフィズス菌は乳酸菌の中のひとつで、アミンやアンモニアなどの有害物質の発生を抑制します。

最近、急増しているアトピー性皮膚炎の発症を抑えるためには、腸内の悪玉菌の一つであるカンジダ菌を抑制する必要があります。このためにも、善玉菌の勢力を増やして腸内環境を良くすることが大切なのです。

ハチミツはそのまま食べても効果がありますが、ヨーグルトにハチミツをかけて食べると、さらに効果が倍増します。ヨーグルトにもハチミツ同様、ビフィズス菌を増やし、善玉菌の勢力を拡大する効果があるからです。ヨーグルトはビフィズス菌の「食べ物」となる乳糖を豊富に含んでいますし、ビフィズス菌そのものも含んでいますから、効果が倍増するのです。


貧血
ソバはちみつは、鉄分が豊富なハチミツの中にあって、さらに鉄分が豊富なハチミツです。鉄分が不足すると貧血になりますので、これを補えば貧血の改善につながります。


成人病予防
ソバハチミツは、悪玉の余剰活性酸素を中和し消去する抗酸化能力がきわめて高いようです。このため活性酸素が引き起こす生活習慣病やがん予防に役立つと考えられています。


二日酔い
二日酔いには、レンゲ花ハチミツが効果的なようです。肝機能の向上に特に有効とされています。

ハチミツに含まれる果糖は、肝臓内のアルコール分解を助け、血中のアルコール濃度を下げる働きを持っています。さらにハチミツに含まれるコリンやパントテン酸は肝臓を強化する作用があります。このため、二日酔いの防止や解消にとても効果的なのです。

デーンマークの医学者の臨床結果に、泥酔した人にハチミツを飲ませたところ、短時間で酔いから覚めたという報告があります。飲み過ぎて、二日酔いのまま仕事に向かわなければならない時は、ハチミツを舐めてから家を出る、お付き合いで深酒をする恐れがあるときは、前もってハチミツを食べておくとです。普段からお酒を飲み過ぎている人にとって、ハチミツはまさにうってつけの肝臓予防薬となるでしょう。

肝機能向上に特に有効とされているのは、レンゲ花はちみつです。レンゲ花はちみつは、日本ではポピュラーなハチミツなので入手しやすいのですが、水飴などで水増しされていない純粋ハチミツを選部必要があります。


不眠症
菩提樹(シナノキ・リンデン)ハチミツは不眠症の改善に効果があるようです。ホットミルクに入れて飲むと効果があるようです。

ストレス社会の反映からか、現代人には不眠症の人が広がっています。眠りたいのに眠れない! というのは、つらいことですよね。ハチミツはそんな不眠症の人の不眠解消にも、一役買ってくれそうです。大げさなことはしません、寝る前にハチミツ入りの牛乳を飲むだけです。

不眠症の最大の原因は、やはりストレスだと思います。人は悩みがあったり、不安を感じていると眠れなくなります。これは防衛本能からくるもので、外敵から身を守るためには、緊張状態では眠れないように設計されているのです。このやっかいなストレスを緩和し、心の興奮を鎮めてくれるのが「セロトニン」という物質です。「セロトニン」は身体の中で生成される天然の精神安定剤なのです。

「セロトニン」の分泌が増えれば、ストレスは抑えられ、ぐっすりと眠れるようになります。このセロトニンの原料となるのが必須アミノ酸の「トリプトファン」です。実は牛乳の中には、このセロトニンの原料となる「トリプトファン」がたっぷり含まれてます。このため、牛乳は昔から、人をやすらかな眠りに誘う効果がある飲み物とされてきました。牛乳を飲めば、セロトニンがよりたくさん作られるというわけです。

一方では、ハチミツに含まれる「ブドウ糖」には、トリプトファンが身体に吸収されるのを助ける働きがあります。牛乳にハチミツをミックスすると、牛乳のトリプトファンを身体に吸収させやすくし、セロトニンの原料を体内に多く造り出し、セロトニンを増やしやすくするわけです。結果的にセロトニンが増え、ストレスは抑えられ、不眠は解消されるわけです。

