検索オプション
 

簡単!甘酒の作り方とアレンジレシピ!

寒い日に飲みたい、あったかい甘酒。米麹から作られる栄養満点・アルコールフリーの甘酒が、自宅で簡単に作れるって知っていますか?超簡単な作り方と、いろいろ楽しめるアレンジレシピをご紹介します。
このエントリーをはてなブックマークに追加
view:88

☆あっけないほど簡単!甘酒の作り方☆

480
ショップで確認

材料

米麹150g
水150cc

道具

お鍋
魔法瓶
温度計

作り方

準備:魔法瓶にお湯を入れて、中を温めておく。
1:鍋に水を入れ、60℃くらいまで温める。
2:米麹を加えて、65℃くらいまで温度を上げる。
3:鍋の中身を温めた魔法瓶に入れて、8時間保温する。

以上です!保温しているあいだの時間はかかるものの、手順はとても簡単ですね。保温中に米麹が発酵して、甘酒になるというわけなのです。つまり、甘酒を作るには発酵するための温度が重要!魔法瓶にも性能による違いなどがあると思いますから、途中で温度をチェックしてあげると確実かもしれません。もし温度が下がり過ぎているようであれば、もう一度鍋で温めなおして60℃まで上げてから、魔法瓶で保温しましょう。
おすすめ度:

☆いろいろな味を楽しもう!甘酒のアレンジレシピ☆

900
ショップで確認

ジンジャー甘酒


寒い冬に温かい甘酒で体をあたためるとき、しょうがパウダーをプラスするとさらに効果がアップします!しょうがを食べると体がぽかぽかと温かくなりますよね。これは血流を促進する作用によるもので、体を内側から温めてくれます。また免疫力を高めてくれるとも言われており、風邪やウイルスが心配なこれからの季節にはぜひ取り入れたい食材のひとつです。

パウダータイプなら、その都度しょうがをすりおろす手間もなく手軽です。やさしい味の甘酒にスパイシーな香りをプラスし、さらに体を温める効果を高めてくれるシンジャー甘酒をぜひ試してみてください!
おすすめ度:

297
ショップで確認

シナモン甘酒


甘酒らしからぬ、なにやらおしゃれな響きのシナモン甘酒。意外な組み合わせですが、これがとても合うのです!シナモンは古くから漢方や生薬の一種とされていて、日本でも昔は薬物として扱われていました。それだけ栄養が豊富なのです。さらに血液の巡りを良くしてくれるので、冷えやむくみの予防にも効果的です。

そんなシナモンを甘酒にパラリと振りかければ、どことなくエキゾチックでスパイシーな味に早変わり!シナモンと相性のいいレーズンを刻んで入れると、さらに香りよく、食べ応えもアップします。小腹が空いたときのおやつにぜひどうぞ。
おすすめ度:

2,138
ショップで確認

りんご甘酒


甘酒とリンゴジュースを1:1で割ってみると、さらりとさわやかな甘酒ドリンクが出来上がりました!甘酒のとろりとした独特な飲み心地は、お腹にやさしく、飲みごたえがあります。しかし時には、もう少しさらりと飲みたいこともありますよね。そんなときにポピュラーなのは、牛乳やお水で甘酒を割ったドリンクですが、実はリンゴジュースも甘酒ととても相性がいいのです。甘いもの同士を合わせると、一層甘ったるくなってしまいそうと思いますが、意外なことに甘酒単体で飲むよりさっぱりとした味に。

砂糖や甘味料が入っているリンゴジュースでは、せっかくの甘酒の健康効果が半減してしまいますので、どうか果汁100%のおいしいリンゴジュースを選んでくださいね。
おすすめ度:

1,180
ショップで確認

【楽天】 ちとせマルシェ 楽天市場店

いちご甘酒


白い甘酒と赤いいちごが合わさると、優しいクリーミーなピンク色をしたいちご甘酒になります。作り方はいちご2粒と甘酒と牛乳をミキサーにかけるだけ。いちごと甘酒の自然の甘みだけだから、とてもやさしい味わいです。牛乳の量はお好みの濃度でどうぞ。

いちごの季節を心待ちにして作ってみるのも素敵ですが、思い立ったときにいつでも飲めるように、冷凍いちごが便利です。旬の時期に収穫したいちごのおいしさを閉じ込めてあるから、いつでもフレッシュないちご甘酒が楽しめます。
おすすめ度:

687
ショップで確認

コーヒー甘酒


いっけん邪道のように思えるコーヒーと甘酒の組み合わせ。飲んだらわかる、驚きのマッチングなのです!分量のイメージとしては甘酒のやさしさに、コーヒーのほろ苦さをほんの少しプラスする感じ。甘いコーヒー牛乳が好きな人には特におすすめです。お砂糖がはいっていないのに、しっかり甘いコーヒー味のドリンクです。

ドリップしたコーヒーと合わせるというよりも、インスタントコーヒーをパラリと加えるのが手軽でおすすめ。甘酒のとろりとしたやさしさを損なうことなく、コーヒーの香りを楽しめます。
おすすめ度:

399
ショップで確認

山椒甘酒


最後にご紹介するアレンジは、玄人好みの山椒甘酒!山椒というのは、ウナギに振りかけるあのピリリとしたスパイスのことですよ!とろりと甘くやさしい甘酒に、山椒パウダーと塩を少々振りかけてみてください。とたんに「大人の甘酒」に早変わり!スパイシーな香りと塩気が後を引きます。大人の味わいではありますが、米麹の甘酒にはアルコールは含まれていませんのでご安心くださいね。

山椒には代謝を高めて冷えを改善してくれたり、疲れた胃を元気にしてくれる効果も。これも大人にうれしいオマケですね!
おすすめ度:

まとめ

米麹の甘酒はアルコールフリー!


今回ご紹介した、米麹を使って作る甘酒にはアルコールが含まれていません。子どもが安心して飲めるのはもちろん、昼間でも気兼ねなく楽しめるのがうれしいですよね。



このエントリーをはてなブックマークに追加
このリストは参考になりましたか? はい いいえブックマークする

関連するまとめ

コメント

コメントを書くにはログインしてください。かんたんユーザー登録は無料です。
外部ID(Yahoo JAPAN ID、Livedoor ID、mixi OpenID、はてなID、JugemKEY)でもログインできます。

ユーザー登録のヘルプ

ID:
yuko0817
自己紹介:
ブログ/HP:
レベル:
-
2016/11/23   2016/11/23   コメント(0)
ブックマーク(0)   印刷   友達に教える
グルメ・食品
Tags  甘酒 作り方 米麹 魔法瓶 アルコールフリー アレンジ レシピ
URL
Link

人気のある「グルメ・食品」に関するリスト

> グルメ・食品のランキングをもっと見る

このリストの関連ランキング

モノログで今人気のリスト