不眠症のみならず、ストレスを感じて参っている時などにも、このハチミツ入り牛乳は効果的です。イライラ気分を鎮めるのを助けてくれます。

また、ハチミツレモン汁にも不眠解消効果があるとの報告があります。ハチミツだけの飲んでも、それなりに睡眠効果があるようです。



水虫
すでに述べましたように、ハチミツには、優れた抗菌作用、殺菌作用と、肌の炎症抑止作用がありますので、肌に塗ると水虫や虫さされを治すことができるようです。このハチミツの抗菌、殺菌作用は、はちみつが空気中の水分を吸収するとき過酸化水素(オキシドール)という物質を発生させるからです。これは医療用の消毒剤として使われいる物質です。
わざわざ化学薬品を買ってこなくても、天然のハチミツで、化学薬品と同様の消毒効果を得ることができるからです。

また、水虫菌は弱酸性のところでは繁殖できませんが、ハチミツに含まれるグルコン酸は肌を弱酸性に保ちますので、殺菌だけでなく、水虫菌の繁殖も抑えられるのです。グルコン酸による予防効果もあるわけです。


長寿
クリはちみつを食べると長生きできると言われています。韓国では不老長寿の食品、中国では漢方蜜と呼ばれているほど滋養の高い蜂蜜です。ただし、「薬効口に苦し」とまではいいませんが、正直言ってマズイです。


動脈硬化の予防
血流の通り道である血管の層が厚くなったり、硬くなったりして、血が流れにくくなった状態を動脈硬化といいます。ふとしたことで血管が詰まり、そこから先に血が流れなくなってしまいます。これが心臓や脳などの重要な器官で起こると、心筋梗塞や脳血管障害を引き起こします。
動脈硬化はこういった深刻な病気を起こす要因となりまますので注意しなければいけません。

ハチミツには動脈硬化を防いでくれる働きがあるとされています。ハチミツに含まれているコリンとカリウムの働きにあります。コリンは、血管を拡張させて血圧を下げる働きと、血管壁への悪玉コレステロールの沈着を防ぐ働きを持っています。動脈硬化の原因となる高血圧と、悪玉コレステロール除去をしてくれるわけです。

またカリウムは、塩分を取りすぎて高くなったナトリウムのバランスを整えてくれます。ナトリウムを摂りすぎると血液量が増えて血圧を上昇させてしまいます。これを事前に制御できるのがカリウムなのです。その結果、塩分の摂りすぎによる高血圧の予防につながるのです。

このコリンとカリウムのダブル効果で、ハチミツは動脈硬化を防いでくれるというわけです。動脈硬化は年齢とともに発生しやすくなります。ご家族の中にお年寄りのかたがいらっしゃれば、ハチミツを食べることをすすめください。


高血圧予防
ハチミツに含まれるカリウムは、塩分を取りすぎて高くなったナトリウムのバランスを整えてくれます。ナトリウムを摂りすぎると血液量が増えて血圧を上昇させてしまいます。これを事前に制御できるのがカリウムなのです。その結果、塩分の摂りすぎによる高血圧の予防につながるのです。


運動後の疲労回復
ハチミツはこれ以上分解する必要のにないブドウ糖と果糖で構成されていますので、消化が早く、体内吸収が早いために、すぐにエネルギーとして活用できます。口にして約20分でエネルギーになってくれるという特徴があります。

疲れた体を回復させる為には、スポーツの後にいち早く消耗したエネルギー、水分、たんぱく質、ミネラル、ビタミン、カルシウムなどを摂取する必要があります。このため、吸収の早いハチミツは、マラソン選手や登山家にとって必需品なのです。ドリンクとして持参する物の中に、たいてい含まれているようです。

このように、吸収が早いから、運動後のすばやい疲労回復に、ハチミツは効果テキメンなのです。胃への負担も少なく、高齢者や病気の方の栄養補給にも役立ちます。


ハチミツのカロリー
ハチミツの100グラム当たりのエネルギーは294キロカロリーで、砂糖は348キロカロリーですので、砂糖の約83%のカロリーになります。同じ甘味料でも、砂糖よりも太りにくいといえます。

但し、大きな違いは、ハチミツはこれ以上分解する必要のにないブドウ糖と果糖で構成されていますので、消化が早く、体内吸収が早いために、すぐにエネルギーとして活用でき点です。胃腸の弱い人やスポーツ選手に愛用されているのはこのためです。一方、砂糖は消化酵素で分解しなければならないショ糖(ブドウ糖と果糖が結合したもの)で構成されていますので、ハチミツに比べて消化吸収が遅くなります。


ハチミツの殺菌作用、腐らないわけ


野菜でも果物でも、肉でも、放っておいたら腐ったりカビが生えたりします。例え冷蔵庫の中に入れておいても、1年も経ったら異臭を放ちます。しかるに、ハチミツの賞味期限はなんと2年以上なのです。多少風味が落ちる程度で、5年以上経っても、ほとんど悪くならないのです。
成分が結晶化し、白く固まることはありますが、ハチミツが傷んでいるわけではありません。

りゆうは、ハチミツには強力な殺菌作用があるからです。エジプトのピラミッドから発掘された3千年前のハチミツが、全く変質していなかったという記録があり、ハチミツの殺菌力の凄さを証明しています。

ハチミツのこの殺菌力の強さには3つの秘密があります。
々眷仕戮療分が細菌内部の水分を減少させ、細菌の繁殖を抑える力を持っていること。
∪分として、医療現場での傷口の消毒、医療用具の消毒に使われているグルコン酸を含んでいることです。
はちみつが空気中の水分を吸収すると過酸化水素(オキシドール)という物質を発生させます。これは医療現場で消毒剤として使われいる物質です。

このハチミツの殺菌作用は、古くから、火傷や擦り傷、のどの炎症、湿疹、口内炎などの治療に、幅広く使われてきました。

細菌学者のW・Cサケット博士がハチミツの殺菌力を調べるために、ハチミツに細菌を混入する実験を行ないました。それによると赤痢菌は10時間以内で全滅、パラチフス菌は24時間以内、腸チフス菌は48時間以内に死んでしまったそうです。



ハチミツの食べ方


40度以上の熱をハチミツに加えない
40度以上の熱をはちみつに加えると、熱に弱いビタミン類(B1、B2、ナイアシン、B6、パントテン酸、葉酸、C)が壊れます。短時間でしたら、その損失はわずかで済むようですが、栄養素の一部が失われるのは確実なので、健康のために天然はちみつを食べるのでしたら、加熱はしない方が良いようです。このことから、はちみつは加熱するような料理に使うべきではないと考えられます。

食べ方としては、そのまま食べる、(トーストした後の)パンに塗る、ヨーグルトに入れる、ジャムに使う、アイスコーヒーやアイスティーに入れる、イチゴにかける、ジュースの材料に使うなどの方法が、はちみつの栄養素をまるごといただくのに適にしていると思います。

ドイツでは、ハチミツの品質基準を定めた「蜂蜜純正法」と言う厳しい基準があり、ハチミツが製造工程でどれほど加熱処理されているかをチェックする指標としてHMFを測定しています。ハチミツは加熱すると、ビタミン類が壊れ、香りが飛んでしまうからです。

にもかかわらず、ハチミツ業者は加熱処理したハチミツをせっせと出荷しています。ハチミツは加熱処理しなくても、特に衛生上の問題はありません。
ハチミツが加熱処理される理由は次のように考えられます。

.潺張丱舛巣房に持ち帰った状態の蜜は 水分が約50〜60%と、水分がたっぷりの状態なのです。ミツバチは羽根で風を送って、時間をかけて蜜の水分が20%になるまで、蜜を濃縮させます。この濃縮の間に、ミツバチから酵素が分泌されて、蜜と混ざり合い、より純度の高いハチミツへと熟成していきます。
ところがハチミツ業者は生産効率をアップするために、巣に持ち帰ったばかりの水分たっぷりのハチミツを搾り取り、高温過熱して水分を飛ばしているのです。
(本来ならミツバチが行なう仕上げの行程を人間が肩代わりしてしまうため、ハチミツは未完成かつ、栄養が壊された状態になります。このやり方を『夕絞り』と言います)

▲魯船潺弔聾任泙蠅笋垢い箸いζ団Гあります。工場での瓶詰め作業をやりやすくするために、高温で加熱処理して溶かして瓶詰めしています。

F本では結晶化し固まったハチミツは品質が低いという誤解があり、あまり好まれていません。結晶化し難くするために 、加熱して店頭に出しているのです。

スーパーなどで売られている大量生産品の安いハチミツは、加熱処理されているのが一般的です。加熱処理されていないハチミツを手に入れたいなら、顔が見える養蜂家から購入するのが一番確実だと思います。

ハチミツは加熱処理されても味は変わりませんし、食べて悪いものではありませんので甘味料として使うだけなら、特に問題有りません。しかしながら、健康のために天然はちみつを食べるのでしたら、加熱はしない物の方が良いと思います。


純粋はちみつ
ハチミツは実は加工処理によって3つのタイプに別けられます。
 惱秧茲呂舛澆帖戞О貔擇硫湛処理を行わない天然そのままのハチミツ。
◆慍壇ハチミツ』:水あめや異性化糖(ブドウ糖を異性化酵素によって部分的に加糖に変えたもの)などが人為的に加えられたもの。
『精製ハチミツ』:加熱し減圧釜などによりハチミツを脱色脱香したもの。

当然のことながら、もっとも品質が良いのは『純粋はちみつ』です。蜜蜂が花から採ってきた花蜜の水分を、ミツバチ自身の羽根で水分を蒸発させて濃縮し、国内産のハチミツであれば水分含有率23%以下、国外産のハチミツであれば20%以下になったハチミツを『純粋はちみつ』いいます。

ハチミツには様々な有用成分が含まれていますが、『加糖ハチミツ』や『精製ハチミツ』は、加工過程で加熱等によりビタミン類が破壊されてしまっており、本来の栄養がなくなっています。


食品偽装問題とハチミツ
残念ながら、加熱処理をほどこして濃度を高めたり、人工甘味料を混ぜ込んで水増しした物も純粋はちみつとラベルされて、売られている場合があります。加熱処理されたものは、本物の純粋ハチミツに比べてやや色が黒く、香りも若干焦げ臭い感じがするそうです。

2006年に優良企業と思われていた業者の純粋はちみつに、異性化糖液(人工甘味料)が約20%も含まれていたことが発覚し、農林水産が指導に乗り出したことがありました。食品偽装問題は、ハチミツの世界でも珍しいことではないようです。日本人にとってハチミツは、明治時代になってようやく一般人が食するようになった、まだ馴染みの低い食品であるため、本物と偽物の区別がつく消費者が少ないのが現状のようです。

本物かどうかを区別するには一概に難しいのですが、以下の四点に注意してください。
)槓の純粋はちみつは透明度が低く、濁っています。花粉などが含まれていて、ぼんやりした感じがしますので、前方を透かして見る事ができません。

瓶を逆さにすると、本物には色々な酵素が含まれているので、キメ細かな泡が立つ傾向があります。なにもしなくても、瓶の中でハチミツが発酵を続け「泡」を吹く状態が続きます。

K槓のはちみつは、温度を下げると結晶化して固くなる傾向があります。これは、決して砂糖が混ざっているのではなく、はちみつ本来の性質です。店頭で選ぶ場合は、固まっているハチミツを選ぶと失敗がありません。

そ秧茲呂舛澆弔両豺隋業者が「全国はちみつ公正取引協議会」の会員であるなら、公正取引マークがついています。ただしマークがついているからといって、安心しない方が良いでしょう。

ス斑磴涼罎貌れて、黒っぽく変色したら本物だと言われています。これは紅茶に含まれているタンニンにハチミツの鉄分が反応して起こる現象です。鉄分などのミネラルがたくさん含まれているという証拠になります。ただし、輸送中にブリキ缶などに入れられていたハチミツの場合、ブリキ缶の鉄分がハチミツに溶け込んでしまうこともあるので、決定的な識別方法にはなりません。

なかなか真贋を見抜くのは難しいですが、極端に安いハチミツには注意した方が良いです。

2002年に中国産のハチミツに残留抗生物質(ミツバチの病気を防ぐ化学物質)が含まれていたことが発覚し、問題になったことがあります。中国産のハチミツは、安価ではあるが、質が低いというのが定評です。

古くから養蜂大国として知られてきたニュージーランド産のハチミツや、養蜂のルールが厳しいイタリア産のハチミツなどを選ぶと、失敗が少ないかも知れません。



朝絞りと夕絞り
ハチミツは、朝に取るか夕方に取るかによっても、品質が異なります。品質の良いハチミツは、朝に取れます。日本国内の養蜂家は、朝にハチミツを取る『朝絞り』を行なうのが常識です。

ミツバチは、昼間に花々を回って蜜を集めます。集められた蜜は、ミツバチの分泌する酵素と混ぜ合わされ、蜂の巣の房室に溜められます。この段階の蜜は、水分約50〜60%と水分の方が多い状態です。ミツバチたちは、房室の上方で羽根を震わせ、種類によっては90%もの水分を蒸発させて、ハチミツを濃縮させます。保存に適した状態にするためです。この作業が終わると、ミツバチは蜜蝋で房室にフタをします。こうやって夜を越えるあたりには、ハチミツは巣房の中で熟成され、朝には濃厚な味になっています。これが完成された本来のハチミツです。

一方、夕方に採取されたハチミツは、この過程を終えていません。水分が多く、そのままでは売れないので、これを人工的に水分を飛ばして濃縮するために加熱処理を行ないます。加熱処理はハチミツの有効成分や栄養素を破壊して、品質を劣化させてしまいます。熟成されていない未完成なハチミツであった上に、有効成分がほとんどなくなってしまえば、ただの甘い水と大差ありません。これを『夕絞り』と呼んでいます。

もし、養蜂家や蜂蜜専門店などでハチミツを買う場合は、『朝絞り』のハチミツであるかどうか、尋ねてみるのが良いでしょう。


ヒドロキシメチルフルフラール(HMF)
ハチミツの品質は、ヒドロキシメチルフルフラール(HMF)という物質の量で表すことができます。これは糖の熱分解により生成される有機化合物です。この物質はハチミツの作り方が適切でなかったり、保管状態が悪いと多くなります。

固まったハチミツを加熱して溶したりすると、このHMFが増えます。

気候の暑い国で作られたハチミツは、自然とHMF含有量が増えてしまいます。そこで国際規格では、加工、または混合したはちみつのHMF含量は、40mg/kg以下とし、熱帯周辺の国々、または地域を原産国としているはちみつ、もしくはこれらの混合物の場合は、HMF含量は80mg/kg以下でなければならないという取り決めがなされています。

成分表を調べて、HMFの項目があったら、含量が少ないモノを選ぶのが賢い選択です。
HMF含有量40mg/kgと国際規格の上限ギリギリのハチミツも売られていますが、あまり良い物とは言えません。


まとめ


このまとめの項を一通り読まれれば、純粋ハチミツの効能、使い方、食べ方、ハチミツの選び方がわかると思います。本来のハチミツパワーを入手するには、先ず品質が天然の純粋ハチミツであること、食べるときに熱を加えない事が大事になってくるようです。

上記にご紹介しているハチミツは純粋物とは限りません。本当に純粋物を確実にお買い求めいただくには、養蜂家から直接買うしか方法は無いと思います。次善の策として街の専門店の安心出来るところから買うという方法もあります。通販で買われる場合は、安心できる店かどうかをよくよくチェックされてお買い求めください。あくまでも自己責任でお買い求めください。


このエントリーをはてなブックマークに追加
このリストは参考になりましたか? はい いいえブックマークする

関連するまとめ

コメント

コメントを書くにはログインしてください。かんたんユーザー登録は無料です。
外部ID(Yahoo JAPAN ID、Livedoor ID、mixi OpenID、はてなID、JugemKEY)でもログインできます。

ユーザー登録のヘルプ

ID:
ym5050guide
自己紹介:
ブログ/HP:
レベル:
-
2018/01/31   2018/02/11   コメント(0)
ブックマーク(0)   印刷   友達に教える
グルメ・食品
Tags  ハチミツ レンゲはちみつ アカシアはちみつ ミカンはちみつ リンゴはちみつ タンポポはちみつ ボダイジュはちみつ マロニエはちみつ そばはちみつ ライチはちみつ ロンガンはちみつ ナタネはちみつ ブル
URL
Link

人気のある「グルメ・食品」に関するリスト

> グルメ・食品のランキングをもっと見る

このリストの関連ランキング

モノログで今人気のリスト